[戦略的撤退]仕事での逃げ癖は悪くない!早い判断が人生を変える(自己診断しよう)

【働き方の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

仕事での逃げ癖は悪くない!早い判断が人生を変える(自己診断しよう)

よく言われる「円満退社」って実はほとんどない気がする

「円満離婚」って実はないよねってのと同じ

その会社に満足していて最高なら辞めないっしょ・・・

ということで、実はみんな逃げているんです。
色々理由をつけるけど、嫌なことがあるから逃げて転職してるんです。
だから逃げることは賢い選択肢なのです

円満退職なんて実はほとんどない(みんな逃げてる)

転職をする理由として、実は、転職を考える人のほとんどはネガティブな理由で転職を決意しており、ポジティブな理由で転職する人のほうが少数派なのです。

「逃げることは甘え」と思い、自分を責めてしまう人だって少なくありません。

でも、逃げの転職だったとしてもその後の人生が楽しく元気で幸せなら何も問題もありません

賢いやつほどよく逃げる

賢い人は必ず何らかの「逃げ方」を知っていて、逃げながらやるから継続的に仕事がデキる、のです。

「追い込まれ過ぎて逃げる前に倒れる」、「追い込まれてから逃げる」と、
「逃げながら仕事を続ける」、どれが一番良いと思いますか?

もちろん「逃げながら仕事をし続ける事」です。

「逃げる」ことを過剰に悪く思ったり、実際に逃げられない人は、自ら逃げ道を塞いでしまい、逃げられないような環境を作ってしまいがちです。弱った時ほど判断も鈍り、動けなくなってくるので、そのままどんどん深みにはまって逃げられずに潰れてしまいます。

逃げられない人は真面目すぎる。もっと自己中になっていい

逃げたいのに逃げられない人の特徴をズバリ列挙したいと思います。

  • 良い人」になりすぎる
  • 100点が前提の完璧主義者、常に120%を目指し過ぎる
  • なんでも自分がやらなければならないという責任感が強い
  • 周りとの調和を大切にするあまり、自己主張をしない

パッと見ると、全く悪いようには見えないですね?そう、逃げられない人は決して仕事がデキないわけではありません。良くも悪くも真面目な人なのです。
すべてのことに対して、真摯に受け止め、懇切丁寧に時間をかけて対応できればいいですが・・・24時間そんな気力が続くのかというと無理な話。
周りの環境、クライアントの状態、自分のテンションや体調によって左右されてしまうのが人間です。

真面目さんへ 。もっと自己中になっちゃいましょう

ちょうどいい逃げ方を覚えましょう

逃げたくても逃げられない真面目さんへの処方箋・・・それは適度な“逃げ方”を覚える事です。

その仕事、本当にあなたにしか出来ないことですか?

仕事を抱え込みがちで逃げたいくらい潰れそうな人によくあるのが、「自分がやるべき範囲とやらなくても良い範囲(もしくはサービスでやっている範囲)が選別できていない」こと。

今こそ“思い込みマジック”から解放されて、自分ではないとダメ or そうでなくてもOKということをリスト化してみましょう。

本来の自分の仕事の目的に対して、他業務が多すぎてこなせないのは本末転倒。やらなくてもいいことの立派な理由付けになるし、他の誰かに振れそうなら積極的に振ってしまいましょう。

今すぐやらなきゃいけないこと だけ今やる

嫌なことからは極力逃げたいけど、でもどうしても逃げられないものがある!・・・仕事ってそういうものですよね。

嫌なことが後に控えていると、「待ち構えている」という感じでよりしんどいし逃げたくなります。なので、その心理を応用して、嫌なことほど前倒しでさっさと片づけてしまうのです。

「どうしてこれを最優先でやらなければならないのか」理由を尋ねると、案外答えられなくて、すぐやる必要のないものだということが相手にも自然と伝わります。

自分が優先順位をしっかり把握できていれば、突発的な業務が発生しても、このように慌てずに対処できたりします。
全部のことに、即対応・返信、100%全力なんて無理な話です。肝心の時にエネルギー切れして燃え尽きるか、変に周りの期待値が上がりすぎて、結果的に苦しくなるかのどちらかです。

いい人=断らない人 は頼られているのでなく実はナメられている

「良い人」が陥りやすい罠の1つに、「あの人ならやってくれる」「あの人は良い人だから頼みやすいんだよね」と、なんでも押し付けられて周りの思うツボになってしまうところ。

周りとの調和を崩さないその人なりの防御策でもあるのですが、苦しい時・元気のない時・やりたくない時だってあります。

そんな時は、自分の状況を説明して、「出来ない」、もしくは後回しになることを強調しましょう

転職=逃げ はまったく悪くない

一つの会社で定年まで働けば年齢と共に給料や待遇が良くなっていくという時代があったのです。

ですが、今の日本は定年まで安心して働けるような企業ばかりではない上、長く勤めたところで給料が上がる保証もありません。

もし転職への決意を鈍らせているのが他人からの非難のせいだとして、その内容は本当に気にするべきものでしょうか?

ネガティブな理由での転職に「甘え」や「わがまま」と言う人たちは、辞められたら自分が困るから言ってるだけです

<あわせて読みたい>
もめずに上手に会社を辞めたい方はこちら!
退職理由で使える円満な嘘面接前に職場に退職理由を伝える時 家庭の事情?病気?
上手に会社を辞める方法【もめずに円満退職】
退職を伝える時期 2ヶ月前は遅いし非常識?1ヶ月前が法律上のルール?徹底解説
会社都合の退職は次の会社にバレる?転職で不利?隠すべき?【クビ/解雇】
転職先をしつこく聞かれる時の対策!

今すぐ逃げる準備をすべき職場:4選

いわゆる「ブラック企業」と言われる会社です。ブラック企業からの逃げの転職は甘えではありません。むしろ全力で逃げるべきです。

激務なのに給料が低い

お金が全てではありませんが、頑張って働いているのに生活にも困るような給料しかもらえないのであれば転職を考えるべきです。自分のスキルや実績を正当に評価してくれる会社を探しましょう。

パワハラやセクハラが目の前で起きている

職場での暴言や暴行、疎外、過大なノルマなど明らかなパワハラやセクハラがある会社は一刻も早く逃げるべきです。我慢しても変わることはありません。

<あわせて読みたい>
パワハラの悩みと対策はこちら
職場で起こるいじめの内容!パターンやそれに対する対策まとめ
パワハラでうつ病になったら慰謝料の最高額は?加害者のその後。裁判費用いくら?
仕事できない人達はどうやって生きるべきか(無視&陰口ほか)
パワハラ防止法(ガイドライン)は効果ある?

長時間労働/サービス残業が当たり前になっている

長時間労働、サービス残業、休日出勤など職場環境の悪さに耐えられなくなったら逃げるべきタイミングでしょう。

平日と休日のメリハリがない

企業の方針や価値観、社風は、実際に入社しないとわからない場合が多くあります。人間関係や労働環境が良くても、社員を大切にする気がないとわかるような方針の会社もあります。その場合はすぐ転職しましょう。「アットホームな会社」に要注意

「アットホームな会社」を売りにしている会社には気をつけてください。実態は「社員や従業員のプライベートを無視する会社」である場合が多く、サービス残業や無給の休日出勤が勤務の前提になっていることもあります。

自己診断で「自分は逃げグセ(辞めグセ)がある」と感じた時にすべきこと

「何度も転職してしまっている…」
「いつも人間関係が理由で転職したくなる…」

という方は、自分の仕事や働き方ときちんと向き合えていないかもしれません。

転職回数は気にしなくていい

何度も転職を繰り返してしまう人は、ある意味成功者です。書類審査に通過し、面接にも通過して入社できているんですから。

逃げ癖、辞め癖からの転職成功を繰り返してしまうと、自ずと自己評価が高くなってしまいがち。

自分を客観的に見つめ正しい評価を見極めましょう。

心配なら第三者に相談する

転職を繰り返す人は、仕事の悩みを誰にも相談せずにため込むため、不満のガス抜きができず限界に達しやすくなるのです。

しかし、思い切って周りの人に相談してみることで、気持ちがすっきりすることもあります。ストレスが軽減することで現状を冷静に見つめることができるようになります。

友達や同僚に相談しにくい場合は、転職エージェントで気軽に相談することもできますよ。

戦略的撤退=第三者に相談し早めに転職しよう

Crop businessman signing contract in office

職場環境に改善の見込みがないのであれば、思い切って転職することをお勧めします。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

<あわせて読みたい>
転職活動のコツはこちら!
転職したいが「どうしたらいいかわからない」人向け:完全ガイド
[判断基準あり]辞めてから転職する人の割合はどれくらい?退職してからは不利なのか

転職自体を悩む方へ
35歳は転職の限界じゃない!後悔しない40代の転職成功術
転職活動に疲れた40代の最適行動【女性向け対策も】
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
転職/入社して1ヶ月~半年たっても馴染めない・辞めたい時の考え方まとめ
入社10年たったけど職場に馴染めない…早く辞めよう
転職先が合わないと1年で感じたら辞めてOK?
転職が不安な人向けノウハウ本!成功へのアドバイスやコ
正社員vs派遣どっちが稼げる?(正規と非正規の格差は当たり前?)
転職したいけどスキルがない対策まとめ
社会保険/住民税/年末調整から前職の事が転職先にばれる?

年収の悩みはこちら!
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
転職で年収が下がって失敗したくない。年収アップのコツ
給与交渉はいくら(どのくらい)が相場?例文(伝え方/言い方)とタイミング
希望年収の書き方!今より高い年収を目指す!
年収別:税金があがる境目一覧(年収別 手取り一覧)

コメント

タイトルとURLをコピーしました