[住民税から前職の年収が転職先にばれる]けど年収交渉でうまく盛るコツ!社会保険や源泉徴収も解説

【転職方法の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

住民税から前職の年収が転職先にばれる…が年収交渉でうまく盛るコツ!社会保険や源泉徴収も解説

転職の際に、転職条件等の交渉で、現在の給料を転職予定の会社に伝え、年収の交渉を行うということがあると思います。

その際に、駆け引きからか少し高めのお給料を言ってしまい、転職後不安になってしまうという方がいるようです。

年末調整や住民税などの経理手続きの面から、転職先が転職前の年収を把握することは可能である。

ただ、上場企業のような大きな会社の場合、経理部と人事部は分かれています。経理部と人事部でそこまで細かいやり取りをしているとは思えないので、大きな嘘でない限りはそこまで気にしなくて大丈夫です。(ひとまずの結論)

<あわせて読みたい>
転職自体を悩む方へ
転職活動に疲れた40代の最適行動【女性向け対策も】
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
転職先が合わないと1年で感じたら辞めてOK?
正社員vs派遣どっちが稼げる?(正規と非正規の格差は当たり前?)
転職したいけどスキルがない対策まとめ

転職先に前職の年収はばれるけど、多少盛るのはOK

年収500万円の人が、年収1000万円もらっていたと嘘をつくのは問題ですが、

年収450万円の人が、年収500万円くらいもらっていましたというのは、全く問題はない。

そもそもボーナスによって年収は大きく変わりますし、月々お給料でもらうサラリーマンが自分の年収を正確に把握していることの方が少ないような気がします。

社会保険から転職前の収入はばれない

社会保険については、転職前の給与は、転職後の社会保険料に影響がないことから、社会保険料から転職前の収入はバレません。

社会保険(雇用保険)で前職の退職日はばれる

前職については雇用保険被保険者証がポイントとなります。

ただし前職の情報といっても

  • 前職の企業名
  • 離職理由
  • 退職日

といったところしか記載されていないことが確認できると思います。

そのため履歴書などの前職の退職日と雇用保険被保険者証の退職日とが一致していれば特に問題ありません。

社会保険(雇用保険)で前職の入社日もばれる

雇用保険被保険者証には退職日の記載はあるようになります。

ただし資格取得日といって前職企業に入社し、雇用保険に加入した日付けも記載されます。

そのため前職企業に在籍していた期間は推測できるようになるということです。

社会保険の前職の職務経歴の在籍期間だけはごまかせないといえるかもしれません。

ただ雇用保険被保険者証というのは絶対に企業に提出しなければいけないというものでもありません。

  • 紛失する
  • 雇用保険番号だけハローワークに連絡をして自分で調べる
  • 雇用保険番号だけを企業に伝えて手続きしてもらう

という方法だと雇用保険被保険者証を企業に提出しなくても良いというようになります。

社会保険(雇用保険)から短期退職はばれる

社会保険では最初と前職の職務経歴がバレる確率のあるところです。

つまり前職以前のものは企業には情報が伝わりません。

しかし前職を短期で退職しているなどごまかせないような経歴になっている場合には退職理由のポジティブ転換などをしっかりとしていく必要があります。

不採用が続くというような場合には転職エージェントに履歴書と面接の実践的なコンサルを受けるようにしましょう。

住民税から前職の年収はある程度ばれる

住民税は、前年の所得に対する住民税を6月から納付する仕組みになっています。

2018年の所得に対する住民税は、特別徴収制度の場合、2019年6月支給分の給与から月々徴収していくことになります。

このことから、転職した年度に住民税の特別徴収制度を選択していると、転職の前年の所得に対する住民税が転職後の会社に通知されることになります。転職した年の翌年は、転職前と転職後の給与を合算したところで住民税が計算されます。

特別徴収制度を選択すると従業員の住所のある市役所から会社宛てに次のような書類が郵送されてきます。

 転職年度に住民税の特別徴収制度を選択することになりうる状況として、次の二つの場合が考えられます。

通常は、転職前の会社で住民税の一括徴収もしくは普通徴収への切替が行われ、転職した年度は、住民税を普通徴収で納付します。そのため、あえて下記の方法により特別徴収制度を選択しない限りは、転職の前年の所得に対する住民税額が会社に通知されるということはありません。

①特別徴収制度を継続した場合
転職前に住民税を特別徴収をされていて、転職先でも引き続き特別徴収を継続したい場合は、旧勤務先が給与所得者異動届出書の上段を記載し、下段を転職先が記入し、転職先を通じて市役所に送付することにより特別徴収制度を継続することができます。この手続きを行うと、転職の前年の所得に対する住民税額が転職先に通知されます。

②特別徴収切替届出書を提出した場合
住民税の特別徴収制度の仕組みは、12月に会社が年末調整を行い、1月末に従業員の住所がある市町村に給与支払報告書を提出します。その提出の際に、特別徴収制度を選択する仕組みになっています。なので、新しく入社してきた社員については、その年度は、その会社では特別徴収制度を選択されていないわけですから、6月から徴収される住民税については、特別徴収制度は適用されず、従業員自身が、普通徴収で住民税を納めることになります。しかし、特別徴収切替届出書を提出すれば、特別徴収への切り替えが可能です。切り替えた場合には、転職の前年の所得に対する住民税額が転職先に通知されます

住民税額から年収はある程度予測できますが、所得控除の大小により、住民税額は変わってくるものなので、そこまで気にする必要はないのかもしれません。

年末調整から前職の年収がばれる

転職した場合、前職の源泉徴収票を年末調整の際に会社に提出しなければなりません。

年末調整対象者は、年末調整をしなければならないという法規定になっています。

また、前職から源泉徴収票が貰えないというような場合には、税務署に対し源泉徴収票不交付の届出書を提出し、税務署から前職の会社に指導してもらわなければなりません。

なので、前職の源泉徴収票を見せたくないとの理由から、年末調整を行わず、自分で確定申告を行いますという言い訳は、制度的には、本来は通用しません。

源泉徴収票を前職の会社から貰えないという言い訳は本来通用しません。源泉徴収票は、会社に交付義務があり、もし、もらえない場合は、源泉徴収票不交付の届出書を税務署に提出し、税務署から前職の会社へ行政指導をしてもらうことになります。

源泉徴収票から前職の休職期間がばれる

社会保険とともに税金では源泉徴収票という書類も提出しなければいけません。

この書類では前職企業の1月からの給与総額が記載されていますので、休職期間が長くある状態で退職していると休職していたことがバレるということはあります。

給与総額ということで社会保険の退職日の印字よりも明確ではありませんので、税金関係のほうがバレる確率は少ないのが実際のところです。

<あわせて読みたい>
ブランクを気にする方へ
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
転職回数が多いと不利?

年金手帳に余計な記載がある場合は再発行しよう

年金手帳には職務経歴がわかるような社会保険の加入履歴のようなものはどのページにも書かれていないと思いますが、ごくまれに丁寧に印字されているような人もいるかもしれません。

その場合には年金機構に再発行してもらうと再発行された年金手帳にはそのような社会保険加入履歴は印字されないようになります

紛失といった理由は必要となりますが、年金機構に手続きをするようにしましょう。

年収交渉は自分でやらないほうが成功する

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました