営業ノルマなしの会社ありえない?上司に詰められる?ノルマは無視しよう!

【仕事の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

<あわせて読みたい>
営業職でおすすめ&つらいランキング

営業ノルマなしの会社ありえない?上司に詰められるが無視しよう!

営業職には必ずと言っていいほどついてまわるノルマ。初めはなんとなく受け入れていたけれど、達成しても毎月ノルマがリセットされ終わりがないように感じ、だんだんとプレッシャーや重圧に耐えられなくなってきた、という人は少なくないのではないでしょうか。

ノルマという個人に課せられる目標は、会社にとっては多ければ多いほど利益につながります。それ故に、従業員側からすると「頑張ってノルマ達成をすると、さらに重いノルマを課せられてしまう」という理不尽を感じるものです。

そんな厄介な存在のノルマは、営業職の人を精神的・身体的にも追い込み、本来の仕事の目的を失わせる要因にもなり得ます。今回は、ノルマが辛い要因を改めて認識した上で、営業職の人が現状を打破するための今後のキャリアについて解説していきます。

ノルマなしの営業に転職したい!ありえない?

営業職で数字と言うノルマは欠かせません。

どんな仕事にもノルマと言うものはあります。
数字や仕事の量にある程度目標がなければ、
努力した分の成果を得られることは出来ないかと思います。
なので、どんな会社にも営業にはノルマはあります。

ただ、ノルマなしの営業だと募集要項で打ち出している会社もいくつもあります。
このようなノルマなしの営業にはその企業によって違ってきます。
募集要項にノルマなしの営業と言っているのは、
完全歩合制ではない
ということです。
最低限の基本給があってノルマを達成したら更にプラスαのお給料が月給に上乗せられます。
ノルマがある完全歩合制であると、ノルマが達成出来なかったらその月の月収がゼロと言うことになります。

このように、ノルマありとなしの営業だと、
断然にノルマなしの営業を選んでしまうのが人間の心理
ですよね。
ただ、ノルマありの営業が向いているタイプの人もいらっしゃると思います。

ノルマありの営業はノルマを達成した分だけのメリット


ボーナスも増えるし、しかも出世することも考えられ役職を与えられる可能性もあります。
役職が付けば責任も任されて、それだけやりがいのある仕事にもつながっていきます。

ノルマは達成しなかったら、その分のお給料は下がってしまう。
目標は達成出来なければ、その翌月に目標が更に課せられて目標をまた達成しなければならない。

ノルマなしの営業のメリット

ルート営業とかは数字にノルマがなく数字に捉われないで営業が出来る仕事もあります。
ただ、ルート営業は定期的に決まった得意先を回って、
得意先の不満や注文などの要望に応えてあげたり、
他社からの売り込みをされないように注文や改善、提案などもして継続することが必要になってきます。
ノルマなしの営業も、その会社の商品力がないと営業も大変かもしれません。

毎月の月収はノルマなしの営業の方が安定していて、
気持ち的には落ち着くかもしれませんよね。
ただ、やはりノルマなしの営業でもノルマありの営業と一緒で精神的には壁にぶつかる恐れもあるかもしれません。

営業ノルマはつらい。詰められる/ストレス

「ノルマが辛い」と一口に言っても、その要因は様々にあります。具体的には、どのようなシーンでどんなことが辛いと感じるのか、以下にまとめました。いくつ共感するポイントがあるでしょうか。

<あわせて読みたい>
仕事がつらい方はこちら
仕事で大失敗した?ずる休みしちゃった?大丈夫。うつになる前に対策を打とう!
仕事がつらいときの解決法!解決できないときの手段まとめ
仕事つらいとき休職or退職どっちが正解?休職中に転職できた方法も解説
残業代が出ないなら会社を辞めるべき!未払いは労基へ
月曜日仕事が怖い(行きたくない)時サボる方法
無断欠勤で次の日気まずい時の対処法!

メンタルがまずそうなときはこちらもチェック
仕事で落ち込んだときに心の支えになる名言
メンタルが強い(弱い)血液型は?転職でどう活用する?血液型別ストレス対策

上司から詰められる

営業個人にノルマがあるように、営業メンバーを管理する立場の上司にもノルマがあります。現場のメンバーがノルマを達成しなかったらその上司もノルマを達成することができず、さらに上の立場の人から叱責されることになりますから、必然的に上司からの締め付けは厳しくならざるを得ません。

ノルマを持つ人間が、さらに下のノルマを持つ人間を厳しく管理したり叱責をするという組織構造も、営業が避けて通ることができない問題です。

ノルマが辛いと感じる具体的なシーンや原因を挙げましたが、自分に置き換えるといかがでしょうか。

このような場面を日常的に経験していて、「もう営業の仕事をしていて楽しいと感じることができない。」「精神的、体力的に限界」という場合は、自分のキャリアを一度見つめ直してみても良いのかもしれません。

<あわせて読みたい>
パワハラの悩みと対策はこちら
職場で起こるいじめの内容!パターンやそれに対する対策まとめ
パワハラでうつ病になったら慰謝料の最高額は?加害者のその後。裁判費用いくら?
仕事できない人達はどうやって生きるべきか(無視&陰口ほか)
パワハラ防止法(ガイドライン)は効果ある?

ノルマのプレッシャーを年中感じる

「今月はなんとか達成できてやっと一息つけた。でも来月からはまた1からのスタートか・・・」

過去に達成した仕事が積み上がっていかないのも辛いと感じる要因の1つです。年間ノルマなどの形で長期スパンの目標が設定されることもありますが、それも一つの事業年度が終わればまた1からのスタートとなりますので基本的には同じことです。

ノルマを達成できるかどうかのプレッシャーを年中感じることになりますから、ストレス耐性やある程度、気にしないでいられる精神力が大切になってきます。そういった気持ちの切り替えが苦手な人にとっては非常に苦しく感じるでしょう。

全力で頑張ってギリギリ達成できるかどうか

会社としては営業に対して「全力で頑張ってギリギリ達成できるかどうかのハードル」をノルマとして課すのが収益をあげるためにもっとも効率的な考え方です。

営業がノルマを達成できる月が続いたら、さらに重いノルマを課すことは会社として当然のアクションでしょう。営業は「頑張れば頑張るほどノルマが増える」「楽になることはなくどんどん追い込まれる」という状況は仕事柄、致し方ない宿命とも言えます。

ただ、それが今後もひたすら続いていくと考えると一体、何がゴールなのか?と疑問に思ってしまうのは否めませんよね。

クレーム対応や謝罪で神経をすり減らす

営業は担当する外部の顧客からクレームを受けることも多々あります。顧客と商品・サービスの間に立って折衝をするのが営業なので、全ての案件は営業を通して進行していきます。

自分のミスでクレームを受けるならまだしも、会社の体制・組織の問題や低品質な商品・サービスの提供によってクレーム対応をせざるをえなかったり、理不尽な要求をしてくる顧客の対応に追われたり、ストレスを感じるシーンは多々あります。

その分、嬉しい声をもらえた時のやりがいや喜びもダイレクトに感じられるポジションではありますが、クレーム対応の方が頻度としては多くなりがちで、神経をすり減らして立ち直れなくなることもあるでしょう。

自分が欲しくない商品でも売らなきゃいけない

営業は自分の会社の商品やサービスを売り、顧客からその対価をいただくのが仕事です。

中には「こんなもの買う人ほんとにいるのかな」というようなクオリティの商品やサービスをとにかく売ってくるように指示されることもあるでしょう。営業の本人が「必要がない」「価値を感じない」と思うものを売らなくてはならないというのは、顧客をだましているような罪悪感を感じてしまう人も少なくありません。

その罪悪感も積み重なると自分自身を責める要因となり、精神状態がどんどん不安定になってしまう人もいるでしょう。

現状打破のために。ノルマを無視する?

もう、営業という仕事を頑張れないかもしれない、と感じながら現状をずっと続けていく、と心と身体のバランスを崩してしまう可能性もありますので注意が必要です。精神・身体の健康があってこその仕事にも関わらず、それすらも崩壊してしまったら本末転倒です。

そうなる前に、自らアクションを起こして現状を打破すると今は見えない世界が広がるかもしれません。

では、現状を打破するためにどのようなアクションを起こせば良いでしょうか。

ノルマなど無視する

考え方や視点を変えるというのは、今の仕事の仕方や取り組み方を変えてみるということです。例えば、「なかなか目標を達成できない」という現状に対して、これまでどのように課題を抽出して、それに対してどのようなアクションをされたでしょうか。

一度、トライしたことが良い結果を生まなかったからといってそこで諦めずに、別の角度からどうアプローチができるかを模索して何かしらの最適解を出せたでしょうか。

ノルマなど無視してに日々イキイキと過ごす同僚や先輩に、仕事にどうやって向き合っているのかを聞いてみたり、これまで避けて通ってきた会食や接待に積極的に参加してみるなど、今までの自分の仕事のスタイルの中でやってみたことがないことに挑戦すると良い結果を招くかもしれません。

営業以外の部署に異動希望を出す

別の企業に移る前に、営業以外の部署に異動希望を出し、営業以外の仕事を経験させてもらえないか試してみましょう。転職をするというのは環境の変化が大きく、まだその段階ではないかもしれないと感じる人もいるかもしれません。

そういった場合に、同じ企業でも別の部署で全く違う仕事を経験でき、なおかつその仕事が自分に合っていたらとても良いことですよね。

会社そのものには不満はないと言う場合には、異動希望を出してその機会を狙ってみるのも1つの手です。

別の仕事を経験することで自分の中で新しい視点が生まれて、仕事を楽しく感じるようになるなど良い刺激になることが期待できます。

転職でさっさと解決

異動希望が認められない場合や、現在いる企業の年収、社風が限界…と感じているのであれば転職も検討してみる必要があります。

また、そもそも「営業」という仕事にもう嫌気が指していて、やりたくないということであれば本格的に検討する価値はあるでしょう。

営業という仕事ではなく、新しい職種にチャレンジしてもっと自分が活躍できるキャリアパスを描きたいのであれば、どんな職種であれば自分自身が活躍できそうか、適性が合うかを調べてみましょう。

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

<早くやめたい人へ>
「退職のタイミングがない..」
「なかなか会社に言い出せない…」
「周りの目が…」
 会社ともめる無駄な時間はスキップ!時間と年齢は待ってくれません!
 明日から出社不要。法律を武器にプロの代理人がかわりに退職手続き。

→頼むなら退職代行Jobsで間違いないです。
 選ぶ時間も無駄なのでもめずにさっさと辞められることが最優先
 ※より詳しく知りたい方はこちら

転職をちゅうちょする場合の考え方

仕事内容や体力的な問題などさまざまな理由で「仕事を辞めたい」「現状を変えたい」と思っても、いざ転職するとなると決心がつかなくなる人は多いものです。このように転職に迷った際、念頭に置いてほしい点があります。

まずは、年齢を重ねるほど新たな領域への転職の選択肢は狭まる、ということです。30代以降になればこれまでの経験や実績に加えてマネジメントスキルも求められるようになり、未経験の業種や職種への転職はより厳しくなる傾向があります。何もせずに迷っているうちに、転職の機会そのものを逃してしまう恐れがあることは心に留めておきましょう。

次に、自身の気持ちを犠牲にしてまで会社や顧客のために尽くしたとしても、会社はあなたの人生を保証してくれるわけではない、ということです。強い言い方かもしれませんが、いざとなったときに会社は責任を取ってくれないかもしれません。

仕事を続けるべきか辞めるべきか=メリットとデメリット

このまま今の仕事を続けるべきか、それとも新しい職場を求めて転職活動をするか迷っている場合は、以下のポイントを参考にしてみてください。

転職すべきではないケースは、今の仕事や会社で経験を積むことによって事態がよくなり、納得できる未来がイメージできる場合です。仕事にはつらい部分もたくさんあって当然です。しかし、それを乗り越えることによって1年先や3年先の近い将来なりたい自分のイメージにつながるようであれば、このまま頑張って続けてみてはどうでしょうか。

一方で転職活動を始めてみるべきケースは、今の会社では自分が「辞めたい」と思っている原因が取り除かれる可能性が見込めない場合です。今回の質問者のように、「ノルマの厳しさ」と「不安定な給与」が転職理由として挙げられる場合、自分一人の努力ではなかなか変えられない要素ですし、近いうちに大きな変化が見込めるものでもないのではと思います。

将来的にほかの仕事にチャレンジできたり、大きくポジションが変わるなどの期待が持てたりしないのであれば、転職して気持ちを一新することをおすすめします。

転職によるメリット

転職には必ずリスクがともないます。仕事内容や人間関係など、これまで築き上げてきたものをすべて手放し、新しい環境で一からそれらを構築していかなければなりません。

しかし、転職しないまま今の会社にいることのリスクを考える必要もあります。転職しようと考えるきっかけとなった原因が取り除かれるのに3年も5年もかかるのであれば、やる気がそがれ心身ともに疲れてしまう可能性もありますし、辞めたいと思いながら働き続けて成果を出すには、必要以上の労力がかかることが容易に考えられます。

今の会社で将来自分がなりたい姿を想像できないのだとしたら、転職することによってなりたい自分に近づくための「時間を買う」という考え方もあります。

上司との関係性が改善できない状態や、希望と大きくかけ離れた仕事を続けなければならない状態のまま人事異動を待って何年も過ごすよりは、転職して新しい上司と関係を築いたり希望に近い仕事を始めたりしたほうが、時間をムダにせずに済むかもしれません。

ほかには、新規事業のプランが今の会社で承認されないのであれば、チャレンジが受け入れられやすい風土の会社に転職したり、自分が手掛けたい事業をすでに実施している会社を選んだりする手もあるでしょう。

円満に退職するにははっきりと意思表示をする

転職して新しい環境で気持ちよくリスタートを切るためには、今の会社とトラブルなく円満に退職することが何よりも大切なことです。職場を離れることでこれまでの上司と部下、先輩後輩、あるいは同僚という関係ではなくなったとしても、将来的に何かのタイミングで関わりがあるかもしれません。

また、狭い業界の場合は思ってもいないうわさが流れることもあるかもしれないので、退職の際の人間関係には細心の注意を払いましょう。

円満に退職するためには、会社に義理を欠くような行為は避けながら、はっきりと意思表示をすることが重要です。会社の状況やタイミングも踏まえて、まずは直属の上司に「〇月〇日付で退職させていただきたいです」と退職の意思表示をしましょう。

意思表示の場では、不平不満ではなく、仕事を辞めるポジティブな理由を述べるようにします。これまで会社を通して学べたことに感謝の気持ちを示すことで、スムーズな退職につながるでしょう。

<あわせて読みたい>
もめずに上手に会社を辞めたい方はこちら!
退職理由で使える円満な嘘面接前に職場に退職理由を伝える時 家庭の事情?病気?
上手に会社を辞める方法【もめずに円満退職】
退職を伝える時期 2ヶ月前は遅いし非常識?1ヶ月前が法律上のルール?徹底解説
会社都合の退職は次の会社にバレる?転職で不利?隠すべき?【クビ/解雇】
転職先をしつこく聞かれる時の対策!

同じ営業職でも業界が異なれば働き方も変わります

質問者のように営業職でノルマが厳しく、成果によって給与の変動が大きいというケースもありますが、同じ営業職でも業界や会社が異なれば働き方も大きく変わります。今までの経験を最大限活かし、異業界の営業職への転職も検討してみてください。

営業のスキルを活かそう

営業職を続けながらも、商材や顧客、成果が給与に反映される割合が異なる、今とは別業界の営業職に「働き方を変える」転職をすることによって、現状の問題を解決できる可能性があります。

これまでの営業で培ったコミュニケーション能力や、目標達成のためのアプローチ方法は、ポータブルスキルとしてほかの業界でも高く評価されるでしょう。視野を広げて転職活動に取り組むことで、応募先企業の選択肢や、自身の今後の可能性も広がるはずです。

効果的な転職方法

効果的な転職方法を解説します。

まずは、ジョブチェンジするのであれば、どんな職種に就きたいのか自分の中で明確にする必要があります。どの職種に就くのかによって、アプローチ方法は異なるからです。

営業からジョブチェンジする際の選択肢としては、例えば下記のような職種があります。

経理や財務の仕事

すべての企業は1事業年度に一回は決算という形で期間中の損益を確定し、そこから税金の金額を計算して申告納付しなくてはなりません。

このために必要な仕事を行なっているのが経理や財務の仕事ですから、実務経験を身につければ転職市場での価値も高い人材になることができるでしょう。

経理や財務はその他にも銀行との融資交渉など、企業の資金繰りについても扱う仕事ですから、経営者からも一目置かれる存在になれる可能性があります。

マーケティングの仕事

主に「どうやって顧客を集客し、セールスにつなげていくか」について取り組むマーケティングの仕事は近年人気が高まっています。

もともと営業を経験していれば、顧客のニーズなどが理解しやすいのでマーケターという仕事で営業経験が活かせる可能性もあります。

顧客の購買心理について研究し、自社の商品の販売へと段階的につなげていくにはどのような施作が適切かを検討し、所属企業に対して具体的な行動の提案を行うのがマーケティングの仕事です。

IT系の仕事

ITエンジニアは、企業内部で利用する勤怠管理システムや会計システム、その他業務支援のためのシステム等を開発し保守運営を行う仕事です。

働く人々の流れを検討し、それらをプログラミング等の技術によって自動化、効率化できるように企業に提案するのがITエンジニアの仕事となります。

ITエンジニアが使う技術は専門性が極めて高いため、1つの企業にとどまることなく技術を評価してもらう形でキャリアアップしていける可能性があります。いわゆる「手に職をつける」と言う形で、どの企業に所属することになったとしても生きていける人材を目指す方にはITエンジニアはおすすめです。

転職のプロに相談するのもあり

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

<早くやめたい人へ>
「退職のタイミングがない..」
「なかなか会社に言い出せない…」
「周りの目が…」
 会社ともめる無駄な時間はスキップ!時間と年齢は待ってくれません!
 明日から出社不要。法律を武器にプロの代理人がかわりに退職手続き。

→頼むなら退職代行Jobsで間違いないです。
 選ぶ時間も無駄なのでもめずにさっさと辞められることが最優先
 ※より詳しく知りたい方はこちら

<あわせて読みたい>
営業職でおすすめ&つらいランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました