仕事辛いけど辞めたくない←危険な思考です!辞めるか残るかの考え方まとめ

【転職の悩み】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

人生を試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

 

おまけ


そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、
(サービスの詳しい内容はこちら

 

  


本編START

仕事辛いけど辞めたくない←危険な思考です!辞めるか残るかの考え方まとめ

仕事つらい
でもやめたくない
・・・てか辞められない・・・のかも

それはやばい。
というかその矛盾は解決していかないと長くは持たないよ

つらいけど辞めたくない」の中身について・・・
あなたは以下のどちらですか?

①辞めたくない(この仕事が好き)
②辞められない(家族がいる。辞めたら転職先がないかも(不安)。無職になりたくない。転職がめんどくさい)

まあ後者②ですよね。

前者①の人は「辛いけど仕事が楽しい!」というある意味幸せ状態です。
しかし悩んでいる場合は部署異動などを申し出てみましょう(以下を参考にどうぞ!)

<あわせて読みたい>
高ストレス者の方へ:仕事が辛い→異動したい時のベストな言い方【体験談】

この記事では
②辞められない(家族がいる。辞めたら転職先がないかも(不安)。無職になりたくない。転職がめんどくさい)
を対象に解決策を考えていきます!

[まずは現状を整理]このまま会社にいる→苦しさが積み重なっていく

生活の心配さえなければ・・・

お金に余裕があれば、次がすぐ見つかるなら、辛い仕事なんてすぐに辞めることができますが、
毎月の支払があったりすると、そう簡単にはいく話ではありません。

だけど今のまま会社にいても、消耗していくばかりです。

それどころか上司と仲が悪いなどの問題を抱えていると、悪くなることはあっても良くなることはほとんどありません。

つまりこのまま会社にいても良くはならない。

このような現実をじっと耐え続けなければいけないのは、将来のことを考えるだけで愕然とした気持ちになりませんか?

「定年までこんなつらいままのだろうか・・・」
あなたもこのような気持ちになったことはないでしょうか。

やはり今の会社に不満を感じ続けながら働くことは、どこかできっぱり片をつける必要があるのではないでしょうか。

[結果]辞める決断ができない

自分の生活のことを考えると辞められませんよね。

生活ができなくなる不安から、耐えて我慢することしか手段がなく、そうやって自分に無理しても状況は良くなりませんでした

良くなるどころか苦しくなる一方でした。

こんな状況を打破するには、どこかで思い切って決断するしかありません

部署から逃げ出すのは人に迷惑を掛けてしまうので、そんなに自分が追いつめられるほど我慢し続けるのも問題がありますが、自分の状況を変えるには、思い切って決断することが大切です。

↑にそう書いたものの、やっぱり人生は一度きり。

はっきり断言します
「上司や同僚に迷惑をかけるから辞められない」なんて発想は捨てましょう!

迷惑かけまくってでも自己中に自分の人生を守りましょう

ピンチになっても誰も助けてくれません。

守るべきは自分と家族だけです。家族がいるなら説明して、家族のために決断しましょう

<あわせて読みたい>
もめずに上手に会社を辞めたい方はこちら!
退職理由で使える円満な嘘 面接前に職場に退職理由を伝える時 家庭の事情?病気?
退職を伝える時期 2ヶ月前は遅いし非常識?1ヶ月前が法律上のルール?徹底解説
転職先をしつこく聞かれる時の対策!
退職を引き止められて残ったけど辞めたい!上司を論破する方法

【めんどくさい人へ】辞めるのが面倒くさい場合はどうすべき?

退職の手続きとか、転職活動とか、新しい会社に入ったら入ったで慣れていないし、人間関係も仕事もゼロからだし、かなりエネルギーが必要になるので。

だから、「辞めるのは別にいいけど、辞めたら辞めたで面倒くせぇな」というのは、よくわかります。なので、そう考えること自体は正常な反応なんですよね。

「辞める」という選択肢にある種の軽さがあるところが、やはり若者ならではであって、上司と大きく違うところなんですよ。

若さは武器です!

趣味もそうだし、今まで楽しめていたものが「全部面倒くせぇな」と思って、外に行くのも億劫になってきたり、友達と会うのものも嫌だったりとか。休日はけっこうアクティブだった人が、面倒くさいから家からあまり出なくなっていたりするのは、注意するポイントですね。

家にいる時間が増えて、掃除や洗濯や家の事務的な手続きまで面倒くさく感じ始めて、すごく行動が鈍っているとなると、何かしらの精神的・肉体的疲労が溜まっているはずなんですよね。

「転職活動が面倒くさい」だけなのか
「仕事つらいけど考えたくない」のか
は大違いですので自分に問いかけましょう

<あわせて読みたい>
仕事がつらい方はこちら
仕事で大失敗した?ずる休みしちゃった?大丈夫。うつになる前に対策を打とう!
仕事がつらいときの解決法!解決できないときの手段まとめ
仕事つらいとき休職or退職どっちが正解?休職中に転職できた方法も解説
月曜日仕事が怖い(行きたくない)時サボる方法
無断欠勤で次の日気まずい時の対処法!
仕事の責任が給料に見合わず重い→辞めたい!逃げたいならまず◯◯しよう

【結局は2択】辞めるか/続けるか の考え方

まずは「与えられた仕事ができているかどうか?」と自問。

しんどさを感じているのはもちろん大前提で、その上で与えられた仕事ができていますか?

これがノーだったら(仕事を)辞めるというか、休んだほうがいいです。

しんどくて、しかも与えられた仕事もできていないとなると、自分にその仕事があってないだけなのか、体調不良なのか、なにかしらが背景にはあるから、そこはちゃんと見直したほうがいいですね。

<あわせて読みたい>
仕事できないのは向いてないだけかも?

ただ、「しんどいけど与えられる仕事はできていますよ」という時は、
次に「他にやってみたいことありますか?」と考える。

しんどいし、与えられた仕事はこなせているけど、別にやりたいことはない

こういう人はめちゃくちゃ多くて、そういう人だったら別に(今の仕事を)辞めなくていいんじゃないのかと思っています。他にやりたいことがあるわけじゃないなら、辞める必要はないだろうし。

ただ、実際しんどいのは事実だから、ストレス解消も含めて、しんどさに対して日頃から癒やしやケアをもっと積極的にやらなきゃいけない。

しんどいながらも仕事ができているんだったら、急に辞める必要はないし、辞めたとして(別の仕事を)見つける判断材料も少ない。

(今の仕事が)できていて、やりたいことがないんだったら、ある種「生活のため」というような大きな手段の1つで、仕事をそのまま続けていたらいいんじゃないかなという考え方もあります。

結局は、幸せ(になれそう)かどうか

結局は、メンタルとして持つか持たないか。です

なんで仕事をしているのか→幸せに生きるため。です

ココが成立しないなら絶対に仕事をやめたほうがいいです

仕事を辞めてもなんとかなる!その理由とは

仕事を辞めることに不安を感じるのは、当たり前の感覚です。

辞めたあとの生活を心配するのも普通の感覚といえます。

ただし、「仕事をやめてもなんとかなる」と思えない方は思考が停止している証拠。

終身雇用が当たり前の時代とは違い、今はたくさんの選択肢があるのです。

仕事をやめてもなんとかなりますよ。

仕事を辞めてもなんとかなるワケ

ポイントは「働き方」「ビジネスの形」が大きく変化しているということ。

終身雇用前提の時代は終わりました。

それに伴い、多様性のある働き方が生まれ、社会に受け入れられてきているのです。

この「自由な働き方の広まり」と「社会的なセーフティーネットの整備」があるため、「仕事をやめてもなんとかなる」と言えます。

  • 辞めてもお金がもらえる(失業保険)
  • 転職はあたりまえ(みんな2~4回以上する時代)

辞めてもお金がもらえる(失業保険)

仕事を辞めてもなんとかなる理由の1つ目は「失業保険がもらえる」です。

「仕事を辞めたら、お金が一切入ってこなくなる」と考えて、嫌な仕事を辞められない方は多いのではないでしょうか?

仕事を辞めて働いていなくても、失業保険を申請すれば収入がゼロという状態ではなくなります。

  • 過去24ヶ月のうち12ヶ月は雇用保険に加入している
  • ハローワークで求職の申し込みを行い、転職活動をする
  • 基本給の60%〜70%を3ヶ月間もらえる
  • 申請後、2ヶ月後から支給される

このような形で、失業保険をもらいながら、一定の期間、仕事から離れる方はたくさんいます。

3ヶ月分もらえるのは大きいですよね。

利用を考えている方は、詳細はハローワークに確認してみてくださいね。

<あわせて読みたい>
ハローワークで離職票なし失業保険を申請する方法


転職はあたりまえ(みんな2~4回以上する時代)

各企業の転職説明会をしてる人がそもそも転職してる人多いんだけど、こんだけ転職が当たり前の時代。最初に着く仕事ってそれほど大事じゃない

1個めの会社2個めの会社なんで踏み台だよ!
転職は給料アップのチャンスだよ!

10年くらい前は、一つの会社に勤め上げることが当たり前と考えられ、転職は良いイメージではありませんでした。

今は転職が当たり前の時代。

マイナビの調査によると、過去最多の68.3%の方が「転職は前向きな行動」と回答しているのです。

このような時代の変化に伴い、企業側も転職者を受け入れることが当たり前となっています。

「人を育てるのではなく、優秀な方を引き入れることが1番大事」という業界も少なくありません。

好条件で転職しやすい環境が整っているのです。

<あわせて読みたい>
仕事の責任が給料に見合わず重い→辞めたい!逃げたいならまず◯◯しよう

【体験談】あなたが思っている以上に「みんな転職しまくり」

仕事を辞めてもなんとかなる最大の理由は大転職時代だからです
アメリカなんてもっと転職しまくり)。

今の時代において、一つの会社に固執する理由はどこにもないですね。

  • お給料をもらえる
  • 会社員という社会的ステータスも変わらない
  • 業務内容、職場環境、人間関係をリセットできる

大手銀行に就職したものの、社内風土が合わずに退職。
しばらく休んだ後、自由な社風が売りのコンサル会社に転職。飲み会や早朝出社に縛られることなく自由に働いている。

新卒で入社した会社がブラック企業。心身ともに疲れ果て、退職。
転職活動を真剣に行い、ホワイトな働き方をしている上場会社へ転職成功。労働時間は減る一方で、給料は上がる。

嫌な仕事を我慢して続けていたが思い切って転職を決意。
給料は下がったものの、やりたいことを見つけ、仕事にしている。数年後に独立する予定。

休職を経て、会社を「辞める」決断をした。そしてあっという間に数カ月がたつ。

無職になって心の平穏をすっかり取り戻してから振り返ってみると、自分が追い詰められていることに気付くのは本当に難しいことだと思う。

自分がしんどいことぐらい分かる、と無意識に思ってしまう。でも実際は、ごはんが100分の1もおいしく感じられなくなるほどになっても、気付かない。

「仕事を辞めたらどうにもならない」と考えている方は、「誰もがいつかは転職をする」というイメージを持つようにしましょう。

「仕事を辞めてもなんとかなる」と思えるようになるはずです。

それでも、転職のイメージができないという方は、実際に転職エージェントに登録してみることをおすすめします。

そこまで転職する気がなくても、実際に求人を見ることにより、イメージがわいてきますよ。

転職のイメージを持ち、「会社を辞めてもなんとかなると思える」ことは大事です。

会社を辞めてもなんとかなると思えると、嫌な仕事を続ける以外の選択肢を考えられるようになり、心に余裕が持てるようになりますよ。

「仕事を辞めてもなんとかなる」と思えるかどうかで、生きやすさが大きく変わってきます。

今まで紹介してきたとおり、仕事を辞めてもなんとかなっている人はたくさんいるのです。

終身雇用制度崩壊により、安定して働くことが難しくなりつつある一方で、働き方の多様性が生まれてきています。

一つの会社に固執する時代は終わり、仕事をやめてもなんとかなる時代です。

「仕事をやめてもなんとかなる」という気持ちで、心にゆとりを持ち生きていきましょう!

【最終結論】転職活動開始→別に転職しなくてもいい。物件探しと同じで良い転職先を探そう

「ここを辞めたら次はない」と思っていたが、ゆっくり休んで冷静に考えてみれば、意外に転職先はある。

追い詰められていると、そういうことも見えなくなる。

そうやって、自分のいろんな可能性を確認し、「私はこんな仕事ができる」のストックを自分の中にたくさん持っていれば、いつかまたおかしな状況に陥っても「いまの状況はおかしい」と気付ける。

転職活動をまずはしてみる

そのうえで、物件探しと同じで「良さそうな会社があったら応募してみる」というノリでいい

応募もスケジュール調整も面倒くさいので、全部転職エージェントに丸投げしよう!(詳細は以下に書いてあります)

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

結論

人生を試行錯誤してきた私調べの結論です↓

1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)
・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ
・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利
・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら


おまけ

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとどう違う?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料