ディズニーランド貸し切り方法6選!VIPスポンサー企業に関わるには?

【ディズニーで働く】

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニーランド貸し切り方法6選!VIPスポンサー企業に関わるには?

引用 公式instagram

なんかディズニーには秘密の貸し切りの日があるらしいじゃん。
一般の人は18:30で閉園になる日だよね。
海外セレブとかがVIP待遇受けてるのかな。

いやそれは違うぞ。一般の人でも貸し切りを経験するチャンスがある。
ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドは、スポンサー企業たちから資金援助を受けていまるんだ。
それらの企業はオフィシャルスポンサーと呼ばれているんだ

なるほどー。そのスポンサー企業の人はそりゃVIP扱いになるか

スポンサーだけじゃない。キャストたちのためだけのサンクスデーやディズニー結婚式など、貸し切りについて紹介していこう。
貸し切りに招待する側になれたらかっこいいよね

<あわせて読みたい>
ディズニースポンサー会社に就職する方法!

ディズニーランド・シーを貸し切りはどんな時?

引用 公式instagram

東京ディズニーリゾートは1年を通して休みなく開園していますが、夏休みや年末年始のような繁忙期と特に来園者が集まりそうなイベントのない閑散期と呼ばれる時期が存在します。
貸し切りイベントはパークに来園する人が少ない閑散期に行われることが多いです。

ディズニーリゾートの運営スケジュールから、各パークの開園・閉園時間を知ることができます。
パークが18時や19時にクローズする場合、その後の時間に何かイベントが入っている可能性があります。

もちろん繁忙期でもパークの貸し切りは可能ですよ。
開園前、閉園後に貸し切るのです。

繁忙期は朝の8時から夜の10時までパークがオープンしていることが多いですが、オープン前のパークを利用するのだって立派な貸し切りです。

ディズニーランド、ディズニーシーで結婚式を挙げるゲストの前撮りは、パークの開園前に行われることがほとんどです。
運が良ければ、ミラコスタのお部屋から、開園前のディズニーシーでウェディングの前撮りをしている風景が見られるなんてこともあるかもしれません!

懸賞キャンペーンに当選して参加する!

東京ディズニーリゾートには、アトラクションの建設に支援した企業や、パーク内のレストランに食材を提供する専属の企業が存在します。
パークを金銭的に支える代わりに、ディズニーに宣伝してもらっている企業のことを、「オフィシャルスポンサー」と呼んでいます。

それぞれのアトラクションやレストランには、よく見るとオフィシャルスポンサーの名前やロゴが入っているかと思います。

例えば、ディズニーランドのアトラクション「ミッキーのフィルハ―マジック」はJALがオフィシャルスポンサーを務めており、シアター入口の上部にJALのマークがあります!

ディズニーランドの夜のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」では、パレードの最後に日本ユニシスのロゴ入りのフロートが通過します。
ディズニーシーの「マジックランプシアター」では、冒頭に「富士フイルムがお贈りするマジックランプシアター」というアナウンスが流れますよ

スポンサー企業が活用しているのが、スポンサーパスポートと呼ばれるパークチケット。
このチケットが、JCBマジカルなどの貸し切りイベントに申し込み当選したゲストに配布されるパークチケットになります。

スポンサー企業に勤めている人向けのチケットも存在します。
こちらは企業の福利厚生の一環で、通常の入園料よりも安い値段でパークチケットが購入できるようです。
貸し切りイベントに申し込んでいるけど一向に当たらず悩んでいる方は、ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーに勤めている知り合いがいないか探してはいかがでしょうか。またはあなた自身がその企業の社員になるか。

なお、今後の貸し切りイベントですが、パークの閉園時間をみると18時30分にディズニーシーは閉園します。
オフィシャルスポンサーの貸し切りイベントが行われるますので、閉園時間に気を付けてくださいね。

貸し切り予定日(例)
 10月4日(金)ディズニーシー
  スポンサー:プリマハム
 11月15日(金)ディズニーシー
  スポンサー:JAL
 12月6日(金)ディズニーシー
  スポンサー:JCB
ほか


よく貸し切りイベントの懸賞を行っている企業は、キッコーマン株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社、プリマハム株式会社でしょうか。

企業のサイトをみれば「ああ、あの商品をつくっている会社か!」とすぐに分かるはず。
キッコーマンであれば醤油。
ハウス食品であればバーモントカレー。
プリマハムならソーセージ。
馴染み深い商品ばかりですよね。

懸賞のほとんどが、商品を購入して抽選に応募といったシステム。
日常使いする商品があれば、意識的に揃えてみるのもありでしょう。
上記の3社はほぼ毎年貸し切りイベントを行っているので、オフィシャルサイトを要チェックですよ!

日本航空株式会社(通称JAL)は、期間内に国内線へ数回以上搭乗すると、抽選で貸し切りイベントへ招待してもらえます。

三井不動産株式会社の場合、住宅契約を行った顧客に対し、貸し切りイベントへ招待といったサービスを行っている期間があります。
懸賞ではありませんが、こういった方法もあるということは、覚えておいて損はないでしょう。

<あわせて読みたい>
ディズニーのVIP スポンサーパスポートを解説!

キャストのサンクスデーに参加する!

ディズニーの貸し切りイベントを目的に、というよりは東京ディズニーリゾートで働きたい方にとって、ぴったりの方法でしょう。
というのも、確実に貸し切りイベントが楽しめるからです。

1年に1度、アルバイトのキャストを対象にした貸し切りイベント「サンクスデー」が行われます。
通常営業なら、キャストのほとんどがアルバイトなのですが、「サンクスデー」ではキャストが全て社員です。
また、スペシャルショーが開催されるなど、非常にユニークな貸し切りイベントが楽しめますよ!

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストになったときの特典やメリットをご紹介

企業・団体向けの貸し切りプログラムに参加する!

プライベート・イブニング・パーティ

「プライベート・イブニング・パーティ」と呼ばれる、企業・団体向けのプログラム。

比較的空いている1月、2月に限り19時半~22時半の夜間にかけて、貸し切ることができます。
対象人数は4,000名以上から。

概要

対象パーク:東京ディズニーランド/東京ディズニーシー
対象人数:4,000名〜14,000名(参加人数により使用可のエリアが変動)
対象日:1月/2月の平日
利用時間:19:30〜22:30(完全貸切)
開催費用:プライベート・イブニング・パーティ・パスポート料金×人数+オプション料金
プライベート・イブニング・パーティ・パスポート料金:6,700円(均一)

特典&オプション

ディズニーの貸し切りイベントである「プライベート・イブニング・パーティ」には、特典とオプションがあります。
特典は無料ですが、オプションは有料サービスとなっているようですよ。

【特典】
・ウェルカムサインの提供
・団体名入りでパーティー開催の「パークワイドスピール(園内放送)」

【オプション】
・キャラクターグリーティングやショーなどのプログラム実施
・主催者挨拶を含む式典実施(オリジナルエンターテイメント)
・告知用チラシや参加者限定オリジナルグッズの制作

<あわせて読みたい>
ディズニーのスポンサー企業・ラウンジを利用したい!方法まとめ

パーク・ファン・パーティー

引用 公式HP

パーク・ファン・パーティーは、一般ゲストも滞在する14時から入園することができる貸し切りイベントです。

対象パーク
  東京ディズニーランド/東京ディズニーシー
   ※混雑日等には実施できない日程もございます。
・開催規模
  120人~1300人
・ご利用時間
  ご入場から式典開始までの30分を含んだ1時間(午前中)
・式典
  ディズニーの仲間たちと一緒にパーティーの開催をお祝いします。
  その後パーティー主催団体の代表者より皆様にご挨拶します。
・抽選会
  パーティー参加者に向けて抽選会を行います。

アーリーモーニング・パーティー

アーリーモーニング・パーティーと呼ばれるものです。

早朝の7時半~9時にかけて貸し切る「アーリーモーニング・パーティー」。
こちらの対象人数は4,000名~5,000名までとなっています。

また、9時以降は通常営業のパークを楽しめます。
もちろん、こちらのプログラムも企業・団体向けです。


個人が貸し切るには、2番めのパークファンパーティがなんとかいけそうではありますが、友達や家族をちょっと呼んで貸し切りというわけにはいかなさそうです。
その他の手段としては以下があります

結婚式をする!

いっそのことディズニーリゾートで結婚式を挙げてしまうのはいかがでしょうか。
東京ディズニーリゾートには、大きく分けて3つのウェディングプログラムが用意されています。

・東京ディズニーランドのシンデレラ城でのウェディング
・ディズニーアンバサダーホテルのウェディング
・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでのウェディング

実は3つのプログラム全てで、ディズニーリゾートの一部を貸し切ることが出来るんです◎

東京ディズニーランドのシンデレラ城でのウェディングは、シンデレラ城と城周辺のプラザを貸し切りにし、結婚式を行います。
アトラクションをまるまる貸し切れるのは、ウェディングならでは!

挙式は、シンデレラ城内のグランドボールルームを貸し切って執り行われます。

アンバサダーホテルでのウェディングにプラスオプションとして、シンデレラ城をバックに写真を撮影する「キャッスルフォト・イン・ファンタジーランド」に申し込むことが可能です。
こちらのプログラムには、東京ディズニーランド内でのスナップ撮影が20カットついてきます

オプションとして追加できるプランとそうでないプランがあるようなので、注意が必要ですね。

東京ディズニーシ-・ホテルミラコスタでのウェディングプランにもディズニーシーを一部貸し切れるオプションが存在します。

・「フォトグラーフィア・イン・メディテレーニアンハーバー」
・「セレナータ・イン・ヴェネツィアンゴンドラ」

この2つのオプションのいずれかの利用で、ディズニーシーを貸し切ることが可能です◎

「フォトグラーフィア・イン・メディテレーニアンハーバー」は開園前のパークを貸し切ってしまいます!
ディズニーシーエントランスのアクアスフィアやプロメテウス火山などをバックに、貸し切りフォトが撮影できますよ。

開園前なのでアトラクションには、乗車不可です。

「セレナータ・イン・ヴェネツィアンゴンドラ」では、人気アトラクション「ヴェネツィアン・ゴンドラ」を新郎・新婦で一部貸し切り、ゴンドリエさんによるお祝いの歌と乾杯のサービスがあります。

ディズニーリゾートで結婚式を挙げるだけでも十分スペシャルですが、パークの貸し切りが加わるとさらにスペシャルなパーク体験に!

オフィシャルスポンサーの社員になるのがVIPになる確実な手

引用 公式instagram

今回は東京ディズニーリゾートを貸し切りにする方法をご紹介しました。
一番手っ取り早いのは、ディズニーオフィシャルスポンサーの貸し切りイベントに申し込むことでしょうか。

しかし運に身を任せるのはあまりにも。。。
というときはキャストになっちゃいましょう!

または、

懸賞(貸し切りイベント)に申し込んでいるけど一向に当たらず悩んでいる方は、運に身を任せるよりもキャストになる or もっと将来や人生を長い目で見るなら、
オフィシャルスポンサーの社員になるのが良い手です。
 =スポンサー従業員用パスポートを確実に手に入れられます

スポンサーを調べ終えたら次はぜひその会社について、社員になれないか?自分は挑戦できるのか?など検討してみるのもいいかもしれません。

家族や友達や彼女を案内できたらヒーロー間違いなしですね。

夢を夢のまま終わらせるのはもったいないです。大切なのはとりあえず動いてみることです!

<あわせて読みたい>
ディズニースポンサー会社に就職する方法!

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました