[昇格試験]ディズニーキャストからオリエンタルランド正社員になるには?ディズニーランドで働く夢へ

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

[昇格試験]ディズニーキャストからオリエンタルランド正社員になるには?ディズニーランドで働く夢へ

東京ディズニーリゾートへ仕事でかかわりたい。
キャストとして働きたいし、そのあとは運営側のオリエンタルランドの正社員になりたいんだ。
でもどうせ無理でしょ

ディズニーリゾート運営側のオリエンタルランド正社員になりたいと多くの人がそう思う人気の職業だ。
ディズニーリゾートで働いている社員の9割のキャストが準社員(アルバイト)なのは知っているよね

うん。
というか逆に言えば1割は正社員キャストってこと?

そうだ。オリエンタルランドは、キャストとして2万人以上のアルバイトを雇っているが、正社員はごくわずかだ。
そして将来正社員になりたいと考えている人は、新卒でオリエンタルランドの正社員になるか、転職で中途採用で正社員になるか、準社員(アルバイト)としてキャストになり、正社員登用試験を受けるかの3択になる。
これらのなかで、ちょっと想像のつきにくいキャストの正社員登用試験について説明するね!

<あわせて読みたい>
ディズニーリゾートの運営に正社員として関わりたい方はこちら!
オリエンタルランドへ就職・転職!求める人材・仕事内容
 ※オリエンタルランド就職の難易度は?

オリエンタルランドの給料事情について詳しく知りたい方はこちらもどうぞ!
オリエンタルランドの正社員の平均年収は?年齢別や役職別も【ディズニー】

「オリエンタルランド正社員キャスト」の仕事

ディズニーキャストの仕事内容ってイメージすると、どんな光景を思い浮かべますか?

多くの人が、ショップでグッズを販売したり、アトラクションなどで笑顔で行ってらっしゃいって手を振ったりしているところを思い浮かべると思います。

しかし、それをしているほとんどのディズニーキャストが準社員(アルバイト)で、正社員がパークに出て接客をするということはほとんどありません

じゃあ正社員のキャストは何をしているの?というと・・・

・事務作業
・GC(ゲストクレーム)対応
・緊急時対応(アトラクション停止時、災害時など)

これらが正社員キャストの主な仕事内容です。

正社員キャストになるとパークに出る機会が少なくなる

パークに出て接客をしているキャストのほとんどが準社員であり、正社員になるとパークに出る機会が準社員に比べて激減します。

なので、パークに出て働きたい!と強い希望がある場合は、正社員ではなく準社員の面接を受けてディズニーキャストになりましょう。

正社員もパークに出て接客をするときがありますが、その時はトラブルの場合が多いです

お客様のクレーム対応だったり、何かのトラブルで準社員に呼ばれたり、、といったことがほとんどでしょう。

普通の会社と同じで、部下のミスを取引先に謝罪する上司な役回りを、正社員の人が行っている感じですね。

ディズニーキャストから正社員になるには

パークで働くキャストは

6カ月以上勤務したキャストを対象に正社員登用試験を受けることができます。
試験は1年に約2回
試験内容は筆記試験、集団面接試験、個人面接試験です。

ですが実際、準社員から正社員になるのは非常に狭き門です。

正社員になった人ももちろんいますが、毎年ポンポンと正社員が誕生しているわけではありません。
毎年数える程度です。

準社員(アルバイト)から正社員になるのは、新卒でオリエンタルランドに就職するのと同じくらいの倍率の高さなので、正社員になりたい場合はしっかりと対策をした上で試験に臨まないといけません。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

ディズニーダンサーについてはこちらをどうぞ!
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

まとめ

以上、正社員ディズニーキャストの仕事内容、準社員から正社員への登用状況でした。

正社員になりたい。でもパークに出てゲストと触れ合いたい。両方取ることができないって辛いですね

ですが、どんな形であれゲストにハピネスを与えていることは変わりません!

好きな場所、好きなことで働くためにも頑張りましょう!!

ディズニーキャストのことを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。ディズニー好きには超おすすめです!
面接対策にもなります!

ディズニーリゾートに関われる仕事は世の中にたくさんある!

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】

もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気でディズニーリゾートに仕事でかかわりたい!なら、
社員登用よりも、
キャストをやっていた経験を武器にして、
ディズニーリゾートを運営している「株式会社オリエンタルランド」に就職・転職してしまうのが完全な正解になります!

また、キャスト経験がなくても、今の仕事の経験からディズニーに役立つところをピックアップして武器にすればよいのです。

転職を失敗してしまうパターンは、
複数応募+書類の用意と送付+面接スケジュール調整のやり取りに追われて
肝心の面接対策や企業研究が雑になってしまい、企業から魅力的な人材に見えないことです。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、めちゃくちゃ大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」などすべてを代わりにやってくれるサービスです。
また目指している企業の関連会社も探して同時にチャレンジできます!
かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、応募者は完全に無料です。

私が覆面調査として10社以上使ってみた結論を以下に書いたので、参考にしてみてくださいね

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

直接応募よりも、転職エージェントから応募のほうがなにかと楽なのでメンタル安定のまま活動できました。
・面接日程の調整や給料交渉など全部やってくれる
・狙ってる企業の関連企業も探してくれる
・企業から報酬を取るので転職者は無料

なので、面接対策や企業分析に自分の労力をさけました(実体験)

家族や友人ではなく一定の距離のある他人というところが最も相談しやすいはずです。
いい意味で[他人]なのでプライドを気にせずに会話ができるはずです

年収アップするかどうか
「その会社が儲かっているか」が90%

「あなたの価値や努力」が10% で決まります
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで、年収アップを希望
して、転職するほうが
年収があっさり100万は上がります(実体験)


ー実際に10社つかって比較した結論ー


全員向けサービス
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント
[レビュー]:大安定のプロ集団でした。
求人数も最大級でサポートや返信も迅速に対応してくれました。
(詳しい解説はこちら


■2位:パソナキャリア
[レビュー]:リクルートに無い求人がたくさんあるのでカバーに必須でした。
リクルートの担当者がハズレだったときの保険としてピッタリでした。

(詳しい解説はこちら

 ※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


個別向けサービス
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

[20代/第二新卒 向け]
■3位(同):マイナビエージェント 
[レビュー]:若者に特化した求人が多かったです。
企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすいです。

(詳しい解説はこちら

[正社員経験なし/フリーター 向け]
■3位(同):就職Shop 
[レビュー]:リクルート運営のため丁寧な対応で大安定でした。
未経験者歓迎の求人が多くプロ集団がサポートしてくれるので色んな心配が消えます。

(詳しい解説はこちら

[高年収を目指す人 向け]
■3位(同):ビズリーチ 
[レビュー]:年収600万以上欲しい人は登録必須だと思いました。
今は600万以下でもプロが年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれました。

(詳しい解説はこちら

 ※転職エージェントをもっと詳しく知りたい方はこちら

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

「なかなか会社に言い出せない…」「周りの目が…」
転職は1歳でも若いほうが超有利。いつか絶対辞める気なら1日でも早く辞めるべきです

そんな時に退職代行サービスが超便利でした(実体験)
・明日から出社しなくていい
・会社への連絡など退職手続きをプロがやってくれる
・有給や給与支払い交渉をプロがやってくれる


ー実際に5社つかって比較した結論ー

[レビュー]:どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や
「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
・多くのメディアで取り上げられている
・正式に会社と交渉できる権利をもっている[労働組合]が運営している

■1位:退職代行ガーディアンがコスパも安全性もサービスも間違いなかったです。
(詳しい解説はこちら

 ※退職代行サービスをもっと詳しく知りたい方はこちら

大事なのは「オリエンタルランドへの就職にそんな道があったなんて知らなかった。妥協してその辺の会社に就職しちゃったよ・・・」とならないためにプロに相談することです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました