転職したいが「まずどうしたらいいかわからない」人向け:完全ガイド

【転職方法の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

転職したいが「まずどうしたらいいかわからない」人向け:完全ガイド

 
 

はじめて転職っていうのをしたいんだけど
何がなんだかわからないからどうしたらいいの

 
 

うっしっし。初めてで失敗したくないよね
・就職(新卒採用)と転職(中途採用)にの違いや、
・ハローワークや転職サイトなど何を使ったらいいのか
・転職の流れ
結局どうしたらいいか

など説明していくね

就職(新卒採用)と転職(中途採用)の違い

就職(新卒採用)と転職(中途採用)には、以下の違いがあります。

【就職】
・新卒一括採用で、皆が同じようなスケジュールで動く
・企業がインターンや説明会を開催する
・先輩や大学の就職支援機関など、困ったら相談するところがある
・エントリーシートを書く
・人柄やポテンシャルが高く評価される
・内定から入社までに時間がある
・入社後は丁寧な研修がある

就職は、基本的に学校を卒業した後になるので、社会人経験がないことが前提となります。
そのため、就職活動の際はスケジュールがある程度決められており、キャリアセンターなどの学校の援助が受けられるのも特徴です。
また、企業側もスキルや経験よりも人柄を重視する傾向にあり、入社後は人材育成をじっくりと行います。

【転職】
・採用は不定期
・自分で積極的に情報収集しなければならない
・人によっては現職と両立しながら転職活動しなくてはいけない
・職務経歴書を書く
・今までの実績や入社後に活かせるスキルを具体的にアピールする必要がある
・内定から入社までに時間がないことが多い
・退職手続きやその他準備を効率的にする必要がある
・入社後の研修の充実度は企業による

転職活動では基本的に中途採用の求人に応募することとなります。
そのため、就職のようにスケジュールは決まっておらず、自分で積極的に行動をすることが必要です。
また、転職の場合はこれまでの経験やスキルを見られることが多く、教育体制も企業によって異なります。
また、エントリーシートではなく職務経歴書を書くことも、就職との大きな違いといえるでしょう。

ハローワークや直接応募での転職活動はやめたほうがいい

ハローワークは、どんな経歴の人だろうが、利用に制限がないという特徴があります。

簡単に言うと、

中卒でも定年後の方でも社会人経験がなくてもだれでも利用できるのが特徴です。

さらに、知らない人も多いのですが、職業訓練の斡旋や助成金の支給も行っています。

公共機関なので、利用料金は無料です。つまり、費用をかけずに利用できることが最大のメリット となります。

企業側の目線で求人を見ると、幅広い求職職者を募集できる一方で、レベルの高い求職者の応募が期待できないというのが正直なところ。

その為、離職率の高い企業や、慢性的な人手不足の企業が安い賃金で雇用したいというのがブラック企業の温床になる理由です。

ハローワークは国管轄の転職支援サービスなので、

企業側は、

求人の掲載料がかからない

ことがブラック企業が集まりやすい原因と挙げられます。

企業側の心理として、

・現状は採用の予定はないが一応掲載しておく
・費用をかけずに採用したいからハローワークで求人を出す

といった企業が非常に多いです。

本当の優良企業であれば、

優秀な人材を確保するために費用をかけてでも転職サイト、転職エージェントに求人広告を掲載する

ということをよく理解してください。これは企業側だけではなく求職者側にも言えます。

優良企業に就職したい人は転職エージェント、転職サイトを利用して、優良企業を紹介してもらう。

ということです。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

初めて転職するときの不安あるある

初めての転職に伴い、下記のような不安を抱く方が多いようです。

・社会人経験が浅く転職できるのか
・未経験の職種に転職したいができるのか
・自分の年齢でまだ転職できるのか
・現職と両立できるのか
・そもそも会社を辞めたいのに「なかなか会社に言い出せない…」

このように、初めての転職にはさまざまな不安がついて回るもの。
しかし、不安を抱いたままでいると、転職活動にも支障が出てきてしまいます。
行動に移す前に、スケジュール管理や自己分析など、転職活動をスムーズに進めるための準備をしておきましょう。

↓回答です!

転職は企業によっては競争率は高いが、新卒よりは優良企業に入りやすい

転職と聞いてまず思い浮かべるのは転職が難しいのではないかというところではないでしょうか。

確かに企業によっては新卒で入社する場合以上に競争率が高いところもあるでしょう。

しかし、同時にその反対になっているところもあります。

つまり、転職が難しいとは一概にはいえないのです。

未経験の職種への転職は、若ければ若いほど成功しやすい

これまで働いていた環境とは異なるフィールドで活躍したいという方もいるでしょう。

そこで気になるのが未経験の職種や業種であっても可能なのかということです。

結論からいえば求人次第で、「未経験可」とあれば積極的に応募してみましょう。

そうでなくとも、潜在的能力をみて採用する場合もあるので挑戦してみるといいです。

30代40代でも転職は全く問題なく成功できる(この年代が一番転職者が多い)

年齢によっては転職活動に不利に働くのではないという不安もあるのではないでしょうか。

20代ですと、比較的に未経験の職種や業界への転職に有利に働きます

30代以降は難しいのかというと、決してそうでもありません。

30代以降は、これまでの経験と実績をより前面に押し出せるのでむしろアピールポイントが豊富になるからです。

<あわせて読みたい>
ブランクを気にする方へ
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
転職回数が多いと不利?

転職活動のコツはこちら!
[判断基準あり]辞めてから転職する人の割合はどれくらい?退職してからは不利なのか

転職活動は言わなきゃ今の会社にバレない(バレても問題ない)

転職活動がばれて会社に居づらくなるという不安もあるでしょう。

個人情報保護法で応募先の企業は情報を外部に漏出してはいけないことになっています。

そのため、ばれる心配はありませんが、内定をもらって退社する意思が明確になるまでは沈黙を貫きましょう。

そもそも会社を辞めたいのに「なかなか会社に言い出せない…」

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

転職を思い立ったらまず行うべきこと

転職を思い立ったらまず行うべきことについて紹介していきます。

辞めたい理由と転職の目的を自分の中で整理する

先述した「今の会社を辞めていいのか」という不安の解消方法にもつながることですが、まずは辞めたい理由をまとめましょう

理由を明確化するために今勤めている企業に対する不満をリストアップしていくとまとめやすいです。

また、今勤めている企業に対する不満をリストアップし終わったところで転職の目的をまとめましょう。

つまり、ここでは転職先でやりたいこと、求める条件などについてまとめていくことになります。

<あわせて読みたい>
転職自体を悩む方へ
35歳は転職の限界じゃない!後悔しない40代の転職成功術
転職活動に疲れた40代の最適行動【女性向け対策も】
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
転職/入社して1ヶ月~半年たっても馴染めない・辞めたい時の考え方まとめ
入社10年たったけど職場に馴染めない…早く辞めよう
転職先が合わないと1年で感じたら辞めてOK?
転職が不安な人向けノウハウ本!成功へのアドバイスやコ
正社員vs派遣どっちが稼げる?(正規と非正規の格差は当たり前?)
転職したいけどスキルがない対策まとめ
社会保険/住民税/年末調整から前職の事が転職先にばれる?

転職エージェントへの登録

転職の目的もまとまってきたところでいよいよ情報収集です。

全て自力で行うのは負担が大きいのでこれを機に転職エージェントに登録しましょう

履歴書・職務経歴書を用意(転職エージェントにて用意可能)

情報収集も一段落し、応募軸が決まったところでいよいよ履歴書などの書類を用意しましょう。

書類の用意ができたら応募先の企業に送付して応募完了です。

求人に応募する(転職エージェントにて対策可能)

求人を検索して応募しましょう

応募ややりとりは転職エージェントの担当者が全てやってくれますので、あなたはいちいち封筒などを用紙いして郵送するなど一切不要です

面接対策する(転職エージェントにて対策可能)

いきなり本番では大変心細いでしょう。

ですので本番の前に面接対策をじっくり練っておきましょう

その際、自己PR 、志望動機、応募先企業への確認事項について改めて整理することが大切です。

転職エージェントの担当者に相談することで効率的な対策ができます

面接日程の調整をする(転職エージェントにて対策可能)

転職エージェントの担当者が全てやってくれます

年収アップ交渉をする(転職エージェントにて対策可能)

転職エージェントの担当者が全てやってくれます

<あわせて読みたい>
年収の悩みはこちら!
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
転職で年収が下がって失敗したくない。年収アップのコツ
給与交渉はいくら(どのくらい)が相場?例文(伝え方/言い方)とタイミング
希望年収の書き方!今より高い年収を目指す!
年収別:税金があがる境目一覧(年収別 手取り一覧)

転職エージェントの使い方

転職エージェントの使い方について紹介していきます。

求人情報や自分にあった求人の情報収集する

全て自力で情報収集を行うのは負担が大きいです。

そこで、転職エージェントに登録して求人を紹介してもらうことで効率的に情報を集めましょう。

自力では見つけえなかった職種や業種に出会う可能性もあります。

後は紹介された求人の中から転職軸に最も近いものを選んで応募へと進みましょう。

ブランク期間や転職回数の悩みなど相談する

何か不安なことや分からないことがあれば、ここは転職エージェントに聞いてみましょう。

転職のプロが的確にアドバイスしてくれます。

また、面接の練習相手として転職エージェントを使うということもできます。

面接日程の調整などスケジュール管理する

転職は働きながら行うのでスケジュール管理に細心の注意が必要です。

しかし、これも全て自力で行うには負担が大きいのでここでもエージェントの出番です。

都合の良い候補日を絞れたらそれを基に日程調整を行ってもらえないかお願いしてみましょう。

転職エージェントに申し込んでからの「具体的な転職の流れ」

転職エージェントに申し込んでから、転職先の企業に入社するまでの流れと転職支援サービスの内容をご紹介します。転職エージェントの利用をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。
(本項リクルートエージェントHPより引用)

1.転職エージェントに登録

まず、転職エージェントの申し込みフォームに、転職希望時期や希望勤務地、職種や年収などを入力し、申し込みを完了させます。
※転職エージェントはすべて無料です。

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

2.求人のチェック

申し込み内容を見て、転職エージェントは保有している求人のなかから紹介可能な求人を調べます。

申し込みから2~7日程度で、転職エージェントからサービス内容や面談日程について電話やメールで連絡が届きます。

3.キャリアアドバイザーと面談・相談

面談では、業界、職種に精通した専任のキャリアアドバイザーやコンサルタントが、これまでの経験や希望条件を確認し、求人の紹介やキャリアプランの提案を行います。

面談は、対面もしくは電話形式です。

3-1.キャリアの強み・弱みを整理

面談では、キャリアアドバイザーとともに、これまでの経験からどのようなキャリアが身についているか、客観的に強み・弱みを整理します。
「キャリアの棚卸し」によって、自分では気がつかなかった強みや可能性を発見できます。

3-2.希望条件の確認

キャリアの棚卸しとともに、転職で実現したいことや譲れない条件の確認を行います。
転職そのものをゴールにするのではなく、「転職で実現したい目的」を明らかにし、転職活動のゴールに設定することで、転職成功の道筋が見えてきます。

3-3.転職活動の進め方決め

面談後の転職活動の進め方を決めます。

希望の転職時期を確認し、その時期から逆算して応募から内定、内定から退職までの大まかなスケジュールを立てていきます。
また、面接にどのくらい時間を割けるのかなど、状況を考慮しながら作成します。

4.履歴書の作成・面接対策

面談によって方向性が明確になったら、転職エージェントが保有している求人企業の紹介が始まります。

エージェントが保有している非公開求人数は業界最大級。その中から、申込みした方の力を最大限に発揮できる企業を中心にご紹介しています。

エージェントは一般の転職情報サイトや求人誌には掲載されない非公開求人を約10万件以上保有しています。いままで見つけることのできなかった求人に出会えるかもしれません。

<あわせて読みたい>
企業への応募ノウハウはこちら!
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
同時進行(複数応募)は何社まで?効率化と管理
募集(応募)の必須条件を満たしていないけど応募していい?通過する?
書類選考の結果が早い場合は採用候補?逆に一週間来ないのは不合格?

5.応募→書類選考→面接

応募したい企業が決まったら、意思をしっかりと確かめた上で、キャリアアドバイザーが企業に推薦します。
また、面接日程の調整だけでなく、内定時期をできるだけ揃えるといった調整もキャリアアドバイザーが行います。(全部おまかせ

5-1.面接の日程調整

面接の日程調整もキャリアアドバイザーの役割。

無理のない形で選考を進めることが可能です。エージェントでは転職活動の専用ページで、応募企業の進捗管理や応募の意思確認の連絡も簡単に行うことができます。

応募は本人の意思を尊重
キャリアアドバイザーから多くの求人案件が紹介されますが、いいと思う企業がなければ応募する必要はありません。
エージェントでは、転職希望者の意思を必ず確認しており、企業への応募を無理に勧めることはありません。

6.内定→退職交渉→入社

内定が決まったあとの、入社日の調整や円満退社のための手続きのアドバイスなども、キャリアアドバイザーがサポート。

入社や退職にあたり、困ったことがあれば遠慮なくキャリアアドバイザーに相談しましょう。

6-1.面倒な交渉も代行

応募企業の採用担当者には言い出しづらい年収や待遇の交渉、入社日の調整もキャリアアドバイザーにお任せ。

退職に向けた社内調整を行うことに集中できるので安心です。

6-2.内定から入社までサポート

退職に伴う手続きや関係者への挨拶、引き継ぎなど、内定後にやらなければならない手続きについてもキャリアアドバイザーがサポートします。

転職の目標は「入社」ではなく、入社後の活躍やキャリアアップ、望む生活・環境を手に入れることにあります。そのために、転職エージェントを最大限に活用してください。

[結論]転職しようかな…と少しでも思ったらまずは相談だけしてみていいかも

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました