USJ(ユニバ)正社員の給料から生涯年収を計算してみた→驚きの結果に!

【USJで働く】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

USJ(ユニバ)正社員の給料から生涯年収を計算してみた→驚きの結果に!

いつもユニバ(USJ)で働く夢を見るんだ。それも運営側である社員として。
お給料は安くてもいいんだ。楽しければ

夢はいいことだよ。でもお給料は気にしなきゃダメだよ。夢とお給料は両立できるよ

強がってごめんよ。ユニバ(USJ)に転職していいお給料もらいたいんだ。助けておくれよ

うっしっし。OK。
ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)(ユニバ)へ転職を目指す人にもそうでない人にも、合同会社ユー・エス・ジェイの社員の年収を解説するね

<あわせて読みたい>
USJ正社員として就職する対策まとめ
USJ正社員の平均年収!年齢別や役職別まとめ
USJ正社員の職種まとめ

※正社員・アルバイト・ダンサーの総まとめ
USJ(ユニバ)の正社員・アルバイト・ダンサーの総まとめ!ディズニーとの比較

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)とは

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)とは大阪市本社がある、ハリウッド映画のテーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営する企業。

設立当初は大阪市が過半数以上を出資していましたが、2005年にゴールドマン・サックスグループなどを引受先とする250億円の第三者割当増資を行い、2007年度は経常収支が24億円で最終損益が10億円と初の黒字を計上しています。

現在はゴールドマン・サックスの子会社であるSGインベストメンツ株式会社の完全子会社になり、2010年2月にはSGインベストメンツに吸収合併され商号を合同会社ユー・エス・ジェイに変更しています。

本社所在地:大阪市此花区桜島二丁目1番33号
USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の設立時期:1994年(平成6年)12月27日

USJの平均年収・給料

引用 公式HP

平均年収については、公式に発表されていませんが、日本最大の口コミサイトであるカイシャの評判によると、USJの平均年収は577万円です。

USJ職種別平均年収

職種平均年収平均年齢
建築・土木系エンジニア950万円60.0歳
営業系767万円44.0歳
クリエイティブ系750万円35.0歳
企画・事務・管理系618万円39.5歳
研究・製品開発、生産管理 他550万円40.0歳
電気・電子・機械系エンジニア528万円39.0歳
販売・サービス系507万円40.7歳
医療、福祉、教育系430万円43.2歳
運輸・物流・設備系350万円36.0歳

最も平均年収の高い職種と、低い職種の差は600万円となっており、職種によって年収の差が大きいことが分かります。

※おまけ:USJ(ユニバ)社員に興味ある人だけ読んでください

※「社員」に興味ない人は読み飛ばしてください!

■ユニバには、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知恵が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などから「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう」

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

※筆者は選択肢がたくさん欲しかったのでリクルートエージェントを使いました(求人数が国内最大で20万件。非公開求人は10万件もあるため)
※ただここは好みです。リクルートにない求人を多数持っているdodaも使って筆者は活動してました。

▶︎筆者の時は応募者が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした

ユニバ以外にもたくさん関連企業があるので見てみることをオススメします
(筆者の体験談でした!ご参考までに)

USJの福利厚生

引用 公式HP

中途採用の福利厚生についてご紹介します。

各種社会保険完備
赴任費用支給(条件あり)
交通費全額支給
各種教育サポート
各種福利厚生
 - LTD(長期所得保障制度)保険制度
 - 団体生命保険
 - 確定拠出年金制度
従業員サービス
 - スポーツやパーティ等の従業員イベント開催
 - 従業員割引購入やパーク無料招待チケット提供
 - 各種エンタメツール貸出やエンタメチケット販売

USJの福利厚生は、スポーツイベントなど、エンターテイメント性の高いメニューが多いのが特徴です。

特に従業員に人気なのは、パークを無料で楽しめる「無料招待チケット」

自分がゲストとなってパークを楽しむことができるので、従業員に人気の福利厚生となっているようです。

USJ(ユニバ)のクルーのことを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。USJ(ユニバ)好きには超おすすめです!
アトラクション、大人気アニメとのコラボイベント、そして、奇跡のようなクルーとの出会い。など24の心温まるエピソードを紹介しています。
面接で使えるエピソードもあるので面接対策にもなります!

<あわせて読みたい>
ユニババイトについてはこちら!
ユニバのバイトなり方! 時給や面接まとめ!

ユニバダンサーについてはこちらをどうぞ!
ユニバのエンターテイナー(ダンサー)の給料やオーディション!

USJの年齢別 年収と給与とボーナス!

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。年齢別年収………20~24歳30~34歳40~44歳50~54歳60~65歳0200400600800万円(単位)

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の年齢別年収推移USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の月額給与USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)のボーナス推移
20~24歳360.2422.51590.06
25~29歳448.7222.515112.18
30~34歳492.9630.81123.24
35~39歳562.4830.81140.62
40~44歳63239.5158
45~49歳707.8439.5176.96
50~54歳758.447.4189.6
55~59歳752.0847.4188.02
60~65歳511.9231.995127.98
年齢年収月額給与ボーナス
20~24歳310万円~360万円23万円90万円
25~29歳399万円~449万円28万円112万円
30~34歳393万円~493万円31万円123万円
35~39歳458万円~562万円35万円141万円
40~44歳511万円~632万円40万円158万円
45~49歳586万円~708万円44万円177万円
50~54歳648万円~758万円47万円190万円
55~59歳642万円~752万円47万円188万円
60~65歳412万円~512万円32万円128万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した予測結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。年収は50代がピークになります。

USJの主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス

役職年収月額給与ボーナス
主任542万円34万円136万円
係長675万円42万円169万円
課長892万円56万円223万円
部長986万円62万円246万円

USJの総合職・一般職・技術職の年収・給与・ボーナス

職種年収月額給与ボーナス
総合職885万円55万円221万円
技術職619万円39万円155万円
一般職632万円40万円158万円

※総合職・一般職・技術職の年収は、国税庁の比率と税理士が算出した比率から算出した結果になっております。

USJの大卒・短大卒・高卒の年収

※人事院の民間統計調査を使い、税理士が算出した比率から年収が一番高くなる50~54歳の年齢の年収差を大卒・短大卒・高卒で比較しました。

最終学歴年収(50~54歳)
大卒948万円
短大卒713万円
高卒607万円

※税理士が算出した予測比率になっております。

USJの30代・40代・50代の年代別年収

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約493万円~(推定)
40代で632万円~(推定)
50代で758万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約265万円以上となっています。

※国税庁・厚労省の賃金推移の比率と、業界ごとによる賃金補正値・税理士が算出した比率から算出した予想になっております。あくまでも予測のためご自身でご判断ください。

USJの推定生涯年収(生涯賃金)は平均を1億近く上回る!【推定】

上記の平均から算出してみたところ推定2億7,176万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が1億7,845万円なので、平均生涯賃金から+9,331万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出。

仕事内容・企業ランキング・関連企業

【仕事内容】
マーケティング職とパークマネジメント職の2つでマーケティング職の主な仕事内容はパークブランディングや、CM・メディア・デジタルなどの各種媒体での露出戦略の立案や、パーク内で展開するイベントやショーなどのエンターテイメントコンテンツの企画や制作で、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®のブランドを構築し国内や海外から年間1000万人以上の集客を実現します。
また今後はパークで展開しているエンターテイメントを新規ビジネスとして展開していく可能性を探り、世界規模で世界最高体験を構築していきます。

【企業ランキング】
2ch企業(レジャー・アミューズメント業界)偏差値ランキングでは51で、他グループでは54(よみうりランド)、53(富士急行、グリーンランドリゾート)、52(東京ドーム、オリエンタルランド)などがありました。

【USJグループ企業や関連企業】
・NBCユニバーサル
・ユニバーサル・パークスリゾーツ
・ゴールドマン・サックス
・コムキャスト

USJ社員による給料のうわさ

20代 業種:企画営業 年収:640万円

外資系企業なので年功序列というよりも成果主義で、営業は特にそれが給与に反映されますが、数字に関してはとてもシビアで過程よりも、結果が全てなので言い訳などは通用しません。
ただ金額的には他の大手企業と比べても満足できる水準だと思い、個人的にはとても満足しています。

30代 業種:人事 年収:670万円

ベースの給与はあまり変わっていませんが、業績が回復してからはそれが賞与に反映され、夏の賞与で6か月もありました。
社員の評価は公正で日本の企業とは異なり、頑張ればそれが給与として戻ってきます。

40代 業種:広報 年収:845万円

女性社員の管理職の方も多く、能力のある社員は性別に関係なく、認めてもらえる会社だと思います。
忙しい反面たくさんの人と一緒に、楽しく働くことができる職場なので、やりがいがとてもあります。

年収まとめ(平均から算出)

USJ(ユニバーサルスタジオジャパン)の年収の平均は、632万円

ここ数年での年収範囲は624万円(最低)~636万円(最高)と推測されます。
給料:基本給25万円 各種手当4万円 合計29万円 賞与100万円(年2回)

<あわせて読みたい>
USJ正社員として就職する対策まとめ
USJ正社員の平均年収!年齢別や役職別まとめ
USJ正社員の職種まとめ

※正社員・アルバイト・ダンサーの総まとめ
USJ(ユニバ)の正社員・アルバイト・ダンサーの総まとめ!ディズニーとの比較

ユニバに関わる仕事は山ほどある=採用の期待値が高い

ユニバは募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

クルー(アルバイト)募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ユニバーサルスタジオジャパンを運営している合同会社ユー・エス・ジェイ」や関連企業に就職・転職してしまうのがおすすめです!

【解答】どうやったら「特別なスキルがなくても」「ユニバに関われるか」考えてみました

ただし…
  • ただしユニバがあまり好きでない場合は、無理して行動するのは辞めましょう
    他に目指したい人はたくさんいるので、その人達にゆずりましょう!
START!
  • ユニバに仕事として関わりたい!という熱い気持ちを持っている。
      ▼
  • ユニバやそれ以外にもユニバ関連の仕事は世の中にたくさんある
    (IT・飲食・アパレル・事務・営業・接客などなど)
      ▼
  • それだけ数も可能性もあるから、あなたのスキルや経験は、必ずどこかでいかせる
      ▼
  • そのためには、ユニバ関連+経験をいかせる仕事や職種を見つけなければいけない(逃してはいけない)
      ▼
  • 世の中にある求人をできるだけ”こぼさず”チェックすればいい
      ▼
  • たくさんある転職サイトや転職エージェントやハロワを駆使して洗いざらい全ての求人から探すのが理想
      ▼
  • 実際は全ての求人を見るのは不可能なので、求人数をたくさん持っている転職サービスに何個か登録して、カバー率をあげるのが現実的
      ▼
  • ユニバ関連の企業は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
    ・・・一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃すので、この先でおすすめする転職エージェントに登録しましょう。
      ▼
  • 転職エージェントに登録してみて→求人や非公開求人を見る→イマイチなら放置(後でまたチラ見しにくる)でもいい
    ※無料なので一度見てみることをおすすめします。視野が広がります!

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

求人票の[応募条件]はあまり気にしないでいい(自信を持とう)

求人票には「必須条件:3年以上の経験」「歓迎条件:ビジネス英語力」などと書かれています。

あなた「自分の経験は2年しかないから無理か。英語も苦手だし」

あなた「応募するのやめよう

これは大損です!

あなたにはそれ以外にスキルや経験があればそれをアピールすれば、全く問題ありません。

逆に「3年の経験があって英語が話せたら受かるのか?」→答えはもちろんNOです。

企業側から見るとあくまで「3年くらい働いていたら何かしらのスキルを身に着けているかな?」という基準に過ぎません。

1年で企業の求めるものを持っている人もいれば5年でももっていないひともいます。

なのできにせず応募しましょう。(応募するだけならノーリスクです)
不安なら転職のプロに相談することです。自分が応募すべきかを見える化できます。

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました