40代転職活動は皆うまくいかないし厳しい?疲れたと諦める前に20代30代との違いを徹底分析

【転職方法の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

40代転職活動は皆うまくいかないし厳しい?疲れたと諦める前に20代30代との違いを徹底分析

しばらく前までは「35歳が転職の限界年齢」と言われていましたが、状況が変わってきています。少子化で労働力が減少していく中、シニア世代の労働力を活用しようとする動きが見られ、50代~60代の転職事例も増えてきています。

定年が延長され、「人生100年時代」と言われる今、40代は「まだまだ若い」「これから20年以上活躍できる」と見なす企業も出てきています。

以前と比べ、企業は40代の中途採用に抵抗感が薄くなっているといえます。

とはいえ、20代~30代と顕著に違うのは、そもそも応募できる求人が激減すること。求人情報には年齢制限は記載されていませんが、業務内容・年収・役職などの条件や書かれているメッセージなどから「求めているのは30代前半まで」と察知できるものが多いのが実情です。

そして、「この経験がある人」とターゲットを絞り込んだピンポイント採用となります。

書類選考で不採用になったとしても「評価されない」のではなく「合わない」ととらえ、落ち込まないようにする心構えが大切です。

なお、求人票に書かれている応募要件がすべてではないため、初めから「応募できない」とあきらめるのではなく、チャレンジしてみる姿勢も必要です。

<あわせて読みたい>
企業への応募ノウハウはこちら!
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
同時進行(複数応募)は何社まで?効率化と管理
募集(応募)の必須条件を満たしていないけど応募していい?通過する?

ブランクを気にする方へ
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
転職回数が多いと不利?

転職自体を悩む方へ
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説

年収の悩みはこちら!
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
転職で年収が下がって失敗したくない。年収アップのコツ

地方と転職についてはこちら!
地方から東京へ転職は難しい?上手な転職理由と面接対策まとめ

中小企業についてはこちら!
中小企業でも決算賞与は出る?平均や大企業との比較や相場まとめ

転職活動に疲れた:40代の転職は実際 厳しい?

20代・30代向けの求人に比べると少ない

40代向けの求人は、20代・30代向けの求人に比べると、少ない傾向にあります。

20代・30代ではポテンシャル採用や次期マネージャー候補としての採用などが多いです。

それに対して、40代では高い専門性を見込んだ採用やマネージャー・管理職としての採用などが多いために、どうしても40代向けの求人数自体は少なくなってしまうと考えられます。

40代の転職成功者は実際多い

求人数が少ないなら転職成功も難しいのではないかと思われるかもしれません。

しかし、求人数が少ないからといって、転職成功者が少ないということではありません。

転職成功者のうち、40代以上 が6割前後とかなりの割合を占めます。

40代の転職は年収アップのチャンス

40歳以上の転職後平均年収が600~900万円 。

これは30歳以上の転職後平均年収の420万円よりもかなり高い水準です。

転職前の年収が高いことや、高い専門性やマネージャー経験を必要とする求人が多いことが、転職した方の年収がかなり高くなる要因といえます。

40代の転職まとめ

40代の転職の現状をまとめますと、

  • 求人数が少ないということは事実
  • 一方で、転職が成功しないわけではない
  • 転職後の平均年収も20代・30代に比べて高い

というような状況になっております。

転職活動に疲れた:転職で失敗しないために

転職で多くの人が後悔したことを理解しておく

転職エージェントが実施した会員アンケート では、90%を超える方が「転職してよかった」と回答していました。

しかし、残りの10%程度の方は「転職してよかったと思っていない」と回答しています。

  • 人、社風が合わないと感じるから
  • やりがいを感じないから
  • 業務内容が聞いていた内容と違ったから

が後悔した理由の上位3つとなっています。

希望条件を明確にしておく

まず重要なのは、ご自身が転職に求めるものや希望条件を明確にしておくことです。

特に、40代の転職であれば、現職の経験が長い、もしくは、すでに一度は転職を経験されているという方が多いかと思います。

そのため、今の職場で働き続けることで、得られるもの・得られないものも、ある程度は整理できます。

それらを整理したうえで、何を得るために(何を希望して)転職を考えているのかをまずは明確にしておくことが大切です。

転職活動に疲れた:どんな40代が転職に成功するのか

では、どのような40代の方が、実際に転職に成功することが多いのでしょうか。 40代の転職で有利になる経験・スキルをご紹介します。

身に付けたスキルや経験を整理してる人

また、当然のことではありますが、ご自身のこれまでのキャリアのなかで身に付けたスキルや経験を整理しておくことが、転職を有利に進める大きな一歩となります。

たとえば、転職エージェントでは、ご自身のスキルを登録できますが、登録するスキルの数が多いほど、届くスカウト数が増える傾向にあり、5~10個程度の設定を推奨しています 。

スカウトの数は、受けられる面接の回数に直結しますので、スキルをきちんと整理してアピールすることで、チャンスを大きく増やせるといえます。

マネジメント経験ありの人

40代の転職で有利になる経験の一つが、マネジメント経験です。

マネジメント経験のある方が転職成功に至る割合は、マネジメント経験のない方よりも高くなっております。

20代・30代に比べて、40代の方はマネジメント経験をお持ちの方が多い傾向にあります。

組織・チームを率いた経験のある方は、職務経歴書や面接において、その経験をアピールすることを推奨します。

40代の転職:今から未経験の業界へいけるか

40代の新たな業種・新たな職種への転職の現実

40代の転職を考える際、新たな環境で挑戦したいという思いを持つ方も多いかと思います

一方で、40代の異業種・異職種への転職は難しいのではないか、という声も聞きます。

しかし、40代であっても、それまでの経験を生かして異業種・異職種への転職を実現した方も少なくありません。

転職エージェントのアンケートでは、40代の転職のときに業種や職種を変えたという方が数多くいらっしゃいます。

Q.未経験の業種・職種への転職は下記のどのパターンでしたか(40代の回答)

業種・職種ともに変えた35%
業種を変えた(職種は変えていない)45%
職種を変えた(業種は変えていない)20%

その際、業種・職種ともに変えた方が約35%、業種のみを変えた方が約45%、職種のみを変えた方は約20%でした。

業種・職種ともに、40代でも変えられる可能性は十分にありますが、どちらを変えるかとなると、職種は同じで業種のみを変えるという方のほうが割合としては多いです。

40代の転職:新たな業種・新たな職種へ成功のポイント

譲れる条件・譲れない条件を整理しておく

新たな業種・新たな職種への転職に成功された方は、「成長性の高い分野に挑戦したい」「事業会社に移って、会社の成長に貢献したい」など、明確な思いを持って転職に臨んでいることが多いです。

ご自身が異業種・異職種への転職を検討したいと思った際には、その転職で何を実現したいのかをより具体的にし、整理しておくことが重要となります。

面接の際に、そういった思いや姿勢などが買われ、転職成功につながることもあります。

また、成功された方のなかには、年収が下がったという方もいらっしゃいました。

ご自身にとって、譲れる条件・譲れない条件が何であるかを整理しておくことは、転職活動をスムーズに進めるうえで、重要なポイントの一つとなります。

40代の転職:自己分析できているかが最大のポイント

自身の経験やスキルがどう評価されるかを知る

40代の転職をスムーズに進めるうえで、自身の市場価値を把握しておくことが大切です。

市場価値の把握とは、自身の経験やスキルがどう評価されるかを知ることです。

40代の方は、各業種・職種に特有のものも含めて、さまざまな経験やスキルをお持ちかと思います。

そのなかで、どの経験やスキルがどのような業種・職種で求められているのか、どのくらいの年収帯やポジションで採用されそうかなどを、客観的な視点から把握しておくことは大変重要です。

自身の市場価値(自身の経験やスキルがどのように評価されるか)を知る方法はいくつかあります。

企業からのスカウトを受け取る

企業からスカウトを受け取るという方法があります。

これまでの転職は、転職を考えている人が自身で求人を探して応募するか、多くの求人を抱える人材紹介会社などに相談するといった方法が一般的でした。

しかし最近の転職では、企業の担当者などが面接したい方に直接スカウトを送ることも増えてきています。

企業の担当者は、採用したいポジションに合わせて、最適な経験やスキルを持った人にスカウトを送っています。

そのため、企業からどのようなスカウトが届くかを確認することで、ご自身がどの企業(業種)、どのポジションで採用の可能性があるかを知ることができます。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

40代 女性の転職:リアルな転職事情と成功の秘訣

「40代女性の転職はやっぱり難しいの?」
「転職したいけど、資格もスキルもあまり自信が…」

現在、40代以上の女性の転職者数は増加傾向にあり、2018年に実施された労働力調査(総務省統計局)によると、前年に比べて5万人増加しています。

つまり、40代女性は絶対に転職できないというわけではないのです。

40代女性の転職で成功するため3つポイントをまとめました。

【成功するための3つポイント】

  • 書類選考の対策をエージェントにお願いする
     →書類の添削自己分析一緒にしてくれるエージェントを探す
  • 条件・視野を広げて求人を探す
     →譲れない条件は1~3つに絞る

40代で転職を考えている場合は求人サイトだけでなく、転職エージェントも活用し、転職をおこなう人も多いです。

40代 女性の転職:厳しい…リアルな転職事情

40代女性の転職事情は厳しいと言われています。

40代の転職難易度が上がるとされる理由として

  • 求められるスキルや知識のレベルが高くなること
  • 応募できる求人の幅が狭まりやすいこと

などがあります。

一方で、40代以上の女性の転職者数は増加傾向にあります。

2018年に実施された労働力調査(総務省統計局)によると、45~55歳の女性の転職者数は前年に比べて5万人増加しています。

つまり、40代女性は絶対に転職できないというわけではないのです。

ここからは、40代女性が転職に成功するための対策を考えていきましょう。

<あわせて読みたい>
女性向けに特化した転職はこちら
【女性の転職】30代でスキルなしでも成功する必勝法!
【女性の転職】40代だとうまくいかないってホント?
【女性の転職】50代の厳しい現実を理解して成功する方法まとめ
女性が事職務(正社員)への転職に成功する方法

妊娠で仕事を辞めたい!それって逃げ?辞める方法も徹底解説
ワーキングマザー(働くママ)の退職と転職

40代 女性の転職:成功させるポイント

40代女性が転職活動をするうえで、どんなことに注意すべきなのでしょうか?

転職関連記事の執筆などで活躍している現役キャリアコンサルタントの和泉さんに聞いてみました。\40代女性の転職成功のための3つのポイント/

  • 経験が活かせる職場を探す
  • 書類選考の対策をエージェントにお願いする
  • 条件、視野を広げて求人を探す

経験が活かせる職場を探す

40代女性が転職する場合には、

  • それまでの経験を活かせる仕事
  • スキルをさらに伸ばすことができるような仕事

を選ぶべきです。

私には専門的な経験もスキルもない…」という方は、「仕事でのエピソード」に加えて「応募先企業で活かせるプライベートでの取り組み」という二軸でアピールする方法があります。

どんなに簡単な仕事であったとしても、何かしらの工夫や努力をした経験はあるはずです。

まずはそうしたエピソードを通じて「自分を採用するメリット」を堂々とアピールしましょう。

経験が活かせる職場を探すためにはできるだけ多くの求人をみてみましょう

対策をエージェントにお願いする

転職では、まず書類選考をしっかり突破することが重要です。

転職のプロであるエージェントなら書類の添削から行ってくれます。

なぜ転職するのか」「自分はどのような価値を提供できるのか」ということを徹底的に掘り下げてみましょう。

この作業をしっかり行なうことで、自分が漠然と思い描いている理想と  企業が40代の女性に期待することのギャップに気づくことができます。

転職エージェントは求人紹介だけでなく、キャリアカウンセリングを通して転職理由の深掘りキャリアの棚卸し自己分析のサポートなどもしてくれます。


第三者から客観的に見てもらうことにより、自分では気づかなかった強みや価値に気づくことができるでしょう。
一方で、自分がもっている経験は他社では通用しないことがわかるなど現実を知ることもできます。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

絶対に譲れない条件を1~3つに絞る

求人を探す場合、絶対に譲れない条件を1~3つに絞り、まずはそれを満たす求人を選びましょう。

絶対に譲れない条件以外については妥協することも大切です。

「育児や介護など家庭での時間を重視するのであれば、高い給与やキャリアアップはそこまで望まない」「収入を増やすことを何よりも優先するのであれば、ワーク・ライフ・バランスの両立にとらわれすぎない」など、人によって譲れない条件は異なります。あらためて整理してみましょう。

視野を広げて求人を探してみると、自分に合う求人に出会う可能性が増えます。

40代 女性の転職:未経験やブランクありでも成功するためには

これまでは専業主婦だったけれども「家庭の事情で働かなくてはならない」または、ブランクがあるけれども「未経験から正社員を目指したい」という40代女性もいることでしょう。

冒頭でお伝えしたとおり、経験や実績を求められる40代の場合、未経験やブランクありでの正社員転職は非常に厳しいです。

ただし、人手不足が深刻な職種は経験不問であることが多く、未経験でも転職するチャンスはあります

【40代女性が未経験で転職しやすい職種・業種】

販売・接客業最近ではホテルや冠婚葬祭などのサービス業が伸びています。
住宅メーカーや結婚相談所、保険代理店のカウンター営業などの仲介コーディネーターは、経験よりも人柄で選ばれることが多く、やりがいも大きい仕事です。
営業職コミュニケーション能力が求められる営業職は、女性が活躍しやすい職種です。ノルマのある営業や新規開拓営業よりも、ノルマのないアフターフォロー営業がおすすめです。介護職資格取得のサポートがある会社も多いので、未経験者が転職しやすい業界です。
離職率も高いですが、親の介護経験がある方はその経験を活かして働くことができるでしょう。
起床介護や夜勤のない仕事がおすすめです。コールセンター営業時間が通常9時~17時と決まっているので、残業の心配がありません。
特に法人向けサービスのコールセンターであれば難しいお問い合わせも少なく、働きやすいでしょう。

また、「資格を取れば未経験でも仕事ができるのでは?」と考える方もいますが、経験のない業種で新たに資格を取ったとしても、採用に必ずしもつながるとはいえません

基本的には、介護業界で通用する介護職員初任者研修のように、未経験者でも働きやすい業界に関連した資格を取るというのが確実な方法です。

この他、地方は職種・業種を問わず応募者が少ないため、未経験でも採用されやすい傾向があります。

Uターンや移住などが可能な方は、地方での転職も視野に入れてみると未経験で転職できる可能性が広がるでしょう。

<あわせて読みたい>
ブランクを気にする方へ
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
転職回数が多いと不利?

40代 女性の転職:成功するのはどんなタイプの人?

厳しい転職事情にもかかわらず、転職に成功した女性たちの成功の秘訣はどこにあるのでしょうか?

転職をかなえた40代女性たちに共通する点を探り、ご自身の転職活動に活かしていきましょう。

【転職をかなえた40代女性に共通する点】
明るく前向きで、コミュニケーション能力がある人
1年くらいはかかる気持ちで、諦めずに臨む人
前向きに仕事に取り組んでくれる人

明るく前向きで、コミュニケーション能力がある人

スキルや経験以外にも、明るく前向きで、コミュニケーション能力がある方は企業から高く評価されます

40代は、20代や30代の若手に対する影響力が大きい年代です。

そのため、企業側としてはチームを乱すような40代の転職者を採用しようとは思わないでしょう。

1年くらいはかかる気持ちで、諦めずに臨む人

40代女性の転職活動は長期戦になるでしょう。

求人数自体が少ないということもありますし、自分自身が納得できる条件の転職先が見つかるかどうかということもあります。

1年くらいはかかる気持ちで、諦めずに臨む姿勢が結果につながります。

自分のもっているスキルや経験を最大に生かして、諦めずに面接を受け続けることが秘訣だと思います

前向きに仕事に取り組んでくれる人

企業側が最終的に雇いたいと思うのは、前向きに仕事に取り組んでくれる人です。

実は、離婚を経験されている方やシングルマザーは企業からの評価が高くなることがあります。

なぜなら、「稼がないといけない」「子どもを養っていかないといけない」というガッツがあるからです。

そのような状況にない方も、面接ではしっかりと責任感をもって仕事に取り組む姿勢をアピールすることで、面接官に対して意気込みを伝えることが大切です。

面接では、前向きに与えられた仕事を確実に全うできますという姿勢を伝えるようにしました。(40歳 パートタイム)

40代はまだまだ活躍できる年代です。

なかなか内定がもらえずつらい思いをすることもあるかもしれませんが、諦めずに転職活動をすることで今よりもイキイキと自信をもって働ける場所がきっと見つかるでしょう。

40代 女性の転職:面接突破のカギ

40代女性の転職活動では、面接を突破できるかどうかが転職成功のカギを握ります。

なぜなら、面接には40代が陥りがちな失敗がいくつかあるからです。

面接時の注意点とその対策をまとめました。

企業が何を求めているかを聞く

面接は「企業側が自分に何を求めているか」ということを聞く機会です。

その点を明らかにして初めて「自分が企業に対して何ができるか」というアピールが可能になります。

面接を通してお互いの希望を明らかにしてすり合わせていくことが、転職成功につながります。

ここでも対等な立場ということを忘れず、お互いにwin-winの面接になるようにしていきましょう。

対等な目線で面接を受ける

40代でよくある失敗として、「お客様感覚」(=上から目線)で面接に臨んでしまうということがあります。

例えば「求人票の仕事内容が曖昧すぎる」「個人情報を返却してくれなかった」などと細かいことに難癖をつけ、「あの会社はダメだ」と結論づけてしまう方がいます。

このような方は、せっかく面接にこぎつけても「面接は時間の無駄だった」ということが多く、チャンスを自ら捨ててしまうようなもので非常にもったいないです。

年齢や経験値が上がるにつれて、知らず知らずのうちにプライドも高くなってしまう方は意外といます。

上からではなく、対等な目線で面接を受けることを心がけましょう。

転職エージェントでフォローしてもらう

これは面接時の対策というよりも、面接官に対するアピールの一つの方法ですが、転職エージェントを上手に利用するというのは非常に重要です。

転職エージェントを利用する最大のメリットの一つは、企業に対して推薦状によるフォローをしてくれるという点にあります。

例えば、応募者の実務経験はもちろん、人柄やその企業で働くことに対する意欲の高さ、「子育てが落ち着いている」「バツイチである」などの家庭環境といったことについても、採用にプラスになるような情報を企業側に伝えてくれます。

「面接ではいまいちアピール仕切れなかった…」という場合でも、推薦状が後押しとなって採用が決まるということは多々あります。

良い推薦状を書いてもらうためにも、転職エージェントのキャリアアドバイザーと良好な関係をつくっておきましょう。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

「転職活動に疲れた」と感じたときの対処法

転職活動は、始めた時には「頑張るぞ!」と意気込みがちですが、転職活動が長期化するににつれてだんだんと疲れてきてしまうものです。

「もしも転職先が見つからなかったらこの先どうなるの?」と不安に駆られる方も多いですよね。

以下では転職で疲れたと感じる理由と、理由別の対処法を紹介しています。

自分がどれに当てはまるかを把握してから、対処法を実践してみてはいかがでしょうか。

転職活動に疲れる理由:忙しくて休日の限られた時間しか時間がない

転職活動中、応募しようと思っていた企業の募集がいつのまにか終わっていた・・・そんなこともありますよね。

特に在職中だと休日の限られた時間しか時間がないので、時間が取れない、取れたとしてもカツカツの生活・・。

対処法:スキマの時間を有効に活用

今の時代、求人のチェックや応募先の情報収集はスマートフォン1つで簡単にできます。通勤の時間や、普段何となくテレビを見ている時間などスキマの時間を有効に使いましょう。

私は電車の中で試験の対策ができるアプリを使って勉強していました。

転職活動に疲れる理由:転職活動がばれないようにするのが疲れる

面接時の服装だったり、有給の取り方で周りに転職活動をしていることがばれてしまうのではないかと気を遣うのは疲れてしまいますよね。

対処法:面接日も違和感がないように服装を工夫する

普段スーツを着ない方がスーツを着ると「今日は会議もないのに何でスーツ?」と違和感を持たれてしまいます。

普段からきちんとした格好でいると上手くカモフラージュできるかもしれません。

面接のためのスーツをコインロッカーに入れて着替えるのも手でしょう。

また、企業によっては、スーツでなく、ビジネスカジュアルOKの会社もあります。応募先に確認しておきましょう。

転職活動に疲れる理由:転職活動がおわらず疲れる

転職活動の先が見えずに不安になり、疲れることはよくあることです。

いつ内定が出るかもわからずに転職活動を進めることは、暗闇をあるき続けることと同じです。

結果として、転職活動に疲れてしまうということは珍しくありません。

この場合、転職活動に指標を設定すると解決することができます。

対処法:転職の目的を決める

転職の目的を確立することは、転職活動の先が見えなくなることを未然に防ぐ方法の一つです。

転職活動をする理由を明確にしておけば、転職活動の行動一つ一つに意味が生まれます。

そうすれば、転職活動の先が全く見えないということはなくなるでしょう。

転職活動の先が見えないで疲れてしまっている人は、原点に立ち返って転職活動をする目的を考え直してみると良いでしょう。

対処法:転職のスケジュールを組む

転職のスケジュールを決めることも、転職活動の先が見えずに疲れてしまうということを未然に防ぎます。

事前に立てた転職のスケジュールに沿って転職活動を進めていけば、少なくとも迷子になることはありませんよね。

転職のスケジュールを組むことで、大体の転職活動終了の時期を見込むこともできます。

終わりのない旅ではなくなるため、先が見えずに不安になることもなくなります。

転職活動に疲れる理由:退職の手続きが面倒

退職の手続きが大変であるということも、転職活動を進めるにあたって疲れる要素の一つです。

転職が成功した場合に退職をするとなると、引き継ぎの業務や引き止めなどに足を引っ張られることになります。

ただでさえ疲れることの多い転職活動に加えて退職手続きをするとなると、負担は2倍です。

結果として疲れてしまう原因になるのです。

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

転職活動に疲れる理由:不採用通知でどんどん落ち込んでいく

転職活動中はただでさえナイーブなのに、不採用通知が来るとさらに落ち込みますよね。

メールを開くですら怖い・・そんな方もいらっしゃると思います。

頑張っても頑張っても来るのはお祈りメールだけ・・転職活動が疲れる主な原因でしょう。

対処法:「企業とのミスマッチを防ぐことができた」と前向きにとらえる

反省はしても落ち込まないことが1番です。終わったことは仕方ありません。縁がなかったと割り切りましょう。

すべての企業に内定することは不可能です。むしろ「企業とのミスマッチを防ぐことができた」と前向きにとらえましょう。

転職先が決まらない人ほど「自分はどこからも評価されない」という考えに陥りがちです。

書類選考や、面接は自分が評価される場ではありません。選考は個人と企業のマッチングの場です。そう考えれば少し気が楽になりませんか?

内定が取れないのは、個性や能力が否定されているわけではなく、企業と自分がマッチングしなかっただけに過ぎません。

対処法:あせらずいつもどおり気分転換する

通勤時間に好きな音楽を聴く、友人に会っておしゃべりする、休みの日に映画を見に行くなど気分転換の方法はいくらでもあります。

たまには転職活動をお休みして、思いっきり遊ぶことで気分も回復するかもしれません。

私は友達に相談する・美味しいものを食べる・十分な睡眠をとる、だいたいこの3つで翌日すっきりして過ごしています。

転職活動に疲れる理由:面接の日程が合わない

就業時間中に面接時間が設定されることも珍しくありません。

働きながら転職活動をしている方にとってつらい状況ですよね。

対処法:応募する企業に相談してみる

現在も就業中であることを伝えれば、就業時間後に面接の時間を設定してくれる企業もあります。

来社が難しい場合は相談してみましょう。

対処法:知人のお見舞いや体調不良などの嘘で仕事を休む

面接日に向けて風邪っぽい雰囲気を出す・体調不良を装ったという方もいらっしゃいます。

罪悪感がある方法ですが、有給も取れず、面接日の変更も難しい場合はこれも1つの手です。

転職活動に疲れる理由:希望の案件が見つからない

転職サイトなどを利用して、企業の求人情報を絞り込んで、どこに応募するか決めている方も多いでしょう。

特に職場に不満を持って辞めた方は、「次の職場こそは良い環境を選びたい!」と、案件探しに力を入れていることでしょう。

企業側も人員が不足する時期や、人員の確保に乗り出す時期がバラバラですから、希望している案件がうまく見つからないこともあります。

せっかく希望通りの職場を見つけたいと思い、転職活動をはじめても、思い通りに行かないと誰しも疲れてしまうものです。

対処法:条件の妥協ポイントをリスト化してみる

詳細な条件を入力すればするほど、検索結果に表示される案件は少なくなります。

絞り込みに利用している条件を確認してみて、条件をどこまで妥協できるかのポイントを見極めてみましょう。

通勤時間を重視しているのなら業種の幅を広げてみる、給与を重視しているなら通勤エリアを再検討してみるなど、条件の幅を広げられるように整理しましょう。

妥協ポイントを見つければ、転職先が見つかりやすくなります。

対処法:転職の案件が増える時期を狙う

転職にも旬の時期と閑散期があります。

同じ条件で検索しても、表示される案件が異なることもあるんです。

1月~2月ごろ、8月~9月ごろは、上半期下半期のキリのいいタイミングになりますので、中途採用の求人が増える可能性が高いです。
ただし爆発的に増えるわけでもなく、その年によるので、「その時期まで待とう」はただの先延ばしなので今動くほうが良いです

転職を今すぐと焦る必要がないのなら、旬の時期を狙って案件を探してみましょう。

対処法:転職のコンサルタントに依頼してみる

転職エージェントを活用して、コンサルタントに条件に合った求人を紹介してもらうのも、一つの手です。

転職エージェントでは転職サイトに出回っていない、非公開求人が紹介されていることもあります。

非公開求人は、企業が条件の良さや採用数を絞りたいがために、限定的に募集をかけている案件です。

転職サイト上で見つからなかった案件でも、コンサルタントの技量によっては、希望条件の案件を紹介してもらえるかもしれません。

原則、転職エージェントは無料で登録・利用できるので、気になる方はぜひ活用してみてください。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

転職で疲れないためのポイント

スケジュールを立てて機械的にそれ通りに動く

スケジュールを立てて転職活動を進めることは、転職活動で疲れないようにするために重要なポイントです。

前述した通り、転職活動の指標となるものがないと、転職は疲れてしまいがちです。

そんなときに指標となるのが、転職をする理由とスケジュールです。

転職活動のスケジュールをきっちり立てることで、疲れない転職活動を実現することができるのです。

転職活動全体の動きを少なくし、時間的な余裕を作る

時間的な余裕を作ることも、疲れない転職活動をするためには重要です。

時間的な余裕は、精神的な余裕に直結します。

時間の余裕を作ることはなかなか難しいかもしれませんが、疲れない転職を最優先に考えるのであれば、是非作るべきです。

転職活動全体のアクションを少なくし、時間的な余裕を作ることも立派な転職活動です。

応募する求人を絞る

アプローチをする求人を絞って転職することも、疲れない転職活動を進めるためには必要です。

アプローチする求人を増やしてしまうと、その分転職活動に割く時間が多くなります。

時間とアクションが多くなればなるほど、転職活動の疲れは大きくなります。

それなら、アプローチする求人自体を減らしてしまえば良いのです。

アプローチをする求人を減らすことで、疲れのない転職活動を進めることができるのです。

有給休暇をうまく活用する

場合によっては有給休暇や半日休暇を活用することも視野に入れておきましょう。

転職活動で時間がなくなってしまう場合、有給を利用すれば時間を作ることができます。

無給ではないため、安心して利用することができるでしょう。

収入を得ながらしっかり転職活動を進めることができるため、時間に余裕がない場合は有給や半日休などを利用して時間を作ることをおすすめします。

自分の身の丈に合った転職をする

転職に対する理想を高く持ちすぎず、自分の身の丈に合った転職を心掛けましょう。

「もし転職でいい企業に入れて、今の生活よりもいい生活が送れたらな…」と、誰しも理想を持ってしまうものです。

しかし理想を高く持ちすぎてしまうと、現実とのギャップがあるときのダメージが大きくなります。

理想を高く持ちすぎず、「自分にはこれだけの企業があっている」と謙虚な気持ちで挑むことも大切です。

本当に無理そうなら転職活動を一旦お休みしてみましょう

転職活動中は情報がたくさん頭の中に入ってきます。

求人を見て、履歴書を書いて、面接を受けて・・何社も何社も受け続けると、情報で頭がいっぱいになり整理できなくなってしまいます。

まず頭の中を整理できるようになることが大切です。

頭を整理するためにも転職活動を休んで気分転換してみましょう。

意外と効果的!転職エージェントを変える

もし、1つや2つの転職ツールを使っていない方がいたら、他のサービスも使ってみてはいかかでしょうか。

転職エージェントや転職サイトは多数あります。載っている求人も違えば、転職エージェントごと、転職サイトごとのカラーも違います。

1つのサービスしか使ってはいけないという理由はありませんので利用してみましょう。

ただし会社によっては転職を急かしてくるエージェントも存在します。

自分が転職に譲れないものをはっきりさせておき、希望と違う会社を勧められたら断る力が必要です。

ネットの美しい成功体験を鵜呑みにせず、自分のペースで進めよう

周りの人が短期間で転職を成功していると焦りを感じますよね。

自分だけ何で決まらないんだろう・・と不安に思うことでしょう。

転職の成功体験談は、見栄えのいいものが選ばれていることもあります。

しかし転職を成功させている人の裏には、うまくいかない人もいますので、成功ケースばかりを見ないようにしましょう。

また転職の状況を語り合う掲示板をみるのも避けましょう。

状況を語り合うのはストレスの発散になりますが、人のことを気にしすぎてしまうと、かえって自分が追い詰められかねません。

追い詰められた結果、早く転職したいという気持ちが先行してしまうこともあります。

どこでもいいやと入りたくない企業に転職してしまうと、また転職する状況になりかねません。

せっかく転職したのに納得できないなんてもったいないです。

人を気にせず、自分は自分の精神でペースを乱さずに、納得できる転職先を探していきましょう。

プロに相談しながら、最後は自分なりの転職をしよう

転職活動に正解はありません。転職セミナーやネットの情報を参考にしても最終的に決断するのは自分です。

一旦転職活動をお休みして「自分が転職して何を叶えたいのか」「転職先でどういう風に働きたいのか」をはっきりさせてから活動を再開させてからっでも遅くないと思います。

疲れたら気分転換をして、自分のペースで転職活動をすすめていきましょう!

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました