【転職】ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!

【転職のコツ】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

温度計, 頭痛の種, 痛み, 丸, 薬, 錠剤, ドラッグ ストア, 医学, ヘルスケア, 医薬品, 化学者

がんで入院したから会社を退職ししたんだけど、今は抗がん治療を続けながら、就業には問題ないんだよね。こういうときって転職の時どう説明したらいいの

ブランク期間を応募先に説明するときに、「がん治療をしていました」と言ってしまってもいいものかどうか迷うよね。
病気をオープンにすることで、転職活動が厳しくなるのは事実。
そして告げずに転職した方が内定をもらいやすいのも事実。
ただ、現在通院治療中の場合は、それを告げずに転職をすることが難しいよね。
そういう時の転職の進め方について説明していくね

<あわせて読みたい>
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】

【転職】ブランク(空白)期間の原因が「病気」のときの対策!

手術, 病院, 医師, ケア, クリニック, 病気, 緊急, グループ, チーム, 健康, ヘルプ, 感染症

病気はやはり転職活動に響く

病気によってブランクができた人は、転職の採用試験でそれをどう説明するかが、大きな課題です。いまがんなどの病気をかかえながら就労している人はとても多く、治療をしながら働き続けることは、けっして特別なことではなくなってきています。

しかし、それはあくまで会社を辞めずに手術や治療を行った場合で、いったん退職してしまうと、再就職がかなり厳しいというのが日本企業の現実です。

病気であることを公表した上で転職活動に臨む場合は、通常の転職パターンではなく、就労相談支援センターなどに相談するという方法もあります。たとえばがんの治療中の人が自治体のがん相談支援センターに相談すると、がん患者の就労に理解のある企業がもしあれば、紹介してもらえる可能性もあります。

病気が完治していれば公表しないのもアリ

もし転職活動の時点で病気が完治していれば、あえて病気療養中だったことを伝えないという選択肢もあります。

病気が完治していて、まったく問題なく業務を遂行できるのであれば、病名をダイレクトに伝えなければいけないという義務はありません。「働き過ぎて体調を壊してしまい、しばらく休養して体調を整えていました」というような言い方でもいいんですよ。

たとえば胃がんになって会社を退職した人が、入院・手術・治療を受けて1年後に寛解し、採用試験に応募する際、「がんの手術を受け、抗ガン剤治療を経て、いま寛解の状態です」と言ったらどうなるでしょうか

採用担当者ががん治療に詳しい人なら、「転移の可能性の少ない胃がんだし、寛解で職務にまったく支障のない状態であれば、問題ないだろう」と判断するかもしれません。しかし、最新のがん治療に詳しい採用担当者というのは、それほど多くはありません。

また、応募者ががんだったことを聞いてしまった以上、採用担当者はその事実を部署の責任者に伝えなければならなくなります。それもまた、部署の責任者がどういう反応を示すかがわからないため、採用担当者としては気がかりでしょう。

現在がん治療は日進月歩で、転移の心配のないがんであれば、寛解した人を採用すること自体はまったく問題はない筈です。ところが、日本の企業の多くは、いまだに「がんは死に至る病気」という意識を強く持っていて、がん治療後の人を積極的に採用しないのが現状です。

もし自分自身で「病気する前と同じように、まったく問題なく働ける。健康管理も万全なので、病気が再発することもない」という自信があるのであれば、あえて言わないというのもひとつの選択肢です。

ただし、これはあくまで完治した人のみの話なので、現在治療中の人や服薬中の人は当てはまりません。病気であることを隠して転職し、後でそれがわかったときには、トラブルになる可能性もあります。

<早くやめたい人へ>
「退職のタイミングがない..」
「なかなか会社に言い出せない…」
「周りの目が…」
 会社ともめる無駄な時間はスキップ!時間と年齢は待ってくれません!
 明日から出社不要。法律を武器にプロの代理人がかわりに退職手続き。

→頼むなら退職代行Jobsで間違いないです。
 選ぶ時間も無駄なのでもめずにさっさと辞められることが最優先
 ※より詳しく知りたい方はこちら

病気による空白期間は「個人情報」

医師, セキュリティ, オフィス, 病院, インジェクション, 分析, 治療, 治療法, 病気, 手

最近「個人情報の保護」ということが盛んに言われていますが、病歴はその中の「機微な個人情報」にあたります

宗教や人種、病歴といった“他の人に知られたくない情報”は、知られてしまうことで精神的・社会的なダメ―ジを受ける可能性があり、差別につながる場合もあるので、個人情報として守られるべきものとされています。

ただし、病歴のような機微な個人情報というのは定義が難しく、労使関係において非常にナイーブなものがあるのも事実です。面接官が応募者に病歴を聞いても法的な問題がなかったり、病歴を伝えずに入社してトラブルに発展したりすることもあるので、十分な注意が必要です。

そのため、求職者も病気に関する説明に関しては安易に考えず、心してかかる必要があります。すでに完治していて業務にまったく問題がない場合は、

自己申告の必要はありませんが、通院中の人や服薬中の人は、基本的に正直に伝えることが望ましいでしょう。

うつ病で療養していたことは転職で正直に話すべき?

man sitting on field beside body of water

人間の精神は私たちが思っている以上に強くはありません。

上司から深刻なパワハラを受けたり、激務によるストレスを受けるなどのつらい思いをし続ければ、うつ病という病気にかかってしまうことになります。

そうなればしばらくの期間働けなくなり、1年ほど休養しなければ今まで通り働くことはできません。

今の日本にはブラック企業が多いですから、会社でつらい思いをして退職し、1年くらいブランクが空いてしまう人は多いです。

私はうつ病になりかけたものの早い段階で退職に踏み切れたので数ヶ月間のブランクで済みましたが、耐え続けてしまった人であればより長い療養が必要になってきます。

ここで、いざ1年ほどが過ぎて心も落ち着いてきた頃合いで『そろそろ再就職に踏み切ろう』と思った時に、『でも、この空白期間をなんて説明しよう?』と悩みますよね。

面接では必ずこの空白期間については聞かれますし、納得できるような答えを話せなければ不利になってしまいますからね。

果たして正直にうつ病で療養していたと伝えるべきなのか、それとも隠して嘘をつくべきなのか

これには賛否両論ありますし、人それぞれ状況は変わってくるため自分に合った方を選択した方がいいでしょう。

<あわせて読みたい>
Web(ZOOM)面接対策!
転職の面接対策に役立つノウハウ本!
逆質問で差をつけよう!就職・転職で面接を突破する簡単な方法

うつ病が完治しているか確認する

女性, 顔, いじめ, ストレス, 羞恥心, 恥じる, 非表示にします, 非表示, 絶望, 頭

その前に、まず大前提としてうつ病がきちんと完治していることを確認してください。

うつ病がまだ完全に治っていない状況で再就職活動を開始しても、うつ病が再発または悪化する恐れがあります。

再就職活動は求人探しから書類の作成、志望動機や自己PR、実際の面接など、様々な労力と精神的負荷が掛かります。

面接に落ちてしまえば自己嫌悪や劣等感を感じてしまったり、なかなか再就職先が決まらなければ焦燥感を感じたりと多くのストレスが発生するため、まだうつ病が治っていないのであれば再就職活動を始めるべきではありません

医者に診てもらっているのであれば医者に問題ないと判断された後、自己判断であれば薬を手放せた時やお試しで派遣やアルバイトなどをやって「大丈夫そうだ」と思った後にしましょう。

できれば自己判断ではなく、きちんとメンタルクリニックを受信して医者に診てもらう方が確実で好ましいですね。

ただ、その時は大丈夫だと思ったとしてもまたブラック企業に入ってしまいパワハラや過酷な労働を強いられれば、うつ病が再発する恐れもあるため求人選びには慎重になる必要があります。

<あわせて読みたい>
仕事がつらい方はこちら
仕事で大失敗した?ずる休みしちゃった?大丈夫。うつになる前に対策を打とう!
仕事がつらい時の解決法!解決できないときの手段まとめ

職場での人間関係に悩まされている方はこちらも
職場で起こるいじめの内容!パターンやそれに対する対策まとめ
職場にいる中国人がストレス!対処法や回避策
職場で嫌いな人には話しかけない(話さない)!苦痛を避ける方法まとめ
嫌いな人を職場から辞めさせたいときの対策と対処法!
職場の人間関係は深入りしないほうがいい?レベル診断と対処方法

メンタルがまずそうなときはこちらもチェック
仕事で落ち込んだときに心の支えになる名言
メンタルが強い(弱い)血液型は?転職でどう活用する?血液型別ストレス対策

書類選考の際は空白期間よりも内容が大切

man wearing watch with black suit

再就職活動の際、書類の段階では空白期間は特に気にする必要はありません

それよりも内容が大切で、ここがしっかりと書けていれば普通に書類選考は通ります

もし落とされたとしてもブランク期間を理由にするのではなく、そのほかの志望動機や自己PRを見直すなどした方がいいでしょう。

それか、ただ単に強力なライバルがいたというだけの話ですので、必要以上に落ち込まず次に進みましょう

<あわせて読みたい>
務経歴書は過去どこまでさかのぼるべき?失敗しない書き方と転職術
ブランク(空白)期間で何もしてない!面接対策や言い訳【ニート期間】
35歳は転職の限界じゃない!後悔しない40代の転職成功術
転職回数が多いと不利?
転職が不安な人向けノウハウ本!成功へのアドバイスやコツ

うつ病で療養していたことを隠すべき?

people sitting on chair in front of table while holding pens during daytime

では、いざ面接まで進むことができた際、必ず聞かれるであろう空白期間(ブランク)についてはどう説明したらいいでしょうか。

うつ病で休養していたことを正直に言うべきか、または隠して嘘の理由を述べるべきか悩みますよね。

冒頭でもお話した通り人それぞれの状況に合った方を選択するべきですので、まずはそれぞれのメリットとデメリットについて診ていきましょう。

うつ病を正直に話すメリット

two women sitting on leather chairs in front of table

正直に、「うつ病で療養していた」と言うメリットは、何と言っても嘘をつかないので不自然な振る舞いにならないという部分です。

人間、よほど演技力があるか割り切れる性格の人でなければ、嘘を付くという行為自体に後ろめたさを感じるものですので、振る舞いにもそれが現れてきやすいです。

それに、嘘の理由を話せば面接官に突っ込まれた際にしどろもどろになってしまうこともありますよね。

うつ病であったことを正直に言うのであれば上記のようなことは起こりません。

「嘘を付かない=自然な振る舞いがしやすい」というのが大きなメリットでしょう。

他にも、正直に話すことで相手に「誠実だ」という印象も与えやすい点もメリットです。

うつ病を正直に話すデメリット

医学, マスク, Coronavirus, 医師, 病院, ウイルス, 流行, 医療の, Covid-19

うつ病で療養していたと正直に話すデメリットは、「面接官に不安を与えてしまう」という点です。

採用者の立場から見れば、うつ病で休養していた人に対してはどうしても『採用しても大丈夫かな?』と思うものです。

採用してまたうつ病が再発して辞められても困りますし、扱いが大変そうだという印象を与えてしまうかもしれません。

ただ、正直に伝えたのにも関わらず内定を頂けた場合、その会社はとても働きやすい会社である可能性が高いですね。

人を使い捨てるようなブラック企業であればうつ病だった人を採用することはまずないでしょうから、ある意味でフィルター効果が期待出来ます

嘘の理由を話すメリット

薬, 治療法, タブレット, 薬局, 医療, 病気, 病気になります, 自分自身を治療します

うつ病で療養していたことを隠すメリットとしては、やはり

採用担当者に不安を与えないという点です。

採用担当者としても、うつ病であることを知りながら採用したものの、うつ病が再発して退職されてしまえば上層部から責められる要因にもなりますからね。

演技力とアドリブに自信がある人であれば、何かうつ病以外の「空白期間の理由作り」をしっかりと行うことで他の人たちと同じように再就職活動を進めていくことが可能です。

理由作りとしては資格の習得のために勉強していたとか、公務員を目指して勉強していたが年齢的な問題で諦めたなど、考えればいくらでもありますからね。

きちんとした理由が考えられるのであれば、「普通に転職活動をするのと同じ様な感じで進めていくことができる」というのが大きなメリットです。

嘘の理由を話すデメリット

単独, 一人でいます, 原型, アーキタイプ, 式の, バーンアウト, 疲れ果てた, うつ病, 劇的です

うつ病で療養していたことを隠すデメリットは、やはり

「不自然な振る舞いが出やすい」という部分です。

もし、嘘の理由を深く突っ込まれたらどうしますか?

よほど事前にしっかりと詰めて考えていたり、アドリブで乗り切れる自信があるのであればいいのですが、そうではない場合は面接官に「なんかおかしいな」と言う印象を与えてしまいます。

事前にしっかりと考えていたとしても予想外の質問が飛んできたりすることもありますから、運にも左右されますね。

1年というのはそれなりに長い期間ですから、かなり深く突っ込まれることも覚悟しておかなくてはなりません。

やはり、1年間の空白期間(ブランク)を嘘の理由で貫き通すというのはそれなりに難易度が高いです。

嘘の自信があるなら隠すべき

man holding incandescent bulb

最終的にどうすればいいかは、「嘘を付くことにどれだけ抵抗が無いか」で判断しましょう

嘘に抵抗がなければアドリブも得意でしょうから乗り切れる確率が高まりますし、うつ病だったことを隠すので内定率も上がります。

嘘を付くのが苦手であれば正直に話していったほうが自然な振る舞いになりますし、器の大きい会社であれば採用してくれるでしょう。

両方のメリットとデメリットを把握した上で、自分の性格に合っている方を選択してくださいね。

病気が応募する際に不利にじゃないかと不安な人はプロに相談しよう!

転職の空白期間が長いので、面接でブランクの理由を聞かれたらどうしようと思うと、採用試験に応募するのを躊躇しちゃいます。

病気で療養していたんです。今は完治したんですけど、病気だったなんて言ったらそれだけで採用を断られるんじゃないかと心配ですよね。

確かに病気だったという事実は、応募する際に不利に働くのではないかと、心配ですよね。そんなときは転職エージェントに登録すると、模擬面接が受けられたり応募書類の添削をしてもらえたりするので、採用試験の成功率を高めることができますよ!

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました