ディズニーへ就職!舞浜リゾートラインの評判/口コミまとめ!退職事情や選考対策も

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニーへ就職!舞浜リゾートラインの評判/口コミまとめ!退職事情や選考対策も

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

舞浜リゾートラインとは(ディズニーリゾートライン運営)

舞浜リゾートラインは、東京ディズニーリゾート®の各施設を結ぶモノレール「ディズニーリゾートライン」を運営する、株式会社オリエンタルランドの100%子会社です。

このコーポレートマークは、モノレールを想起させるかたちと5つのカラーで構成されています。
色はそれぞれ「グリーン=安心安全」「パープル=創造力」「ブルー=信頼」「ピンク=幸福感」「イエロー=好奇心」を意味し、常に私たちが大切にしている要素を表しています。

東京ディズニーリゾートの各施設を結びます

4つの駅を持つ1周約5kmの環状路線で、JR京葉線舞浜駅に隣接するイクスピアリ、東京ディズニーランド、東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル、東京ディズニーシーの舞浜エリア内各施設を結びます。

東京ディズニーリゾートの旅の始まりから終わりまで

わたしたちは東京ディズニーリゾートを訪れるゲストを最初にお迎えし、最後にお見送りする役目を担っています。

2001年7月27日の開業以来、多くのみなさまにご利用いただき、年間2,000万人以上のみなさまにご利用いただいています。

舞浜リゾートライン:会社概要

社名:株式会社舞浜リゾートライン

本社所在地:千葉県浦安市舞浜2番地18

設立:1997年4月9日

資本金:55億円

株主:株式会社オリエンタルランド(100%)

従業員数:218人

事業内容:モノレール鉄道業

ディズニーリゾートラインの車両と駅について

車両概要

鉄道種別:第一種鉄道事業免許

開業日:2001年7月27日

路線:1周5.0kmの単線の環状路線(1周13分)

車両形式:跨座式モノレール

運転方式:ATO自動運転方式

列車編成:6両編成(全5編成所有)

定員(1編成あたり):
537人(Type X)
564人(Type C)

駅名:
リゾートゲートウェイ・ステーション
東京ディズニーランド・ステーション
ベイサイド・ステーション
東京ディズニーシー・ステーション

輸送人員:2,205万人

4つの駅舎

ディズニーリゾートラインは、イエロー、ピンク、ブルー、パープル、グリーンといった5色のさわやかなカラーリングの車両に、ミッキーマウスの顔をかたどった窓やつり革など、東京ディズニーリゾートならではの楽しいデザインが特徴的なモノレールです。

先頭車両には展望席があり、運転士気分で東京ディズニーリゾートの景色を楽しむことができます。

ディズニーリゾートラインは、自動列車運転方式を採用しています。

それぞれの列車は、運輸指令室のコンピューターによって管理されています。

また、安全のため全ての駅のプラットホームにはホームドアが設けられています。

東京ディズニーリゾート内の各施設への玄関口となる4つの駅舎は、それぞれの場所のテーマと調和した建物となります。

リゾートゲートウェイ・ステーション

JR舞浜駅、イクスピアリに隣接し、東京ディズニーリゾートの入口でもあるこの駅は、クリーム色の壁と緑色の屋根が南国の砂やヤシの木を連想させ、リゾートの雰囲気を演出しています。

東京ディズニーランド・ステーション

東京ディズニーランドのメインエントランス正面に位置するこの駅は、19世紀に見られた ヴィクトリア王朝風のロマンティックで優美なデザインが取り入れられています。建物の正面とプラットホームの2か所に設置されたミッキーマウスの時計が陽気な雰囲気を加えています。夜にはいくつもの小さなライトが屋根の輪郭を浮かび上がらせ、駅舎は魔法のように光り輝きます。

ベイサイド・ステーション

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルに隣接しているこの駅は、近代的なスタイルで、海辺の雰囲気によく似合うデザインです。プラットホームのカーブした緑色の屋根は、打ち寄せる波をイメージしています。

東京ディズニーシー・ステーション

ディズニーシー・プラザの正面に位置するこの駅は、18世紀から19世紀のイタリア・トスカーナ地方で見られる建築物の雰囲気を持ち、駅から最も近いテーマポートであるメディテレーニアン・ハーバーとそれに隣接する東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ®のデザイン要素を持ち合わせています。

ディズニーリゾートラインは、東京ディズニーリゾートの各施設間を移動するゲストの利便性を高めるとともに、走っているだけでリゾート全体の景観をショーアップし、ゲストの心を弾ませるものとなるでしょう。

年収は平均500万円前後~

年収は新卒や中途採用、役職や等級にもよりますが、平均500万以上あるようです。

そこから昇格試験などを経てぐんぐんあがるようです。

下記の口コミも参照してみてください!

口コミや評判

ディズニーリゾート運営会社のオリエンタルランドグループだけあって、評判はいいです。

もちろん個人差はありますが、ブラック企業などの危険性はないので優良企業といえます。

年収についての口コミ

等級制度と年齢給の2つで給与が決まります。

8級スタートで毎年昇給昇格するチャンスはあります。

毎年1回の昇給昇格のチャンスがあります。

昇級試験は毎年受けられます。

努力した分、しっかり評価されるので頑張れます。手当ても乗車率が良い年は、年に1回10万円近くもらえます。

ボーナスは2.5~3ヵ月分くらいもらえます。新卒一年目から2.5は最低もらえるので40万近くもらえます。

それが夏冬なのでボーナスだけで80万くらいは新卒からもらえます。仕事をして目標を達成したら最高額の3ヶ月分なので全力で仕事をやります。

福利厚生で25000円分のベネフィットポイントを年に一回もらえます。

ディズニーチケットも、年に一回4枚は最低もらえます。

ディズニー好き、電車好きな人が多いです。

福利厚生もそこそこしっかりして、ディズニー特有の還元もあるのでそのような好きなものがある人にとっては満足かと思います。接客業かつディズニーなので、サービスを学ぶ事もできます。

退職率や退職事情「退職者は他の企業と同じくらい」

退職率は一般企業と同じくらいで時期によりますが10%前後程度のようです。

職場環境や福利厚生なども働き方改革も相まって充実しています、

休日休暇は申請しただけお休みをとれますし、有休20日間はほぼ100%の消化率です。

わたしは新卒の時から有休を捨てたことは一度たりともありません。むしろ有休取る日ないの?海外とかいけば?など先輩方が声をかけてくれますので、遠慮せずにとれます。

みんな有休取ろうね、という雰囲気があり誰も有休を止める人はいませんし、入社一年目の人もこんな有休取りやすい会社は初めて、と驚いております。

申請したらしっかり休みになるのでいいです。

残業はほぼないです。

有休100%取得できるので、ホワイトを通り越して透明ではないかな?と思うくらいその点はいいです。

二ヶ月前に申請をしたら休みたい日も休めて、みんなでシフト交換をしたら5連休~10連休もとれます。

男性は育休もほぼ100%取得しています。

珍しいと思います。体力がある人は泊まり勤務の非番はそのまま遊べて非番からの2連休だと3日間休みが取れて海外にも弾丸で行く人が多いので旅行好きには最高です。

<br>

早朝勤務の場合、始発に乗って出かけないといけないのはありますが、勤務スタート時間自体が早いのでショートの場合はお昼から、ロングでも夕方の時間が自由に使えるので1日がとても長く感じます。

時間を有意義に使えて私には合っています。

教育制度は完璧です。

ディズニーのフィロソフィーを学ぶだけではなく、自分に足りないものを外部研修で好きなだけ受けられます。

大体わたしは月に一回または2ヶ月に一回の頻度で受けております。アンガーコントロールなどの感情に関することからパソコンの使い方まで気になるところを学べます。

また外部研修は他社の方ともお話ができて学ぶことは多いです。

また月に一回、ディズニー用語など学び復習する機会がありリマインドが定期的にできます。

選考対策

正社員の選考フローは書類選考→面接1~3回→内定です。

ディズニー好きであることも重要ですし、正社員なので今までの経歴やスキル(運転の免許や鉄道関係での業務経験など)も重視されます。

スキルがなくても今までやってきた接客業などの経験をアピールすることでアピールとしては十分戦えます!

キャストのフローも同様ですが、ディズニー好きであることやどれくらいシフトに入れるかが重視されます

舞浜リゾートライン:仕事内容

トランジット部

使命/役割

東京ディズニーリゾートにおける
旅の『始まり』と『終わり』に最高の体験を提供する!

仕事内容

・ゲストサービス全般
・各ステーションの運営管理
・モノレールの扉の開閉や、車内におけるガイド業務
・モノレールの運行管理、指令業務(運転本数調整等)

テクニカル部

使命/役割

モノレール・駅舎等の整備を通して、
ゲストの『安心・安全』を支える!

仕事内容

・モノレールの車両メンテナンス
・駅・オフィスの施設管理、電気設備や空調等の管理
・各種特定工事、改修工事等の手配・管理

マーケティング部

使命/役割

ディズニーリゾートラインの販促活動!

仕事内容

・リゾートラインの広報PR、各種イベント企画
・ラッピングライナー、フォトスポットのデザイン企画
・WEBサイトの運営
・フリーきっぷデザインの企画および発券
・駅務機器管理(新機種への更新等)
・団体利用ゲストの対応や発注受付

総務部

使命/役割

安全かつ健全で活力のある会社作りを裏から支える!

仕事内容

・会社の資産管理、文書管理、予算管理、経理
・人事制度策定、人材採用、教育、労務管理
・労働安全・労働衛生

舞浜リゾートライン:キャストの仕事

東京ディズニーリゾートに訪れたゲストを一番最初にお出迎えし、一番最後にお見送りするのが、ディズニーリゾートラインのキャストの魅力です!

希望をききつつ各部署に割り当てられます。

勤務タイプ

スタイルに合わせて選べる勤務タイプ!

フルタイム

フリーアルバイターの方、キャリアアップを目指す方

  • 平日をお休みにして意欲的に働きたい!
  • しっかり働きながら、ステップアップを目指す!

パートタイム

学生・主婦の方

  • 仕事と学業、両方頑張りたい!
  • 自分の時間も適度に欲しい!
  • 仕事と家庭のバランスを大切にしたい!
  • 扶養の範囲内で働きたい!

土日祝日(週2日)

学生・ダブルワークの方!

  • 休みの日に働きたい!
  • ダブルワークしたい!

グレードUP制度

業務内容・習熟度に応じて4段階に区分!

Lキャスト
一人前のキャストとして知識を身につけ舞台に立つ準備をする期間!

Iキャスト
一人前のキャストとして独力で、自ら進んで行動していく!

Nキャスト
周囲のキャストを巻き込みつつ、全体のホスピタリティ向上に貢献していく!

Eキャスト
後輩指導、新人キャストのトレーニングに加え、全てのキャストの手本となるオペレーションをしていく!

キャスト特典

キャスト特典も満載!!

・社内イベントの実施
・商品割引購入制度
・パーク貸切イベントへの参加
・研修用パークチケットの配布

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

で、どうしたらいいの。スキルもないし。
とにかくディズニーが好きなだけなんだけど

好きということが一番。それがモチベーションにもなるし、自分の知らないスキルや意外な経験を会社は求めているかもしれない

自分じゃどうしようもないよ

じゃあとりあえずプロに相談してみたらどうだろう。
この記事を読んだうえで相談することで明確な未来が見えてくるはずだ

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました