転職/入社して1ヶ月~半年たっても馴染めない・辞めたい時の考え方まとめ

【転職のコツ】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

転職/入社して1ヶ月~半年たっても馴染めない・辞めたい時の考え方まとめ

新しい仕事に慣れなくてしんどい
・新しい環境と人に馴染めるか心配
・パワハラに合わないか心配
転職して1ヶ月ー半年の間にストレスがかかる原因
・新しい職場に慣れるための対処法
・結論

こういったお悩みを徹底考察していこうと思います。

最初は辛い思いをして我慢しながら会社で働いていたが、最終的には自分が働きやすい環境を提供してくれる会社と巡り会う事ができます。

転職先での対処法を中心に解説していきます。

転職/入社して1ヶ月:新しい環境で自分はやっていけるか

転職して1ヶ月の間は疲れて当然です。初日だけでも挨拶回りや自己紹介等疲れる要素ばかりのイベントが待っていますから。

会社によって違うでしょうが、研修・歓迎会もあるでしょう。

不安:人間関係がうまくいくか

人間関係も1つの不安要素だと思います。

転職する度に新しい人と関わっていかないといけないので、やはりストレスになります。

一緒に働く上で、職場の方々と仲良く出来ないと毎日職場に行くのが苦痛に感じてしまいます。

ある程度働くと新卒や中途の方が入られて気が楽になるのですが、自分が1番下の立場の場合は雑用や仕事の面でずっと会社の人に監視されているような気持ちで働く感じになるので、中々キツイ期間が続きます。

不安:パワハラに合わないか

転職してから1ヶ月なので、パワハラが見え隠れし始める時期です。

最初の頃は試用期間もあり上司もそこまでキツく当たる事は少ないと思いますが、1ヶ月当たりになるとパワハラが常習化してる人は出始めます。

中には初日にパワハラに合うなんていうのもざらです。そういう場合は転職に失敗してしまったという気持ちになってしまいますよね。

最近では大手企業何かはコンプライアンスがかなり厳しくなってきて、月に2、3回はパワハラについての軽いテストやアンケートを取られたりします。

ただ、各営業所ではまだまだブラック精神が根付いている事が多いので、大きいも小さいも無いんですが。

転職後しばらくはしんどい問題だと思います。

<あわせて読みたい>
パワハラの悩みと対策はこちら
職場で起こるいじめの内容!パターンやそれに対する対策まとめ
パワハラでうつ病になったら慰謝料の最高額は?加害者のその後。裁判費用いくら?
仕事できない人達はどうやって生きるべきか(無視&陰口ほか)
パワハラ防止法(ガイドライン)は効果ある?

現実:求人サイトの内容と違う

転職して1ヶ月も経過すると会社の問題が出てきます。それは、求人サイトで見て理解していた内容と違うのではないか?という問題です。

転職をする理由って僕達からしたら、前職で問題がありそれを解決するために転職する方がほとんどではないでしょうか。

僕は少なくとも今までの転職ではそうでした。朝まで仕事をするのが苦痛で、ワークライフバランスを整えたいと思い転職した。これも理由の1つですよね。

求人サイトでは最近「残業月20時間以内」という内容で広告を出している企業が多いです。

最近は労働基準が厳しくなり、大企業では残業や休日出勤を強要する会社は減少傾向にあると思いますが、大企業の地方営業所や中小企業ではそんなに減少していないと思います。

そういった事を考えていると疲れと不安が溜まってしまいます。

転職/入社して1ヶ月:新しい職場に慣れる対策

素直:自分を偽らない。プライドを出さない

重要だと思います。入社したての頃は自分をちょっとでも良く見てもらおうと思い、猫を被りがちになると思います。

ただ、一度自分を偽ってしまうと中々軌道修正するのに時間がかかり、自分もしんどくなってきてしまいます。

入社してすぐに、「自分はこういう人間だ」と示すのが良いと思います。

会話に入るために興味もないスポーツニュースをチェックしたり、休日に練習に参加したりもしていました。そうなってくると悪循環が始まってしまいます。

長く働けた会社では、なるべく早めに自分が好きな趣味や言いたい事を打ち明けていたように思います。

「漫画が好き」「ゲームが好き」「残業はしない派」

自分を出していく事により、悪く思う人はそんなにいません。趣味が合わない人とは合わせなくて良いんです。

<あわせて読みたい>
職場での人間関係に悩まされている方はこちらも
職場にいる中国人がストレス!対処法や回避策
職場で嫌いな人には話しかけない(話さない)!苦痛を避ける方法まとめ
嫌いな人を職場から辞めさせたいときの対策と対処法!
女性のいじめ:職場の人間関係は深入りしないほうがいい?レベル診断と対処方法

努力:声をかける

新しい職場の場合向こうも警戒している事が多いので、自分から話しかけると意外と早くに馴染める感じがします。

例えば長く働いている人はその分人間関係が構築されており、会社で働いている人の細かい情報を持っていたりします。まずはそういった方に話かけて、周りの方の情報をゲットしましょう。

お局さんの様な方を見つけては仲良くなるようにしていました。インドア系の方とはゲームの話で盛り上がったり、アウトドア系の方とはダイエットの話でアドバイスを頂いたりして共通の会話を探ります。

中には「この人は苦手」と直感で理解してしまう場合もあります。学校とかでもどうしても仲良くなれない人いましたよね。

時間がかかりますが仕事という共通の話題で壁はありつつも普通の関係に持っていくようにしていくのがベストだと思います。

そうすれば、入社1ヶ月でそこまで苦労せずに溶け込む事ができる様になると思います。

印象:早めに出社しておく

日本の会社って、どこで働いていも入社したての人がとりあえず早めに出社しておくと、印象が上がります。

日本社会に根付いている風習みたいなもんです。

誰もいない時間帯は落ち着きますし、その時間の間に会社の備品の位置を把握したり、軽いデスクの片付けをしたりすると1日を気持ちよくスタートできるようになると思います。

努力:雑用を手伝う

入社したての頃は積極的にやった方が印象が良いと思います。

僕は結構自分から率先して雑用を受けていたので、周りの方が助けてくれたりして仲良くなっていた事が多かったです。

もちろんずっと続ける訳ではないですよ。出来る仕事が増えてきたり、職場の人と仲良くなってきたら自然と減らしていけば問題ありません。

努力:ランチのときに少しからむ

お昼の時間は業務時間中なので、気がそこまで緩む事もなく仲良くなれます。

入社初日はお弁当を用意せずに、会社ではどういったお昼の取り方が多いのかを見極めましょう。コンビニが多かったり、お弁当が多かったりは会社によって全然違いますからね。

1ヶ月も経過してくると、かなり職場の人達と仲良くなれると思います。

転職/入社して1ヶ月:それでも馴染めないときは馴染めない

今後どうしていくのかを決める

転職して1ヶ月が経過して、職場に慣れない人も多いかもしれません。

1ヶ月立つと慣れてくる人が多い傾向だと思いますが、人間関係やパワハラといったブラック企業の場合はそうはいきませんよね。

その場合は、早めに今後どうしていくのかを決めた方が良い思います。

人間関係だけで悩んでいるなら、改善する工夫や取り組みを行う事で良くなるかもしれませんので、少し頑張ってみるのもありだとは思いますが、パワハラの場合は別です。

苦しい思いをするために転職したのではありませんよね?その場合は早めに見切りをつけて辞めた方が良いです。

ただ、辞める前に必ず上司に正直に相談してみましょう。

  • 残業・休日など労働条件が違いすぎる
  • 給与・ボーナスが条件と違いすぎる
  • パワハラが酷くて、毎日しんどい

正直に言ってしまえば、意外と改善してくれる場合もあります。ただ、入社したばかりで仕事も出来ていないのにとか言ってくる場合は早めに辞めましょう。

そういった会社は長く働いても一緒です。転職してきたばかりでまた転職かと思うのではなく、自分が長く楽しく働ける環境にしていく事が重要だと思います。

辛い環境でずっと働いても、最後には結局体調を崩して働く事さえ困難になってしまいます。そうなると、長く働いていたとしても会社は守ってはくれません。

働く事さえ困難な状態で転職活動をしないといけないのか、元気な状態で転職活動をするのか。転職先の会社がどちらの人材を欲しがるかは一目瞭然です。

<あわせて読みたい>
仕事がつらい方はこちら
仕事で大失敗した?ずる休みしちゃった?大丈夫。うつになる前に対策を打とう!
仕事がつらいときの解決法!解決できないときの手段まとめ
仕事つらいとき休職or退職どっちが正解?休職中に転職できた方法も解説
残業代が出ないなら会社を辞めるべき!未払いは労基へ
月曜日仕事が怖い(行きたくない)時サボる方法
無断欠勤で次の日気まずい時の対処法!

メンタルがまずそうなときはこちらもチェック
仕事で落ち込んだときに心の支えになる名言
メンタルが強い(弱い)血液型は?転職でどう活用する?血液型別ストレス対策

失業保険がでるか計算しよう

退職すると決めた場合、早期退職の場合は失業保険をもらえる場合があります。そうすれば、経済的に何とかやっていける状態で転職活動が出来ますからね。

逆に何ヶ月も経過しての転職の場合、金額がどんどん少なくなってしまうので、決断は早い方が良いでしょう。

失業保険を前回の転職の際に使い切っている場合は、1年以上働かないと失業保険はもらえないので注意が必要です。

その場合、試用期間中に頑張って転職活動して次を見つけましょう。長い目で転職活動をする事ができれば、在籍中に転職も可能かもしれませんが、それが出来い場合は1年働いた方が良いかもしれません。

<あわせて読みたい>
退職の始めから終わりまで 必要な書類と手続きを解説
失業保険はいつもらえる?いくら?不正受給がばれなかった人はいる?
無職2年目の住民税はいくら?他の税金や支払う額を解説

転職/入社して半年:転職したいと感じる原因

  1. 会社に馴染めない
  2. 仕事ができない
  3. 労働環境が悪い
  4. 入社前のイメージと実際の仕事内容にギャップを感じる

入社して半年も経つと、会社の実態が分かってきます。新卒入社や中途入社で第一志望の会社に入社してもミスマッチを起こすかもしれません…。

まずは転職したい原因を把握して、次の転職先選びに活かすことが大切です。ここでは、入社半年で転職したいと感じる原因をチェックしていきましょう。

半年たったが相性の合う人がいない

入社半年で転職したいと感じる原因の1つ目は、会社に馴染めないためです。

職場は週5日・1日8時間以上いる場所なので、馴染めないとかなりキツいんです。前職の社歴が長いほど、新しい職場に慣れるのに時間がかかりますね。

また、社風は社員の行動や価値観にも反映されています。そのため、社風が全く合わない企業へ入社した場合、相性の合う人を見つけるだけでも苦労するかもしれません。会社の雰囲気の例

  • 飲み会が多い
  • メールより電話での連絡が多い
  • 実力主義で年齢が上の人より実績がある人の方が立場が強い

職場の人と話していて、会話が弾まなかったり、嫌気がさしてきたりする場合は転職を検討した方が良いかもしれません。

半年たったが仕事に慣れない(合わない)

入社半年で転職したいと感じる原因の2つ目は、仕事ができないためです。不慣れな業務でミスを連発してしまい、落ち込んでしまいます。

第二新卒は「育成期間」を設けている場合があるので、多少の失敗は許されるかもしれません。

ただですね。中途採用枠の場合は基本的に即戦力として採用されています。そのため、周囲からの評価がどんどん下がっていくんです…。

周りに聞ける環境なら良いですが、研修がなく、仕事のやり方を教えてくれない職場の場合は転職したい気持ちが強くなってしまいますね。

ブラック企業だ

入社半年で転職したいと感じる原因の3つ目は、労働環境が悪いためです。労働環境が悪い会社の例

  • 長時間労働が常態化している
  • ハラスメントが横行している

どちらも心身へ影響を及ぼす可能性がある危険な状態です。特に残業時間が過労死ラインを超えている場合は注意してください。過労死ラインは、時間外労働80時間と定められている。健康被害の発症2〜6ヶ月で80時間超えの残業があると、健康被害と長時間労働の因果関係が認めやすいという目安。

また、ハラスメントは仕事への恐怖心が植え付けられて、仕事自体が嫌いになってしまう可能性があります。

そのため、以上の2つが起こっている会社に勤めている場合はただちに転職を検討してみてくださいね。

転職/入社して半年:もう辞めたいと思ったときにすべきこと

半年で退職する前にやっておくべきこと

  • 退職したい理由を整理して自分で改善できるポイントを探す
  • 直属の上司に退職したい旨を伝える
  • 部署異動を視野に入れる
  • 転職のリスクを把握しておく

入社半年で転職するには事前準備が必要になります。

そこで、ここでは半年で退職する際にやっておくべきことを紹介します。

部署異動すればなんとかなるかを検討する

部署異動も視野に入れてみてください。転職することなく、職場環境や職種を変えられるためです。部署異動を視野に入れるべき状況

  • 仕事ができない場合:営業部から経理部へ異動すれば、活躍できる可能性がある。
  • 上司との関係が悪い場合:違う部署に移動すれば、別の上司と仕事ができるのでストレスから解放されるかもしれない。

短期離職後の転職にはリスクがあります。そのため、転職以外の選択肢で問題を対処する方法も視野に入れておきましょう。

辞めたい理由を整理して次の転職に活かそう

退職したい理由を整理して自分で改善できるポイントを探してみましょう。転職せずに不満が解消できる可能性もあるためです。

  • 残業が多い
  • 長時間労働なのに給与が良くない
  • 会社の業績が傾いてきた
  • 人間関係が悪い
  • 入社後に会社の実態に気づいた

退職したい理由を深堀して、自分自身の仕事への取り組み方次第で解決できる内容なのかを判断してみましょう。

もめずに辞めるために上司に退職を伝えよう

直属の上司に退職したい旨を伝えましょう。上司より先に同僚や人事部に相談してしまうと、上司の監督不行届きだと思われてしまいます。

社内で噂になれば、上司のマネジメント能力がないという評価につながるためです。上司によっては恥を欠かされたと感じ、退職日まで強く当たってくる可能性があります…。

円満退職した方が精神的にも楽なので、退職の相談をする順番には気をつけましょう。【状況別】退職の旨を伝える時期

  • 就業規則が定められている場合:「退職する場合は〇日以上までに上司に報告する」など規則に従って、退職日・転職先への入社日を決めておく。
  • 特に規則がない場合:引き継ぎのことを考えて、退職日の1ヶ月前には退職の旨を上司に伝える。

伝える場所は就業時間外の会議室など、他の人に情報が漏れないような場所にしてください。

<あわせて読みたい>
もめずに上手に会社を辞めたい方はこちら!
退職理由で使える円満な嘘面接前に職場に退職理由を伝える時 家庭の事情?病気?
上手に会社を辞める方法【もめずに円満退職】
退職を伝える時期 2ヶ月前は遅いし非常識?1ヶ月前が法律上のルール?徹底解説
会社都合の退職は次の会社にバレる?転職で不利?隠すべき?【クビ/解雇】
転職先をしつこく聞かれる時の対策!

転職/入社して半年:次の転職は失敗したくない方へ

入社半年で転職を成功させるためのポイント

  1. 転職活動はブランク期間を作らないように在職中に行う
  2. 転職先に求める条件には優先順位をつける
  3. 転職理由は前向きな内容を伝える
  4. 転職エージェントを利用する

ここまでで、

  • 転職以外の選択肢も視野に入れるべき
  • 短期離職後の転職活動にはリスクが伴う

ということが分かりました。ここではいよいよ、入社半年で転職を成功させるためのポイントを4つ紹介します。

ブランク期間を作らない=転職活動は在職中に行う

転職活動はブランク期間を作らないように在職中に行いましょう。短期離職者の転職は通常より企業からの目が厳しくなり、長期化しやすいためです。

事実、厚生労働省の調査によると、フリーター期間別に正社員になれた20代の割合は以下の通りでした。

  • 6ヶ月以内:64.0%
  • 7ヶ月から1年:58.3%
  • 1年から2年:52.2%

退職後の収入が途絶えた状態でも、生活費など支出はあります。経済的な余裕の無さから冷静な判断ができなくなり、前職より待遇の悪い会社へ転職してしまうかもしれません。

そのため、在職中に転職活動をした方が良いですね。

ただですね。前職がブラック企業の場合や心身に影響が出ている場合は無理せず、一度退職や休職をして、落ち着いた状態で転職活動を始めることをおすすめします…。

<あわせて読みたい>
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
転職回数が多いと不利?

何が大事で何を妥協していいか優先度をつけておこう

転職先に求める内容には優先順位をつけましょう。入社後のギャップを防ぐためです。

1社目の当たり前だと思っていた待遇が2社目になかった場合、ギャップを感じやすいんです。自分が仕事で何を優先したいのか、整理した上で転職活動に臨みましょう。

  • 職場環境
  • 事業・商品の特徴
  • 社風
  • 評価・教育制度
  • 給与
  • 勤務地
  • 労働時間

例えば「給与は低くても良いけど、月の残業時間は20時間未満が良い」など待遇に優先順位をつけてみましょう。

自分が転職先に求める条件を明確化することで、理想の転職先が見つけやすくなりますよ。

転職理由はポジティブに!

転職理由は前向きな内容を伝えましょう。採用担当者に「うちの会社でも同じような不満を持って辞めるのでは?」と思われてしまうためです。理由を他責にするはNG(前職の悪口・不平不満)

  • 上司がパワハラ発言をしていた
  • 残業代が出なかった
  • 下請け作業しかさせてもらえない

これらが本当の理由だとしても「この人にも問題があるのでは」と疑問視されてしまうリスクがあります。そのため、退職理由を他責にするのはやめてくださいね。

採用担当者の不安を取り除くために、転職理由は「反省していること+会社に貢献できる経験やスキルがある+次の仕事への意欲」を伝えるのが重要です。仕事内容が原因の場合

現職ではエンジニアとして客先常駐社員として仕事をしていました。その会社でスキルを磨いていこうと考えていました。(会社に貢献できる経験やスキルがある)

しかし、下請け作業では吸収できるスキルにも限界があると感じ、上流工程に関わりたいと思いました。

入社前に業務内容をきちんと調べておくべきだったと反省しています。(反省していること)

そこでスキルや経験が活かせる御社なら上流工程の仕事に挑戦できると感じ、志望させていただきました。(次の仕事への意欲)

転職のプロに相談するのもあり

入社半年で転職を成功させたいなら、転職エージェントを利用しましょう!転職エージェントを利用すべき3つの理由

  • 多くの優良企業求人を豊富に保有している
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  • 応募企業の内部事情を教えてくれるのでミスマッチを防げる

転職エージェントは多くの優良企業の求人を保有しています。スキル・経験があれば、キャリアアドバイザーが選考に有利になるように企業へプッシュしてくれます。

キャリアアドバイザーは転職活動のプロです。転職ノウハウが豊富なので、転職相談だけでもしてみる価値はありますね。以下の内容を中心にサポートを行ってくれますよ。転職エージェントのサポート内容

  • 無料カウンセリング
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募書類の添削
  • 内定後の収入交渉
  • 面接日の日程調整
  • 推薦状の記入

アドバイザーは求人掲載中の企業と繋がりが深く、内部事情にも詳しいんです。応募先の企業の実態を詳しく教えてもらえるので、入社後のミスマッチを防げるかもしれません。

そのため、転職エージェントを利用した方が転職に有利になるんです。

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

<早くやめたい人へ>
「退職のタイミングがない..」
「なかなか会社に言い出せない…」
「周りの目が…」
 会社ともめる無駄な時間はスキップ!時間と年齢は待ってくれません!
 明日から出社不要。法律を武器にプロの代理人がかわりに退職手続き。

→頼むなら退職代行Jobsで間違いないです。
 選ぶ時間も無駄なのでもめずにさっさと辞められることが最優先
 ※より詳しく知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました