転職で年収が下がる…がハッピーになる許容範囲は?答え:ダウンは○○万まで

【給料の悩み】

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

転職で年収が下がる…がハッピーになる許容範囲は?答え:ダウンは○○万まで

いきたい会社なんだけど、転職で年収ダウンするみたいなんだ…

生活していけるのかな。失敗したらやだな。どうしたらいいんだ

転職で年収が下がった…
だがハッピー!

そんな人が世の中にはたくさんいる
なぜなのだろう…

彼らはアホではない。
少し年収が下がるかわりに圧倒的平和を手に入れた賢者だ

やっぱ人生楽しくストレスなくいきたほうが幸せなんだよね。

でもお金はほしいよね。

だからいくらまでダウンしても大丈夫か考える方法を教えるね!

<あわせて読みたい>
年収の悩みはこちら!
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
給与交渉はいくら(どのくらい)が相場?伝え方とタイミング

答え:転職で年収が下がるのは50万まで!

転職のときに「年収ダウン」となると、ネガティブな気持ちになるかもしれません。

しかし、たとえ一時的に年収ダウンしたとしても転職する価値はあります。

本当にやりたい仕事が明確なのであれば、年収ダウンしても納得感とやりがいを持って働けることでしょう。

一方で、「年収ダウンしてでもやりたい」という意欲をかき立てられない仕事であれば、年収を維持できる現職にとどまり、不満を解決する道を探ったほうがいいかもしれません。

目の前の不満ばかりに固執せず、「将来像・キャリアビジョン」や「やりがい」、「長期的な収入アップ」、「生涯年収」などさまざまな視点から転職を捉えることが大切です。

お金があれば幸せになれます。
しかしお金があっても精神をやられたら元も子もありません。

なので転職で好きな仕事につける!または今の地獄から脱出できる!でも年収ダウンは50万まで!
というように現実的なラインを決めるのがおすすめです。

100万だと下がりすぎなので50万ダウンで幸せになれるなら許容範囲でしょう!【筆者の価値観】

転職と年収:みんなの悩み

Q

現職に不満があります。年収ダウンしても転職すべきでしょうか?

今の仕事は残業が多いため、転職を考えています。いくつか残業の少ない求人を見つけたのですが、どれも現職よりも年収ダウンしてしまい、本当に転職すべきかどうか迷っています。

A

不満ばかりに目を向けず、実現したいことがクリアできるか考えてみましょう。

まず、「現状の不満から逃れる」ということを目的として転職するのはお勧めできません。今後、5年先、10年先、20年先――と、将来、自分がどんなポジションでどんな仕事をしていたいかに目を向けてみることが大切です。

内定を得た企業で理想の仕事ができるという確信を持てたのであれば、年収ダウンとなっても、Bさんは転職に踏み切っていたかもしれません。

しかし、さまざまな会社を見たことで視野を広げた彼女は、中長期視点でキャリアを考えた結果、そして年収と天秤にかけた結果、現職にとどまるのがベストという結論にたどり着いたのです。

「目の前の不満を解消したい」という気持ちもわかりますが、まずは一度立ち止まり、数年先を見据えた上で転職を考えてみるといいでしょう。

Q

キャリアチェンジを検討中です。年収ダウンしても転職すべきでしょうか?

新しい仕事にチャレンジしたく、転職を検討中です。未経験でもエントリー可能な求人を見ていると、どれも今より年収ダウンしてしまい、本当に転職すべきかどうか迷っています。

A

キャリアビジョンを描けていますか?将来への見通しがあるかがポイントです。

転職する時点で年収ダウンとなっても「後々年収アップできる可能性があるかどうか」が判断のポイントの一つです。

実際、彼は経理職へのキャリアチェンジから数年後、財務系コンサルティングファームに転職。想定通りのキャリアを歩み、営業時代より年収アップを実現しています。

このように、中長期的なキャリアビジョンが描けているのであれば、一時的に年収ダウンしても、キャリアチェンジのチャンスに賭けてみる価値はあると思います。

転職で年収が下がって「失敗した人たち」まとめ

転職先の年収や仕事内容などあまり調べないで転職した

転職先の会社の情報収集不足で転職に失敗することがあります。

さらに、年収の下がりそうな転職を満足度の高い転職をするためには、給与交渉もしてくれる「転職エージェント」の活用がおすすめです。

年収ダウンの転職を家族の反対にしたがって内定辞退してしまった

年収ダウンの転職を家族に反対されて失敗する場合があります。

転職に対する家族の反対について転職サイトが調査した結果によると、反対理由の第1位は「年収が下がるから」。

家族の反対によって内定辞退をした人は、全体の半数以上でした。

このように、家族がいる方が年収ダウンの転職をする場合には、よく話し合いをする必要があると言えます。

「将来的に年収が上がりやすい」「今の職場では体調を崩してしまう」など、家族が納得しやすい説明をするとよいでしょう。

転職で年収が下がったが「ハッピーな人たち」まとめ

年収が下がる転職をしても、ハッピーな人が多くいます。

転職の軸は人それぞれであり、「年収」以外を軸に定めることで、満足のいく転職を叶えている人はたくさんいるのです。

憧れの企業へ転職できた

企業理念に深く共感するなど、憧れている企業への転職をすると年収ダウンが気になりにくいです。

このように、本当にやりたかった仕事に転職できた場合には、年収が下がったとしても活き活きと勤められるでしょう。

<あわせて読みたい>
Googleに転職する難易度は?英語ができないと無理?
Amazonに転職する難易度は?英語は必要?年収や面接対策を解説
Appleに転職する難易度は?年収・面接対策やエンジニア採用率
スターバックスへ転職!年収や中途採用の求人・仕事内容・職場環境も解説
無印良品へ転職!年収・仕事内容・職場環境も解説
マクドナルドへ転職!年収(給料)や就職難易度
楽天へ転職!最終面接の通過率

自分に合った職種へ転職できた

年収が下がっても、自分に合った職種に転職できると満足する場合が多いです。

以下のように、未経験の職種に年収ダウンで転職でした方々のツイートも見られました。

このように、年収が下がっても自分に合う職種に転職できると、経験を積んだ後には、前職より年収が上がる可能性も高いです。

プライベートを優先できる職場へ転職できた

年収が下がってもプライべートの時間が増える転職は、成功と感じる場合が多いです。

人によって大事なものは、仕事、趣味、家族などそれぞれ異なります。

一番大事なものを優先できようになると、転職に満足する可能性が高いでしょう。

ホワイト企業へ転職できた

労働環境がいい会社に転職ができた場合、年収が下がっても転職成功と感じる人が多いです。

休む時間が少ない会社に居続けると、体調を崩しかねません。

リスクが高い会社で働き続けるより、年収ダウンしてでも労働環境がよい会社に転職するほうが、経済的にも安心と言えるでしょう。

<あわせて読みたい>
月曜日仕事が怖い(行きたくない)時サボる方法
高ストレス者の方へ:仕事が辛い→異動したい時のベストな言い方【体験談】

年収が下がる準備や心構えをしておこう

どこまで年収ダウンが可能か「許容範囲」を決めよう

「必ずかかる固定費用」「削減可能な費用」を仕分けし、最低いくらの年収が必要かを算出します。

生活水準を落とすことは、想定よりつらく感じることも。

そのストレスが仕事へのパフォーマンスに影響を与えることもありますので、本当に自分に必要なもの・必要でないものを見極めましょう。

私の感想ですが「年収2千万とかであればストレスにも耐えられますが、年収400とか500とかの正解でストレスを感じているのであれば、50万ほどダウンしてでものびのび働ける職場に転職して、メンタルが安定して生きるほうが人生楽しいです。副業とかしたらいいわけですし!」

下がる年収は10%程度でおさめよう

下がる年収は10%程度でおさめるましょう。(500万なら50万までが許容範囲)

なぜなら、極端に年収が下がってしまうと心のゆとりがなくなってしまうからです。

また、次の見出しでも伝えているように、年収が大幅に下がると前年の住民税で生活が苦しくなる場合もあります。

転職後の会社で年収アップできるなら、迷いは消える

可能であれば、転職を検討している企業の人事制度を確認することをお勧めします。

昇給率・昇給ペースは企業によって大きく異なるもの。

何年も基本給を据え置く企業がある一方、半期・四半期ごとに人事評価を行い、給与額を見直す企業もあります。入社後、成果を挙げることで収入を上げていけるのかを確認してみてください。

面接の場で、既存社員の役職ごとの年収例や、昇給例を確認してもいいでしょう。

なお、スタートアップ企業に入社した場合、まだ売上が立っていないケースも多く、入社時の給与は低く抑えられがちです。

その会社に入ることで、数年後に収入アップできそうかどうかという視点で考えてみるのも一つの方法です。

回答:自分が何を一番優先したいか知ること

年収ダウンの転職をする場合は、自分が何を一番優先したいか知ることが成功の秘訣です。

  • 年収ダウンの許容範囲は10%程度(500万なら50万ダウンまで)
  • やりがい、憧れの業界、労働環境など、年収以外の魅了が大きい転職先を選ぶ
  • 節約、副業、雇用保険の手当を活用して年収ダウン分を補う
  • 年収が下がる転職活動をする前に家族に納得してもらう
  • 転職先の会社で実際に働いている人の情報を入手する

転職先の会社の詳しい情報を知りたい、年収ダウンをなるべく避けたい、という方は転職エージェントを活用するとよいでしょう。

給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、「その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ

つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばっても、出世や給料がドンと上がることはないと言っていい

それだけならまだしも、儲かっている会社にいるあまり仕事のできない若者が、必死で頑張っているあなたより稼いでいるのは悔しいよね・・・(筆者もそうでした)

儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました


「転職活動したいけど、やることが多くてしんどそう

そう。大変なんだよね。自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、「その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ

つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばっても、出世や給料がドンと上がることはないと言っていい

それだけならまだしも、儲かっている会社にいるあまり仕事のできない若者が、必死で頑張っているあなたより稼いでいるのは悔しいよね・・・(筆者もそうでした)

儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました


「転職活動したいけど、やることが多くてしんどそう

そう。大変なんだよね。自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました