正社員より派遣の方が稼げる説を徹底考察!実際どっちが稼げる?メリットデメリット(条件別)

【働き方の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

正社員より派遣の方が稼げる説を徹底考察!実際どっちが稼げる?メリットデメリット(条件別)

<あわせて読みたい>
企業への応募ノウハウはこちら!
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
同時進行(複数応募)は何社まで?効率化と管理
募集(応募)の必須条件を満たしていないけど応募していい?通過する?

ブランクを気にする方へ
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
転職回数が多いと不利?

転職自体を悩む方へ
転職活動に疲れた40代の最適行動【女性向け対策も】
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説

年収の悩みはこちら!
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
転職で年収が下がって失敗したくない。年収アップのコツ

地方と転職についてはこちら!
地方から東京へ転職は難しい?上手な転職理由と面接対策まとめ

中小企業についてはこちら!
中小企業でも決算賞与は出る?平均や大企業との比較や相場まとめ

正社員vs派遣どっちが稼げる?(正規と非正規の格差は当たり前?)

自由度の高い派遣社員として働くか、雇用が安定した正社員として働くか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。また、派遣社員から正社員へ転職したいと考えている方も多いでしょう。

派遣社員と正社員にはそれぞれ、メリットとデメリットがあります。また、無期雇用派遣という、派遣社員と正社員の中間に位置する働き方もあります。

そこでこの記事では、派遣社員と正社員の違いについて解説します。
派遣社員から正社員への転職方法や、無期雇用派遣という中間的な働き方についてもご紹介します。
両者の違いをしっかりと理解し、ご自身に合った働き方を選びましょう!


派遣社員と正社員の違いは「社員であるか否か」

派遣社員と正社員の最も重要な違いは、「社員であるか否か」です。派遣社員は実は社員ではないのです。

派遣社員とは、他の企業に派遣される社員のこと

派遣社員とは、
人材派遣会社と雇用契約を結び、他の企業に派遣される社員のことです。

実際に働く企業との雇用関係はなく、あくまで派遣会社と雇用関係にあります。そのため、派遣先の実際に働く企業の社員ではないのです。

派遣先の企業にとっては、派遣会社に対して即戦力の人材を外注しているということになります。企業側としては、必要な時に必要な労働力を確保するのにとても有効な手段なのです。

以下では、派遣社員として働く側のメリット・デメリットを見ていきます。

派遣社員のメリット

これまでのキャリアを活かすことができる
派遣社員は紹介時に業務内容を詳しく知ることができ、自分のこれまでのキャリアや持っているスキルを活かす仕事を選ぶことができます。

自分らしいスタイルで働くことができる
勤務地、勤務時間・期間などの条件が自分とマッチしている仕事を選ぶことができるので、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

派遣社員のデメリット

雇用が不安定
契約期間が終わる毎に、更新か契約終了となるかが決まります。

収入が不安定
派遣社員は交通費が自己負担であることが多いです。また、派遣社員は基本的に時給計算なので、祝祭日が多い月は月給が減ります。

責任ある仕事は少ない
基本的に派遣先企業からの指揮命令にもとづく業務のため、立案や責任ある仕事を任せてもらえることは少ないです。

正社員とは、正規雇用で雇われた労働者のこと

正社員とは一般的には正規雇用で雇われた労働者のことで、一般的に「社員」といった時に想像するのは正社員でしょう。

正社員のメリット

雇用の安定
雇用期間が定められておらず、基本的に定年まで働くことができる場合がほとんどです。よほどの理由がなければ会社はクビにすることができません。

賞与や退職金がある
派遣社員には賞与や退職金がありませんが、正社員にはあるケースが多いです。

昇給、昇格の機会が多い
正社員は長く勤めれば勤めるほど昇給する場合がほとんどで、昇格して役職がつくケースも多いです。

福利厚生が充実している
一般に正社員の方が派遣社員より福利厚生が充実しています。

正社員のデメリット

異動や転勤がある
派遣社員は勤務地や業務内容の条件で仕事を選ぶので、条件外の転勤などはありません。
一方で正社員は契約内容にはよりますが、異動や転勤がある可能性も大きいです。

雇用される確率が低い
非正規社員と比較して雇用に至る確率が低くなります。

時給換算すると低い場合もある
月給を時給換算すると非正規社員より低くなる場合もあるようです。

自分のやりたい仕事ができるとは限らない
派遣社員はあらかじめ定められた条件以外の仕事をする必要はありませんが、正社員は様々な仕事を任される確率が高く、自分の希望通りの仕事ができるとは限りません。


正社員より派遣社員が向いている人

仕事内容や働くスタイルに求めるものは人それぞれです。ここでは、派遣という働き方に向いている人の特徴を解説します。
 

家庭や学業を加味した働き方を両立させたい

派遣という働き方は、家事や育児、介護などで勤務時間が限定されたり、資格取得のための勉強時間も確保したい人にも向いています。

家庭や学業を加味した働き方を希望するなど、事前に自分の状況を伝えておけば、派遣会社が希望に合わせた仕事をマッチングしてくれます。

本業が別にある

派遣社員として働く人の中には、副業や兼業をもつ人も少なくありません。

本業が別にあるけれど、もう少し稼ぎたいとの思いから、副業として派遣を選択することも可能です。

本業が休みの日に、空いた時間を有効活用したい人もいるでしょう。

柔軟な働き方を選択できる派遣の仕事は、Wワークにぴったりの働き方です。

プライベートを大切にしたい

仕事とプライベートをきちんとわけたい、自由な時間も欲しい、という人は派遣という働き方に向いています。

派遣社員は派遣期間や勤務時間が決められているので、業務内容の急な変更や想定外の残業などがありません。

業務は決まった時間に終わらせて、仕事の後や休日には、趣味や習い事など、プライベートな時間を大切にすることができます。

将来は正社員として働きたい

紹介予定派遣という働き方で正社員を目指すことも可能です。

紹介予定派遣は、派遣社員として就業したのち、企業と本人の合意があれば、直接雇用となり活躍することが可能です。

仕事内容や職場環境を理解した上で、安心して働き続ける環境を探したいという方におすすめといえるでしょう。


派遣社員から正社員になる方法

派遣社員として働いているが、正社員の待遇の良さなどを知って正社員になりたいと思う方もいるでしょう。ここでは派遣社員から正社員になる方法を2つご紹介します。

派遣社員として働きながら、派遣先の企業の正社員を目指す

紹介予定派遣とは派遣社員として働きながら、派遣先の企業の正社員を目指せる働き方です。最長6ヶ月の派遣期間が終わった後、本人と派遣先企業が合意すれば正社員となれます。

この6ヶ月は試用期間という位置づけで、一定期間派遣社員として働いて職場環境や業務内容を知ることができるので、ミスマッチが少なくなるというメリットがあります。

転職活動する

具体的な希望業界・希望企業があり、正社員として働きたいと考えている場合には、転職によりゼロから正社員を目指すほうが手っ取り早いという見方もあります。

もちろん人気企業の正社員枠は難易度が高くなるのも事実です。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます


↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

「無期雇用派遣」という第3の働き方

世の中には派遣社員と正社員の2つしかないわけではなく、その中間的な働き方も可能です。それが無期雇用派遣という働き方です。

無期雇用派遣

契約期間が5年を超えた場合に、派遣社員が希望すれば契約期間の定めのない労働契約に変更することが可能です。

この制度により無期雇用に転換した派遣のことを「無期雇用派遣」といいます。(最初から無期雇用派遣として派遣会社に採用されるケースもあります。)

無期雇用派遣はあくまで派遣元の会社と無期雇用契約を結ぶため、正社員とは異なり、あくまで派遣社員です。

ただし、正社員のように月給制になり、福利厚生の対象になるといったメリットがあります。

一方で、派遣社員のメリットであるライフスタイルに合わせて柔軟な働き方などは不可能になります。

正社員vs派遣どっちが稼げる?:若い時は派遣のほうが稼げることも

派遣社員として働いた場合、毎月の給料はどのくらいになるでしょうか。

時給1500円でフルタイムで働いたとしたら、年間休日120日、毎月10日の休みがあるとして月給25万円程度になります。

もし残業があれば給料はもっと増えるでしょう。

この条件ってかなり恵まれていますよね。年間120日の休日があって月給25万円って、20代であればそれほど悪い条件ではありません。

大卒の初任給は平均で20万円程度だし、なかなか昇給もできずに20代後半になっても25万円なんていかない人はたくさんいます。

それでいて休日数は105日しかない人も多いですよね。

さらに派遣社員であれば、仕事内容に制限があったり、仕事に対する責任が軽かったり、残業も少なかったりと働くにあたり給料以外の魅力的な部分も多数あります。

変な会社に派遣されてしまったら更新のタイミングで違う仕事を紹介してもらうなんてこともできますしね。

将来を見れば昇給のある正社員として働いてたほうが良い

これらのことだけ考えれば、20代のうちは派遣社員として働いてもいいんじゃないかと思ってしまいますよね。

ただ、これらのことを考えても、やっぱり正社員として働いたほうがいいです。

それこそ最初の給料が派遣社員として少なかったとしてもです。

正社員と派遣社員の大きな違いが「昇給」

正社員と派遣社員の大きな違いが昇給。

正社員が年齢を重ねるごとに昇格し、昇給することが多い一方で、派遣社員は時給があまり変わりません。

同じ内容の仕事につく限りは、多少の違いはあるにせよほぼ変わりませんし、これまでの経験を武器に派遣会社に時給アップを交渉しても50円上がればいいほうで、月給にすれば1万円にもなりません。

また、差が付き始めた時に正社員に転職したとしても、経験がないことから年齢相応の給料を貰えることなんてなかなかできません。

結局、その時に転職活動しても派遣社員時代よりも給料が高い仕事を見つけることができずにまた派遣社員として働く続けることになり、正社員として働いている人との差はどんどん大きくなっていくのです。

30歳手前あたりで正社員と派遣社員の差が出始める

業種にもよりますが具体的な年齢をあげると30歳手前あたりで正社員と派遣社員の差が出始めます。

なぜならば正社員であれば30歳手前で会社から役職が与えられ、会社での地位はもちろん、給料も上がる年齢に入るからです。

では正社員の年代別平均年収のデータと派遣社員の平均年収を比べてみましょう。

年代正社員派遣社員(時給1500円)
20代345万円3,168,000円
30代442万円3,168,000円
40代507万円3,168,000円
50代以上622万円3,168,000円

平均年収は20代の時点では大きな差はないものの、30代で100万円以上の差、50代以上では派遣社員の倍に近い金額を正社員は稼いでいます。

昇給やキャリアアップが見込めない派遣社員は、ボーナスや賞与が出る正社員と違い差が大きく開くことがわかりますね。

その差を埋めることは年齢を重ねるごとに難しくなるでしょう。

これからの将来のことを考えると、若いうちは派遣社員で良くてもいつ頃までに区切りをつけるべきか考えておく必要があるようです。

正社員は、給料以外でも恵まれていることが多い

正社員の場合は、毎月の給料以外でも恵まれていることが多いのも理由ですね。

ボーナスが支給されたり、退職金制度があったり、福利厚生による手当があったりと直接の金銭面でのメリットもありますし、

教育面であったり、休職時の対応であったり、産休や育休の取りやすさであったりと、金銭面以外での充実度も異なってきます。

正社員は、簡単にクビにされない

会社が正社員をクビにするのにはかなり高いハードルがあります。

経営悪化を理由にする場合にしても、解雇にならないように最大限の努力を行うことが求められますし、能力不足を理由にする場合だと、合理的な理由を示し、さらに会社側が能力不足を解消する努力も求められます。

しかし派遣社員の場合は単に契約を延長しなければいいだけ。たった数ヶ月しか働く期間を保証されていないのです。

会社にとってみれば、正社員はこれまでも実績を積んできた貴重な人材。しかし、派遣社員は誰でもできる仕事をしてもらう替えのきく人材。

そのことをよく知っておかなくてはなりません。

「結婚・出産もいずれするだろうし気楽な派遣でいいや」は危険な思想?

女性の場合だと、いずれは結婚、出産して仕事を辞めるつもりで、長く働くつもりなんてないから正社員になる理由なんてないという人も多いかもしれません。

確かに20代後半で辞めるのであれば派遣社員として働いていたほうが貰える給料は多いかもしれません。

ただ残念ながら将来のことに確実性はありませんし、自分の思い描いていた通りになるなんていう保証はないのです。

<あわせて読みたい>
女性向けに特化した転職はこちら
【女性の転職】30代でスキルなしでも成功する必勝法!
【女性の転職】40代だとうまくいかないってホント?
【女性の転職】50代の厳しい現実を理解して成功する方法まとめ
女性が事職務(正社員)への転職に成功する方法

妊娠で仕事を辞めたい!それって逃げ?辞める方法も徹底解説
ワーキングマザー(働くママ)の退職と転職

派遣向きの人 vs 正社員に転職した方が良い人

ここまでの内容を通して「派遣社員よりも正社員として働いた方が良い」と感じるかもしれませんが、普段の生活スタイルによっては派遣社員として働いた方が効率が良い場合もあります。

どんな方が派遣社員、もしくは正社員に向いているのか、それぞれの特徴をおさえて自分の生活スタイルに合わせた働き方を探してみましょう。

派遣社員に向いている人=自由がほしい

まずは派遣社員に向いている方の特徴をご紹介します。

派遣社員の大きなイメージは時間の融通が利くこと、これは働き方にも表れています。

仕事とプライベートの時間をしっかりさせたい

仕事とプライベートの時間をしっかりさせたい方にもライフスタイルに合わせると同様、派遣社員がおすすめです。

派遣社員は正社員に比べ残業や想定外の労働は無いので、決められた業務が終わった後は自分の時間として利用できます。

家事や育児、資格勉強など時間に合わせて働きたい

派遣という働き方は家事や育児、資格勉強など1日の時間を仕事以外に確保されやすく、勤務時間や勤務地が限定されてしまう方にとって働きやすい働き方です。

あらかじめ自分がどのように働きたいのかを派遣会社に伝えておけば、派遣会社側が本人のライフスタイルに合わせた仕事を紹介してくれます。

本業が別にある

本業が別にあり、副業の一環で派遣社員として働くことができます。特に派遣はWワークとしてもおすすめです。

本業が休みの日や、空いた時間を有効活用できるうえ、スキルアップもお金を稼ぎながらすることができるので一石二鳥でしょう。

正社員が向いている人=お金と安定がほしい

次に正社員に向いている方の特徴をご紹介します。

正社員といえば安定していて長期で働ける、とってもおおきなメリットですよね。

昇給や出世を狙いたい

長期的に同じ会社に勤めたり、業務内容で成果を上げることで会社での地位を上げたり、自分自身のキャリアアップにつなげることができます。

キャリアアップは将来的に転職する場合にもメリットになるので、正社員である方が有利に順調に進められるでしょう。

安定+長期的に働きたい

正社員の大きな特徴として、雇用期間に定めが無く、月給制で給料を支払う会社が多いことがあります。

この他にも福利厚生や社会保険など生活を安定、充実させる制度を受けたい、長く働きたい人にとっては正社員が向いている働き方になります。

しっかり将来も見据えて派遣or正社員か選ぼう

仕事を選ぶ際に重要なのは、目の前のことに捉われるのではなく、しっかり将来も見据えること。

今だけを切り取ってみれば確かに派遣社員として働いたほうが幸せかもしれませんが、長い目で見るとそれが後悔につながってしまいかねないことも忘れないでください。

これからのことを意識して、自分がどんな働き方が向いているのかをしっかりと考えてみましょう。

お試しでもいいから動いてみよう

転職エージェントにたまたま登録したことで仕事について考えるようになり、変わるきっかけにもなります。

転職サイトでは、1分程度で終わる簡単な登録で市場価値や適正を調べられたり、転職者向け、社会人に役立つ情報が見れたりするのでかなり便利です。

転職サイトは、求人掲載数の多さ、匿名スカウト機能の充実さ、使いやすさを重視するといいかと思います。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました