[全まとめ]ディズニーで働く方法と全仕事の一覧!(ランド/シー/ホテル/ストアほか)

【ディズニー全般】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

ディズニー関連の会社では、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、新グッズ、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知識や経験のある人材が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件から「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

▶︎筆者の時は応募者の数が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした

ディズニーに転職するために試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

 

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

おまけ 

そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・人によってはやや料金が高く感じる
(サービスの詳しい内容はこちら

 

本編START

ディズニーで働きたい!情報集(採用対策あり)

ディズニー関連で働きたいのに、、結局どうしたらいいの?

調べてもきりがない

とにかくディズニーが好きなんだけど

うっしっし、まかせなさい。

会社とか社員やキャストとか関連企業やホテルとかたくさんあるよね。

個別の解説をまとめたからココをベースにしてみてね!

そもそもウォルトディズニー社とオリエンタルランド社の違いって何?

ディズニーパーク世界分布図

ウォルトディズニーカンパニーと東京ディズニーランドを運営している会社って違うの?

アメリカ・カリフォルニア州にある本家本元ウォルト・ディズニー・カンパニーと東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは違う会社だ。
東京ディズニーランドや東京ディズニーシーはディズニー社の直営ではなく、ディズニーとライセンス契約をしたオリエンタルランドが運営しているんだ。

え?そうなんだ。でも結局ディズニーなんでしょ?

実は世界の6ヵ所にあるディズニーパークの中で日本のTDRだけがディズニーの直営ではなくフランチャイズなんだよね。

ウォルトディズニージャパンで働きたい!

■正社員

ウォルトディズニージャパンの事業内容

ウォルト・ディズニー・カンパニー(米国本社)は、1959年に現地日本法人を設立し、日本市場に本格参入しました。
2000年4月に日本国内の複数の関連子会社を統合、2002年8月にウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社に社名変更し、ディズニーのビジネスを日本で管轄しています。スタジオ・モーションピクチャーズ、メディア、ダイレクト・トゥー・コンシューマ動画配信サービス、コンシューマ・プロダクツ、ディズニー・ストア、ゲーム、パーク&リゾートなど幅広いビジネスで相互に”シナジー”(相乗効果)を高めながら、多角的に事業を展開しています。

ウォルトディズニージャパンとは、米国法人ディズニー・エンタープライゼズ・インクの100%子会社です。

ディズニー作品など、作品の配給・ビデオソフトの発売・米国法人が保有するキャラクターによるマーチャンダイジング、プ・モーション活動によって事業を展開しています。

また直営販売店としてディズニーストア運営も行っています。

ウォルトディズニージャパンは、東京ディズニーランドを展開する(株)オリエンタルランドとは、あくまでもライセンス提供での契約となっていますので資本上の関係はありません。

ウォルトディズニージャパンの年収相場ですが、職種にもよりますが、年収:600万~800万円がボリュームゾーンだと思われます。

オリエンタルランド(東京ディズニーリゾート)で働きたい!

■正社員

オリエンタルランドの事業内容

オリエンタルランドは、テーマパークの管理・運営をする会社です。

その他にもテーマパーク周辺の複合商業施設の運営やホテルも経営しています。

主たるビジネスはやはり、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」の管理・運営です。

様々な部署に分けられており、園内のイベントを企画する部署や、食品を扱う部署、施設の安全を確保する部署などに分類されます。

いかに、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」に足を運んでもらうか、そして再び行きたいと思っていただけるかが仕事となります。

園内で楽しんでいただく施策を提供するのがサービス内容と言えます。

オリエンタルランドが求める人物像

オリエンタルランドという会社として、活躍していく上で共通して求められるものは、

「顧客思考力」と「戦略的思考」の2つです。

顧客思考力
オリエンタルランドの企業使命は、より多くの人々に「感動・夢・喜び・やすらぎ」を提供し続けていくことです。
コア事業はもちろんのこと、それ以外でも企業使命をハイレベルで実現するために、顧客の立場に立って常に考える「顧客思考力」が必要です。

戦略的思考力【理系おすすめ】
「顧客思考力」を発揮することができていれば、高いレベルで企業使命を実現することが可能です。
それを維持するためには、将来を見通して経営資源を効率的に活用しつつ、環境変化に対応する力が必要です。
そのためには「戦略的思考力」が欠かせないのです。

ただ、業務の特性により基本的なスキルが必要で異なってきます。

その必要なスキルとは、以下の通りです。

ビジョンメイク
組織の方向性を決め、戦略を策定するためには、組織を取り巻く内外環境を見通すことが重要です。
将来どうありたいのかを描くビジョンメイクの力が必要です。

マーケティング
顧客のニーズを把握して、それを上回る価値を提供することで、企業使命の実現につなげていきます。
そのためには、マーケティングの力が必要です。

クリエティブ【理系おすすめ】
情報やモノがあふれる時代に、多くの人々に夢や感動を提供し続けるには、常にアンテナを広げてインプットを増やしていく必要があります。
それらを組み合わせてゼロベースの新しい発想をアウトプットするクリエイティブな力が求められます。

ヒューマンスキル
複数の部門と協力をしてプロジェクトを推進したり、多くのキャストを管理・育成したり、人間関係の構築に不可欠なヒューマンスキルが必須となります。

データアナリシス
会計データ・顧客データ・売上データなど様々なデータがありますよね。 企業が成長・発展し続けるためには、そういったデータを分析して仮説を立てる力が求められます。

どれもオリエンタルランドで働くには必要なスキルとなっています。 もちろん、業務によって必要性の強弱が異なります。

では、実際に活躍している社員はどのような人物像を求め、期待しているのでしょうか?

公式ホームページで社員インタビューが掲載されていますので、ピックアップして紹介していきます。

  • 想いを持ち、すべきことを主張し、どうやったらできるかをとことん追求する人
  • オリエンタルランドに染まるのではなく「違う」という個性を大切にして強みにできる人
  • 常に創意工夫ができる人
  • 他社での経験を強みに持ちつつ、協働しながら物事を進めていける人
  • 笑顔が素敵な人
  • チャレンジする気持ちを強く持つ人

中途入社者を受け入れる風土がある会社なので、他社で培ってきた経験を存分に活かしてもらいたいと考えているのがわかりますね。

■キャスト(アルバイト)

ディズニーリゾートのキャストになるには、他の会社などと同様「面接(インタビュー)」を受けることが必要です。

面接を受けるためには、「東京ディズニーリゾートキャスティングセンター」という公式ホームページから面接の予約をしなくてはなりません。

接客系の職種

・アトラクションキャスト:アトラクションでの案内・誘導
・フードサービスキャスト:飲食施設での接客
・マーチャンダイズキャスト:商品販売
・ゲストコントロールキャスト:ショー・パレードでの案内・誘導
・ワールドバザールキャスト:チケットの販売・確認など
・ゲストリレーションキャスト:ゲストへの案内・誘導など
・メンテナンスキャスト:ウエスタンリバー鉄道の運転補助
・セキュリティオフィサー:園内外・駐車場の警備
・カストーディアルキャスト:清掃・ゲストの案内
・ガイドツアーキャスト:パークツアーの案内
・パーキングロットキャスト:車の誘導・料金の受け取り
・ヘアアンドメイクアップキャスト:東京ディズニーランドホテル内でのヘアメイクなど
・ショーキャスト:パレードフロート・出演者・キャラクターの誘導など
・ナースキャスト:看護師 園内外での応急処置など
・ファーマシーキャスト:薬剤師
・ソムリエキャスト:飲食施設での接客、ワインの選定など

接客系ではない職種

・テラーキャスト:チケット・金銭管理
・マーチャンダイズストックキャスト:商品在庫管理
・クラークキャスト:一般事務
・カリナリーキャスト:調理業務・洗い場作業
・ディストリビューションキャスト:配送・荷物の保管
・ワークルームキャスト:コスチュームの製作・修繕
・ファシリティキャスト:ウィンドウディスプレイ・什器製作/ 園内施設のペイント作業
・ファイアーキャスト:防災・防火点検
・ショーサービスキャスト:出演者の送迎
・ウイッグキャスト:かつらの製作

ディズニーキャストの年収はフルで350万円前後

フルタイムのディズニーキャストの場合、
職種によって一日に働く時間はかなりばらつきがあるようですが、
毎日7.5時間勤務したと仮定して計算しましょう。
お休みは週休2日で、5日勤務とします。

単純計算をして1日あたり、1,000円×7.5時間=7,500円
→毎月8日間休みとして1ヶ月あたり22日勤務すると仮定すると、
7,500円×22日=165,000円となります。
この金額に1年分の12ヶ月をかけていくと、

165,000円×12ヶ月=1,980,000円となります。

この額が基本給のみの計算での支給額となります。
もちろん、月によっての勤務日数や勤務時間もまちまちなのでこの通りとはいきませんが、大体の目安です。

ここに職種によっては調整給や、時間帯手当がつきます
職業によっては夜中働いた場合、そこに時間給が加わり時給1,500円以上になることも。
ディズニーの勤務時間は6:00~24:00となっているので、働く時間帯によって時間外の手当がつくのです。

そこから専門性の強い職種に就職した場合、調整給として約450円~500円ほどプラスされます。

ディズニーキャストの9割はアルバイトの雇用となっています。
アルバイトなので職業によっても変動はありますが、調整給や交通費加わって

年収は約350万程度となる計算です。

また、キャストにはグレードアップ制度というものがあります。
キャストは業務内容やスキルに応じたグレードアップに挑戦することができるのです。
グレードアップに見事合格すると昇給できるようになっています。

■エンターテイナー(ダンサー)

ディズニーダンサーの仕事は、ダンスや演技でゲストにハピネスを届けることです

夏でも冬でもショーやパレードに出演するダンサーは、いつもハイクオリティーのエンターテインメントをゲストに届けることが大前提です。

エンターテイナーは4種類