ボーナス(賞与)の額面10~80万円の手取りは各々いくらか?年収アップ術

【給料の悩み】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ボーナス(賞与)の額面10~80万円の手取りは各々いくらか?年収アップ術

銀行, ノート, 現金, マシン, 英ポンド, お支払い, 札, ショップ, ショッピング, ビジネス, 給与

ボーナスもらったけど税金たくさんひかれるんでしょ。結局手取りっていくらになるの?みんなどれくらいもらってるの

うっしっし。一般的に年に2回、夏と冬に支給されることが多いボーナス。年収に含まれるわけだし会社員にとってボーナスは貴重な収入源だよね

うん。ボーナス多い分月収少ない会社も多いしね。ボーナスありきだよ結局。

金額や支給回数は、企業や業界、年代によっても大きく異なるよね。
ボーナスについて解説する。ボーナス額が期待できない人や、ボーナス自体に無縁である人の場合、企業によって事情が大きく異なることを知る良い機会になるよ。転職を検討する際、大いに参考にしてね

ボーナスとは(額面シミュレーション)

現金, コイン, 英ポンド, お金, ファイナンス, 通貨, シャドウ, 経済, ビジネス, 投資, 銀行

給料以外に夏季や年末などに支払われる一時金、賞与、特別手当のことを、通常ボーナス(賞与)と言いいます。

支給日は企業によって異なるが、国家公務員の場合、夏が6月30日、冬が12月10日の年2回と法律で定められています。令和元年現在、国家公務員のボーナスは4.5ヶ月分と決まっ ています。

民間企業は、国家公務員と同日または12月中旬までに支給されることが多い。中小企業の場合は、会社の業績や経理業務の都合により日程は変動します。

回数も年に1回や3回と異なっており、ボーナス自体を制度として導入していない企業もあります。

民間企業のボーナスは、会社の業績に左右されるため、国家公務員のボーナスに比べると不安定。ボーナスは給料とは位置付けが異なり、労働基準法などで企業に支払いの義務が定められていません。

よって業績に合わせて、企業が「払う・払わない」を決めることが出来ます。時期によってボーナス額に差が生まれるのはこのためです。

給料アップは「あなたの頑張り」1%「会社が儲かっているか」99%で決まる

給料アップするかどうか
結局、「その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まります

つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばっても、出世や給料がドンと上がることはないと言っていいでしょう
そして、儲かっている会社にいるあまり仕事のできない若者が、必死で頑張っているあなたより稼いでいるのは悔しいですよね・・・

儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(今が低い人はとにかくおすすめ)(実体験)

なので、急いで適当なところに転職はせず、

①まずは働きながら転職活動だけ始めてみましょう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、未来への希望が湧いてきます(筆者の実体験)

※筆者は選択肢がたくさん欲しかったのでリクルートエージェントを使いました(求人数が国内最大で20万件。非公開求人は10万件もあるため)
※ただここは好みです。リクルートにない求人を多数持っているdodaも使って筆者は活動してました。

②求人票は毎日のように更新されるので、いいところがあったら応募→もし採用となれば、いざおさらば!
なかなかいいところがないなら今の会社でお給料をもらいながら転職活動を続けてチャンスを待てばいいのです。

エージェントの担当者に年収交渉は丸投げして、希望年収も高めに設定すればOKです!

ボーナス(賞与)10万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)10万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス10万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス10万円という金額は、平均からみるとかなり少ないといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス10万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)10万円の手取りは、8万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が10万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=10万円
所得税=14200円
社会保険料=28000円
手取り計算結果=80000円

ボーナス(賞与)20万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)20万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス20万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス20万円という金額は、平均からみるとかなり少ないといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス20万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)20万円の手取りは、16万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が20万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=20万円
所得税=5000円
社会保険料=28000円
手取り計算結果=165000円

ボーナス(賞与)30万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)30万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス30万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス30万円という金額は、平均からみると少ないといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス30万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)30万円の手取りは、24万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が30万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=30万円
社会保険料=42,882円
源泉徴収税=15,751円
手取り計算結果=241,367円

ボーナス(賞与)40万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)40万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス40万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス40万円という金額は、平均からみると少ないといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス40万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)40万円の手取りは、32万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が40万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=40万円
社会保険料=57,176円
源泉徴収税=21,001円
手取り計算結果=321,823円

ボーナス(賞与)50万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)50万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス50万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス50万円という金額は、平均からみるとやや少ないといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス50万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

<あわせて読みたい>
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性

ボーナス(賞与)50万円の手取りは、40万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

おおよその計算でも、少なくとも約15%はボーナス額から控除。これだけでも、50万円のボーナスの場合、約7万5千円が引かれる計算です。加えて所得税の税率は前月の給与額で変動するため、場合によっては約10万円以上も控除されます。

ボーナスの額面が50万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=50万円
社会保険料=71,470円
源泉徴収税=26,251円
手取り計算結果=402,279円

ボーナス(賞与)60万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)60万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス60万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス60万円という金額は、平均からみるとちょっと少ないといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス60万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)60万円の手取りは、48万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が60万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=60万円
所得税=25000円
社会保険料=86000円
手取り計算結果=485000円

ボーナス(賞与)70万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)70万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス70万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス70万円という金額は、平均とほぼ同じといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス70万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)70万円の手取りは、56万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が70万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=70万円
所得税=35000円
社会保険料=100000円
手取り計算結果=560000円

ボーナス(賞与)80万円:手取り【みんなより多い/少ない?】

ボーナス(賞与)80万円はみんなより多い?少ない?

ボーナスの支給額は企業や業界、職種や勤続年数によっても大きく異なる。公務員と民間企業でも大きな差が生まれています。

では、ボーナス80万円は実際には多いのか、少ないのか。2019年国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、民間企業の年間ボーナス平均額は69万7千円

男女別では、男性が89万9千円、女性が41万1千円となっています。よってボーナス80万円という金額は、平均より多いといえます。

またボーナスには、法律に基づいて控除される法定控除があります。企業は、従業員の了承がなくてもボーナスから控除することができます。

ボーナス80万円が総支給額の額面であった場合、手取りとして実際に口座に振り込まれる金額はさらに減ることになります。控除額の計算方法も理解しておくことが必要です。

もし、支給されているボーナスが平均より少ない場合、ボーナスが多い企業への転職を考えることも、生活を豊かにする方法の1つです。

ボーナス(賞与)80万円の手取りは、62万円

ボーナスから引かれるものには、大きく分けて社会保険料、雇用保険料、所得税の3つがある。毎月の給与から控除されるものとほぼ変わらないです。唯一、住民税だけはボーナスから控除されません。

ボーナスの額面が80万円の場合、手取りの計算結果は以下の通りとなります。

額面=80万円
所得税=60000円
社会保険料=115000円
手取り計算結果=620000円

ボーナス(賞与)「平均額」という嘘と罠

手取り額からのシミュレーションなどを利用して、支給されているボーナスに対し、税金や社会保険料がどのくらいかかっているのか、自身のケースを計算してみましょう。

ボーナスから控除される額を抑えることができれば、手取り額はより多くなります。

社会保険料などは自分で調整できるものではないが、残業代などといった諸手当を抑えて、なるべく前月の給与を増やさないようにし、税率を下げることができれば、ボーナスから控除される金額を少なくすることができます。

ボーナス額が高くても、同時に控除される金額も多くなるため、一概に素直に喜べないこともあります。従業員は、控除される金額や仕組みについてしっかりと理解しておきましょう。

<あわせて読みたい>
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性

アーキテクチャ, 建物, ビジネス, シカゴ, 市, 都市の景観, 地区, ダウンタウン, 大都市圏

日本経団連が発表した2018-2020年の冬のボーナス平均額は、過去最高でした。平均支給額は95万6744円で2年ぶりに前年を上回って最高額です。

しかしこの結果は、そこに加盟する一部上場企業といった大手企業の平均額であることを理解してほしい。

大手企業のボーナスが高いのは、好調な企業業績を反映したものだが、アベノミクスによる円安・株高の恩恵を受けているのも確かです。

しかし中小においては好業績な企業ばかりではなく、大手企業のようにはボーナスが支給されていません。大手企業と中小企業の格差がますます拡大している現実です。

しかし中小企業庁によると、国内にある企業約421万社のうち99.7%が中小企業です。また、従業員数全体で4013万人のうち、約7割にあたる人が中小企業に勤めています

働いている人の大多数は中小企業の社員であることを考えると、ボーナス過去最高額の実態と現実社会での実感は、かけ離れているのではないでしょうか。。

基本給のベース自体も大企業が中小企業より上回っています。勤続年数が長くなるにつれ、年収も高くなる傾向がある日本では、同じ年代で勤続年数が同じであっても大企業と中小企業とに勤めるのでは、年収や給与の格差は広がるばかりです。

ボーナスの格差も給与と同じ傾向にあります。今後の年収の見通しを立てるためには、現在勤めている企業の見直しも必要なのではないでしょうか。

月給とボーナスどっちが重要?

泊, 市, 上海, アジア, 東, アーキテクチャ, 都市, ライト, 都市の景観, スカイライン, 高層ビル

「ボーナスはあるが、月給は安い」

「ボーナスがないが、月給は高い」

一体どちらが得なのか。転職を決める際に、見極める重要なポイントを知っておきましょう。

ボーナス支給というだけで、特別感が生まれて楽しみが増えますよね。生活にメリハリも出てきます。月給が安くても、ボーナスのご褒美を楽しみに仕事へのモチベーションも上がります。

そのくらいボーナスは、精神的に心を豊かにしてくれます。働く上で、モチベーションは大切です。

しかし、ボーナス支給は会社の業績などに左右されるため、毎回必ずもらえる保証はないのです。よって、ボーナスを期待したマネープランを立てるのは避けておきたいですね。

逆に月給は高いがボーナスがない場合、特別な楽しみはないが、毎月の給与に変動がないため、マネープランが立てやすいです。また月給が高い分、残業などの割増賃金の対象となる手当額が大きくなります。

給与から控除される社会保険料も、ボーナスから引かれる分がないため、月給が高い方がお得になる場合があり、メリットも多いです。

しかし雇用側としては、法定上支払義務のないボーナスを制度として設けておいた方が、何かと都合がつけやすいため、ボーナスという制度がなくなることはないでしょう。

ボーナス(賞与)がでるのは大企業ばっかり?

近年、日本は企業収益の水準は高く好景気だといわれています。しかし中には、その恩恵を受けていない社員もいるようです。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが発表した「冬のボーナス見通し」によると、中小・ベンチャー民間企業のボーナスの少なさが顕著です。成果を上げても賞与に反映されないと、働く意欲は減る一方ですよね。

中小・ベンチャー企業は大企業に比べると、ボーナスの額は少ない傾向にある。景気動向や取引先の状況、業績によって左右されるせいですね。

<あわせて読みたい>
中小企業でも決算賞与は出る?平均や大企業との比較や相場まとめ

利益が出ていない赤字の場合、経営が安定しないため、ボーナスが少なくなる傾向があります。年俸制のように、そもそもの月給が高い場合もボーナスがなかったり、少ないことがあるのです。

また、赤字を出した親会社の社員にはボーナスが支給されるが、現場社員には支給がないといった上層部と現場社員との待遇差も実在します。同じ企業内で明らかに待遇の違いがあると、懸命に働いている意味を見失ってしまいますよね。

待遇について改善点はないのでしょうか、今一度見直して今後の働き方をより良い方向へ導いてほしいです。

ボーナスの有無、額は企業の規模によっても異なるため、働く側も現状に納得がいかない場合、ボーナスの多い会社や正当に評価してくれる会社に転職するなど、自ら動くことも必要です!

<あわせて読みたい>
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
同時進行(複数応募)は何社まで?効率化と管理

ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】

今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
転職回数が多いと不利?

転職するなら必ずボーナス(賞与)をチェックしよう

お金, ドル, 成功, ビジネス, ファイナンス, 現金, 投資, 富, 銀行, 貯蓄, 金融, アメリカ

転職の際には、労働契約や就業規則などをしっかり確認することをお勧めします。

ボーナス、賞与が給与に含まれるかどうかは、非常に重要なポイントです。労働契約や就業規則を見て、明確に規定されているか確認しましょう。

もし、労働組合が存在する企業であれば、会社との合意事項を定めた「労働協約」にボーナスや賞与に関する取り決めが記されていることもあります。

労働組合に加入しているのであれば、労働協約も確認しましょう。もしボーナスの支給がされなかった際、雇用主との認識の違いを生まないように、従業員は規定を理解しておく必要があります。

転職のポイントとして、雇用形態や年収額はもちろんだが、ボーナスの有無についてもしっかりと把握しておきましょう。可能であれば、支給される額など、具体的な事前情報を多く得ましょうね。

ボーナスがほしい=給料アップは転職であっさり叶えられます(理由あり)

ドキュメント, 合意, 看板, ビジネス, 紙, ペン, 電卓

日々の活力として心待ちにするボーナス。しかしその規定は、企業によって大きく異なることがわかっていただけたかと思います。もしその金額が働きに見合わない、この先も増える見込みがないと思うなら、年収を上げるうえで転職は1つの大きな可能性です。

給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、「その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ

つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばっても、出世や給料がドンと上がることはないと言っていい

それだけならまだしも、儲かっている会社にいるあまり仕事のできない若者が、必死で頑張っているあなたより稼いでいるのは悔しいよね・・・(筆者もそうでした)

儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました


「転職活動したいけど、やることが多くてしんどそう

そう。大変なんだよね。自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました