ディズニースポンサー会社に就職する方法!仕組みや歴代スポンサー一覧から選考対策をしよう

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニースポンサー会社に就職する方法!仕組みや歴代スポンサー一覧から選考対策をしよう

引用 公式HP

ディズニーの協賛企業(スポンサー)の社員やその家族はVIP扱いなんでしょ?

そうさ。

アトラクションやレストランなどは大手有名企業がスポンサーとなっているんだ。
裏口から「スポンサーラウンジ」というヒミツの特別な応接室に案内される。
スポンサー企業に勤めている社員や家族などは、アトラクションの優先搭乗やフリードリンクが飲めたり、オリジナルグッズがもらえるなど、いろんな特典を受けることができるよ

う、うらやましい。連れて行った知人とかにも自慢できるよな~

就職や転職を考えているなら、オフィシャルスポンサー企業に就職(転職)を狙うっていうのも割といい手だと思うよ。

<あわせて読みたい>
ディズニーのVIP スポンサーパスポートを解説!
ディズニーランド・シーを貸し切り!?貸切イベントやスポンサー特典などまとめ

オフィシャルスポンサーとは(仕組み)

ディズニーオフィシャルスポンサーは、アトラクションや施設やパレードの協賛になる(お金を出す)ことで、その施設やショーを応援する企業のことを言います。

スポンサー企業はかわりに特別ラウンジや優待チケットや貸切イベントなどなど特典を得ることができるわけです。

スポンサー企業の社員は、個人の財布からお金を出しているわけではないので、単に特典を得ることができるのです。おいしいですね!

ディズニーオフィシャルスポンサー一覧

ディズニーランドとディズニーシーの各アトラクションのオフィシャルスポンサーをご紹介します。

NTTコミュニケーションズ株式会社

東京ディズニーランド: ピーターパン空の旅
東京ディズニーシー: ジャスミンのフライングカーペット

株式会社NTTドコモ

東京ディズニーランド: ドリーミング・アップ!
東京ディズニーシー:ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~

花王株式会社

東京ディズニーランド:スプラッシュ・マウンテン、ハンドウォッシングエリア
東京ディズニーシー:トイ・ストーリー・マニア!、トイビル・トロリーパーク、ハンドウォッシングエリア

キッコーマン株式会社

東京ディズニーランド: ポリネシアンテラス・レストラン
東京ディズニーシー:レストラン櫻

キリンビール/キリンビバレッジ

東京ディズニーランド: カリブの海賊、ロイヤルストリート・ベランダ
東京ディズニーシー: S.S.コロンビア・ダイニングルーム、テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ

株式会社講談社

東京ディズニーランド: トゥーンタウン
東京ディズニーシー: タートル・トーク

ENEOS

東京ディズニーランド:ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション
東京ディズニーシー: ディズニーシー・トランジットスチーマーライン

JCB

東京ディズニーランド:スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー
東京ディズニーシー:ニモ&フレンズ・シーライダー

J:COM

東京ディズニーランド:キャンプ・ウッドチャック、ウッドチャック・グリーティングトレイル、キャンプ・ウッドチャック・キッチン
東京ディズニーシー:アブーズ・バザール

新菱冷熱工業株式会社

東京ディズニーランド: 蒸気船マークトウェイン号
東京ディズニーシー: ソアリン:ファンタスティック・フライト

第一生命保険株式会社

東京ディズニーランド:ビッグサンダー・マウンテン、ベビーカー&車イス・レンタル
東京ディズニーシー:センター・オブ・ジ・アース、ベビーカー&車イス・レンタル

ダイハツ工業株式会社

東京ディズニーランド:東京ディズニーランド・パーキング、ベイマックスのハッピーライド
東京ディズニーシー:東京ディズニーシー・パーキング、マーメイドラグーンシアター

大和ハウス工業株式会社

東京ディズニーランド:スティッチ・エンカウンター
東京ディズニーシー:キャラバンカルーセル

株式会社タカラトミー

東京ディズニーランド:ウエスタンリバー鉄道
東京ディズニーシー:ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

NIPPON EXPRESSホールディングス株式会社(旧:日本通運)

東京ディズニーランド:イッツ・ア・スモールワールド、宅配センター
東京ディズニーシー:シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ、宅配センター

日本航空

東京ディズニーランド:ミッキーのフィルハーマジック
東京ディズニーシー: ブロードウェイ・ミュージックシアター

日本コカ・コーラ株式会社

東京ディズニーランド:スペース・マウンテン、リフレッシュメントコーナー、トゥモローランド・テラス
東京ディズニーシー:海底2万マイル、ケープコッド・クックオフ、ケープコッド・コンフェクション、ドリンクワゴン(アメリカンウォーターフロント/ニューヨーク)

BIPROGY(旧:日本ユニシス)

東京ディズニーランド:東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ
東京ディズニーシー:フォートレス・エクスプロレーション

ハウス食品株式会社

東京ディズニーランド:カントリーベア・シアター、ハングリーベア・レストラン
東京ディズニーシー:カスバ・フードコート

Panasonic

東京ディズニーランド:モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”
東京ディズニーシー:インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー :クリスタルスカルの魔宮

富士フイルム株式会社

東京ディズニーランド:カメラセンター、スプラッシュダウン・フォト、バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
東京ディズニーシー:フォトグラフィカ、マジックランプシアター

プリマハム株式会社

東京ディズニーランド:ザ・ダイヤモンドホースシュー、プラザパビリオン・レストラン
東京ディズニーシー:ユカタン・ベースキャンプ・グリル

みずほ証券株式会社

東京ディズニーランド:魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”

三井不動産株式会社

東京ディズニーランド:ショーベース
東京ディズニーシー:ウォーターフロントパーク

株式会社 明治

東京ディズニーランド:アイスクリームコーン、アイスクリームワゴン、クリスタルパレス・レストラン 、スウィートハート・カフェ、ソフトランディング、トゥーンタウン・ベビーセンター、ベビーセンター
東京ディズニーシー: アイスクリームワゴン、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ、ベビーセンター

山崎製パン株式会社

東京ディズニーランド:イーストサイド・カフェ
東京ディズニーシー:ドックサイドダイナー

UCC上島珈琲株式会社

東京ディズニーランド:センターストリート・コーヒーハウス
東京ディズニーシー:カフェ・ポルトフィーノ、マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー

株式会社ユーハイム

東京ディズニーランド:スイスファミリー・ツリーハウス、ペイストリーパレス
東京ディズニーシー:ヴェネツィアン・ゴンドラ

歴代オフィシャルスポンサー

以下は過去スポンサーだったおもな企業です。
新エリアやアトラクションやパレードで再びスポンサーになる可能性があるので、視野に入れておきましょう!

  • 株式会社そごう(1983年(昭和58年)4月15日 – 2008年(平成20年)4月15日)
    イッツ・ア・スモールワールド
  • 日産自動車(1992年(平成4年)10月 – 2006年(平成18年)9月3日)
    スプラッシュ・マウンテン
  • 森永製菓株式会社(1983年(昭和58年)4月15日 – 2006年(平成18年)9月3日)
    キャッスルカルーセル
  • 日本ヒルズ・コルゲート株式会社(2001年(平成13年)3月14日 – 2006年(平成18年)9月3日)
    ペットクラブ
  • 日本水産株式会社(1983年(昭和58年)4月15日 – 2006年(平成18年)9月3日)
    蒸気船マークトウェイン号
  • セイコー株式会社(1983年(昭和58年)4月15日 – 2006年(平成18年)9月3日)
    ニューセンチュリー・クロックショップ
  • セコム(1998年(平成10年)3月20日 – 2003年(平成15年)3月20日)
    ホーンテッドマンション
  • 株式会社ブリヂストン(1983年(昭和58年)4月15日 – 2016年(平成28年)4月1日)
    グランドサーキット・レースウェイ
  • 株式会社ニチレイフーズ( – 2017年(平成29年)8月22日)
    シアターオーリンズ
  • 富士写真フイルム(当時)
    マジックカーペット世界一周 サークルビジョン360°ビジョナリアム
  • 松下電器産業(当時)
    ミート・ザ・ワールドスター・ツアーズ
  • 日清製粉
    パークサイドワゴン カフェオーリンズ
  • ドール・フード・カンパニー
    スクウィーザーズ・トロピカル・ジュースバー
  • 三井ホーム株式会社(1990年6月- 2015年7月)
    アリスのティーパーティー

ディズニーオフィシャルスポンサー企業の選考対策

オフィシャルスポンサーは、どれも有名企業です。

しかしひるむ必要はありません。

大きな企業は、それだけたくさんの部署やチームを持っています。

なので、あなたの経験を(接客でも事務でもプログラミングでも何でも経験を)いかせることができます。

自分に自信を持って当たって砕けろで挑んでみるのがおすすめです。

詳しくは以下読みすすめてみてください

スポンサーの社員になると家族や知人を招待できる!

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

ディズニーランド・ディズニーシーの各アトラクションのスポンサーと、一般的には公開されていない秘密の応接室、ディズニーのスポンサーラウンジなどVIP待遇盛りだくさんです。

スポンサー企業と関係があり、コネクションが使える場合は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

主に、オフィシャルスポンサーの社員でないと受けられないサービスがたくさんあります。

スポンサーを調べ終えたら次はぜひその会社について、社員になれないか?自分は挑戦できるのか?など検討してみるのもいいかもしれません。

家族や友達や彼女を案内できたらヒーロー間違いなしですね。

夢を夢のまま終わらせるのはもったいないです。大切なのはとりあえず動いてみることです!

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました