【これで十分】冬ディズニーの持ち物!寒さ対策してクリスマスを楽しもう

【ディズニー】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

魔法の王国, ディズニー, ディズニー ・ ワールド, 城, クリスマスライト, 黒世界, 黒城

冬ディズニーランド・シーは寒いけど、雰囲気最高だよね。
クリスマスだしね

でも寒さ対策はしっかりしていこうね。防寒具など入念に準備しよう

<あわせて読みたい>
夏ディズニーの持ち物!熱中症・日焼け・汗対策、ずぶ濡れショー準備も
学生向けディズニーに行くときの持ち物リスト!お小遣いの金額
子連れディズニーガイド「持ち物」編!困ったときの対策も解説

【これで十分】冬ディズニーの持ち物!寒さ対策してクリスマスを楽しもう

ブランケット・ひざ掛け

冬のパークでショーやパレードを座り待ちする場合、ひざかけやブランケットは必須だと思っています。

というのも、座り待ちってメチャクチャ寒いです。アトラクションのスタンバイと違い、座っていると動くことができず、能動的に体を温めることができません。また、風と地面からの冷気をダイレクトに受けるため、あまりの寒さに眠気に襲われた経験が何度もあります。(もはや遭難です苦笑)

ひざ掛けやブランケットがあれば、座っている体を万遍無く保温してくれるだけでなく、風を避けたり、地面からの冷気を防ぐのにも役立ちます。

多少荷物にはなってしまいますが、ショーやパレードの座り待ちを計画している方には強くおすすめするアイテムです!

カイロ

説明不要の冬定番の防寒具、寒空の屋外で貴重な熱源ですね。

スタンバイ時やショーの座り待ち、パーク開園までの待ち時間など、ほぼ全ての場面で身体を温めてくれる強い味方です。自宅を出るタイミングで開封しておくと、パークに入園できる頃にはほんのりと暖まっているのでおすすめ!

手に持つカイロ以外にも、お腹回りや靴底に貼るカイロなど、特に寒い・冷たいと感じる部分に貼る専用のカイロもおすすめです。ただし、屋内はかなり暖かいので貼りすぎにも注意しましょう!なお、手に持つ使い捨てカイロはパーク内でも購入できます。お土産屋さんのレジ横とかに置いてあることが多いです。忘れてしまった方は活用してください!

折り畳みクッション

地面に敷く「折り畳みクッション」

ショーやパレードを長時間座り待ちするゲスト向けのアイテムと言えるでしょう。

レジャーシートでは防げない冬の地面やベンチの冷たさも、ポータブルクッションを敷いて座ることで防ぐことができます。クッションなので柔らかく、お尻が痛くなることも無いため、長時間座る場合に最適です。

ポータブルクッションはパーク内でも販売しているので、持っていない方は現地調達しても良いと思います。ただ、ポータブルと言ってもそれなりにかさばる大きさなので、注意してください。

マフラー・手袋・耳あて

外気と強風があり冬はめちゃくちゃ寒いです。

そこで、手袋や帽子、耳あて、マフラーなどの脱着可能な防寒具を何かしら持参しましょう。

若干荷物が多くなってしまいますが、気温や天候によってアイテムを使い分け、寒い・冷たい部分をピンポイントで覆って温めてください。

なお、屋外が寒くても、

逆にレストランやアトラクション内などの屋内はかなり温かいです。

そのため、手袋やマフラーなど脱着可能な防寒アイテムで、体温を調節できる方が快適に過ごせると思います。

温かい飲み物(水筒)

パークへの飲み物の持ち込みは、全部禁止。

そう思っている方は結構多いのではないでしょうか?

実際には、ビンや缶の持ち込みが禁止なだけで、

ペットボトルや水筒に関しては持ち込みは黙認状態になっています。
追記:近年のパークでは、熱中症や脱水症状などゲストの健康上の配慮のため、水筒の持ち込みは許可してる形になっています

みんなパークへ行く際には数本のペットボトルをカバンの中に入れて行っています。

エントランス付近でカバンの中をキャストの方にチェックされるのですが、まったくお咎めなく通過可能。

ところで、パークへ飲み物を持って行く理由は何だと思いますか?

理由は

パーク内で購入するペットボトルの金額が高い500mlで210円!)

ということ。

冬のディズニーには水筒を持参するのも個人的なおすすめです。

ぜひ、お気に入りのホットドリンクを入れて、体を温められるようにしておきましょう。

なぜ水筒(ホットドリンク入り)をおすすめするかと言うと、ディズニーランドとディズニーシーではホットドリンクは全て紙コップ(スタバみたいな)で提供されています。

そのため、ホットドリンクをパーク内で買ってもすぐに冷めてしまうんです。

まとめ

selective focus photography of baubles

冬ディズニーで必要なものを挙げてきました。

色々とかさばるものがあるので、最低でも以下の

・使い捨てカイロ
・脱着可能な防寒具(マフラー、手袋、帽子、耳あてなど)
・水筒(温かい飲み物を入れて)
・ひざ掛け、ブランケット
・ポータブルクッション

は用意していきましょう。

何度も言いますが、冬のディズニーは寒さが尋常ではありません。

しっかりと準備をして、楽しいイベントを満喫しましょう!

<あわせて読みたい>
夏ディズニーの持ち物!熱中症・日焼け・汗対策、ずぶ濡れショー準備も
学生向けディズニーに行くときの持ち物リスト!お小遣いの金額
子連れディズニーガイド「持ち物」編!困ったときの対策も解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました