転職:ブランク(空白期間)1年ほど何もしてないけど面接で受かるコツまとめ(ニート期間対策)

【転職方法の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

転職:ブランク(空白期間)1年ほど何もしてないけど面接で受かるコツまとめ(ニート期間対策)

silhouette of person

仕事が忙しすぎて会社を辞めてから転職活動をしようとおもったけど、ちょっと休憩していたら長くなっちゃった。

空白期間の長さを気にする企業が多いので、場合によっては選考で不利になりやすい。その理由について上手く伝えなければ、予期せぬ減点をされることになる。
空白期間があるときの言い訳の仕方について解説するね

<あわせて読みたい>
ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!

職歴に空白期間があると不利?

piled stones

まず大前提として、職歴に空白があることは日本社会で転職をする上において、デメリットになってしまいます。

人材紹介エージェントのワークポートが企業採用担当に「職務経歴におけるブランク期間があると不利になりますか?」とアンケートしたところ、90%が不利になると答えたといいます。

なぜ、空白期間がここまで不利になるのでしょうか?

ブランクがある=計画性がないと捉えられる

silhouette of man illustration

理由の一つとしては、「ブランクがある=計画性がない」と捉えられることが挙げられますね。

一般的に転職は、在職中に活動を終えるほうがよいとされています。
なぜなら、在職中に次の働き先を決めて退職とほぼ同時に就職することで、仕事のブランクや無収入の時期をなくすことができるからです。

しかし、無駄に長くブランクが空いてしまっている方は、こういった計画性を持たない比較的いいかげんな性格と思われてしまう可能性も高いのです。

行き当たりばったりで無計画に行動している印象を与えると、仕事に対しても適当にやっていると思われてしまうでしょう。
こういった理由から、ブランク期間が長い人は敬遠されやすいということです。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

不採用が続いている人材は何かしら問題があると思われる

縛られ, 一体感, 結ぶ, チームワーク, ビジネス, 古いです, 材料, グレー, セキュリティ, 一部

空白期間が長い人の中には、応募はしているにも関わらず、立て続けに不採用が続いているという人もいるでしょう。

企業からすると、他社で不採用が続いている人材は、何かしら問題があるのではないかという懸念は少なからず生じてしまうのです。

たとえば、ラーメン屋さんを例に出すと、行列ができている店の方がガラガラの店よりも美味しそうな印象がありますよね。

不人気な店は品質に問題があると思われがちですから、空白期間が長くなると自分が不人気の人材だと証明しているようなものです。

半年以内のブランク(ニート期間)は普通

selective focus photo of brown and blue hourglass on stones

もちろん、短期間のブランクはそこまで問題にはなりません。
前職が多忙だったなど、様々な理由で在職中に転職活動をできずに、退職してから転職活動をする方もいるでしょう。

企業から敬遠されない空白期間は、大体半年くらいが目安です。
一般的に、中途採用で応募から内定をもらうまでの期間が2~3ヶ月ですので、もし複数社に応募していた場合でも、半年ほどであれば転職活動は終了しているであろうと想定されます。

3ヶ月~半年くらいなら一般的な期間なので、そこまで気にする必要はないでしょう。
自信をもって転職活動に挑めばいいと思います。

半年以内のブランク(ニート期間)があるとそれなりの理由を用意しなくてはならない

round black and brown analog clock

もちろん、退職後の時間の使い方は人それぞれです。
それまでの貯蓄などで必ずしも半年以内に次の仕事先を見つけずに、家族と過ごす時間や趣味に没頭する時間に当てる方もいるでしょう。

しかし先述したように、企業からすると半年以上の空白期間がある方には、何かしらの懸念や不安が生じてしまいます。
普通に活動していれば半年以内に決まるはずですし、それ以上も空白があれば問題視されるわけです。

そのため、半年以上の空白期間が空いた場合には、それなりの理由を用意しなくてはならなくなることを覚悟しておくべきでしょう。

空白期間を良い期間に思わせるコツ!

person holding blue sand

堂々と話すこと

空白期間について、自信を持って語ることが難しいと思っている方も多いと思います。
ダラダラと過ごしてしまい、とても面接で話せるような経験をしていない人もいるでしょう。

しかし、その不安は企業側に必ず伝わってしまいます。
繰り返しになりますが、経験そのものよりもそこから何を得たかが重要です。

何気ない日常生活の中でも、得られるものは必ずあると思います。
それらにフォーカスして、自分にとってプラスの経験だったということを説明してください。

自身のブランクそのものに変に負い目を感じず、堂々と話すことが大切ですね。

「ブランク期間は自分にとって意味のあるものでした」

man on grass field looking at sky

先述した例以外にも、みなさん空白期間の中で様々な経験をされていると思います。

一番大事なことは、その空白期間で何をしてきたかということに加えて、そのブランクが自分にとって意味のあるものだったかを伝えられるかどうかです。

いくら先述した例のような経験をしてきても、それが自分にとって有意義なものであったことを理解してもらえなければ意味がありません。

言い換えれば、あたかも企業側にとって意味のないブランクだったと思われることも、話していく中で意味があったものだと思わせることができれば、そのブランクは有意義なものに変わるのです。

なので、ブランク期間中に経験したことをエピソードで話し、具体的にどのようなプラスになったのかを説明できるようにしてください。

「ブランク期間の中で得たものがあります」

man facing clouds during golden time

企業に自身のブランクが意味のあるものだったかと感じてもらうには、どうすればいいのでしょうか。

そのためには、空白期間の中で得たものをハッキリと伝えることです。
つまり、何をしてきたかを曖昧に長々と話すことが重要ではなく、◯◯をした結果、△△を得たのであると伝えきりましょう。

大事なのは、あなたが入社したら活躍してくれると感じさせることです。
そのため、空白期間で得たことによって、それが入社後どう活かせるかを語れることが大切となります。

<あわせて読みたい>
Web(ZOOM)面接対策!
逆質問で差をつけよう!就職・転職で面接を突破する簡単な方法

空白期間をフォローするための言い訳はこれを使おう!

brown analog clock

それでは、もし仮に空白期間ができてしまった場合、どのように企業からの追求に対応すればいいのでしょうか。
一般的に使えそうな言い訳を、厳選して紹介していきます。

「資格の勉強をしていました」

掲示板, ノート パソコン, コンピューター, 付箋, ポストで, リスト, ビジネス, キャリア

キャリアアップのための時間として当てていたというのは、非常に企業に好感を持たれます

その一つが、資格取得です。
よりよい条件で転職するために、キャリアチェンジのためにという理由でブランクが長くなってしまう分には、企業目線からすると特段マイナスになることはないでしょう。

もし、書類選考・面接で資格取得について話す場合は、取得した資格がその会社での仕事にどう活かせるのかという点までアピールできればGoodです。

「家族の介護をしていました」

花, 心配, 植物, オレンジ色, 光, 美しい, 花びら, 春, カラフルです, 庭, ガーデニング, 園芸

まず、ひとつ目の有効な言い訳としては、家族の介護が挙げられます。
「家族の介護」ということに対して、心情的に厳しい追求はしづらいはずですので、非常に効果的な理由といえるでしょう。

自分に原因があるわけではないですし、やむを得ない事情として不問にしてもらえる可能性が高いです。

「独立して自営業をしていました」

Work and Play yellow neon sign

企業が前向きに捉えるケースとして、独立して自営業を行っていたというのも良いでしょう。

独立はキャリアを積んでいく上で、非常に貴重な経験です。
一般的なビジネスマンでは考えられない負荷はかかりますが、その分とても力がつきます。

採用企業すると、いくらブランクが空いていても独立自営業をしていた人材というのは立派な採用対象となるのです。

事業で失敗して再就職となるとプライドが傷つくかもしれませんが、企業からすると有能な人材として評価されます。
管理職などの重要ポストとして採用される可能性もあるため、有利な転職ができるかもしれません。

「スキルアップのため職業訓練を受けていました」

建設, 計画, 正方形, 建物, 建築家, アーキテクチャ, プロジェクト, 青写真, ビジネス, デザイン

スキルアップの場としては、職業訓練を受けることも良いでしょう。

職業訓練とは、ハローワークが主催している、失業した方が次の就職のために受けられる無料の学校です。
メーカーに勤めるための技術系・事務系や、最近流行りのIT系に関する授業まで幅広く受けることができます。

資格・語学ももちろんいいですが、より即戦力として活躍するために職業訓練を受けていたというプランニングも、企業からすると非常に前向きに捉えられるはずです。

「海外留学をしていました」

person holding compass facing towards green pine trees

語学習得の海外留学というのも、企業にとってはプラスに働きます。

経済産業省が2015年に発表した「グローバル人材の確保状況等に関する企業の意識調査」によると、有効回答数980社のうち約7割の690社がグローバル人材が不足していると回答したといいます。

そのため、「中長期的なキャリアプランを見越して海外に留学していること」「その結果語学を習得していること」という2点が、企業にとっては空白期間が全く問題にならないほどプラスの評価になることが期待できます。

「新しい知見を得るために長期旅行をしていました」

man standing on top of rock mountain during golden hour

ポジティブに捉えてもらえる例として、様々な経験をするために長期で旅行をしていたというのもいいでしょう。

空白期間で一番問題なのは、何の計画もなく特に行動もしていないことです。
その点、長期旅行はビジネス上のキャリアは積んでいないものの、明確に意思と計画を持って能動的に行動した結果となります。

旅行で色々なモノを見ることで、新しい知見を得ることができるでしょう。
そういった前向きな行動に関しては、企業はポジティブに捉える傾向にあります。

旅行によって得た具体的なエピソードなどがあれば、高く評価してもらえるかもしれません。

「家業を手伝っていました」

インタビュー, ライフスタイル, 衣料品, 男性, ファッション, バーバリー, Brexit, T シャツ

独立自営業の経験者と同じ系統として、親の家業を手伝っていたというのも、空白期間がある理由としてはポジティブに捉えられます。

家業を手伝うということは、経営を学ぶことです。
そのため、ブランクといっても独立自営業と同じく、ビジネスマンとしてのキャリアを積み続けていたこと同様にみなされやすくなります。

応募する企業に関係する事業であれば、かなり重宝されるでしょう。

「けがや病気で療養していました」

病院, ベッド, 医者, 手術

今までとは違った方向性ですと、けがや病気で自身が療養していたというのも、空白期間としては正当な理由になります。

けがや病気の場合は、計画性では図りきれないものです。
本人が望まなくても突然なってしまうものに対して、ブランクが空いているどうこうを指摘してくる企業は多くありません。

ただ、今後も再発する可能性があれば、敬遠されるかもしれませんね。
完治してバリバリ働ける状態なら、特に問題にならず選考で不利になることもないでしょう。

なので、療養を理由にするのであれば、回復していることをアピールする必要があります。

基本は言い訳しなくてOK

ドア, 選択肢, 選択, オープン, 意思決定, 機会, 選ぶ, キャリア, オプション, 入り口, 挑戦

中小企業は空白期間をあまり気にしない

それでも不採用が続くようであれば、中小・零細企業をメインに転職活動をすることをオススメします。

多くの大企業は、職務経歴書がキレイかどうかをものすごく気にします。
キレイというのは、例えば学歴が高いか、転職回数が少ないか、そしてブランクがないかなどです。

しかし、中小・零細は実力がある人を好みます。
そのため、大企業と比べて空白期間を問題視しない傾向にあるのです。

下手な嘘を言うくらいなら正直に

two woman sitting by the window laughing

ここまでの解説を通じても、自分には本当に話せるようなことはない。
このままだと変に嘘を付くしかなくなる。

こんな風に思っている方は、簡単にバレるような嘘は辞めて、もはや正直に自分のブランクについて語ってください。

嘘を付いてバレることが最もマイナスです。

嘘を付く時点で人としての評価が最低ラインになり、受かるものも受かりません。

空白期間については正直に話しつつ、他の点で挽回できるようにしましょう。

どれほどその企業に入りたいのかという熱意のほうが大事

達成します, 女性, 女の子, 跳躍, 実行している, スポーツ, 陽気です, 運動選手, ランナー

空白期間は選考評価においてマイナスにはなりますが、それだけで合否は決まりません。

それ以上に大事なのが、あなたがどれほどその企業に入りたいのかという熱意です。
あくまで企業にとって、採用は手段であり目的ではありません。
採用した人材が中長期的に活躍してくれることが採用のゴールです。

そのため、他の候補者よりもその企業に入りたいという熱い想いを持っていることで、企業としては採用したらきっと自社のために頑張り続けてくれるだろうという安心感を覚えることができます。

それは、空白期間があることを補うほどのプラスポイントなのです。

<あわせて読みたい>
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
同時進行(複数応募)は何社まで?効率化と管理
募集(応募)の必須条件を満たしていないけど応募していい?通過する?

ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】

今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
転職回数が多いと不利?

空白期間が気になるならまずはプロに相談しよう

男, 荷物, フォワード, 若い, 不確かな, 不確実性, おかしい, 奇妙です, 奇妙な, 孤独, 分離

半年~1年以上の空白期間が空いてしまうと、どれだけ言い訳をしてもマイナス印象は避けられません。
やむを得ない事情であっても仕事の勘が鈍っているため、企業からすると採用するのに躊躇してしまうからです。

だから、他の部分でうまくアピールしなければ、採用されることは難しいでしょう。
よほど熱意のある志望動機がないと、どこの企業からも相手にされないと思います。

そういった場合には、転職エージェントを利用してください。

色々な企業と関係性を築いているので、空白期間が長くても採用担当者に特別推薦してもらうことができます。

しかも、一般には手に入らない非公開求人を紹介してくれるので、かなり好条件の待遇で採用される可能性が高いです。
何かのマイナスポイントがあっても、エージェントの推薦があれば内定が出やすいですよ。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました