ディズニー正社員:パティシエや調理師の給料はいくら?求人対策すれば狙い目!

【オリエンタルランドで働く】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

ディズニー関連の会社では、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、新グッズ、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知識や経験のある人材が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件から「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

▶︎筆者の時は応募者の数が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした

ディズニーに転職するために試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

 

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

おまけ 

そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・人によってはやや料金が高く感じる
(サービスの詳しい内容はこちら

 

本編START

ディズニー正社員:パティシエや調理師の給料はいくら?求人対策すれば狙い目!

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニーのすべての関連会社まとめ
米ディズニー、日本ディズニーカンパニー、オリエンタルランド、ディズニーホテル、ディズニーストア、イクスピアリ、リゾートライン、清掃(バックヤード系)企業、スポンサー企業など…随時追加中

<あわせて読みたい>オススメ
オリエンタルランドのすべての職種まとめ
デザイン、建築、エンジニア、シェフ、商品企画、アトラクション運営、フード開発、商品開発など…随時追加中

【結論1】調理師/パティシエ→オリエンタルランドかミリアルリゾートホテルズに就職しよう

ディズニーリゾートに関わりたい場合

正社員として、ディズニーパーク内のレストランで働きたい!またはメニュー開発をしたいなら、
ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドへの就職が必要です。

面接対策やコツなどは全て下の記事にまとめています。
※この記事内にも概要を書いているので、詳しく知りたくなったら以下記事も読んでみてください。

<あわせて読みたい>
ディズニーで食品/フード開発したい!オリエンタルランドの内部を徹底解剖!

ディズニーホテルに関わりたい場合

ディズニーホテルで調理師やパティシエとしてレストランで働く、またはメニュー開発したい場合は、ディズニーホテルを運営しているミリアルリゾートホテルズ(またはブライトンコーポレーション)への就職が必要です。

面接対策やコツなどは全て下の記事にまとめています。
※この記事内にも概要を書いているので、詳しく知りたくなったら以下記事も読んでみてください。

【結論2】オリエンタルランドの給料とミリアルリゾートホテルズの給料

結論1を理解してもらった上で、

オリエンタルランドの年収は以下記事に詳しくまめています。

結論1を理解してもらった上で、

ミリアルリゾートホテルズの年収は以下記事に詳しくまめています。

※おまけ:ディズニー社員に興味がある人だけ読んでください

※「社員」に興味ない人は読み飛ばしてください!
話がややそれますので…

■ディズニーには、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知恵が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などから「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう」

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

※筆者は選択肢がたくさん欲しかったのでリクルートエージェントを使いました(求人数が国内最大で20万件。非公開求人は10万件もあるため) ※ただここは好みです

▶︎筆者の時は応募者が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした
(筆者の体験談でした!ご参考までに)

↓↓↓

ここから下は、ディズニー:パティシエや調理師の詳細と、それぞれの雇用主であるオリエンタルランドとミリアルリゾートホテルズについて概要を説明していきますね。

ディズニー:調理師/パティシエの魅力

あなたの考えた「デザート」でゲストを感動や笑顔を提供しませんか?

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでは毎日様々なイベントやエンターテイメントが繰り広げられています。

もちろんレストランにおいても、それらと連動しながらメニューを展開しています。

来園されるゲストが「美味しい!」と笑顔になるようなお料理や、「かわいい!」思わず写真を撮りたくなるようなデザートを、いままで以上の高いクオリティーで提供していきたいと考えています。

そのような場で、是非、あなたのこれまでの経験を活かしていただければと思います。

実際に企画・開発する段階では数々の苦労があることも事実ですが、開発されたデザートがゲストのみなさんに提供され、その結果、ゲストの笑顔につながるということが日々実感できるお仕事でもあるということもお分かりいただけるかと思います。

仕事として、テーマパークという世界で調理師/パティシエとして活躍したい!という思いがある方はチャレンジしましょう。

ディズニー:調理師/パティシエの仕事内容

パークレストランで提供するデザートの調理・開発

「開発種類や提供される数が大規模」

2つのパークにあるレストランで提供されているコース料理のデザート(単品含む)から、イベント毎に販売されるスーベニア(カップ)に入っているデザート、フードオリジナルドリンク“D’s Delight”の開発等を担当しますが、レストランのグランドメニューから、イベント毎のスペシャルメニュー等、開発数は大規模なものになります(ホテル当時の約3倍程度)。
開発する種類は、一つの期間(3ヶ月~半年)で、多い時では20種。

通常でも15種程度です。またパークに来園されるゲスト数は年間約2500万人。

つまり1日当たりで考えても、それだけの規模のデザート数が提供されるわけですから、試作段階でもその来園者数を考慮に入れて、開発していく必要があります。

「フード・デザートが完成するまでに、多くの人と関わる」

ゲストに直接お食事やデザートを提供するのは、店舗のシェフやスーシェフ、そしてキャストです。

そのため、フード・デザートを開発する上では、店舗での提供オペレーション(調理工程)や漆器類等を考慮し、メンバーとの綿密な調整を必要とします。

また、原材料等の発注にあたっては、取引先との打ち合わせが発生しますし、デザートを情報誌等の告知媒体に掲載する際は、その撮影に立ち会うこともあります。

ただフード・デザートを開発するだけでなく、様々な人と関わりながらデザートが完成していきます。

【例】フード・デザート開発部門の場合
・各店舗との事前打ち合わせや食材発注など
・試作(レシピ作成含む)および、承認までのプレゼンテーション
・外部取引先との打ち合わせ(商談)や告知のための撮影

【例】フード・デザート調理部門の場合
・レストランシェフや開発部門との打ち合わせ
・試作(レシピ作成含む)および、承認までのプレゼンテーション
・スタッフメンバーをまとめ、日々のデザート調理・提供

勤務地

・東京ディズニーランド内フード施設
・東京ディズニーシー内フード施設

あると良い資格/能力

・ホテル、レストランでパティシエの経験が3年以上ある方
・コミュニケーションを図りながら、業務を進めることが好きな方

ディズニー:調理師/パティシエの1日の業務の流れ

業務詳細

・試作(レシピ作成含む)、また承認までのプレゼンテーション

・店舗との打ち合わせ

・取引先との打ち合わせ、商談

・媒体掲載の為の撮影

・食材発注  など

1日の流れ

・09:00~10:30

 朝礼 グループメンバーとの情報共有
  ※各担当が持っている料理の開発状況や、今後のスケジュール等
  朝礼後は、 レシピ作成や商談等

・10:30~14:00

 試作、プレゼンテーション、またはそれらの準備
  ※お昼休憩含む

・14:00~17:30

 店舗との打ち合わせ
  ※打ち合わせ終了後は、レシピ作成や商談等

・17:30

 勤務終了

ディズニー:調理師/パティシエの仕事をする上で心がけること

自分のイメージするデザートを、どれだけ分かり易く伝えられるか

フード・デザートを店舗で調理するのは、自分ではなく、店舗の従業員です。

とくにキャストが主体となり調理を担当します。

その為、常に、誰もが同じように作れるように自分の考えをしっかりと伝え、理解を得ること。

また、メンバーが調理しやすいように、調理工程の工夫をすることなどを心がけています。

また、フード・デザートの一部を外部に発注することもありますが、その際にも、こちらでイメージしている通りに製作してもらえるように、意図を正確に伝える必要があります。

フード・デザートを提供するまでの過程は、簡単ではありませんが、ここに尽力するからこそ、フード・デザートがゲストに提供される時に、やりがいや仕事に対しての充実感を感じることができます。

ディズニー:調理師/パティシエとして働く魅力

規模

業務の特徴でも挙げましたが、やはり「大規模」である、ということです。

入社したての頃の話です。デザートに必要な生クリ―ムを作るにあたって、試作段階では上手く出来上がったのですが、実際に必要なボリュームとほぼ同量に作ってみると、思ったように出来ず、クリーム自体の状態が変化してしまいました。その原因は、全体的な量の違いでした。

試作段階では、今までの経験をもとに1キログラム程度の量で実施したのですが、実際にゲストへの提供数を考えると、一度に作成する量はその何倍も必要となります。

つまり試作段階でも、その量を想定してテストする必要があったのです。

それ以降は、店舗での提供数を意識して、最初の段階から気をつけるようになりました。

開発したフード・デザートがメニューとして提供される初日には、実際にパークに行き、ゲストの様子をモニターします。

今まで考えていた規模とは異なり、苦労することもありますが、自分が手掛けたデザートを多くのゲストに召し上がっていただいている様子を目の当たりにすることは、次の開発意欲に繋がっています。

広がる可能性

これまで開発してきたフード・デザートは、フレンチやイタリアン等のレストランに合わせたものでした。

しかし、テーマパークでは、テーマに合わせた仏・伊・和・中・エスニック等のレストランや、季節毎のイベントがあります。

例えは、ただイタリアのフード・デザートというだけでなく、イタリアのある地域に限定したクリスマスというテーマであれば、その地域、料理等を調べ、その要素を開発に取り入れます。

また、フード・デザートとは違うドリンクの開発等、これまでに経験したことのないフード・デザートを開発することもあります。

その都度、様々な勉強が必要となりますが、知識や経験の幅を広げることもできますし、何より自分自身が入社時に考えていた「新しいこと」「面白いこと」が実現できる環境であると実感しています。

ディズニー:調理師/パティシエに向いている人

・自分の考えたことを「カタチ」にする為に、自分の意思を伝えることができる。
・同じ目標をもって、社内外問わず、沢山の人たちとコミュニケーションをとることができる。
・課題解決に向けて、行動し、努力を惜しまない。
・経験がないことでも、必要であれば勉強し、自分の成長につなげようとする。

ディズニー:パーク内飲食施設の調理スーパーバイザーとは

素敵な夢を見るには、美味しい料理が必要だ。たくさんのゲストが訪れる東京ディズニーランド・東京ディズニーシー。

非日常的な夢の空間で、美味しい料理を提供するのが仕事です。

刺激的なアトラクションやエンターテイメントだけが、この場所の魅力ではありません。

美味しい食べものと飲みものも、ゲストの夢をひきたたせるためには欠かせないと言えます。思い出に残る香りと味わいを数多くのゲストに提供するため、私たちは今日も仕事に取組んでいます。

来客の多さが特色のため、どれだけスムーズに料理を提供できるかが仕事のポイント。

キッチンで働くキャストをまとめ、店舗全体を効率よく運営していくのが私たちの役目です。

一人の力は小さなものですが、全員で力を合わせると非常に高いパフォーマンスを上げられます。

キャストのやる気を高め、仲間どうしのチームワークを盛り上げれば、驚くほど多くの美味しい料理がつくれるのです。

ディズニー:パーク内飲食施設の調理スーパーバイザーの仕事内容

飲食施設においてキッチンの運営を手がけていただきます。キャストに指示を出したり、仕事を教えたりするのが主な役目。

職場のリーダーとなり、安全かつ効率よくキッチンを運営する仕事です。

キッチン全体を見渡す仕事

スーパーバイザーは自ら調理することもありますが、基本的にはキャストへの指示・キッチン全体の監督を中心に行ないます。またキッチンの運営計画立案、運営予算の管理なども担当します。

キッチンの安全を守る仕事

食材管理、キッチン内の温度や湿度、施設や器材のチェックも大切な仕事。キャストが安心して仕事に取組める環境づくりを進んで行ないます。

オリエンタルランドの事業内容

テーマパークの管理・運営をする会社です。

その他にもテーマパーク周辺の複合商業施設の運営やホテルも経営しています。

主たるビジネスはやはり、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」の管理・運営です。

様々な部署に分けられており、園内のイベントを企画する部署や、食品を扱う部署、施設の安全を確保する部署などに分類されます。

いかに、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」に足を運んでもらうか、そして再び行きたいと思っていただけるかが仕事となります。

園内で楽しんでいただく施策を提供するのがサービス内容と言えます。

オリエンタルランドの業績