無印良品バイトの面接で落ちたくない人向け必勝法&履歴書(パーソナルシート)書き方

【人気企業で働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

無印良品バイトの面接で落ちたくない人向け必勝法&履歴書(パーソナルシート)書き方

はたらきかた イメージ画像

無印良品のアルバイトになりたい。
なれたとしても稼げるのかな?
接客業だしめっちゃ大変だよね

うっしっし
無印良品はおしゃれで働いてると自慢できるよね。
無印良品は人気で働きやすい職場なんだ。
そこで無印良品のアルバイトの大変さや競争率、面接対策などについて解説するね

無印良品(良品計画)とは

無印良品は1980年代に百貨店のプライベートブランドとしてスタート。

シンプルで使いやすいデザインが魅力の無印良品です。

高価なデザイナーの商品をサラッとノーブランドで販売してしまうのが無印良品の凄さです。

またちょっとした小物や文房具も安定して高品質の品が手に入ります。
駅近くには必ずと行っていいほど店舗があり、安くはないけど高くもない値段で、高品質の製品が手に入ります。

企業として制度がしっかり整っていたり、アクセスの良さから、アルバイト先としても非常に人気があります。

ホワイトバイトとしても名前をよく聞く無印ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

無印良品のアルバイト:平均時給

イメージ画像

東京都内はほとんどのお店で1000円スタートになります。最低時給をみても、全国的に高めといえます。

平均的には800〜900円くらいからスタートが多いようです。半期に一度給与改定があり、頑張りに応じて評価がつきます。頑張れば頑張った分だけ時給もアップしていくようです。

地域課題の解決拠点 「里のMUJI みんなみの里」

ただアルバイトのままでは、保険や固定費もひくと、せっかくがんばったのに手取りはかなり少ないです。

→無印良品という自慢できる看板を手に入れて、安定した高収入を得るには無印の正社員になることです。がんばった分だけきちんとむくわれます

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

無印良品のアルバイト:仕事内容

無印良品は駅ビルやショッピングモールなどのテナント店と、単独で店舗を構える路面店に分かれています。

銀座店や一部旗艦店では特殊な品揃えをしていることもあり、そこも人気の秘訣となっているようですね。

ここでは各店共通の一日の流れと仕事内容を、詳しくみていきたいと思います。

出社・朝礼

出社後には朝礼が行われます。無印良品では早番スタッフが中心に朝礼を行うようですが、店舗によってもタイミングが違う可能性があります。

朝礼では前日・前シフトの業務引き継ぎや新商品について、またイベントやセールについて説明を受けます。

また挨拶の声出しや身だしなみチェックもこのタイミングで行います。店舗の決まりを守った服装や髪型をすることが大切です。

荷受作業・品出し

前日までに発注した商品や新しく入荷してきた商品を検品、仕分けを行います。店頭に補充する必要があるものは陳列し、在庫として持っておく場合は倉庫に移動します。

この仕事は案外大変なんだそうです。開店前の限られた時間で対応しなければならないこともあり、また重い荷物を運ぶ必要もあることから、体力勝負の仕事とも言えます。

店舗毎や時と場合により閉店後に対応することもあります。

開店準備

売り場、フィッティングルームなど店内全体を中心に清掃に取り掛かります。什器の下や商品棚の上なども入念にチェックしましょう。また商品はきちんと陳列されているかも同時に確認します。

レジの担当者は決まった金額をレジスターの中に入れ、いつでも対応できるようにしておきます。

営業中の対応・接客

無印のアルバイトでは試着・フィッティングルーム対応、フロア対応、レジ、ラッピング、電話応対など様々な接客があります。特に商品の場所等を尋ねられることは多くありますので、大まかな店内の配置とどのような商品を取り扱っているかを早急に覚えます。

営業中の仕事内容は様々ありますが、無印良品では各担当が決まっており、スタッフ同士の連携でスムーズに業務を進めることが出来る仕組みになっています。

特に新人さんは商品整理や品出し担当になることもあり、仕事をしながら店内や商品について覚えていけるよう配慮されているようですね。

閉店作業

閉店時間が近づいてきたら、お客様のいないコーナーから商品整理をはじめます。洋服を畳んだり在庫の補充や陳列をしたり、明日のスタッフが仕事がしやすいよう意識しつつメンテナンスをしていきましょう。

閉店後は店長や社員さんの指示に従い、次の日の荷受けがしやすいように準備を進めます。またレジの担当者は売上の計上や入金作業など、レジ締めも行います。難しい作業ではありませんが、お金の扱いには最新の注意を払いましょう。

終礼

閉店作業が全て終わったら終礼を行います。一日の出来事をフィードバックし、翌日のスタッフに伝達事項があれば引き継ぎ項目としてきちんと伝えましょう。

無印良品のアルバイト:福利厚生

無印良品ではアルバイトでも様々な福利厚生を受けられます。

パートナー社員になれば社会保険にも入れますし、また学生のアルバイトでも6ヶ月たてば有給休暇ももらえます。交通費は上限を10000円(パートナー社員は上限なし)として支給、車通勤が可能な店舗はガソリン代や駐車場台も補助されるそうです。

また勤務中の服装については店頭においているアパレル商品を身に着けますが、社割りでかなりお安く購入することができるそうです。

プライベートで着たい服、また他の商品も社割りで購入が可能なため、無印が大好きという方には嬉しい特典と言えるのではないでしょうか。

無印良品のアルバイト:評判や口コミ

無印良品のアルバイトはきつい?大変?

結婚されている女性は多いですが、お子さんのいる方は少ない印象です。勤務時間と日数がしっかり決まっており出勤はそれに則らないといけないので、急なお休みはたいへん取りにくい状況です。またスタッフの少ない店舗だと一人ひとりの仕事量が膨大になるため、提示でなかなか帰ることができない状態となっています。アルバイトスタッフの中には正社員になりたいという意欲の強い方もおおいので、もっと正社員採用をスムーズにしてほしいと思います。そうすればもっと希望する人も増えるんじゃないかと思います。

無印良品でも働きやすさは社員次第です。能力があって良いなと思う店長はやっぱり出世が早いみたいで、何年もお店にいません。だいたい「この人なぁ…」と思うような人はながーくお店にいます…。あとはやっぱりバイトやパートナー同士が仲良くできているかですね。うちのお店は幸い雰囲気がいいので仕事はしやすいですが、ダメな社員が配属になったときバイトの仲も悪いと仕事はしづらいとおもいますよ。

食堂やトイレなどのバックヤードはテナントになっている施設によるかな…。ルミネとかだとすごくきれいみたいですが、私のところは建物自体が古いのでいまいちでした。食堂もなかったし、休憩は外に出なくちゃいけなく、時間がかかるのが嫌でした。

無印良品のアルバイトは楽しい?

接客の仕事の中では客層はかなりいい方だと思います。接客応対に困るような変なお客様は見たことがありません。接客と言っても品出しや商品整理中に場所を聞かれるくらいなので、アパレルのバイトなどよりは気が楽に働けます。社員もバイトもスタッフは感じの良いかたが多く、人間関係もとても良いです。

週に数日働くバイトとフルタイムで働くパートナー社員がはっきり分かれているので、シフトは希望通りにしっかりと組んでもらえます。学生なのでテスト期間はしっかりお休みをもらっており、また実家への帰省の際も少し長めにお休みをもらったりしています。学業とアルバイトの両立をきちんと考えてくれるきちんとした企業です。

元々無印ファンだったので、社割りで商品が買えるの最高です!お給料のたびに半分くらい使っちゃってるかもしれません、、。仲のいい先輩からは「無印どんだけ好きなの〜」と言われています笑。お客様に聞かれたことは何でも答えられる自信があります!これからも無印のプロフェッショナルとしてバイトがんばります!

無印良品のアルバイト:求人に応募する方法

様々な求人サイトに情報が掲載されており、どこから応募するのが良いのか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

実は求人の内容自体はどこの情報も同じで、どこから応募したのかによって優遇されることも冷遇されることもありません。であれば、よりお得に応募できる求人サイトの利用をおすすめします。

アルバイトや派遣から探すならリクナビで探し、その後スキルを付けて正社員や専門家になっていくのもよいですね。やはり現場で実践あるのみです。

無印良品のアルバイト:面接対策&応募用パーソナルシート

仕事内容 イメージ画像

履歴書(応募用パーソナルシート)の準備

応募が完了すると、それぞれの店舗に情報が発信されます。おおよそ一週間前後を目安に担当者から面接の日時を決めるコンタクトが来るようです。

もし一週間以上待っても何もないようでしたら、一度自分から連絡を入れてみてください。採用応募がまとめてあったりとか商品入れ替えで店舗が忙しかったりして連絡ができていない場合もまれにあるようですので、しっかり確認することをおすすめします。

無事に面接の日程がきまったら次は準備を進めましょう。

市販の履歴書もしくは公式サイトにある「応募用パーソナルシート」に自分の情報を記述し、面接に持参します。

公式が配布しているパーソナルシートには無印が求める人物像について考えさせられる質問事項になっているので、もし市販の履歴書を使用する場合でも面接対策として目を通しておくと良さそうです。

面接にふさわしい服装とは

イメージ画像

無印ではアパレル製品も販売しています。採用された場合には無印の製品着用は必須になりますが、面接ではそこまでする必要はありません。

もちろん無印ファッションで全身を固めるのもOK!どんな格好をすればいいのか迷った場合は、店員さんを参考にしましょう。

無印ではナチュラルな服装が求められますので、キャラ物がプリントされたものや派手な色合いのものは避けたほうが良いです。

出来る限り働いている時の服装に近い服装で面接を受けることをオススメします。

男性なら落ち着いた色合いのシャツに黒のパンツ、女性ならカットソーやブラウスに黒のボトムス・スカートなら黒のタイツを合わせるなどといったシンプルで落ち着いたコーディネートがおすすめです!

ピアスや髪色などのみだしなみ

イメージ画像

髪の色については明るすぎる茶髪はNGですが、ナチュラルな色合いであれば可とされているようですね。

また、ピアスもシンプルなものであればOK。あくまで無印良品のイメージを損なわない人物像が求められます。

身だしなみについても、実際働いている店員さんをチェックしてみると参考になりそうです。

面接でよく聞かれること

無印良品 中央林間東急スクエア 店長 塚田 雅

志望動機についてはなぜ希望の店舗を選んだのか、またアルバイトに対する意欲は無印で働くことになったら何がしたいか…などと言った具体的な内容の質問をされます。バイトによくある一般的な質問ですが、ありきたりな答えにならないよう注意して下さい。

また、無印良品のコンセプトでもある自然体であることを心がけて下さい。質問に答えることも大事ですが、自然に笑顔が出ているかや明るく受け答えができているかどうかをチェックされています。

「接客の仕事が好き」「販売をやってみたいと思っていた」といった仕事内容に対する意欲を語るのももちろん良いですが、「無印良品の商品が好きで、それを接客する中でお客さまにおすすめをしていきたいと考え、志望いたしました。」など無印良品が好きという気持を伝えると、印象もアップします!

採用の連絡

面接を受けて採用が決まれば、担当者から連絡があり晴れて無印良品店舗スタッフの一員になることができます!

面接後の連絡については採用時のみになります。一週間前後目安で連絡が無ければ、残念ながら不採用になってしまったということです。

無印良品のアルバイト:マニュアル「MUJIGRAM(ムジグラム)」について

white labeled book

面接後採用が決まったら、いよいよバイトスタートとなります!度々ビジネス系のテレビ番組や雑誌等でも取り上げられているようですが、社員やアルバイト向けに全13冊に及ぶ業務マニュアルが用意されています。

このマニュアルは「MUJIGRAM(ムジグラム)」という表題が付けられ、レジ処理から経理、労務、配車に至るまで全ての業務を網羅しています。

もちろん全て覚える必要はありません!こういうときはどうしたらいいか…というお手本となるマニュアルです。理解しやすい記述方法で記載されていて、さらに図解や写真をふんだんに使っているので新人でも理解しやすい構成になっています。

わからないことはこのマニュアルを読めばいいのですから、教えてもらったことはどんどんチャレンジしていきましょう。

研修期間中は仕事内容を理解するところから始まり、服をたたんだり店内を整理整頓をしたり…研修が修了したらレジ業務へと移っていきます。2ヶ月もすれば店内全般の仕事をこなせるようになっているそうですよ。

<あわせて読みたい>
無印良品アルバイトの正社員登用 パートナー社員とは?

<あわせて読みたい>
無印良品の正社員に興味がある方はこちら!
無印良品へ転職! 仕事内容・職場環境も解説
無印良品 正社員の平均年収!年齢別や役職別も解説

無印良品という自慢できる看板を手に入れて、安定した高収入を得よう

超優良企業であり、自慢できる企業良品計画

「無印良品の社員です」って言いたいですよね(節度を持ってですが…)

無印良品はアルバイトでも福利厚生等がしっかりしており、精度が整っていることから「働きやすい」と感じている人が多いようでした。

ただアルバイトのままでは、保険や固定費もひくと、せっかくがんばったのに手取りはかなり少ないです。

イメージ画像

→無印良品という自慢できる看板を手に入れて、安定した高収入を得るには 無印良品 の正社員になることです。がんばった分だけきちんとむくわれます

また、良品計画(無印良品)は大企業に強いエージェントに非公開求人として依頼しているケースもありますので、自力で求人を見つけようとすると損をしますので、大手に登録することをおすすめします。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました