転職が不安な人向けノウハウ本!成功へのアドバイスやコツ

【転職のコツ】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

サイバーセキュリティ, 募集, Professional, インターネット, ウェブサイト, ビジネスマン

転職することにした!
でもよくわからないし色々相談もしたいけど何をどしたらいいか。
相談するにも基礎知識もほしいし、本でも読んで始めたいな

初めての転職で不安いっぱいだよね。
失敗はしたくないし、いい会社に入りたいよね。
転職のノウハウや不安を解決してくれるオススメの本も紹介するね

転職が不安な人向けノウハウ本!成功へのアドバイスやコツ

仕事, インタビュー, ハンドシェイク, 雇用, キャリア, アプリケーション, 候補者, 雇った, ビジネス

初めての転職の場合、新卒のときとは勝手が違うので戸惑う方もいるのではないでしょうか?

まず転職活動の期間はどのくらいかかるのかというと、だいたい3ヶ月前後と言われています。

一般的に、転職活動は約3ヵ月で完了させている人が多いようです。
「今すぐ転職したい!」と焦ってしまい、準備段階でやるべき自己分析や業界研究を選考中に行うと、書類提出や面接までに時間が足りずに中途半端になってしまう可能性があります。

納得の行く転職ができるよう、これからこの記事の中で紹介する転職ノウハウを参考にしてみてくださいね。

このように、転職活動を効率的に行うためには、まずはその全体像をとらえておくことも重要です。

ここからは、転職活動中のシーン別に、更に細かい転職ノウハウについて詳しくご紹介します。

自分の「売り」「長所」を見つける方法

サングラス, 書かれました, 学校, リターン, クラス, 執筆, 学習, 先生, 成功します。, 学校に戻る

転職活動では、自分をいかにアピールできるかがとても大切です。

しかし、自分のアピールポイントを見つけるのはなかなか難しいですよね。
ましてや、初対面の採用担当者に対して、自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか?

そんなときにオススメなのが自己分析をしてみることです。
いままでの自分を洗い出して強みを見つけるためには、以下の3つの視点にわけて考えてみるのがポイントです。 強みを洗い出すポイント

これまでの仕事でやってきたこと
資格や特技に関すること
自分の性格に関すること

このようにポイントをおさえた自己分析をして、あなた自身を見つめ直すことで、自分はどんな部分が強みなのかを、より客観的に知ることができるでしょう。

以下の記事では、アピールポイントを見つける方法だけでなく、それをどのように伝えるのかについて詳しく解説しています。
アピールポイントで迷ったら、一度目を通しておきましょう。

また、自己分析の本として有名なのはこちらです。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

  • 自分の「トップ5の資質(強み)」が分かるWEB診断付き(1冊につき1回のみ)
  • ぞれぞれの資質(強み)の活かし方が書かれている
  • 自分のいいところを客観的に教えてくれるので、自信につながる

こちらの本は、WEB診断ができるシリアルナンバーが入っていますので、中古品を買わず、新品を買うようにしましょう。

<あわせて読みたい>
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】

今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
35歳は転職の限界じゃない!後悔しない40代の転職成功術
妊活中でも転職活動していいの?両立する方法

転職回数が多いと不利?
転職が不安な人向けノウハウ本!成功へのアドバイスやコツ

業界研究と企業研究は必須!

Two White Printer Papers Near Macbook on Brown Surface

理想の会社に巡り合うためには、会社のこと、業界のことを知ることが大切です。
そのためには、業界研究企業研究が欠かせません。

とはいえ、企業研究や業界研究の具体的なやり方を知らないという方もいるのではないでしょうか?
どちらも、知っておきたいポイントをおさえて調べることが大切です。 知りたいポイント

業界研究
業界の全体の現状・代表的な企業・業界の構造・業界の安定性・業界の成長性・他の業界との関係性

企業研究
企業ビジョン・事業内容・業界での地位・競合企業との違い・企業の現状・企業の将来性・企業の雰囲気・志望職種の仕事内容・教育制度

また、業界研究の場合、業界地図が一冊あると便利です。
以下は編集部オススメの業界地図なので、調べる手間を減らしたい人は、参考にしてみてください。

「会社四季報」業界地図

  • 図解が多くてわかりやすく、読んでいて楽しい
  • VRや人工知能など最新の注目業界まで紹介する網羅性の高さ
  • 記者のチェックポイントで気になるポイントがまとめられている

業界地図は毎年発行されているので、最新版を手に入れるようにしましょう。

<あわせて読みたい>
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性

地方に転職する厳しい現実!上手に求人を探すおすすめ方法

年収別:税金があがる境目一覧(年収別 手取り一覧)

履歴書や職務経歴書が、最大の壁

ビジネス, スタッフ, 人事課長, 選択, 候補者, 喜び, 乾杯, セット, 新しい, 従業員, 募集

自己分析で自分の強みを理解し、企業研究・業界研究で相手を分析できたら、いよいよ求人に応募します。
選考で最初の関門となるのが、書類審査です。

転職活動は履歴書職務経歴書の提出を求められることが多いため、書き方に間違いがないかしっかりと見ておく必要があります。

履歴書については、誤字脱字をなくすといった基本的なことはもちろん、表記の仕方などの細かい部分にも気を使いましょう。 履歴書記入の注意点

読みやすさ・伝わりやすさを意識して記入する
読んだ人がどう感じるかが一番重要
それぞれの項目の注意点を確認してから書き始める

職務経歴書は、見せ方が重要です。
履歴書に比べて自由にカスタムできるので、あなたの強みが伝わりやすくなるように工夫しましょう。 職務経歴書記入の注意点

企業が欲しい人材を把握してから書き始める
志望先に合わせて、プッシュしたい経歴を決めておこう
具体的なエピソードや数字を入れて書く

詳しい書き方は以下の記事にまとめてありますので、見ながら書いてみましょう。

また、以下のような書籍もありますので、気になる方は手にとってみてはいかがでしょうか?

受かる人はここが違う! 履歴書・職務経歴書 採用される書き方

  • 記入例を利用した説明でわかりやすい
  • 書き方だけでなく、書く内容を考えるための準備についても紹介されている
  • 30パターンを超える職務経歴書の実例が掲載されている

それぞれの書類の特性を理解して、より採用担当者にささる書類にしていきましょう。

<あわせて読みたい>
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
同時進行(複数応募)は何社まで?効率化と管理
募集(応募)の必須条件を満たしていないけど応募していい?通過する?

面接官の意図を意識して答える

エキスパート, Professional, 実業家, リクルート, レンタル, 雇用, 人材育成, Hr

面接が上手くいかないという人は、大きく分けて2つの原因が考えられます。
質問の意図とずれた回答をしてしまっている、そしてもう一つは、面接でのマナーが守れていない可能性です。

面接官からの質問に答える際には、面接官の意図を意識して答えることが重要です。面接官が面接を通して見ている以下の4点を意識して、面接に臨みましょう。 面接官が知りたいこと

今までの経験
仕事で役立つスキル
会社で何をしたいかという未来のビジョン
会社や部署との相性

もちろん、これらを意識して答えるためには、しっかりとした下準備が必要です。
下準備の際には、以下の点を参考に行いましょう。 面接前の準備

自分の経験や未来のビジョンを書き出す
定番の質問にどう答えるか考えておく
社風などを事前に調べ、企業の色と大きくずれないようにする

そして、もう一つ大切なのが面接時のマナーです。
まずは、面接マナーの一部をご紹介します。 気をつけたい面接マナー

私服OKでもジャケットは着用する
面接官が入室したら、起立してお辞儀をする
足を組む、椅子にもたれかかるなどの態度はとらない

この他にも、注意したいマナーがあるので、服装や面接中の態度などに失礼がないか、今一度以下の記事で確認してみましょう。

ビジネスマナーは転職後も役に立ちますから、しっかり身につけておきたいですね。
社会人としてのマナーを身につけたい方には、以下の本がとてもわかりやすくオススメです。

イラストでよくわかる おとなの作法

  • スーツやビジネス用品の選び方から、手紙・メールの書き方、SNSの作法まで幅広く紹介されている
  • 転職成功後も困ったときに役に立つ知識が豊富
  • イラストが多く、スラスラ読める

準備をしっかりとして、面接に臨みましょう!

<あわせて読みたい>
Web(ZOOM)面接対策!
転職の面接対策に役立つノウハウ本!
逆質問で差をつけよう!就職・転職で面接を突破する簡単な方法

退職までの流れ

man wearing watch with black suit

転職をする際は、もちろん現在勤めている会社を退職しなければなりません。その際の大まかな流れはこちらです。 退職するまでの行動リスト

辞める覚悟を再確認する
退職するタイミングを考える
上司に退職の意思を伝える
関係各所への報告
業務の引き継ぎ
必要書類をそろえる
会社から付与されていた物を返却
お世話になった人へのお礼

また、退職後すぐに次の会社へ入社できればよいのですが、退職から入社まで期間が空いてしまうこともあります。
次の会社までに期間が空いてしまう場合は、保険などの手続きが発生するため、事前に必要書類などを確認しておきましょう。

以下が、退職するにあたって必要になる書類です。 会社から受け取る書類

雇用保険被保険者証
年金手帳(会社に預けている場合)
離職票
源泉徴収票
健康保険資格喪失証明書
厚生年金基金加入員証

ただ、手続きが複雑なため、どうすべきかよくわからない場合は、以下のような退職の手続きをまとめた本が1冊あると便利です。

図解わかる 会社をやめるときの手続きのすべて

失業保険などの手続きは内容が変わることがありますので、なるべく新しい情報が掲載されている本を選びましょう。

<あわせて読みたい>
退職の始めから終わりまで 必要な書類と手続きを解説
失業保険はいつもらえる?いくら?不正受給がばれなかった人はいる?
無職2年目の住民税はいくら?他の税金や支払う額を解説

まとめ

就職の面接, 企業, インタビュー, メンター, キャリア, 募集, オフィス, 雇用, 仕事

転職活動をしていると、「なんだかうまくいかない…」「これってどうしたら…」と不安になることもありますよね。
そんなときには、今回のようにインターネットで調べたり、本から転職ノウハウを知るのも一つの手です。

わからないこと、不安なことはそのままにせず、解決していくことで、より前向きに転職活動に取り組むことができます。

転職ノウハウを活用しながら、ピッタリの会社を探し、内定をつかみ取りましょう。

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました