婚活と転職を同時に成功するには○○がカギ!男も女も1歳でも若い今が勝負

【転職の悩み】

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

婚活と転職を同時に成功するには○○がカギ!男も女も1歳でも若い今が勝負

転職しながら婚活って同時にやって上手くいくかな?
転職と婚活、優先するならどっち?

周りが結婚を意識しはじめると「自分も結婚したい」と急に焦ってしまうよね。
特に、仕事にもやりがいを見いだせずに悩んでいる時は、「転職も一緒にしたい」と考える人は少なくない

転職と結婚は1歳でも若い方が有利なので、同時に進めるのはアリです。

ただ、状況によってはどちらか一方を優先させたい人もいると思いますので、転職、婚活それぞれを優先させた場合のメリットデメリットも紹介します。

<あわせて読みたい>
転職自体を悩む方へ
転職するべきか迷う人へ:10秒診断
転職エージェント「相談のみ&転職まだしない」はアリ?メール利用方法も
“運がいい”は作れる!今年の転職運&面接合格率を自力でUPする方法

転職と婚活は同時にするのが理想・・・だが現実と相談しよう

転職と婚活どちらも気になるのなら、一緒に進めてみるのも一つの方法です。

いずれは転職も婚活も選択しなければいけない時期がやってくるので、早めに動くことをおすすめします。

他人から決断を迫られて「どちらかにしなければいけない」と思い込んで本心を見失ってしまうのはもったいないです。

転職と結婚は、少しでも若い方が有利。
タイムリミットを意識することが大事です。

そのため、必ずしもどちらか一方を優先させなければいけないということはありません。

転職と婚活:同時にするメリット・デメリット

大切なのは焦らないこと。
最悪今の職場のままでも耐えれるなら婚活をメインにしよう

メリット:どちらも上手くいけば、喜びが2倍になる!

転職と婚活を同時にスタートさせた場合、短期間で大きな決断を2つすることになります。

女性にとって転職と婚活は、人生における重要なターニングポイントです。

そのためどちらも上手くいけば、喜びが2倍になりますし、良い方向に環境が「ガラッと」変わることもあります。

同時に2つを進めることはリスクが高いと思われがちですが、短期間で幸せが一気にやってくるのは嬉しいですよね。

婚活しようか転職しようか迷っている方は、スケジュール調整を上手に行えば、同時に始めることはできますよ。

デメリット:器用にこなさないとどちらも中途半端になる

転職と婚活は状況によってはハードルが高いという意見もあります。

確かにタイミングは人それぞれなので、状況によっては同時にこなすのが難しい時もありますよね。

婚活と就活にかける時間が長期間に及べば、肉体的・精神的にダメージを受けることもあるでしょう。

実際に転職に注力し過ぎて、婚活がおろそかになるケースはあります。

例えば、男性から連絡が届いているのに返信する余裕がなく、そんな自分を責めてしまうパターンはよくある話です。

お見合いやマッチング後は意外と時間が取られてしまうので、転職活動も一緒だと人によっては重荷になってしまうこともありますよね。

転職と婚活:同時に成功させるには=1歳でも若い今すぐ動くこと

大切なのはゴールをイメージしておくこと。
なんとなくめっちゃいい職場があったらいいな~
なんとなくハイスペイケメンが現れたらいいなー は失敗の始まりかも

どういう相手がいいか、どういう職場がいいか、目標を決めて活動する

自分がこの先どうなりたいのか?そのライフプランを描いてから取り組むのがおすすめです。

目標を立てれば、今後の行動がより具現化しやすくなります。

例えば、年収はどれくらいで、どんな仕事に就いている人が理想なのか?どんなタイプの性格が好みなのか?を考えてみましょう。

転職であれば仕事内容や給与面、雇用形態などの重視するポイントを確認します。

その際、頭に浮かんだことを紙に書き出してみると、自分の本音が可視化されて目標が叶いやすくなりますよ。

転職と結婚は、少しでも若い方が有利。

転職はプロに相談する

転職活動は一人でやろうとせずに、プロに相談することがおすすめです。

転職と婚活同時にスタートさせることは、相当の労力を使います。

始めての転職なら、どのように進めていっていいのか迷うこともありますよね。

仕事をしながら転職活動するのは、時間や手間を考えると想像以上に困難です。

同時に婚活も…となると注力する比率も調整しなければいけません。

そのため、転職活動は単独で動くのではなく、信頼のおける第三者に協力してもらうことが大切です。

婚活と同時に転職するなら転職エージェントを活用しよう

婚活と同時に転職するなら、転職エージェントを利用するのが便利です。

転職エージェントは求人応募する企業と密に情報交換しているので、一人で動くよりも転職成功率が高くなります。

女性に人気の職業、働きやすい職場を紹介してくれるので、あなたにピッタリな仕事を見つけることが可能です。

未経験者に強いエージェントを選ぶことで、適性診断からエントリーシートの書き方、面接指導を行ってもらえますよ。

ハローワークを転職で使ってはダメ!転職エージェントのほうがいい理由
ハローワークの相談員は信用できる?

パターンA:転職より「婚活」を先に進めるメリット/デメリット

個人的にはやっぱ婚活が優先かなー
人生においてやっぱパートナーって最重要だしね

婚活を優先させるなら、今の仕事がつらい状況なのは変わりがないでしょう…婚活相手に自分の仕事をはっきりと伝えられませんしね。

ただ、仕事をやめてしまうと経済的に不安定になるのは間違いないです

婚活優先のメリット:経済的に安定して婚活できる

婚活を優先するメリット

まず、婚活を先に進めることで、安定した収入を得つつ婚活することができます。

転職をすると一時的に無職になりますし、勤続年数が数年だと退職金もほとんどもらえないですからね。

また、慣れた仕事をしているので、婚活相手と会う時間を作ってデートする時間のコントロールもしやすいでしょう。

仕事と生活のサイクルは出来上がっているはずなので、余裕を持って婚活できるはずです。

さらに、婚活を先にすることで、結婚したらどうなるかがある程度見えてきます。

自分だけの状況ではなく、結婚相手の状況も加味して、転職先を探すことができるのもメリット!

例えば、一緒に住む場所を考えて転職活動できますし、彼の収入に合わせてフルタイムで働くかパートタイムで働くかも考えられますからね

婚活優先のデメリット:辞めたい仕事のせいで婚活に集中できない

まずは、転職したいと思っている嫌な仕事をし続けないといけないこと。

嫌な仕事をし続けていると、「今日も仕事か~やだな…」と思ってしまい、気持ちが落ち込んできます。

気持ちが落ち込んだ状態で婚活しても、男性から魅力的に見られないかも…。

また、婚活中に相手とプロフィールを交換しますよね!? そのときに、自分のしている仕事を生き生きと語れないのもデメリットです。

一番注意したいのが、転職をしたいと思っている原因!
転職したいと思っている原因が、今の仕事に不満があるとかやる気が出ないからというネガティブなものからくるようなら、婚活そのものに前向きになれず失敗してしまう可能性があります

パターンB:婚活より「転職」を先に進めるメリット/デメリット

よっぽど今の仕事がつらいなら、もちろん今の職場からの脱出をさきにしよう
そうじゃないと何も手につかないだろうし!

婚活を先にすることで、将来を見越した転職活動ができるようになったり、経済的に安定した中で婚活できるメリットがありましたね。

では、転職活動を婚活よりも優先した場合はどうでしょうか? ここでは、転職活動を優先した場合のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

どうしても仕事を変えたい気持ちが強いようなら、転職活動を優先した方がいいのかも!

転職優先のメリット:婚活相手に仕事を続ける意欲を見せられる

転職が成功したら一つ自分に自信をつけることができます

自分のできることやどんな風に転職先の会社に貢献できるを伝えることが、転職活動には必要になります。

それは、婚活相手の男性に自分をアピールするのとあまり変わりません!

そして、転職成功でついた自信は、婚活だけでなく今後の人生そのものにプラスの影響を与えてくれるはず

また、転職先が決まったら、婚活に思いっきり集中することができます。 新たな仕事を得て、気持ちも高まっているでしょうしね。
そして、転職したことは婚活中にも、男性に仕事に対する意識の高さをアピールする武器になります

婚活をしている男性の多くは、経済的に寄りかかろうとする女性よりも、経済的に独立している女性の方が好印象を持ちますからね

婚活女性の多くを「お金目当て」と考えている男性にとっては、めちゃくちゃアピールポイントですよ!

転職優先のデメリット:転職が決まらないと婚期までも遅れて焦ってしまう

転職した直後は、新しく仕事を覚えることがたくさんあって落ち着きません。

なので、仕事でいっぱいいっぱいになってしまって、時間的な余裕がなく婚活どころではない可能性も考えられます。

また、転職先がなかなか決まらないと、婚活をスタートするのが遅くなってしまい、婚期が遅れる可能性大!

さらに、婚期が遅れてしまうと、出産のことも気になりますし、婚活市場での人気が落ちてしまう可能性も出てきて、婚活が上手くいかなくなるかもしれません。

婚活市場では20代と30代の壁がとてもつもなく大きいです。

年齢的にアラサーを迎えているようなら、婚活を優先した方が得策かもしれません(実体験)

婚活と転職が同時進行の人はたくさんいる

男の人の場合は、仕事が大事だから、転職を重視しつつ婚活もしている人が多いね

婚活と同時に転職をする理由

男性側にも婚活中に転職をする理由があります

年齢的にタイミングが重なってしまった男

そろそろ結婚したい、本当に今の仕事を続けていいのか・・・そんな風に人生について考えてしまう瞬間てありますよね。

そして、そんな思いに駆られてしまう時期というのはどうしても重なりがち。どちらも自分の今後を左右する重大な問題であると同時に、タイムリミットもあるものだからです。

転職は20代、30代のうちであれば、今後の成長を見込んで採用されやすかったり、自分自身も新しいスキルを吸収するために十分な時間を確保することができます。

しかし、40代、50代ともなると企業側もよほどのスキルがない限り採用には積極的ではないですし、前職である程度の役職についていた場合、また1からスキルを積みなおすのはなかなか大変です。

かといって、転職を優先していて婚期を逃し、素敵なパートナーに巡り合うチャンスを失ってしまうのも辛い。そう考えて婚活と転職活動を同時進行する男性もいるようです。

婚活で職業や年収はどうでもいいと思ってる男

「男は仕事や年収じゃない!」「人柄を見てほしいから、仕事は関係ない!」そんな男性は、そもそも婚活中に転職を同時進行させることをなんとも思っていません。

悪気はないのですが、結婚を考える女性にとってはどう判断したらよいか迷う相手ですね。

どちらかというと結婚生活を見据えての交際を真剣に考えているというより、恋人探しレベルや「いい人がいたら結婚したい」くらいのテンションで考えている男性がこのパターンに多いでしょう。

女性に頼りたい気持ちが強い

最近は結婚しても共働きをする家庭が増えてきているので、「夫が家庭を支えるんだ!」という気持ちが薄い男性も増えてきています。

結婚したら妻にも支えてもらえばいいと考え、職業や年収よりも働きやすさ、職場での居心地の良さを重視して転職する場合も。

最初は女性に受けの良い仕事をしていて、いざ交際したり結婚が見えてきたとたん「もうそんなにがんばらなくてもいいかな」と突然力を抜いてしまうパターンです。女性にとっては一番達の悪い理由ですね。

なんだか転職理由によっては危険そうな男性もいますよね。しかし、中には「転職中」というだけで見切りをつけてしまうのはもったいないような男性も!婚活中の男性の転職は、失敗すればそれこそ「詐欺だ!」と思いたくなってしまいますが、成功すれば思っていた以上に幸せな結婚生活が待っているかもしれません。

結婚のためにいい職業につく!その方法まとめ

自分一人だったらこのままでもいいけれど、結婚するならもっと安定した職業、給料のいい職業につきたい!そんな前向きな気持ちで婚活と転職を同時進行する男性も

そもそも結婚が転職を考えるきっかけになっているので、どうしても時期が重なってしまいます。

中には婚活を通して、「今の仕事のままではいい出会いがないかもしれない!」と気づく方もいらっしゃるようですね。

・・・今すぐ転職しなくても、転職”活動”だけしはじめて損はないと思います

今の仕事がきつい!
人間関係がきつい!
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

ちょっとまって!

たしかに転職や退職は一瞬で環境を変えるいわば特効薬だよ。
でもあせってはダメ


「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、


①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


「転職活動したいけど、やることが多くてしんどそう

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取りは自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

タイトルとURLをコピーしました