転職後に前の会社に出戻りはアリ?期間3ヶ月~1年で再入社は短すぎる?

【転職の悩み】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

人生を試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

 

おまけ


そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、
(サービスの詳しい内容はこちら

 

  


本編START

転職後に前の会社に出戻りはアリ?期間3ヶ月~1年で再入社は短すぎる?

1年前にやめたんだけど、

色々やってきた結果やっぱり元の会社に戻りたい

そういうのってありなのかな。。。

もちろんアリだよ

社員に求められるのは、最近は、コツコツ頑張れる人材より、主体的にチャレンジできる人材なんだ

だから、ダラダラ同じ会社にずっといる酔も、リスクを取って転職し、外の世界や情報を得てから、また以前の職場に戻って働きたいという人は、決してマイナス評価はされない事が多いよ

【結論】出戻り(再入社)の期間:3ヶ月~1年などどれくらいが最適か

3ヶ月で出戻りは流石に早すぎる

3ヶ月で転職→しかも元の会社に戻る というのはさすがにでかい理由が必要です。

3ヶ月でなにか外の情報を入手できることもないでしょうし、あきらかに「勢いで辞めたけどやっぱり新しい会社は辛かったから戻りたい」感がばればれになってしまいます。

なのでもう少し頑張るか、別の会社に転職すべきでしょう

<あわせて読みたい>
転職回数が多いと不利?

半年で出戻りは家庭の事情などであればアリ

3ヶ月よりはマシですが、半年ともなれば少しはマシになります。

しかし一般的には半年はやはり短すぎるので、「親の介護が終わった」「子供が保育園に入学できた」みたいな感じで、家庭の問題が解決したという理由があれば出戻りは認めてもらえるでしょう。

1年で出戻りは受け入れられやすい

1年間外の世界にいれば、色んな情報も得ているでしょうし、その手土産を持った状態で元の会社に再入社することはありでしょう。

1年という期間は「外の世界で頑張る期間としては十分」で「前の職場の人も覚えていてくれる期間」なので1年以上たってからの出戻りは、アリです!

転職が当たり前の時代になった=出戻りも活性化

以前に在籍していた会社へ再び出戻り
を認める企業が増えている。

ベンチャー企業だけじゃなく、ここ最近は、大手企業においても起きている話なです。

昭和や平成中期くらいまでは、出戻りどころか、そもそも離職すら想定していなかった企業も少なくない。

だが最近は、転職が当たり前になって、再入社を認める流れが増えているのは、人手不足という理由に加え、企業が出戻り組の持つ意外な強みに気づいたためだ。

出戻り組の強み

出戻りする場合は、ここに書いてある強みを存分にアピールして面接に挑もう。

確実な即戦力である

強みは、育成コストが低く抑えられる点が大きい。

出戻り組=育成コストが安い+定着率が高い(メリット)

一度現場を見知っている出戻り組は何の心配もいらず、現場で即戦力となってくれるだろう。

また、定着率という点でも魅力だ。

複数社を経験した上で改めてその会社で働きたいという人間は、間違いなく自社で働いたことのない人間よりも信用できる。

メンタルの強い人材である

それからもう一つ、上記のようなメリットにくわえて、実は出戻り組には大きな強みがある。それは彼らが「人並み以上に挑戦する姿勢」を持っている点だ。

「転職という形で果敢にチャレンジし、もう一度当社の門を叩いてくれたメンタルの強い人材だ」

自分で動ける人が求められる世の中=出戻りは好印象でもある

会社員には「主体的に動ける」ことが要求されるようになっている。

求める人材アンケート調査を見ても、1位は「コミュニケーション能力」、第2位は「主体性」だ。

そういう状況においては、たとえその選択が失敗だったにせよ、新たなキャリアに挑戦した人材は評価される。

まったく転職やキャリアについて無計画なまま過ごし、一つの場所に留まることもまたリスクであるという考えを企業は抱くようになった。

出戻り(再入社)がうまくいく人/いかない人

務めていた会社に戻ってくる=再入社がうまくいくパターンとうまくいかないパターンがあると感じます。

出戻りがうまくいく人

一旦外の世界に出たが、業界の色んな情報をもって戻ってきたなど、会社に恩恵をもたらす場合は出戻りが成功することが多いです。

または、子育てに専念したいと辞めてしまった社員がいましたが、その後子供が大きくなってそれほど手がかからなくなったことで、もう一度働きたいと再入社を果たして、その後は長く定着した場合などは、現場も経験者を迎え入れることができますから、会社側にもメリットがあります。

出戻りがうまくいかない人

うまくいかない人は会社に何らかの不満・喧嘩などをして出ていった人です。

この場合は、たとえ戻ってきても会社が大きく変わっているわけではありませんから、他の良い企業を見つけたら簡単にそちらへ移ってしまうリスクがあります。

出戻り(再入社)のやり方

再入社の手続きとしては特別なルートは基本的にはなく、普通に転職する方法と同じやり方になります

ただ特殊なコネで戻る人もたまにいますが、そういう人はこの記事は関係ないので除外します。

なので再入社する場合は、基本的には転職エージェントを使って通常通り面接に応募することになります。

そのうえで、エージェントの担当者から企業に「以前働いていた人なので即戦力間違いなしです」などと補足情報として伝えてもらいましょう。

殆どの場合はプラスに働きます。

マイナスに働く場合は、そもそもその会社は出戻りを嫌っている会社なので、諦めましょう。

【まとめ】出戻りは当たり前の世の中になりつつある

出戻りによる再入社は、今の時代は当たり前と言っても過言ではありません。

とはいえ、それなりに理由が必要です。

なんとなくもとに戻りたいという理由は普通は通りません(小さい会社ならありえますが)

なので、「外の世界で得たスキルや情報や経験」を手土産とすることで受け入れてもらえやすくなるでしょう。

ちなみに、手続きとしては特別なルートは基本的にはなく、普通に転職する方法と同じやり方になります(ただ特殊なコネで戻る人もたまにいます)

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

結論

人生を試行錯誤してきた私調べの結論です↓

1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)
・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ
・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利
・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら


おまけ

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとどう違う?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは掲載料が無料なので”良くない企業”の求人も多めです(失業保険などの申請をする場所と思いましょう)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる

<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・人によってはやや料金が高く感じる
(サービスの詳しい内容はこちら