脱サラ(副業/起業)が成功しやすいおすすめの職種/業種は?フランチャイズはやめとこう

【副業方法の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

脱サラ(副業/起業)が成功しやすいおすすめの職種/業種は?フランチャイズはやめとこう

サラリーマンや公務員をやめたいけど、貯金がないから無理。。

うっしっし。これから準備すればいいんだよ。退社前提でオススメの副業を紹介しよう

社畜とは(対義語:脱サラ/フリーランス)

社畜(しゃちく)とは、
会社に飼いならされた(会社には逆らえない)サラリーマンのことを言う

以下ちょっとむずかしい説明(Wikipediaより)

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、サービス残業や転勤もいとわない奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄、あるいは自嘲する言葉である。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

正社員(正規雇用)のみならず非正規雇用全般(アルバイト・パートタイム・派遣社員・契約社員・嘱託社員等)でも、長時間の勤務を強いられたり、残業手当の支給が無いといった理由でこう呼ばれることがある。

英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。

脱サラ・脱社畜を狙え(起業)

脱サラを成功しやすい職種

脱サラしたいけどリスクを最小限にとどめたいと考えて起業するときには、最適な業種選びを考える必要があります。この章ではいくつかのビジネスモデルを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

サラリーマン時代のコネを利用したビジネス

今まで勤めていた業種と同じような業種で独立する形です。この形がいちばん起業しやすいのではないでしょうか。

また、その経験が専門的な知識や技術を必要するのであればとても有利にすすめることができます。

美容師やカメラマン、士業などは独立しやすいです。経験があることで、顧客からの信用も高くなるので、集客もしやすく収益を得やすくなります。さらに、経験があるため、失敗するリスクが減るのでおすすめです。

マッチングサービス

このビジネスは、ある事柄に困っている人に対して、その困りごとを解決してくれる人を結びつけるサービスです。たとえば、「弁護士を必要としている人に弁護士と結びつける」「自宅の改築をしたい人にリフォーム業者と結びつける」といった内容です。このサービスは、商品を抱えるということはなく、原価が多くかかるということもありません。

フランチャイズ

今すぐにでも脱サラをしたいけど、開業したあとの失敗も怖いという方はフランチャイズを利用してみてはどうでしょうか。近年、フランチャイズで開業をする方は多くなってきています。

フランチャイズでは、未経験でも開業できるさまざまな業種の開業をサポートしています。そのため、理想的な開業が可能になってくるでしょう。

フランチャイズで開業するときは、本部のノウハウや経営方針に沿った経営をおこなわなければいけません。しかし、開業前のサポートのひとつで立地調査、インテリア関連、研修制度、教育マニュアルなど、経営に必要なものがパッケージ化されています。そのため、異業種に参入して開業する方でもフランチャイズ本部が開業前からサポートしてくれます。

また、フランチャイズの場合は、ブランド力の高い起業が多いので開業後に悩んでしまう集客も、長年培った経験から効率的な宣伝をおこない、安定して集客できる可能性が高くなります。開業後はフランチャイズ本部の担当者が定期的な巡回などでサポートしてくれるので、相談できる環境もととのっているので安心して開業に踏み切れます。

YouTubeビジネス

YouTubeを活用したビジネスとは、近年急増しているYouTuberというものです。自分でつくった動画をYouTubeにアップします。そこで人気をあつめると、自分のチャンネルの登録者数が増えるのです。YouTuberのビジネスは、自分の動画に広告を貼り付けることで視聴回数に比例して収益を得られる、というしくみになっています。

YouTubeは動画撮影機材とパソコンがあればはじめることができるので、リスクがとても低いことが特徴です。しかしそれだけ競合も多く、成功にはかなりの努力が必要になるでしょう。

代行業

代行業は困っている人のかわりに、困りごとを解決する仕事です。代行業は近年、はじめる方が増えてきています。なぜなら、必須の資格や特殊な技術を必要としないからです。もちろん扱うことによってはそれぞれ資格が必要になることもありますが、一人でおこなうことも可能なため簡単に開業できるでしょう。初期費用が抑えられることも、開業する方が増えている原因ではないでしょうか。

代行の種類にはさまざまなものがあります。すきま産業のように誰もやったことのない代行を見つけることができれば、シェアを独占できる可能性もあるでしょう。

このようにさまざまな業種があり、低コスト、低リスクではじめられる仕事がありますので、自分であったものを探してみるのも楽しいかもしれません。

脱サラ・脱社畜を狙え(副業)

サラリーマン向けの副業は数多く、

FX

ブログ
せどり
転売
ライター

など他にもたくさんあります。

この記事では、その中でも、脱サラまで狙えるものを3つ紹介します。

1選目:プログラミング

プログラミングと聞くとちょっと難しいイメージを抱きますね。

もちろん、スマホアプリの作成などは初心者には難しいです。ガチになる必要があります。

一方、Webページ作成は、1日2時間くらい勉強すれば3カ月で習得できます。

なので、アルゴリズムやロジカルシンキングが不要なマークアップ言語が人気です。

厳密に言うとマークアップ言語はプログラミング言語とは違います。

マークアップ言語は、HTMLやCSSと呼ばれるものでWebページ作成に使われています。

王道の勉強方法は、

HTML
CSS
javascript
php

の順番に学ぶと良いでしょう。

みんな使っているプロゲートが安定

副業の時給としては2,500円くらい。

基礎を理解した後は背伸びして案件を取りに行きましょう。

2選目:せどり・転売ビジネス

メルカリが有名ですね。
ただ、メルカリに出品するのではなく本気で稼ぎたければメーカーから直接商品を大量に仕入れ、Amazonなどで販売するのが効率的です。

ただし、リスクがあります。
在庫を持つので売れ残った場合は大赤字。

やる事は単純で商品の【選別眼】があれば誰でも稼げるビジネスです。

商品を探す
仕入れる(100万円くらい)
Amazonマーケトプレイスに出店
注文に合わせて配送

せどり・転売ビジネスを始める際は実績者に教えてもらいましょう。

3選目:アフィリエイト

雇用関係や借金などのリスクを一切取りたくない人向けです。

やる事は、

ブログ構築(初期費用7千円)
記事作成
記事作成
記事作成
記事作成
・・・ひたすら記事作成

記事を書くだけ。
ブログの記事を量産しアクセスを集めネット上で訪問者に営業するビジネス。

初期投資の7千円をケチらなければあとは努力次第で月収10~100万を実現可能です。

作成した記事は資産になりほったらかしでも収入が発生します。

代表的なサービスは、A8.net バリューコマースもしもアフィリエイトafbなど

会社を辞める前提で安定した副収入を作っていくには

脱サラ・脱社畜を目標とするなら会社に依存しない安定収入が必要です。

会社のストレスから解放されても生活が安定しなければ意味がありません。

副収入があれば思い切って会社をやめられる

本気で脱サラ・脱社畜を考えるなら最低限、月収30万円の副収入を作ります。

月収10万円だと生活品質が低下し「お金に追われる生活」がやってきます。

月収10万円じゃ退社する勇気も出ない。
仮に月収30万円儲かる個人事業が有れば今すぐにも退社できますよね。

劣悪な労働環境から逃げるため今後のサラリーマンに副業は必須です。

寝る前にちょろっとできる事をやる

月収30万を目指すとはいっても副業に使える時間は限られていますね。

せいぜい1時間~2時間が限界。
人によっては、土日しか使えないかも。

アルバイト2時間でもいいですが出勤や身支度で結局3時間くらい時間を拘束されてしますね。

サラリーマンの副業は、

家でできる
1日1~2時間でできる
マイペースでできる

この3点を満たす副業を選びましょう。
でないと、長続きしません。

プログラミングなら毎日1~2時間勉強。
土日に案件を仕上げる。

転売の場合は、平日に商品を探し土日に出品&発送作業。

ブログは、毎日寝る前に記事執筆。
といった感じです。

ゴールを決めて達成までの期限を決める

やる事が決まったら目的・目標・期限を決めていきます。

目的:最終的に目指す姿

「月収25万円稼いで会社や公務員をやめる!」など。

目標:目的達成のための成果

目標:「まずは3カ月で10万円稼ぐ。半年後に15万円稼ぐ」など

ここで、「期限」を設けておきます。
人は期限をつけないと危機感を感じず動かなくなるので。

ご副業は計画的に

日々、直近の目標を達成するために計画的に作業を継続していきます。

初日に10時間作業して3日で飽きて1ヶ月何もしていない

これが一番長続きしません。
急ぐ気持ちを抑えてコツコツ積み上げていきましょうね。

さいごに

脱サラを視野に入れたサラリーマンにお勧めの副業を3つ紹介しました。

プログラミング
せどり・転売ビジネス
アフィリエイト

どれも正しく学べば比較的成功しやすい初心者向けのビジネスになっています。

取り組むビジネスを決めたら

目的
目標
期限

を定めて実践あるのみです!

脱サラが無理そうならまずは転職してみるのもアリ

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました