スターバックス:アルバイト倍率は驚きの○○%|面接で聞かれることまとめ

【人気企業で働く】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

スターバックス:アルバイト倍率は驚きの○○%|面接で聞かれることまとめ

スターバックス, クリスマス, 芝生, コーヒー, 赤, 空

スターバックスのアルバイトになりたい。
なれたとしても稼げるのかな?
飲食業だしめっちゃ大変だよね

うっしっし
スタバはおしゃれで働いてると自慢できるよね。
カフェのアルバイトは人気あるし、その中でスターバックスは人気で働きやすい職場なんだ。
そこでスターバックスのアルバイトの大変さや競争率、面接対策などについて解説するね

スタバのアルバイト:仕事内容

スタバのフロアで働く人達は「バリスタ」と呼ばれ、お客さまにスターバックスの商品を提供する重要な仕事を与えられます。

緑のエプロンを身につけコーヒーやドリンクをつくったり、店頭でのタンブラーやコーヒー豆の販売を担当します。

また、ドリンクをつくるのももちろんバリスタの仕事。その名の通りですね。

ドリンクの作り方は研修でしっかり叩き込まれるので、不安になることはありません。

バッシングもバリスタの大切な仕事です。店内のテーブルを片付け、ダスターでキレイにします。コンディメントバーと呼ばれる、砂糖やミルク、カトラリーなどが置いてあるところの補充をし、ゴミ箱をチェックし、中身があれば空にして最後はトイレの掃除。

この一通りの作業がバッシングです。

これを全員が休憩前と仕事の上がり前に行います。通りでスタバはいつも店内がキレイなんですね。

スタバのこだわりを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。スタバ好きには超おすすめです!
スタバの企業理念や姿勢や顧客満足度の高さがわかります
面接で使えるエピソードもあるので面接対策にもなります!

もっと予習したい方は、わずか5店の小さな会社から成り上がった物語をつづったこちらもオススメ

スタバのアルバイト:倍率・競争率は20倍以上…!

Diversity & Inclusionダイバーシティ&インクルージョン

カフェの中でも非常に人気のあるスターバックス。どこの店舗に行ってもお客さんであふれていますよね。

僕がびっくりしたのは、幹線道路沿いにあるどこの駅からも離れた立地のドライブスルー店舗。仕事帰りの遅い時間に通りかかることが多かったのですが、それでも満席、コーヒーを飲んでくつろぐ人たちでいっぱいでした。

そんなスターバックスはアルバイトもとても人気です。

1求人に対して少なくて30人、多くて70人と言われています。そのなかで採用されるのは2、3人です。

倍率に換算すると15〜23倍
かなり高い倍率です。

やっと採用されても時給1000円~なので生活は豊かではありません
しかしスタバで働いているというステータスは輝かしいものです。

【ここだけの話】倍率だけ見ると、バイトよりも正社員の倍率のほうが低い

アルバイトは、学生からフリーターから主婦まで沢山の人が自由に応募できます。

しかも募集は割と常にしているので、言い方は悪いですが、大量に群がってきてはその中から一握りを採用するのです。

その点、転職での社員採用は違います。

期間を絞って、社員を選ぶので、その時期に転職を目指している人たちが、タイミングが合えば応募してくるのです。

なので倍率でいえば、社員の方が低いこともしばしば。。。

スタバが好きならダメ元でチャレンジすると意外と合格したという人も聞きますので、
そこにワンチャンスが転がっているかもしれません。

↓ぜひこちらもご参考にしてみてください

スタバのアルバイトに応募する方法

Glocally Responsibleサステナビリティ

スタバのバイトをしてみたいと思ったら、どのように探しますか?殆どの方がネット検索で求人を探し、応募するのではないかなと思っています。

せっかくですから企業研究も兼ねたプロセスを踏んだ応募をしてみてはいかがでしょうか。この章では「スタババイトのおすすめ応募方法」をご紹介します。

まずは「働きたい!」と思っている店舗に求人が出ているかを確認してみましょう。

気になっている店舗に求人がでているのが確認できたら、次は実際に店舗に行ってみます。採用を目指すためにも、必ず希望する店舗には足を運んでおきたいところです。

「今までにスタバは何度も利用してるし、どこの店舗でも同じじゃない?」なんて思ってしまうかたも多いかもしれません。が、実際にその店舗に来店して志望したか否かは、後々の面接などで大きく印象が変わってきてしまいます。

なぜなら「この店舗を利用したことがありますか?」「なぜこの店舗を志望したのですか?」「お客さん目線でこの店舗の印象を教えて下さい」といった質問を受けることが多々あるためです。

Greener Retail 環境面でのリーダーシップ

その他に求人に応募する前に、お店の雰囲気を知ることができると言った利点もあります。もし可能なら、混雑している時間帯に来店してみましょう。忙しい時ほど人の本性というものは表面に現れます。

「スタバのバイトは人間関係が良好」「接客の質が高い」と評判ではありますが、極稀にそうではない店舗もあるようです。せっかくの機会ですから、働いてみて「憧れのスターバックスのバイト…こんなはずじゃなかった!」とならないためにも是非イチ顧客として、希望店舗を利用してみてください!

そして希望する店舗が決まったら応募となります。

アルバイトや派遣から探すならリクナビで探し、その後スキルを付けて正社員や専門家になっていくのもよいですね。やはり現場で実践あるのみです。

ただしどうしても受かりたいからといって同時に複数店舗へ応募するのはNGです。公式サイトの求人情報にも記載されておりますので、注意するようにしましょう。

重複応募が発覚した場合、最悪採用取り消しといった自体も発生する可能性があります

店舗に直接連絡をとって求人があるかどうかを確認してみるのもひとつの手ではありますが、電話をする際はそのお店のピーク時間を避けることだけ注意しましょう。

開店間際、閉店直前、お昼の忙しい時間帯などの問い合わせ電話は迷惑になってしまう可能性があるからです。

スタバのアルバイト:選考・面接の内容

Youth Leadership ユース・リーダーシップ

面接時の服装

面接の際は清潔感のある服装を心がけて下さい。個性は求められません。

またスターバックスでのバイト中は制服ではないので、出来る限り働く際の服装に合わせた格好をするのがよいです。

面接担当に働いている姿を想像させることを目指しましょう。お店の雰囲気に合わせることが出来るかどうか、と言ったポイントを抑えることも出来ます。

個人面接・グループ面接

一般的にバイトの面接は担当者と自分の1対1のことがほとんどですが、スタバでは複数店舗で合同だったり、志願者が多い店舗は3〜4人のグループ面接の場合もあります。

一人で面接かグループかで大きく変わることはありませんが、心の準備をしておくだけで全然ちがうので、応募の際に確認しておくといいですね。

面接で聞かれること

自分の長所と短所は何ですか?
プライベートでの趣味は何ですか?
接客業の経験と、その仕事で何を学んだか
将来なにをしたいか
スターバックスの仕事を通してどんな人間になりたいか

スタバの面接では自分自身の答えが求められます。普段から自己分析をしておくと、スムーズに話ができます。

また、予想外の質問や用意することが出来ない質問をする面接担当もいます。志願者の人となりを見たい、との意図があるのです。

かしこまった「面接」というよりも、「面接官を楽しませる、納得させる」といった会話を目指すようにすると自然に自分自身を出すことができるのでおすすめです!

スタバのアルバイト:面接対策

自己分析をしっかりしておこう

熱意がある、やる気がある、スターバックスが好きという答えは当たり前です。スタバの求人に応募してくる人はみな同じ答えを持っているでしょう。

その答えを、いかに自分の言葉で表現し自分の人柄をいかに出せるかがカギになります。

スターバックスで働いてどうしたいか、どうなりたいかを明確にしてみてください。

「レジで何気ない会話をしたあと、ドリンクを受け取ったらカップにその内容を気遣ったコメントを描いてくれた。このホスピタリティに感動した。自分も心に余裕と思いやりを持った人間性を伸ばしたいと思い志願した。」など。

そうすれば自ずと、他のコーヒー店やカフェではなく、スターバックスでバイトしたい理由が見えてくると思います。

また、先ほども記述しましたがスターバックスで働いている自分を面接官に想像させることです。

今まで行ったことのあるスターバックスのスタッフを想像してみてください。自然な笑顔、自然な発声ではありませんでしたか?

不自然な言葉遣いやマニュアル通りの受け答えは嫌われます。その場の状況を見分け、臨機応変に受け答えができる人材が求められているのです。

混雑する時間にシフトに入れると合格しやすい

コー​​ヒー, ホット, 朝, マグカップ, 飲み物, カフェイン, 朝食, 飲料, カプチーノ

スターバックスは店舗によってピークになる時間がかわります。駅前や街中のスタバなら平日夜・土日祝が、オフィス街のスタバなら平日早朝から昼にかけてが混雑する時間帯です。

もちろんその混雑する時間帯にシフトに入ることが可能ならば、採用は優遇ポイントになるでしょう。

Tips顔で採用されるっていう噂
整った顔だからという採用判断はありません。笑顔が自然に出せるかどうかが一番のキーポイントになります。
自分の仕事に自信を持っている人って、それだけでも輝いて見えますね。
それが「スタバは顔採用がある」といった噂を生む要因なのかもしれません。

スタバのアルバイトに応募できる年齢

Ethically connecting day ~エシカルなコーヒーの日~

スタバのバイトには年齢による制限はありません。時間に融通がききやすいフリーター、主婦、早期リタイアのお父さんなど、様々な年齢層の方が働いています。

30〜40代の働き盛りにあたる年齢の方は、面接時に正社員へのチャレンジを進められたりもするそうです。

ただし高校生の在学中のバイトはできません

卒業後の進路が決定していれば、3年生の12月以降働くことが出来ます。

スタバのアルバイト:応募後・面接後の流れ

スターバックスのアルバイトに応募後は、おおよそ一週間程度で面接の連絡が入ります。

まれに時期的に忙しかったり志望者が多かったりすると、連絡がなかなか来ないこともあるようですね。そのようなときは遠慮せず、確認の連絡を入れることをおすすめします。

その際は開店直後、お昼時、夕方、閉店直前の忙しい時間帯を避けることが基本です。

何度もお伝えしているようにスタバのバイトは非常に人気が高く、すでにエントリー(応募)の時点で不採用になっているケースもあるようです。

その場合でも連絡が来るそうですので、一週間以上(もしくは先方からいついつまでに連絡すると言われた日まで)何もなければ問い合わせの電話を入れましょう。

面接が終了したあとは、採用された場合のみ連絡が入ります。不採用の場合は残念ながらそのお知らせは入らないようです。

スタバのアルバイト:平均時給

日本全国で見ると870〜1077円が平均的な時給のようです。

研修中の二ヶ月間は、おおよそ20円程度マイナスになります。研修中は忙しい上時給も下がってしまいますが、勉強のためと思って頑張るのみです!

22時以降は更に時給が上がりますので、居酒屋などで働くよりも効率的に稼ぐことが出来ます。

最近ではドライブスルーを併設している店舗も増えてきましたが、時給はあまり変わりません。立地条件によっては、英語を話せると時給が優遇される場合があります。

詳しくはこちらもどうぞ↓

スタバのアルバイト:2ヶ月間=80時間に及ぶ研修

Youth Connection @ STARBUCKS ユース・コネクション

スターバックスでは人材育成に力を入れていることでも有名です。

アルバイトも正社員も分け隔てなく2ヶ月間=80時間に及ぶ研修があります。しかも単純に仕事内容を教えるだけの教育ではありません。

スターバックスが社会に対して、お客さまに対しての役割をどのように果たしていくのか、そして自分はそのために何が出来るのかを徹底的に考えさせられます。

もちろんコーヒーの淹れ方もしっかりと教えられます。

スタバが目指す教育とは、人間性を伸ばす研修を行うことを心がけているそうです。

また「関わる人々を幸せにすること」を従業員に求めています。何も難しいことはありません。お客としてスターバックスに行った時のことを思い浮かべてみてください。

コーヒーを渡すまでの間の会話や、コーヒーカップに書かれた一言など、そういった気遣いを心がければよいのです。

スタバのアルバイト:勤務希望シフトの決め方

通常スタバのバイト勤務スケジュールは、1週間ごとに希望シフトで決定されます。

おおよそ3週間前に希望を提出し、2週間前までにスケジュールが決まります。

わりかしスターバックスのアルバイトは融通がききやすいとは言いますが、やはり週に3日間、最低でも各日4時間以上は勤務しないと厳しいです。

土日はどちらかはシフトに入れるようにしたほうがよいでしょう。

スタバのアルバイト:髪型や服装ルール

スターバックスのアルバイトには制服はありませんが、エプロンのみ支給があります。

身だしなみを規定した「ドレスコード」に則って、アルバイト各自で用意します。

基本的には黒の靴とボトムス、上は黒ポロシャツか白のシャツが決まりです。何も高級なものを着る必要はありません。ユニクロや無印良品などで十分です。

その代わりアイロンをしっかり掛ける、形状記憶のシャツを購入するなど清潔感には十分に気を配ってください。

また髪型については、奇抜なものはNGです。色は明るすぎないようでしたら、茶色でも大丈夫なようです。細かな決まりについては店長や社員さんに良く確認するようにしてください。

公式サイトにも「お客さまに不快感を与える髪型はNG」とされています。

また多くの方が気にするピアスの着用ですが、予期せず外れてしまったりなど異物混入に繋がるためどんなものであってもピアスはNGです。

スタバのアルバイト:福利厚生(特典や割引)

Youth Leadershipユース・リーダーシップ

パートナードリンク

商品の勉強を兼ねて出勤時・休憩時・退勤時の3回、好きなドリンクを無料で飲むことができます

最初はあまり味の違いがわからなかったという人も、飲み比べまでできるようになるそうです。

フラペチーノも選べるため、甘いものが大好きな方にはたまらないご褒美になるのではないでしょうか。

パートナービーンズ

週に一度好きなコーヒー豆100gを持ち帰ることができます。自宅で味を勉強したりコーヒーを淹れる研修という理由なんだそうです。

もちろん家族や友人と楽しんでもOK。

コーヒー一杯がだいたい10gですので、10杯程度は飲めてしまう計算になります。これはなかなか贅沢な福利厚生ではないでしょうか。

毎週違う豆を持ち帰り、揃ったところで飲み比べをして勉強するのも良さそうです。

パートナー割引

スターバックスの店舗(日本国内)で、商品の割引購入が出来ます。店頭価格から15%割引されるので、お出かけ先などでくつろぐのにもつかえます。

その他にも社会保険や労災、交通費の支給などきちんとした福利厚生が整備されています。

これがスターバックスのアルバイトはホワイトだと言われる所以かもしれません。

スタバのアルバイト現場の声(口コミ・評判)

99キャンペーン

仕事は大変でそこそこきつい!

研修期間は掃除や片づけなど裏方の仕事ばかりで疲れました。
さらに自宅に持ち帰ってまで仕事のことを覚えなくてはいけないので、学校のこと、バイトのこと、私生活のことがぐちゃぐちゃになりました。
それでもお店の中ではバックヤードでも常に元気で笑顔でいないと怒られます。
こんなに大変な仕事だとは思いませんでした。
もっと楽しくやりがいのあるバイトは他にもたくさんあるし、採用されたからって舞い上がる自分は馬鹿みたいでした。

仕事のことはバイトの就業時間内にしたいなぁと思いながら続けてしまっています。
もちろん初めの頃は家で仕事の勉強をして覚えるのは必要だと思ってます。だけどスタバは永遠に覚えることや勉強することが求められて、常に上を目指さないといけないところがとても疲れます。
スキルアップしたり仕事が効率よく進められるようになってやりがいもたくさんあります。
けれどその代償が大きすぎます。ここでバイトをはじめてからプライベートも息つく暇もないです。心の底からスタバが好きで仕方ないっていう人じゃないと難しいかなって思います。

スタバ大好きで反抗しない人ばかり集めた、よくある外資系の企業といった感じ。
仲いい人はプライベートでも家族ぐるみのお付き合いをしてるとか言ってたんで、友達が欲しい人とか引っ越してきたばっかりの方には良いのかもしれませんね。私は仕事とプライベートはきっちり分けてました。
仕事外に街で会っても挨拶する程度だったので、ちょっと奇特な人に見られてたっぽい。

仕事は楽しい!

コーヒーの違いがわかる、商品を覚える、カスタマイズが出来るようになる…と仕事が出来るようになるっていう実感があるので、やりがいをすごく感じられるバイトでした。
でも覚えるのが得意でなかったり、シフトに入れなくなるなど事情があって辞めていく人たちをその人に問題があるみたいな言い方するのはどうかな〜という感じでした。
いいとこもわるいとこも考えさせられるバイトでした。

仕事のことはeラーニングというシステムでいつでも復習することができます。
私はバイトでしたが新人さんの教育もしたことがあり、このシステムのおかげで教えるときも効率的でした。
マニュアルや教育は全店舗徹底しているため、基本的なマナーはしっかり覚えられます。そこは安心していいと思います。

仕事内容で覚えることがたくさんあるのは皆さん言っている通りで、その他にも仕事中いかに効率よく働くか、周りの効率も考えたら自分はどうすべきかを頭に入れながら働いていました。
なれるまではこんなこと自分に出来るのだろうかという不安ばかりでしたが、気づいた頃にはトレーナー(新人の教育係です)になってました。
まさか自分がバイトでこんなに成長できると思ってなかったのでびっくりです。スタバのバイトはほんとにやってよかった!

スタバのアルバイトはやっぱり大変なの?

Starbuck, コーヒー, 陶芸家, 建物, ニューヨーク, 視点, マンハッタン, 米国

スタバでバイトしているバリスタたちは自分の仕事に誇りを持っている人が多いです。

やはり研修で精神的な部分を叩き込まれるからなんですね。それもあって、マネージャーや社員には人格がしっかり出来ている人が多くいます。

だからといってただ楽しいだけの仕事ではありません。当然大変なことも山程あります。まずスタバのアルバイトは他のカフェに比べて、覚えることが多いということです。

コーヒーが中心の商品ですが、お客さまの好みに合わせて細かい部分までカスタマイズが出来ます。カスタマイズするためのチャートサイトもあるくらいです。

またバイトでもスペシャリストを目指すことを求められます。

コーヒーは奥が深く簡単にその道のプロになることは難しいですが、パートナービーンズで試した豆はこういう味は苦手だけどこれは美味しいとか、出来るところからスタートすれば大丈夫!

自分のやり方で、自分にしか出来ないスペシャリストになることを目指しましょう。

スタバという自慢できる看板を手に入れて、安定した高収入を得よう!

スターバックスはアルバイトでも福利厚生等がしっかりしており、精度が整っていることから「働きやすい」と感じている人が多いようでした。

ただ仕事量が多い上にプロとして高い意識を持たねばならず、また覚えることも山のようにあり研修中に諦めてしまうケースもあるようです。

効率よく仕事をこなせるようになりたい方や得意な方、スタバでのバイトにチャレンジしたいという方におすすめと言えるでしょう。

サイニングストア

ただアルバイトのままでは、保険や固定費もひくと、せっかくがんばったのに手取りはかなり少ないです。

スタバは覚えることがいっぱいで、体力的にもしんどいので安く感じる人が多いと思います。

→スタバという自慢できる看板を手に入れて、安定した高収入を得るにはスタバの正社員になることです。がんばった分だけきちんとむくわれます

また、この会社は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、
大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
→ 一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃します
この先で、実際に筆者が使った非公開求人が多い転職エージェントをおすすめしておきますね

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

<あわせて読みたい>
スタバの正社員に興味がある方はこちら!
スターバックスへ転職!仕事内容・職場環境も解説
スターバックス正社員の平均年収!年齢別や役職別も解説

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました