ディズニーキャストに英語力は不要だが,あると採用率がグンと上がる話

【キャスト】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

ディズニー関連の会社では、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、新グッズ、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知識や経験のある人材が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件から「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

▶︎筆者の時は応募者の数が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした

ディズニーに転職するために試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

 

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

おまけ 

そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・人によってはやや料金が高く感じる
(サービスの詳しい内容はこちら

 

本編START

ディズニーキャストに英語力は不要だが,あると採用率がグンと上がる話

引用 公式HP

TDR(ディズニーランド・ディズニーシー)で働きたい。ディズニーキャストの英語力ってどのくらい必要なの?

笑顔にしてもらったから、今度は自分がみんなを笑顔にしたいよね。
ャストって英語力が必要なの?どのくらい英語をしゃべらないといけないの?という点を中心に説明するね

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

ディズニーダンサーについてはこちらをどうぞ!
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

結論:ディズニーキャストに英語力はなくてもよい

引用 公式HP

結論から言うと、ディズニーキャストになるにあたって英語を話せる必要は全くありません

パーク内には様々な国のゲスト(お客様)がいるので話せるに越したことはないですが、実際にいるディズニーキャストで英語を話せる人はほんの一握りです。

それに、面接でも英語力について聞かれることはまったくありません。ということは、面接官も英語力については重視していないっていうことですよね

英語が必要なときは?

引用 公式HP

とは言え、どうしても英語で対応しなければいけない状況が出てきます。

数パターンあるのでご紹介していきましょう。

英語が必要な配属先

引用 公式HP

ロケーションというのは配属先の場所のことをいいます。

アトラクション、レストラン、カストーディアル(掃除)、マーチャンタイズ(おみやげ)、インフォメーションなど数多くの仕事があります。

ディズニーキャストの仕事内容・種類についてはこちらをチェックしてください!

数あるロケーションの中でも、インフォメーションセンターやチケットセンターのキャストは嫌でも英語を話さなければいけないです。

ゲストに分かりやすく、かつ迅速にご案内するためにも、最低限の英語力はあった方がいいですね。

しかし、もちろんみんながみんな英語を話せるわけではないので、心配する必要はありませんし、自然と働いていく中で少しずつ話せるようになっていくでしょう。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストのお給料事情はこちら!
ディズニーキャストの給料・年収・時給まとめ!

英語が必要な場面

引用 公式HP

普段は英語力を求められなくても、状況によって英語対応しなければいけない場合も出てきます。
いわゆるイレギュラー対応ですね。

レストランであれば「オーダーをとる時のアレルギー確認」がそうです。

アトラクションキャストであれば、「身長や年齢制限があるアトラクションに小さい子が乗ろうとしたとき」です。

英語が話せないから見なかったことにしよう・・・なんてことは許されません

命に係わる大事なことなので、そういった場合は利用制限について説明し、アトラクションの利用のご遠慮、もしくはお断りをしなければいけません。

また、運行中のアトラクションが途中で止まってしまった場合も英語力が求められますね。
アトラクションに乗っているゲストを避難させないといけないので、そういった状況の時にも英語力が必要になります。

ただ、どのロケーションにもそれなりに英語が話せる人が一人はいるはずです。

どうしようもない時はその人にお願いすることも出来ますし、スーパーバイザーなどの上司にヘルプを求めることもできます。

そして最低限の英語が書いてある”指さしツール”と呼ばれるものもありますので、それらを活用して対応することも可能です。

たとえどんな状況であっても、基本的にあなたの周りには多くの仲間がいますので、困ったら迷わず助けを求めましょう

英語力があるとより評価されるし楽しくなる

引用 公式HP

これまで”英語力は必要ない”と言ってきましたが、英語力があることで新しい世界も見えてきます

ディズニーリゾートでは私たちキャストとお客様ゲストが他の接客業に比べて非常に近い距離にあり、おしゃべりする機会もとても多いです。

それは日本人に限らず外国人も一緒で、英語力があるだけで海外の子どもと触れ合ったり、異文化を知ることが出来たりと、キャストとしてのやりがいや楽しさは間違いなく増えていきます!

余談ですが、先ほど言ったように僕もずっと英語が話せませんでした。

しかし、何気なく言った英単語が伝わりとても感動したのを今でも覚えています。

そこから英語に興味を持ち、勉強を始め、1年間カナダに留学に行くことを決めたほどでした。

とはいえ、”英語力”といっても聞かれる内容は「トイレどこ?」「待ち時間何分?」「ファストパスはどこ?」などと毎回同じようなことばかりです!

数パターンの返事を英語で覚えておけば、ある程度の質問は返すことができるようになります

かんたんな英語は話せたほうが良い

引用 公式HP

それでも英語ちゃんと喋れないし…

間違えたら恥ずかしいし…

って人もいますよね?

日本人って完璧を求めがちなんですよね。。

ちゃんと話せないから話さない。って人がすごく多いです。

ですが、完璧である必要なんて全くありません。

外国人ゲストが日本語が分からないように、あなたも英語が分からないと相手も分かりますので、文法がめちゃくちゃな英語でも相手は理解しようとしてくれます。

”分からないから話さない”より、”分からないけど話す”方がサービス精神に溢れていますし、海外ゲストはちゃんと感謝の気持ちを言葉で表してくれます!


英語が話せたほうがキャストとしても人生としても得が多い

引用 公式HP

というわけで、結論は

英語力はあまり必要ない!だけどあるとより評価されるでした!

なので、キャストになりたいけど英語が話せないと不安な人は心配する必要ありません!

実際は「喋れない人の方が多い」です

そのため、英語で案内できて、外国人のゲストを案内できると、一気に評価が上がるでしょう。

評価が上がれば優秀キャストとして表彰されたり社員登用への道もひらけます。

英会話は、以下のステップで勉強を進めるのがオススメです。

スタディサプリ英会話で英語フレーズのインプットし、
そこでつけた知識をもってDMM英会話でオンライン英会話を開始する方法がおすすめです。

ぜひキャストへの挑戦と同時に英会話もチェレンジしてみてください。