退職代行サービスを実際に5社使って比較!結論をこっそり教えます

【転職方法の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

転職:迷惑か気にせず退職代行を使うべきか考察。退職を伝えた後の気まずい期間をゼロに?

辞めたい辞めたい辞めたい

いやさっさと辞めなよ!

でも言い出せない。怒られそうだし、止められるだろうし、無視されたら・・・私がいなくなったらみんな困るだろうし。耐えるしかないのかも

いやそんなのしったこっちゃないよ。人生は一度きり。時間も年齢も待ってくれないよ。1歳でも若いほうが転職はしやすい。今すぐ動くべきだよ。君は優しすぎる!
鬱になったら転職も不利になちゃうよ

どうしたらいいの? 突然逃げたら会社から訴えられるかもしれないし

一度も出社しないで退職する「退職代行」を使うといいよ。
ズバッと仕事を辞めることができず、気をつかってしまう人達からすごい支持を得ているんだ。
ブラックな職場でもプロに退職を任せることができ、法律を盾にして会社に文句も言わせない。逃げじゃなくて脱出だ
もちろん違法じゃなくて法律にのっとって業者がやってくれるよ。

まじ!? どこに頼んだらいいの?

退職代行の業者も色々あって、結局どこがいいかわからないよね。
だからここでは「迷ったらとりあえず無難で失敗のない1社」を紹介し、更に数社を紹介していくよ。
どのハンバーガー屋か迷ったら「とりあえずマクドナルド=安定で無難で失敗のない1社」を紹介、かつ「モスバーガー」や「フレッシュネスバーガー」を追加で紹介していくイメージだね

【結論】気まずくなるなら退職代行は迷わず使うべき

文字通り退職を代行してくれるのが退職代行サービスであり、退職のための電話連絡や、手続きのサポートをしてくれるのが特徴になります。

弁護士などに依頼して退職を代行して貰うことも可能ですが、費用が高くなる可能性が高まります。

しかし、自分で退職の意思を伝えようとしても迷ってしまったり、ストレスに感じてしまうことも多くなるのがネックです。

だからこそ、ストレスを避けるため退職代行サービスが人気になっているのです。

退職代行サービス:実際に5社つかって比較した結論

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

退職代行サービス同士の「競争」を理解する

退職代行サービスが有名になるにつれ、業者の数が増えています。

選択肢が増えるのは大きなメリットですが、業者ごとにサービス範囲や料金が大きく変わる点には注意が必要です。サービスが多すぎて混乱してしまう人もいます。

評判の良い業者はパック料金で追加料金がかからないことが一般的です。

サービス範囲が広いだけでなく、顧問弁護士が存在する法律上のトラブルに強い業者も存在します。

退職時のトラブルを予想した上で専門家が在籍するサービスを利用するのも方法で、安全性を優先するのも選択肢になります。

ランキングと料金

退職代行サービスは、サービス範囲と料金のバランスが重要であり、実際に利用した人の評判もチェックしたいポイントです。

優良と言われている退職代行のサービスと料金をランキング形式で紹介していきます。

紹介している退職代行サービスはパック料金を採用していて、追加料金がかからないのが特徴になります。


↓ さて、前置きは終わりです。ここか退職代行に依頼していきましょう!

では、実際に退職代行に依頼しましょう!

1位:退職代行Jobs(ジョブズ)

料金
27,000円

弁護士監修サービスの一つであることが退職代行Jobsの特徴になります。

メディアに掲載された回数も多く、知名度の高さとコストのバランスにすぐれているのが魅力です。

◆1.顧問弁護士監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者はありません。
「顧問が監修」という言葉だけでは、本当に?という不安はつきものです。Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。

◆2.顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。
「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。

◆3.あえて、弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現しています。

(詳しい解説はこちら


2位:退職代行ガーディアン ★迷ったらココ

料金
29,800円

「正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合」が運営している退職代行ガーディアンで間違いないです。

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合です。

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としてます。

※偽装労働組合”に注意
・運営会社(入金先)は使用者(元々退職代行を行っていた一般法人)で、実行は労働組合となっている退職代行業者。
-労働組合は性質上、使用者の援助を受けることはできないことはもちろんのこと、会計は労働組合で完結する必要があります。 また、法人格が無く法適合組合として認められていないので 社会的信用及び責任能力も無く労働組合法上の保護を受けることができません。

・収入が少ない若年層のニーズはまず低費用、そして、簡単で確実に退職できます。
・大手退職代行でも実は危ない!?なぜなら、昨今は会社も違法退職代行対策進んでいる。
・一般法人は退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースもあります …依頼するなら弁護士(手続き面倒で高い)に頼むか法適合の労働組合(本サービス)です。
(詳しい解説はこちら


3位:女性の退職代行【わたしNEXT】 ★女性 ★迷ったらココ

料金
正社員・契約社員 29,800円
パートアルバイト 19,800円

女性の退職代行【わたしNEXT】は、女性特有の悩みやストレスから解放し「次のわたしへ」行けるようサポートするサービスです。

特に女性は、強気な上司であったり、人手不足や人間関係を悪くしないようになどの職場の空気に配慮して、退職を言い出せずに苦しんでいる人も多くいます。

また、そこまで深刻ではないけど仕事がつまらないと感じていたり、上司や同僚などと合わない、職場の雰囲気が合わないなど、何となく次に行きたいなぁと日々感じている方も多いかと思います。

そのような女性に代わって会社側への退職の連絡を代行するサービスです。
(詳しい解説はこちら


3位タイ:男の退職代行

料金
正社員・契約社員 29,800円
パートアルバイト 19,800円

男の退職代行は、男性のみを専門に扱うことで、特有の悩みに考慮し、辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ男性を退職ストレスから解放、「今よりも良い条件の仕事へ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。

ストレス社会と言われる現代において、男性にも特有のストレスが増えています。

労働時間やノルマといった職場環境からのストレス、上司や同僚との人間関係、なかなか上がらない収入など、「ブラック企業」ではないけれども日々の勤務の中でストレスを常に感じている、上司や周りの目を気にしてしまい辞めることを言えない、といった仕事や退職に関する悩みを抱えている人も多いかと思います。

そのような男性に代わって会社側への退職の連絡を代行するサービスです。
(詳しい解説はこちら


↓ 退職代行に依頼してみましたか?
  まだ依頼してなくてもOK。さいごに【結論】をおいてあるのでそこでも大丈夫。
↓  もうちょっと説明が続くので、安心してこの先も読みすすめてください。

業者選びで迷ったら、どう考えたらいい?

【結論】としては、

業者選びで迷ったら、「迷ったらみんな使ってるココ」と

弁護士監修サービスの退職代行Jobsで間違いないです。

十分なサービスに平均的な値段で総合点も高いです。
(詳しい解説はこちら

・・・しかし、女性問題で悩んでいる/裁判になりそうな問題をかかえていて弁護士に頼みたい、など、各々の事情があると思います。
そのときは「他に条件が合うならココでも」とこの記事でおすすめしている業者からあなたに合ったところを選ぶべきです。

知識:「会社にいかなくなる日」と「退職日」は違う

退職代行サービスは即日会社に行かなくても良いと書かれていることが多く実際に会社に行かずに済むことがほとんどです。

しかし、退職日はずれることが一般的で、実際に退職代行サービスからも説明されることが多いのです。

退職日がずれるのが一般的なのは、雇用契約が関係してきます。

民法上は2週間で契約が解除できますが、実際は企業側の雇用契約も確認し、1ヶ月程度の期間をおくことが一般的だからです。

退職代行サービスを利用しても、雇用契約を無視できるわけではありません

雇用契約自体に問題がある場合を除き、最低限の配慮を行わなければトラブルの元になります。

そのため、正式な退職日は30日後とし、その間は有給の消化や精神面の不調を理由とした病欠などと扱うことが多いのです。

退職日の認識がずれると、転職や失業給付の手続きに支障が出る場合があります。

退職代行サービスを利用する場合は正式な退職日を確認し、トラブルを防ぐ意識も大切です。

ランキングまとめ

最後にもう一度、退職代行に迷ったときの結論を置いておきます。

失敗しない退職 を是非実行してみてくださいね。


■1位:退職代行Jobs ★迷ったらみんな使ってるココ

■2位:退職代行ガーディアン ※他に条件が合うならココでも

■3位(同):女性の退職代行【わたしNEXT】 ★女性なら、迷ったらみんな使ってるココ

■3位(同):男の退職代行 ※他に条件が合うならココでも

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました