[2021-22]株式会社ポケモンの就職難易度や求める人材は?採用対策まとめ!仕事内容も

【ポケモンで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

[最新]株式会社ポケモンの就職難易度や求める人材は?採用対策まとめ!仕事内容も

株式会社ポケモンに転職したい。でも給料も低くてブラックだったらどうしよう。憧れているけどそこは気になっちゃう。
自分の年齢だといくらもらえるの? 希望の職種だと年収いくら?

どんなに憧れでも貰えるものは貰えないと続かないからね。 株式会社ポケモンの年齢・役職別・職種別の年収や関連会社の年収について解説するね

<あわせて読みたい>
株式会社ポケモンに就職!任天堂との違いも解説
株式会社ポケモンセンターに就職
ポケモン開発会社ゲームフリークに就職

株式会社ポケモンとは(企業理念/従業員数ほか)

ポケットモンスターのプロデュース及び関連キャラクターグッズの販売や、ポケットモンスター関連のゲームソフトの開発、ポケモングッズ専門店であるポケモンセンターの経営を行う日本の企業。

ポケモンというコンテンツを永続的なブランドに育てることを目的に設立された。

任天堂の持分法適用関連会社

会社情報

商号:株式会社ポケモン (The Pokémon Company)

設立:平成10年4月23日

資本金:3億6540万円

従業員数:320名 ※正社員、契約社員の合計

事業内容:ビデオゲーム / カードゲーム / アプリ / 映像のプロデュース・開発、ライセンス事業、店舗運営等

本社所在地:〒106-6108 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F

企業理念

ポケモンという存在を通して、現実世界と仮想世界の両方を豊かにすること。

ポケモングループ

直営店舗運営

株式会社ポケモンセンター
ポケモンカフェ

ビデオゲームの世界で、冒険に必要な情報収集をしたり、バトルで疲れたポケモンの体力を回復させたりする施設「ポケモンセンター」。

これを現実世界で再現したオフィシャルショップが、「ポケモンセンター」です。国内外の店舗は、そこでしか買えないオリジナル商品の販売だけではなく、最新のポケモン情報を発信する拠点として、多くのお客様に訪れていただいています。

オフィシャルショップならではの充実した商品ラインナップなので、好きなポケモンが必ず見つかることでしょう。

また、国際空港や観光地を中心に店舗展開するスーベニアショップ「ポケモンストア」、オンライン店舗「ポケモンセンターオンライン」、ポケモンの世界観を忠実に再現したメニューをご提供する「ポケモンカフェ」など、多様な直営店舗運営を行っています。

海外事業

The Pokémon Company International
Pokémon Korea, Inc.
Pokemon Singapore Pte. Ltd.
Pokémon Shanghai

ポケモンは、いまや世界中で楽しまれるコンテンツになりました。株式会社ポケモンとそのグループは、それぞれのコンテンツを各地域に適した形で届け、多くの皆さんに楽しんでいただけるよう、丹念にプロデュースしています。

私たちは常に「Think Globally, Act Locally(地球規模で考え、地域で行動しよう)」の精神に基づき、熱意や好奇心を忘れず、皆さんに喜びや驚きをもたらすような、新たな遊びやサービスを提供し続けたいと考えています。

株式会社ポケモンと任天堂の関係(&クリーチャーズ/ゲームフリーク)

1998年にポケモンの原著作権者である任天堂、とクリーチャーズ、とゲームフリーク3社の共同出資でポケモンセンター株式会社が設立された。

その後2000年に株式会社ポケモンに社名を変更し、ポケモンのブランドマネジメント全般を行う企業となった。

元々,ポケモンの基本になるライセンスは任天堂で管理していたが,

2000年頃に世界中でポケモン人気が爆発したときに,コントロールが効かなくなってしまった

世界中で見たこともない商品が溢れかえって,山のように売られているのに,それが一切ポケモンに関係する側の利益につながらない。
これではマズいということで,ポケモンに関わる全ての権利を集約してコントロールする場を作ることになったんです。

米国任天堂,任天堂,クリーチャーズ,ゲームフリーク,さらにはテレビ東京やJR東日本企画,そして小学館なども含めて,全て交通整理をされて図面を描いて,今の会社の母体となる「ポケモンセンター株式会社」から「株式会社ポケモン」への道を作った

株式会社ポケモンの仕事内容

総務・法務・事務など

ライセンス管理や商標調査、侵害対応などを行うポジションです。
具体的には、ゲームや映像、イベントなど、幅広いコンテンツを世界に向けて発信しており、それらのコンテンツを今後も安定的に継続・発展をさせていきます。
非常に重要な役割を担うため、責任が問われますが、それ以上にやりがいを感じることができる職種です。

必須な経験・スキル

  • 3年以上の国内商標の実務経験
  • TOEIC800点以上か同等の英語力

エンジニア・アプリ開発・ディレクター・マーケティング

ポケモンゲームアプリケーションの新規開発や運用ディレクション業務を担当するポジションです。
具体的には、仕様検討や企画などのゲームアプリケーションの開発ディレクション、外部開発会社への技術移転や発注などの開発プロジェクトマネジメントを行います。
また、アプリ運用全般や、カスタマーのエスカレーション対応、デバックのアウトソース管理なども行います。

必須な経験・スキル

  • 3年以上のゲーム会社でのアプリの開発または運用経験
  • 3年以上のシステム開発などのプロジェクトマネジメント経験

募集例

職種 / 募集ポジションオープンポジション
雇用形態正社員
給与年収 4,000,000円 〜金額は下限の記載に留めさせていただきます。 賃金形態:年俸制(16分割) ※給与には60時間/月分(法定内残業20時間/月+法定外残業40時間/月)のみなし残業手当を含みます。 賞与:年2回(夏、冬/各2ヶ月分)
勤務地106-6108  東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F
就業時間■所定労働時間:7時間 休憩60分 ■フレックスタイム制:有 ■コアタイム:有 11:00~15:00 ■残業:有
休日・休暇■年間休日:129日 (内訳:土曜 日曜 祝日 夏季5日 年末年始5日) ■有給休暇:入社半年経過後10日~最高20日
福利厚生その他■交通費規定支給 ■社会保険完備 ■関東ITソフトウェア健康保険組合加入

株式会社ポケモンの年収

株式会社ポケモンの平均年収は平均よりも170万円以上も高い

年収は生活に直結するため、転職の際に重要視する点でしょう。

ここでは、株式会社ポケモンの年収について紹介します。

職種別平均年収

営業系
(営業、MR、営業企画 他)
500.0 万円 (平均年齢 30.0歳)
企画・事務・管理系
(経営企画、広報、人事、事務 他)
925.0 万円 (平均年齢 36.0歳)

株式会社ポケモンの平均年収は、約617万円です。

国税庁の調査では正規雇用者の平均年収は約440万円ですので、国内平均よりも170万円以上も高い水準であることが確認できました。

社員の手取り

続いて、手取りについて調べてみましょう。

実際の手取り金額は平均年収額のうち75~85%だと言われていますので、計算をしてみました。

平均年収(万円) 617万円
手取り年収(万円)524 万円

株式会社ポケモンの手取りは、524万円ほどです。

ボーナスを除いて考えれば、月々の給与が予測できますので参考にしてみて下さい。

株式会社ポケモンのボーナスは70万~80万(×年2回)

株式会社ポケモンの正社員は年俸制です。年俸の1/16が毎月支給されます。

平均年収は、約617万円 なので、×2/16 =77万円がボーナス平均値になります

年収の口コミ/評判

正社員は年俸制です。年俸の1/16が毎月支給され、6月と12月は年俸の2/16がボーナスとして支給されます。業績の良い年度は、年俸とは別に年末賞与が支給されます。(かなりの額のときもあります。)

半期に一回契約更新の際に昇給査定がありますが、役職が変わらない限りどれだけ貢献しても時給は20円程度しか変わりませんでした。また、正社員、契約社員はみなし残業の残業時間がとても多く、一日中働いている社員も多かった印象です。

入社して数年は毎年給料が一定の幅で上がっていく。20代の間にマネージャーになる社員も多く、30代の役員も複数人いる。業績が良い年は決算賞与が支給されることも多く、一律の額が支給されるので年収の低い社員ほど恩恵を感じやすい。

評価制度(人事考課)の口コミ/評判

平社員、マネジャー、ディレクター、執行役員という役職があります。専門職の方の場合、テクニカルディレクター等の肩書が与えられる場合もあります。実力主義ですが、評価に明確な基準があるわけではありません。

年功序列ではありませんが、昇進・昇格は上司次第です。マネジャーまでは比較的なりやすい印象です。 残業を適度にしている人が評価される場合もあるので、時短勤務で働いている人の昇進・昇格は難しいかもしれません。

明確にこういうことができれば昇格できるというガイドラインがなかったので、どんどん上を目指している人に対しては不親切かな?と感じました。

働き方(勤務時間・休日休暇・制度)の口コミ/評判

昔は残業の多い会社でした。

最近は遵法意識が強くなり長時間残業が多い人に対しての管理は厳しいです。

リモートワークは多くの部署でとりいれられています。

フレックス制で比較的自由に勤務時間は決められます。

フレックス制で昼休憩なども自由に取れます。

休日もしっかり取れます。

自分の居た部署では当日の早帰りや欠勤もチャットで一言連絡すればOKでした。

副業はOKらしいですが周りで副業している人はいませんでした。

コロナになってから在宅勤務や時差通勤などしっかり対策とってました。

派遣社員は完全カレンダー通り、土日祝日休みです。

有給も取りやすく、業務に支障がなければ土日に合わせて連休も取れました。

お盆も業務に支障がなければ4日、5日休んでもよかったです。

体調不良で休む時もメール送ればOK。

ただ社員さんは土日出勤も普通にあるようで、その分平日にお休みをとっていましたが、かなり大変そうでした。

でも年末年始など、有給を使いまくって一週間以上休んでみなさん海外旅行にいかれていました。

土日出勤や残業も基本的にはありませんが、繁忙期はそのようなこともあります。

リモートワークは場所によってできるところとできないところがあります。

副業はばれない範囲でできます。

多様な働き方支援:リモートワーク可能です。早帰りもできます。

副業はばれない範囲で可能です。

株式会社ポケモンの就職難易度

株式会社ポケモンの転職難易度はそこそこ高いです。

その理由として、圧倒的な知名度の高さが挙げられます。

また、非常に高い人気を誇っています。

そのため、転職先としても人気があり、多くの転職者がいることが想定できます。

しかしポケモン好き+スキルをアピールすることで、届く範囲にはあります

株式会社ポケモンの求める人材

世の中の面白いことに貪欲であり、好奇心旺盛な人材を求めています。
また、一度や二度の失敗を恐れず、子供に喜んでもらえることを考え続けられるメンタリティーを持つ人材も求めている傾向があります。
それ以外にも、ロジカルさや情報感度、発想力があることも重要です。
面接では、これらをアピールできるエピソードを複数用意してから面接に臨むと良いでしょう。

株式会社ポケモンの内定までの流れ

エントリー・書類選考

一次~二次面接

想定選考官:人事
想定内容:志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。

最終面接

想定選考官:役員
想定内容:これまでの質問に加え、ポケモンがどれほど好きかなど、ポケモンに関する質問をされます。

内定

株式会社ポケモンの面接内容

面接は2次~3次、1対1や1対2など

面接は1対1や1対2で行われるなど、タイミングによって異なります。
面接回数は基本的に2~3回です。
1回あたりの時間は1時間前後で終わります。

面接で聞かれること 「ポケモンは好きか」

面接は、志望動機やこれまでの経験など、一般的な質問から進みます。
また、「自分の強みと弱みは?」や「頑張ってきたこと」など、こちらの内面性を判断する質問をされます。
さらには、「ポケモンは好きか」や「ポケモンに詳しいか」など、ポケモンに関する質問を多くされるため、しっかりと回答できるようにしておきましょう。


総じて、「柔軟な思考を持ち、ポケモン愛があるか」を重要視しており、この部分が不足していると判断されてしまうと採用してもらえる確率は低くなってしまいます。
ポケモンについてしっかりとアピールできるように準備をしておき、ほかの転職者と一味違うところを証明できることが肝心です。

<あわせて読みたい>
株式会社ポケモンに就職!任天堂との違いも解説
株式会社ポケモンセンターに就職
ポケモン開発会社ゲームフリークに就職

[結論]ポケモン好きなら任天堂傘下の株式会社ポケモンはチャレンジすべき

超優良企業であり、自慢できる企業、任天堂グループ企業の株式会社ポケモン

「ポケモンの社員です」って言いたいですよね(節度を持ってですが…)

転職を失敗してしまうパターンは、
複数応募+書類の用意と送付+面接スケジュール調整のやり取りに追われて
肝心の面接対策や企業研究が雑になってしまい、企業から魅力的な人材に見えないことです。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、めちゃくちゃ大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」などすべてを代わりにやってくれるサービスです。
また目指している企業の関連会社も探して同時にチャレンジできます!
かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、応募者は完全に無料です。

私が覆面調査として10社以上使ってみた結論を以下に書いたので、参考にしてみてくださいね

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

直接応募よりも、転職エージェントから応募のほうがなにかと楽なのでメンタル安定のまま活動できました。
・面接日程の調整や給料交渉など全部やってくれる
・狙ってる企業の関連企業も探してくれる
・企業から報酬を取るので転職者は無料

なので、面接対策や企業分析に自分の労力をさけました(実体験)

家族や友人ではなく一定の距離のある他人というところが最も相談しやすいはずです。
いい意味で[他人]なのでプライドを気にせずに会話ができるはずです

年収アップするかどうか
「その会社が儲かっているか」が90%

「あなたの価値や努力」が10% で決まります
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで、年収アップを希望
して、転職するほうが
年収があっさり100万は上がります(実体験)


ー実際に10社つかって比較した結論ー


全員向けサービス
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント
[レビュー]:大安定のプロ集団でした。
求人数も最大級でサポートや返信も迅速に対応してくれました。
(詳しい解説はこちら


■2位:パソナキャリア
[レビュー]:リクルートに無い求人がたくさんあるのでカバーに必須でした。
リクルートの担当者がハズレだったときの保険としてピッタリでした。

(詳しい解説はこちら

 ※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


個別向けサービス
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

[20代/第二新卒 向け]
■3位(同):マイナビエージェント 
[レビュー]:若者に特化した求人が多かったです。
企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすいです。

(詳しい解説はこちら

[正社員経験なし/フリーター 向け]
■3位(同):就職Shop 
[レビュー]:リクルート運営のため丁寧な対応で大安定でした。
未経験者歓迎の求人が多くプロ集団がサポートしてくれるので色んな心配が消えます。

(詳しい解説はこちら

[高年収を目指す人 向け]
■3位(同):ビズリーチ 
[レビュー]:年収600万以上欲しい人は登録必須だと思いました。
今は600万以下でもプロが年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれました。

(詳しい解説はこちら

 ※転職エージェントをもっと詳しく知りたい方はこちら

大事なのは「株式会社ポケモンへの就職にそんな道があったなんて知らなかった。妥協してその辺の会社に就職しちゃったよ・・・」とならないためにプロに相談することです。

[会社が辞めさせてくれないときは…]合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わず第三者に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社が辞めさせてくれないときは…] 結論:退職手続きを自分でせずにプロに任せる

あなたはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えていますか?

そこまで覚えてもいないんじゃないでしょうか

あなたが辞めても同じです。辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてありません

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損です。
転職は1歳の違いが大きな差になります。誕生日が近いのならばすぐにでも辞めて転職へ動き出したほうがいいです。

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかります。
そういう時は、退職代行サービスを使うのが良いです。

実際にメディアでも話題となっているサービスです。
お金はかかりますが、相場は2万後半~3万円くらいのものを選ぶのが攻守ともにベストでしょう。

実際に退職代行を利用して仕事を辞めている人も多数います(なので多くの企業が参入しているサービスです)

労働組合に退職代行を依頼するのが良いです(↓理由)

  • 明日から出社しなくていい
  • 有給休暇の消化や、退職金、給与やボーナスの交渉を代わりにしてくれる
  • 価格が2万後半~3万円くらいで相場通り
  • 労働組合だから正式に会社と交渉できる権利をもっている

労働組合は会社との交渉を行える権利を持っています。
しかも、労働組合は未払い賃金の交渉を行うこともできるので、金額によっては退職代行料金を支払ったとしてもお金が増えるケースがあります。

私が覆面調査として、一般企業から悪徳業者まで5社以上使ってみた結論を以下に書いたので、参考にしてみてくださいね

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

「なかなか会社に言い出せない…」「周りの目が…」
転職は1歳でも若いほうが超有利。いつか絶対辞める気なら1日でも早く辞めるべきです

そんな時に退職代行サービスが超便利でした(実体験)
・明日から出社しなくていい
・会社への連絡など退職手続きをプロがやってくれる
・有給や給与支払い交渉をプロがやってくれる


ー実際に5社つかって比較した結論ー

[レビュー]:どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や
「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
・多くのメディアで取り上げられている
・正式に会社と交渉できる権利をもっている[労働組合]が運営している

■1位:退職代行ガーディアンがコスパも安全性もサービスも間違いなかったです。
(詳しい解説はこちら

 ※退職代行サービスをもっと詳しく知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました