新卒でミスしすぎで辞めたい…仕事できないのは向いてないだけかも?

【仕事の悩み】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

人生を試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

 

おまけ


そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、
(サービスの詳しい内容はこちら

 

  


本編START

新卒でミスしすぎで辞めたい…仕事できないのは向いてないだけかも?

新卒1~3年目で転職するとダメ?

ミスだらけだしもう毎日がつらいよ…

昔も今も「1年目で転職するとダメなのでは?」と不安になり、ズルズルと企業に残り続ける人も多いよね。

若さは最大の武器なのに。大事な若い時代を無駄に過ごしてしまったらまずいよ。

そんな新卒1~3年目のために、第二新卒で転職した方が良いのか、もし転職するならばどの転職方法が良いのか、一緒に考えていこう!

<あわせて読みたい>
仕事がつらいときの解決法!解決できないときの手段まとめ
仕事つらいとき休職or退職どっちが正解?休職中に転職できた方法も解説
月曜日仕事が怖い(行きたくない)時サボる方法
高ストレス者の方へ:仕事が辛い→異動したい時のベストな言い方【体験談】

上司や先輩は「賢いんじゃない」「ただ慣れてるだけ」です

新入社員がミスをするのは当然です。はじめから失敗ゼロの人なんていません。

誰だって間違えます。間違えても大丈夫です

上司や先輩は「賢いんじゃない」「ただ慣れてるだけ」です!

新人のミスは当然のこと

新入社員のうちは、なんだかんだ言って、仕事の全体が見えていません。

だからちょっとミスをすると「これは大変なことだっ!」とパニックになってしまいがちです。

だって、新入社員は、まだまだ仕事ができません。失敗も多いものです。

新人のあなたが失敗をしても、「ヤバい」と思っているのは多分あなただけです。

普通に考えて、あなたがちょっとミスしたくらいで会社は潰れたりしません。安心してください。

とはいえミスした本人はつらいよね

私は、自分のことですから、失敗時のもろもろをしっかり覚えています。

どうして失敗したか、そのあと、どのくらい大変だったか、誰に怒られたか、誰が優しかったか…

結局は自分の問題ですよね。

あなたがずっと引きずってしまったり、もうミスしたくないと抱え込んでしまったり、臆病になってしまったり。

色んなサイトでは「きにすんな!」と書いてありますがそれは他人事過ぎます。

やっぱりつらいものはつらいんです。

逃げることも手段の1つとしてこの先もっと深掘りしていきますね!

ミスが繰り返される場合は、その仕事が向いていないだけかも?

失敗やミスが繰り返し起こり

いくら何でも多すぎるのでは?どう気を付けても減らない。さすがにツラい

という時は、「自分は今の仕事に向いているのか?」という点について、冷静に考えてみましょう。

もっと向いている仕事を探そうかな、職場環境は変えてみようかな

向かない仕事を続けても、成果は上がりにくい」というのも事実です。

転職エージェントに相談してみるという選択肢もあります。

  • いろいろな仕事について、幅広く情報を持っている
  • 実際に転職しようと思ったとき、それが可能かどうかも教えてくれる

あなたがポンコツなんじゃない。ただ今の仕事が向いていないだけ。ってことがほとんどです。

プログラマーに向いている人は、サービス業には向いていない。
営業職に向いている人はデスクワークは向いていない。など

一方、転職はすべてを解決する「特効薬」ともいえる

転職は一瞬で環境を変えるいわば特効薬です。
一歳でも若い方が転職は有利です。
とはいえ焦らず冷静に「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいです。

なので急いで適当な会社に転職はせず、

①まずは転職活動だけ始めてみましょう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりします(筆者の実体験)

※筆者は選択肢がたくさん欲しかったのでリクルートエージェントを使いました(求人数が国内最大で20万件。非公開求人は10万件もあるため)
※ただここは好みです。リクルートにない求人を多数持っているdodaも使って筆者は活動してました。

②求人票は毎日のように更新されるので、いいところがあったら応募→もし採用となれば、いざおさらば!
なかなかいいところがないなら今の会社でお給料をもらいながら転職活動を続ければいいのです。

大事なのは「今の会社じゃなきゃいけない」と自分を縛ることで、逃げ出せない世界に自分を閉じ込めてしまうことです。
「いつでも辞めてやるからな!」逃げ道を保険として作っておくのがおすすめです!(筆者もそうしました)

新人のつらいミス集

電話対応がグダグダ

電話に出たがうまく応対できなかったし、内容もよくわからないけどそのまま電話を切って上司に伝えたけど、ちゃんと伝えられなくて怒られた。

だって電話先の電波が悪くて何言ってるかわからないんだもん

なんか電話先のやつキレてるし…

なんて感じで聞き返しにくくて、結果よくわからないまま電話が終わるという。

電話に出ないといけない仕事って、苦手な人にとって本当につらいですよね。
そういう人は「今の仕事は向いていない」のでさっさと逃げるべきでしょう

支払や請求など「お金の処理」を忘れた

「支払期日に遅れることなんてないように、請求書はきちんと処理してくださいね」といわれていたのに忘れてしまった!

お金関係のミスってまじで背筋こおりますよね・・・

新人にお金のことを任せる上司も悪いけど・・・辞めたくなる

資料の大事な記載をミスったままお客様に提出してしまった

よくある誤記です。

ただの内部資料ならいいんですが、大事な数値をミスっていたとなると・・・ぞわぞわ

自分も含めて謝りに行って、ひたすら修正報告して回って、結局自分が怒られて責任せおって、でもクビにはならないからずっと居心地悪いまま「できない新人君あつかい」をずっとされるハメに。。。

<あわせて読みたい>
仕事で大失敗した?ずる休みしちゃった?大丈夫。うつになる前に対策を打とう!

失敗しちゃったときはどうすればいいの?

ますは謝る(言い訳しない)

「謝る」というのは、実はかなり重要

失敗してしまったときは、様々な言いわけが頭に浮かぶものです。

でもここはグッと我慢して、とにかく謝りましょう

必死に謝っている人は責めにくいものですが、ブツブツ言いわけをしている人には怒鳴りたくなるものです

落ち込まない

ひどく落ち込んでいるということで、「かわいそうだから許してもらえる」ということはありません

大事なのは、

  • きちんと謝る
  • 同じ失敗を繰り返さない工夫をする

ミスを減らしましょう。失敗のしりぬぐいを自分でできるようになりましょう。仕事ができるようになりましょう。

何事も、慣れです。頭を使って対応していれば、必ずできるようになります。

今の仕事内容が向いていないなら転職活動をする

こんなにツライのに、ミスまみれで仕事できない。

あなたの能力のせいではなく、ただ向いてないだけ。のことが多いです。

またはもう今の職場や人間関係に萎縮してしまっている転職で環境をリセットをしましょう!

  • 今の仕事は自分に向かないと思う →リセット!
  • 失敗がつらい →リセット!
  • 何もかもがイヤになってしまった →リセット!

萎縮してしまったらもう取り戻すのは難しいです。リセットしましょう
→転職活動をすることで、意外なほど視野が広がりますよ。

「こんな自分が転職活動なんて…」と思う人も、だまされたと思ってエージェントに相談してみてください。

「もしも失敗が原因で今の会社にいられなくなったとしても、転職先はある!」とわかれば、心にゆとりができるますよね。

実際に転職するかしないかは、どっちでも良いんです。大事なのは、転職活動をして視野を広げること。今より少し、安心して仕事ができるようになるはずです!

<あわせて読みたい>
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
やばい会社に入った/入りたくない人向け:潰れる兆候チェックリスト

新卒向け:転職成功のコツ

新卒の転職:やばい会社から逃げたことを正直に伝えるのもアリ

新卒入社した会社を逃げ出したくて転職してくる人が多い。

そして人事側もその事実を理解している。

世の中にはブラック企業が有名と言われている企業にも多い。過労死がでている会社の話を聞くと1流と言われる企業でも問題のある会社があることはわかっている。

逃げ出す際にも逃げ出し先の理由をしっかりと考えてほしいです。

会社や環境がヤバい!だから新しい環境でしっかりがんばりたいですという趣旨のことをしっかり伝えるのもありです。

新卒の転職:退職の理由もキチンと伝える

新卒1年目で退職した場合、離職するまえの在職期間の短さを気にする企業もいる。

なぜ短期離職になったのか、その理由を前職のせいにせず、自分のせいであることを述べられるようにしておこう。

同じことを繰り返さないようにおこなった作業や振り返りなども述べられると完璧!

この会社にもう痛くないと思ったら若いうちにすぐに転職しよう

会社に残って未来はないと感じたらすぐに転職しよう。

特にやりたいことなく入社した企業でそのような考えにいたった場合はなおさらだ。

第二新卒で転職する場合に気を付けてほしいことは、新卒の時以上に志望動機を考えることだ。

大量採用しているところであれば、それほど聞かれないが、職種がある程度決まった採用で第二新卒の採用数が年間50人に満たないところは、本当にその仕事がやりたいのかを聞かれる。

想像がつくかと思うが、第二新卒は様々な理由があって会社への定着率が悪い。よって、本当にやりたくて転職していきているのかを問われる。

<あわせて読みたい>
大手ホワイトの大企業だが新卒1年目で辞めたい!人だけ読んで下さい【体験談】

【結論】第二新卒で受け入れる企業は多い

第二新卒で転職しようと思ったら、転職できるかどうか不安になるだろう。

特に新卒1年目で転職する方は、22歳や23歳の、職歴がほぼない人を雇うのかと疑問に思うだろう。

だが、実際のところ雇う会社が多い

しっかりしたマナーが身についているということで評価される。

1年目の中でも半年経過していると内定確率はあがる!

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

結論

人生を試行錯誤してきた私調べの結論です↓

1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)
・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ
・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利
・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら


おまけ

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとどう違う?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは掲載料が無料なので”良くない企業”の求人も多めです(失業保険などの申請をする場所と思いましょう)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる

<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行ガーディアン