ディズニーストア:アルバイト採用の倍率は?面接突破のコツは1つのみ【キャスト】

【ディズニーで働く】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニーストア:アルバイト採用の倍率は?面接突破のコツは1つのみ【キャスト】

採用情報

あこがれのディズニーへ転職したいんだ
そしてディズニーストアが大好きなんだよね

わかるわかる。
オリエンタルランドもいいし、ディズニー本体もいいよね。
おすすめは新卒でも転職でも両方目指すことだ。相乗効果間違いなし!
とりあえずどんな会社なのか理解することから始めていこう

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

<あわせて読みたい>
ディズニーホテルのキャストについてはこちら!
ディズニーホテルのキャスト(アルバイト)になる方法!仕事内容

ディズニーストアはディズニーの商品を扱う公式ストア

引用 公式HP

ディズニーストアはディズニー・コンシュマー・プロダクツ(ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ)が運営するディズニーの商品を扱う公式ストアです。

1987年にアメリカ・カリフォルニア州のグランデールにあるショッピングセンターに第一号店をオープンさせたのがはじまりです。

ディズニーストアはディズニーマジックを演出する仕事

ディズニーストアで働くことは、「ディズニーマジックを演出する仕事」、「世界一のショーステージを演出する仕事」でもあります。

そのためディズニーストアでは、「いらっしゃいませ」といった接客用語は使いません。

ディズニーパークと同じように店員を「キャスト」や「ストアキャスト」、来場者は「ゲスト」、店内は「オンステージ」、倉庫や事務所は「バックステージ」と呼ばれています。

ディズニーストアのアルバイト:業務内容

ディズニーストアバイトの仕事内容は、ゲストサービス、キャッシャー、ランナー、ビジュアル、クリンリネスの5つです。

ゲストサービス(接客)

ディズニーストアでは、接客のことを「ゲストサービス」と呼びます。

訪れたゲストにディズニーのことを知ってもらい、ディズニーのファンになってもらうことが仕事です。

小さなゲストやシニアのゲスト、熱烈なディズニーファンのゲストもおり、ゲストに寄り添うコミュニケーション力が求められます。

ビジュアル(商品陳列)

ディズニーストアでは商品を陳列する仕事を「ビジュアル」と呼びます。

ホームベース(本社)で作成したステージセット(陳列見本)の通りにサクサク並べる仕事です。

慣れてくるとゲストにとって商品を見やすく、そして手に取りやすく配置を工夫することができるようになります。さらにベテランになると、商品の発注業務も任されるようになります。

キャッシャー(レジ)

レジの担当です。週末やクリスマスなど、イベント時には絶えず行列ができます。

機能的なレジなので使い方は難しくありません。ラッピングの対応や外国人のゲストの免税処理、ポイントクラブの紹介もおこないます。お買い上げのゲストを笑顔で見送るまでが仕事です。

ランナー(品出し)

ディズニーストアではバックステージ(倉庫)から商品を陳列の前まで運ぶ仕事をランナーと呼んでいます。たくさんあるディズニーストアの商品をいかに効率よく運ぶかが、忙しいなかで求められます。

クリンリネス

ディズニーストアでは掃除のことをクリンリネスと呼びます。

ストアキャストは常にクリンチーフを携帯してステージ(売り場)が美しい状態に保ち、ゲストに気持ちよく過ごしてもらうことを念頭に仕事をします。

とくに鏡は小さいゲストが触ってしまうことが多いため、低い位置の商品は、常にしゃがんで指紋が付いていないかチェックします。

ゲストが商品を手に取りやすいように、綺麗に整理をすることも大切な仕事のひとつです。

ディズニーリゾートのアルバイトであるディズニーキャストのことを理解しておくと一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。ディズニー好きには超おすすめです!
面接対策にもなります!

面接突破のコツ:シフト希望の多さ(+ディズニー愛を添えて)

やはりディズニーが好きなことや、やる気や、笑顔や経験が重視されますが、

それらの前提条件をクリアする人たちが何人もいて、そのうち1人しか選べないとなったときに優先されるのは「シフトにどれくらい入れるか」です

いつでもシフトは入れます!とにかくディズニーが好きで働きたいんです!
という人は合格しやすいです。だって常に人不足なんですから!

入れる日が少ないとか、この職種しか嫌だとか、条件が厳しい人は、採用されにくいです。

その人の能力や面接の内容ではなく、同じ様な人がたくさんいて、条件が合わないそうです。
なので、どうしても、ディズニーで働きたい人は、シフトは融通が効く事をアピールして職種も多少は妥協する事も必要です。

やはり、入れる日が少ない人と、たくさん入れる人だったら当然たくさん入れる人が優先されるのは、当然かもしれませんね。

キャスト倍率は4~5倍!合格率は20~35%!

単純に志願者と採用者の割合で言えば数字上は、30%は合格すると言われています

逆に言うと、シフトをたくさん希望しておけば、憧れのディズニーへの道はぐんと近くなるってことか

※おまけ:ディズニー社員に興味がある人だけ読んでください

※「社員」に興味ない人は読み飛ばしてください!
話がややそれますので…

■ディズニーには、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知恵が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などから「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう」

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

※筆者は選択肢がたくさん欲しかったのでリクルートエージェントを使いました(求人数が国内最大で20万件。非公開求人は10万件もあるため) ※ただここは好みです

▶︎筆者の時は応募者が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした
(筆者の体験談でした!ご参考までに)

ディズニーストアのアルバイト:特徴

ディズニーストアバイトの特徴は、社割が利用できる点と高い接客スキルが身に付く点です。以下で詳しく説明します。

ディズニーストアの商品を社割で購入できる

ディズニーストアバイトはディズニー商品を社割で購入することができ、3年以上勤務すると割引率も上がります。

ディズニー好きにとっては大きなメリットです。

ディズニークオリティの接客が身に付く

ディズニーストアでバイトをすると、ディズニークオリティの接客を身に付けることができます。

ディズニーの接客レベルは、ディズニーフィロソフィーとして研修機関が存在し、多くの企業が社員教育に利用するほど世界的に認められたメソッドです。

バイトの雰囲気はどんな感じ?

女性の学生や若い主婦のバイトが多く、和気あいあいとした雰囲気という口コミがほとんどです。バックステージでも笑顔が絶えず、忙しいイベント時でもみんなで乗り切ろうという雰囲気があります。

ディズニーストアの雰囲気や雑貨が好きという人が多く、好みの似た人と働くことができます。ネームプレートには好きなキャラクターの名前を書くため、それをきっかけに友人ができ、買い物や旅行も一緒にいったという口コミもありました。

働ける人

ディズニーストアのバイトは、店舗によっては高校生も働くことができます。

高校生のバイトが可能かどうかはサイトでチェックしておきましょう。

身だしなみの規定

ディズニーストアでは制服が貸与されます。半袖と長袖があり、季節を問わずどちらを着用しても問題ありません。制服の下に着る肌着の色は白または黒と決められています。

また、ヘアスタイルは金髪NG、派手な髪色もNGですが、茶髪まではOKとされています。髪は結びましょう。結ぶものもシュシュ幅4cmなどの細かい規定があります。

ピアスはぶら下がるタイプのものはNGですが、ワンポイントまではOKです。

アクセサリーは、結婚指輪など大切な小物1点のみ着用可能です。ネイルとヒゲは完全NGとなっています。

福利厚生

通勤手当

交通費の上限はありますが、支給されます。

社割がきく

ディズニーストアの商品を社割で購入することができます。

3年以上勤務をすると、割引率も上がります。日本全国のディズニーストアはもちろん、海外のディズニーの直営施設なども割引価格にて利用できるようになります。

勤続ピンが付与される

ディズニーストアで長年働くと長期勤務を称える「勤続ピン」が配布されます。

ディズニーファンには大きなポイントですね。

時給、昇給

時給は店舗によって異なりますのでここでは東京の「東京スカイツリータウン・ソラマチ店」の例をご紹介します(2020年2月末時点)。

時給1,050円~1,510円 

ディズニーストアではキャストの昇格制度が充実している点も嬉しいポイントです。

入社後すぐは、トレーニーキャストとなります。ディズニーストアキャストとして守るべきルールやサービスに対する考え方、方法などの仕事の基礎について学びます。

その後、ジュニアキャスト、シニアキャスト、リードキャストと昇格します。さらに、正社員への登用制度も充実しています。

勤務時間

8:00~22:00の間でシフト制
 1日7.5Hのフルタイム勤務
 1日4H~7.5Hの短時間勤務

フルタイム勤務の場合は1時間半の休憩がもらえ、水分補給の時間もあります。勤務時間は相談に応じてもらえます。

ディズニーストアのアルバイト:身に付くスキル

ディズニーストアでバイトをすると、ディズニークオリティの接客スキルを身に付けることができます。ディズニークオリティは様々な企業が研修として採用するほど高いスキルなので、就活にも有利といえます。

ディズニーストアのアルバイト:きついこと

ディズニーストアのバイトでキツイのはどのようなポイントでしょうか?口コミなどをまとめます。

週末やイベント時は忙しい

全国どこのディズニーストアでも週末やイベント時は大変にぎわいます。

とくにクリスマスなどのイベント時は稼ぎ時のため、休みにくいのがデメリットです。

季節ごとの商品入れ替えが大変

ディズニーストアは季節ごとやイベントごとの商品入れ替えが多く、ランナーやビジュアルの仕事は重労働です。

ディズニーストアのアルバイト:評判や口コミ

ディズニーストアのバイトはディズニー好きの人にとってはたまらない楽しみがあります。

ディズニークオリティの接客を学べるため、コミュニケーション能力が養われるという口コミも多数です。

ディズニーストアにはディズニーファンのゲストが多く来店するため、ディズニーグッズが雑誌などに掲載された際には朝のミーティングで確認し、頭に入れておく必要があります。

また、イベント時にはプレゼント用のラッピング作業も多いため、忙しくて大変という口コミもありました。

ディズニーストアのアルバイト:人間関係

ディズニーストアバイトの人間関係で悩むことはほとんどないようです。

社員が常駐しており、女性店長も多いため、何かと相談しやすいという口コミが目立ちました。

ディズニーストアのアルバイト:面接を突破のコツ

ディズニーストアバイトの面接情報についてまとめます。面接に持っていくべき持ち物や、面接の内容、最低勤務条件、面接に受かるための服装や身だしなみなどをチェックしましょう。

持ち物

履歴書は持参するか郵送します。

面接の際は志望動機やどの程度シフトに入れるかといった基本的な質問以外に、ディズニーの好きなキャラクターやその理由、ディズニーで感動したエピソードなども聞かれます。

最低勤務条件

最低勤務条件は1日4時間勤務でもOKです。

土日祝日や、繁忙期に出勤できる人が歓迎されます。

服装

ディズニーストアは学生バイトも多く、カジュアルな服装で面接を受けている人も多いため特別かしこまる必要はありません。

過度な露出を避け、清潔感のある服装を心がけましょう。

ディズニーストアのアルバイト:面接後の流れ

採用連絡は1週間ほどという口コミがほとんどです。

採用後は、ディズニーフィロソフィーの研修からスタートします。

ディズニーの考え方や、客への接客方法などディズニーランドと同じものを学ぶことができます。

その後もディズニー流の掃除の仕方や服のたたみ方、ゲストを迎え入れる姿勢、声出しなどを学び、しっかりとした研修が受けられます。

ディズニーストアのアルバイトをやってみよう

ディズニーストアのバイトの魅力をまとめると次のようになります。バイト選びの際の参考にしてください!

・ディズニー好きの集まりで楽しい雰囲気
・ディズニークオリティの接客が身に付く
・充実した昇給制度

ディズニーに関わる仕事は世の中にたくさんある

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

とにかくディズニーが好きなだけなんだけど

好きということが一番。それがモチベーションにもなるし、自分の知らないスキルや意外な経験を会社は求めているかもしれない

自分じゃどうしようもないよ

必ずあなたの中に活かせる経験やスキルがある。

それを言語化してるかしてないかだけだ!

以下でどう挑戦すべきか詳しく説明するね

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニーのすべての関連会社まとめ
米ディズニー、日本ディズニーカンパニー、オリエンタルランド、ディズニーホテル、ディズニーストア、イクスピアリ、リゾートライン、清掃(バックヤード系)企業、スポンサー企業など…随時追加中

キャスト募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本常に行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ディズニーストアを運営しているウォルトディズニージャパン」やディズニーリゾート運営の「オリエンタルランド」や「ディズニー関連会社」に就職・転職してしまうのがいいです!

【解答】どうやったら「特別なスキルがなくても」「ディズニーに関われるか」考えてみました

ただし…
  • ただしディズニ-があまり好きでない場合は、無理して行動するのは辞めましょう
    他に目指したい人はたくさんいるので、ぜひその人達にゆずって欲しいです
START!
  • ディズニーに仕事として関わりたい!という熱い気持ちを持っている。
      ▼
  • ディズニーやそれ以外にもディズニー関連の仕事は世の中にたくさんある
    (IT・飲食・アパレル・事務・営業・接客などなど)
      ▼
  • それだけ数も可能性もあるから、あなたのスキルや経験は、必ずどこかでいかせる
      ▼
  • そのためには、ディズニー関連+経験をいかせる仕事や職種を見つけなければいけない(逃してはいけない)
      ▼
  • 世の中にある求人をできるだけ”こぼさず”チェックすればいい
      ▼
  • たくさんある転職サイトや転職エージェントやハロワを駆使して洗いざらい全ての求人から探すのが理想
      ▼
  • 実際は全ての求人を見るのは不可能なので、求人数をたくさん持っている転職サービスに何個か登録して、カバー率をあげるのが現実的
      ▼
  • ディズニー系企業は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
    ・・・一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃すので、この先でおすすめする転職エージェントに登録しましょう。
      ▼
  • 転職エージェントに登録してみて→求人や非公開求人を見る→イマイチなら放置(後でまたチラ見しにくる)でもいい
    ※無料なので一度見てみることをおすすめします。視野が広がります!

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

求人票の[応募条件]はあまり気にしないでいい(自信を持とう)

求人票には「必須条件:3年以上の経験」「歓迎条件:ビジネス英語力」などと書かれています。

あなた「自分の経験は2年しかないから無理か。英語も苦手だし」

あなた「応募するのやめよう

これは大損です!

あなたにはそれ以外にスキルや経験があればそれをアピールすれば、全く問題ありません。

逆に「3年の経験があって英語が話せたら受かるのか?」→答えはもちろんNOです。

企業側から見るとあくまで「3年くらい働いていたら何かしらのスキルを身に着けているかな?」という基準に過ぎません。

1年で企業の求めるものを持っている人もいれば5年でももっていないひともいます。

なのできにせず応募しましょう。(応募するだけならノーリスクです)
不安なら転職のプロに相談することです。自分が応募すべきかを見える化できます。

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました