地方に転職する厳しい現実!補助金と上手な探し方!

【転職のコツ】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

Old Elisabeth, Houses, Historically, Saxony

地方への転職って都市に比べると難しいらしいね。地方に行こうと思うんだけどやめたほうがいいのかな

それは都会に比べればそうだけど、全国に会社はあるんだ。しっかりといい会社を選べば地方にいながら高収入を得ることも難しくない。

地方での転職活動について紹介するね

<あわせて読みたい>
今、転職すべきか?診断!転職タイミング徹底解説
転職で年収が下がって失敗したくない。年収アップのコツ
中小企業に向いてる人とは。有給休暇は取れない?退職金少ない?
地方から東京へ転職は難しい?上手な転職理由と面接対策まとめ

地方に転職する厳しい現実!補助金と上手な探し方!

people walking on sidewalk near high rise buildings during daytime

地元で働きたい、都会が嫌だからもっと田舎で働きたい、ずっと住みたい場所があった。

地方へ転職する理由は人によって様々だと思います。

一言で地方に転職すると言っても3つのパターンがあり、それぞれで転職活動のやり方は変わってくるでしょう。

転職パターン:都会から地方に転職したい!

Green Trees Near Body of Water

まず一つめが現在都市で働いているけれど、地方に転職したいというパターン。

大学に行く為であったり、就職の為であったりと、様々な理由で首都圏で働くことになった人も多いですが、地元に帰ることを考えたり、東京の満員電車が嫌で地方で働きたいと考える人は割と多いですね。

転職活動自体は住んでいる首都圏で行う為、転職エージェントのサポートなども受けやすいです。ですので、求人は転職エージェントに依頼して探してもらうのがいいと思います。

ハローワークでもインターネット上で仕事を探すことは可能ですが、情報が十分とは言えないのであまりおすすめできません。

また、面接はその地方まで行かなくてはならず金銭的な負担が大きかったり、日数もかかってしまうという難点があります。

面接に行っても必ず受かるわけではありませんから、複数社の面接日程を重ねて地方に行った際に一度に受けることができるようにするのが重要。

<あわせて読みたい>
転職活動でのハロワの利用についてはこちら
ハローワークを転職で使ってはダメ!転職エージェントのほうがいい理由

転職パターン:今いる地方から近くの地方に転職したい!

Laptop, Work Space, Home Office, Work Place

地方に転職する場合に一番楽なのが同じ地方で転職するパターン。

交通費も大きく必要となるわけではありませんし、仕事探しもしやすいです。

求人の探し方は多数。

それぞれの地方によってその地方に特化した転職サービスがあり、そういったものを使うのもいいですし、地方自治体が主催している転職合同説明会にも気軽に参加することが可能です。

転職パターン:地方から別の地方に転職したい!

Mountains, Road, Wilderness, Mystical, The Alps, Alpine

もともと地方で就職して、さらに違う地方に転職するという人も決して少なくありません。

実はこれが一番大変だったりします。

エージェントと遠かったら直接面談することができずに電話やメールでやり取りすることになってしまいますし、金銭的な負担も多くなります。

今は格安航空があるので東京からだと交通費って意外に安く済むんですが、地方から地方って高いんですよね

地方に転職する場合に気をつけたいこと

Tree, Bench, Lake, Park, Konary, Leaves, Quiet, Bank

地方に転職する際にはいくつか気を付けなくてはならないことがあります。

要チェック:都会より企業数が少ない

Cemetery, Forest, Grave Stones, Woodland Cemetery, Rest

地方の場合、企業数が首都圏に比べて圧倒的に少ない分、求人は少なくなってしまいます。また業種の選択肢は減ってしまいます。

その分、転職希望者の数も減りはするので倍率が高くなるというわけではありませんが、各地方によって倍率は大きく変わります。

例えば有効求人倍率の全国平均が1.43倍平成28年12月)であるのに対し、沖縄と北海道が1.12倍となっているように顕著に低い地方もあれば、福井県が1.95倍、富山県が1.86倍というように顕著に高くなっている地方もあります。

参考までに各地域の有効求人倍率をみてみましょう。

北海道:1.12倍
東北 :1.48倍
南関東:1.38倍
北関東・甲信:1.47倍
北陸 :1.62倍
東海 :1.65倍
近畿 :1.32倍
中国 :1.66倍
四国 :1.47倍
九州 :1.33倍

地方に転職する場合、各地方によって年収だけではなく、業種・職種の選択肢、倍率が大きく変わるということを覚えておきましょう。

要チェック:年収相場は地方によって全然違う

Landscape, Nature, Background, Desktop Background, Lake

今まで働いていた地方から違う地方に転職する場合に気を付けなくてはならないのが年収。

年収相場は地方によって全然違います。

平均賃金(残業代等を除いた1ヶ月あたりの給料)は東京が38万3千円であるのに対し、一番低い青森県は23万6千円と1.5倍以上の差があります。

首都圏、東海、関西はある程度高いのですが、その他の地域は低い傾向になっています。

首都圏から地方に転職する場合、この年収の差を受け入れる必要がでてくる可能性は非常に高いです。

ちなみに各都道府県別の賃金相場は以下の通り。

北海道:265万5千円
青森 :235万6千円【ビリ】
岩手 :235万9千円
宮城 :279万9千円
秋田 :235万8千円
山形 :241万4千円
福島 :263万6千円
茨城 :298万9千円
栃木 :290万5千円
群馬 :283万1千円
埼玉 :304万4千円
千葉 :306万0千円
東京 :383万0千円【トップ】
神奈川:335万1千円
新潟 :259万9千円
富山 :269万6千円
石川 :274万円
福井 :269万6千円
山梨 :284万2千円
長野 :276万2千円
岐阜 :275万6千円
静岡 :287万6千円
愛知 :315万2千円
三重 :291万1千円
滋賀 :292万7千円
京都 :308万8千円
大阪 :327万1千円
兵庫 :298万8千円
奈良 :290万2千円
和歌山:275万円
鳥取 :240万5千円
島根 :252万5千円
岡山 :280万8千円
広島 :282万9千円
山口 :267万8千円
徳島 :272万5千円
香川 :273万2千円
愛媛 :257万5千円
高知 :257万7千円
福岡 :274万7千円
佐賀 :247万1千円
長崎 :250万7千円
熊本 :259万円
大分 :253万円
宮崎 :238万1千円
鹿児島:253万3千円
沖縄 :237万2千円

要チェック:各地方自治体で独自に様々な手当を支給している

Landscape, Nature, Background, Desktop Background, Lake

違う地域で働くことを考えたら知っておきたいのが手当関係。特に子育てをしている人は要チェックしておく必要があります。

例えば子供の医療費助成ですが、22歳まで助成を受けることができる地域もあれば、中学生まで、小学生まで、就学前まで、4歳までと年齢上限は様々な。

自治体によっては年収要件もあり、ある程度年収が多いと0歳であっても女性を受けることができないという場合もあります。

他にも保育園の料金が大きく違ったりと、子育てをするにあたり必要な費用が住む自治体によって変わるので事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

また、各地方自治体で独自に様々な手当を支給しているところもあります。

要チェック:地方はブラック企業が平然と存在していることも

Panorama, Nature, Sea, Travel, Landscape, Karpathos

地方にもブラック企業は多数存在しています。むしろ地方ゆえにブラック企業が多いという可能性も高いです。

その理由としては地方は経営状態があまり良くない中小・零細企業が多かったり、非効率な部分が多く人の労力で何とかしようとしていることが多かったり、求人数自体が少ない故に人を集めやすいといった点があげられます。

地方のほうが都会に比べればのんびりしているだろう、人間が優しいだろうなんて思わないで下さい。

もちろんホワイト企業も多く存在しています。

ただなかなかインターネット上で調べてもなかなか情報を入手できなかったり、遠方ゆえに直接確認することもできないので、ブラック企業を避けることが難しくなってしまいます。

地方へ転職すると補助金がでる!「わくわく地方生活実現政策」

首相官邸のホームページを参照すると、「地方創成」を特集するページを見つけることができます。

日本政府はさまざまな政策の一つとして、地方創成を掲げています。その理由として、ここ数十年での日本人口の年齢バランスの変化が挙げられます。

高齢者が急増し子供の数が減っているという状況の中で、各地方が自立し持続可能な社会を作ることが重要と考えているからです。

 この地方創成の取り組みの一つとして、「まち・ひと・しごと創成総合本部」が結成されました。同本部は内閣の中に存在し、東京の一極集中から地方の活性化を目指す法律で定められた組織です。

 ちなみに、地方創成推進交付金という地方創成を進める予算は平成31年度で1,150億円と平成30年度よりも150億円増加しています。

 「わくわく地方生活実現政策」 の内容

まち・ひと・しごと創成総合本部が司令塔となり運営するのが、「わくわく地方生活実現政策」です。

この政策はどのような内容なのでしょうか?平成30年6月に閣議決定された内容を箇条書きにすると、主に以下の内容となります。

  • 【わくわく地方生活実現政策の内容】
  • ①若者を中心としたUIJターン対策の抜本的強化
  • ・UIJターンによる起業・就業者創出
  • ・地域おこし協力帯の拡充
  • ・子供の農山漁村体験の充実
  • ②女性・高齢者等の活躍による新規就業者の掘り起こし
  • ③地方による外国人材の活用
  • ④国民の関心を引き付ける効果的・戦略的な情報発信

 まず1番目に若者のUIJターン対策とあります。

Uターン地方から都市へ移住したあと、再び地方へ移住すること。
Jターン地方から大規模な都市へ移住したあと、地方近くの中規模な都市へ移住すること。
Iターン地方から都市へ、または都市から地方へ移住すること。

 こんな違いがあるのですね。地方から地方、都市から都市へというパターンは含まれませんが、それ以外の移住はすべて含まれていますよね。UJUターンの推進により、都市と地方間の人口移動を活発化し、起業や就業者を増やす目的があります。

 また、近年の課題である子供の自然離れや地域おこしも同時に解消する狙いもあります。

 2番目(女性・高齢者等の活躍による新規就業者の掘り起こし)は安倍政権がいつもアピールしている内容(女性も高齢者ももっと働こう!)と同じですね。

3番目(地方による外国人材の活用)についても、先日(2018年12月)出入国管理法(入管法)が改正されましたので、これからますます地方でも外国人労働者は増えると予測できます。

 4番目(国民の関心を引き付ける効果的・戦略的な情報発信)が最も分かりにくい印象を受けます。東京から地方への発信だけでなく、地方から東京への発信という意味でしょうか。

現在でも、JRの駅構内では旅行関連での地方アピールがされていますが、これからは東京圏各所でもっと地方での移住を進める企画がされるのかもしれません。

地方から東京へ住む理由として、仕事がないだけでなく東京にしかない魅力もありますからね。地方の魅力発掘が、地方創成のカギになると思います。

助成金はキャッシュバック

助成金とは基本的にキャッシュバックです。条件に合う人や会社が申請を出し、審査を受ける必要があります。そして、審査をパスすればいいという訳ではなく、その後も助成金が規定するルールを実行したあとにもらえるお金です。

 わくわく地方生活実現政策の助成金の部分はまだ検討中ですが、検討中の中身を少し覗いてみましょう。 

 移住支援新規就業支援
目的・東京圏からのUIJターンの促進・地方の担い手不足対策・新規就業支援・地方の担い手不足対策
支援対象者・東京圏から道府県への移住者・一定期間職に就いていない者
事業主体・地方公共団体・地方公共団体
事業内容・移住に要する費用など・新規就業に要する費用など
金額・中小企業等に移住者が就業した場合→最大100万円(国費50万円)・移住し起業した場合→最大300万円(国費150万円)・中小企業等に就業した場合→最大30万円(国費15万円)・起業した場合→最大100万円(国費50万円)

 現在検討中の助成金は2種類あり、まず一つ目は上記の表の左の部分の移住支援です。東京圏(東京プラス神奈川や千葉など首都圏のイメージ)から道府県(北海道、大阪府、その他のすべての県)へ地方公共団体を経由して移住し、就業または起業する場合に助成金がもらえます。(まだ検討中の段階ですが)

 これとは別に、一定期間職に就いていない人が地方公共団体を通じて就業すると最大30万円、起業した場合は最大100万円ももらえるようです。これは移住関係ないようなので、東京都内での就業でもいいのでしょうか。もしかすると、増加するニート対策なのかもしれませんね。就業するだけでお金がもらえるとは、利用価値が非常に高い助成金と言えるでしょう。

この助成金のポイントは地方公共団体を経由し、という点です。この助成金は単に移住希望者へのお金のバラマキではなく、地方公共団体が移住・就業希望者と中小企業の間を取り持るマッチングサービスを行い中小企業の支援も目的としています。

逆に「東京で働く」メリットとデメリットから「地方で働くこと」を考えよう

東京で働くメリット(魅力が感じられないなら、あなたは地方向き)

年収アップの可能性が大

地方に比べて平均年収は大幅に高いです。

日本全国の平均年収が276万円ほどなのに対し、東京都の平均年収は373万1000円と、100万円ほど高い水準にあります。

近年では20代後半~30代で年収1,000万円に到達する方も増えてきましたね。

その代わり、東京での生活費は地方より高くなるので注意が必要です。

年収は高くなりますが、家賃をはじめとした生活費は地方より明らかに高くなることに注意しなければなりません。

私の自宅は都内でも地価が安いところなのですが、2LDKのマンションで月13万円ほど家賃がかかります。

また、能力が高い人は年収が高いですが、そうでない人は低く、格差が大きいように感じます。

<あわせて読みたい>
福利厚生とは?各種手当も解説。転職時のチェックポイント
住宅手当(家賃補助)は不公平?ないときつい?出る会社・出ない会社

転職の求人数が圧倒的に多い

東京は人が多いだけではなく、多くの企業の本社があります。

そのため、地方に比べても多数の求人があることは間違いありません。

母数が多ければ自分に合った職を見つける可能性が上がりますし、転職も簡単になります。

また、そのぶん求人の種類も多く、前述した金融やマスメディア・外資系企業などは東京での求人がほとんどです。

娯楽が多く遊べる場所がたくさんある

当然ですが、東京近郊には遊べる場所がたくさんあります。週末どこに出かけようかな?と困ることはまずありません。

海外で有名な◯◯が日本初上陸!というのも大体、原宿・渋谷・銀座・六本木辺りですので、流行に敏感な人ほど東京は楽しめるでしょう。

フェスやイベントなども頻繁に開催されていますし、有名レストランなども多いです。

冬場はイルミネーションが凄いですし、ビル街の夜景はとても綺麗ですね。

プライベートを充実させたいという方は東京がベストだと言えるでしょう。

人脈や出会いが広がる

将来独立や起業を考えている人ほど重要視したほうが良いですね。

「人脈や出会い」という点も東京で働くメリットの一つでしょう。

多くの人が働く東京では「異業種交流会」や「セミナー」などといったイベントが多く、そういった場所を人脈を広げるチャンスと捉える方も多いですね。

実際に私も、全然違う業種で偶然知り合った人と一緒に仕事をすることもありますからね。

とはいえ、自分でそういう場に出向かなければ人脈は増えていきません。

「地方から来た」というのは結構話のネタになるもので、同じく地方出身の方と出会える場面もあるかもしれませんね。

尻込みせず、ぜひ積極的に行動してみて下さいね。

車がいらない

東京は公共交通機関が発達しているから心配いりません。タクシーもすぐにつかまりますしね。

地方ではマストな「車」ですが、東京では基本的に必要ありません。

私も運転免許は持っていますが、車は所持していません。(維持費などを考えると、タクシーなどを利用したほうが安いので)

東京は電車やバスといった公共交通機関が発達しており、運行本数も多いです。終電も0時過ぎまでありますからね。

一方で、通勤時にラッシュに巻き込まれるのを覚悟しなければなりません。そういった点をストレスと感じる方は車で通勤していることが多いですね。

東京は車を維持するのにもお金がかかりますし(駐車場は月額10,000円以上はかかる)、住宅地は道も狭いので、車を持つメリットは個人的にあまり無いと思っています。

駅の近くに住めばすぐに出かけられるのが東京に移住するメリットでもありますね。

東京で働くデメリット(耐えられないなら、あなたは地方向き)

通勤ラッシュがすごい

乗客の積み残し・電車遅延は頻繁に起こりますね。

混雑度は沿線によって異なるのですが、乗車率100%以上はデフォルトだと考えておいたほうが良いでしょう。

また、通勤時間を混雑時のピーク(7~9時頃)とずらせるなら、そのような企業を探してみるのもいいかもしれませんね。

電車遅延が起こることも多く、遅刻を避けるためにも遅延を見越したタイムスケジュールを組まなければなりません。

東京で働くならば電車の混雑に慣れる必要があるでしょう。

人間関係がドライ

東京は「人が冷たい」という話はよく耳にしますよね。

田舎はコミュニティが出来上がっていて、近所同士の会話や挨拶も多いですが、東京ではほとんどありません。

その理由として、「人口が多く治安が悪い」という要因が考えられます。

田舎では戸締まりしなかったりなどもありますが、東京ではそんな事は絶対にしてはいけません。

変に声を掛けたりすると、すぐに不審者扱いされてしまいますし、面倒事に巻き込まれたくないから人とは関わらないという方も多いですね。

田舎から出てきた人が「東京に染まる」と言われてしまうのは、都市生活に適応した結果なのだと私は考えています。

<あわせて読みたい>
仕事がつらい方はこちら
仕事で大失敗した?ずる休みしちゃった?大丈夫。うつになる前に対策を打とう!
仕事がつらい時の解決法!解決できないときの手段まとめ
残業代が出ないなら会社を辞めるべき!未払いは労基へ

職場での人間関係に悩まされている方はこちらも
職場で起こるいじめの内容!パターンやそれに対する対策まとめ
職場にいる中国人がストレス!対処法や回避策
職場で嫌いな人には話しかけない(話さない)!苦痛を避ける方法まとめ
嫌いな人を職場から辞めさせたいときの対策と対処法!
職場の人間関係は深入りしないほうがいい?レベル診断と対処方法

メンタルがまずそうなときはこちらもチェック
仕事で落ち込んだときに心の支えになる名言
メンタルが強い(弱い)血液型は?転職でどう活用する?血液型別ストレス対策

社内競争が激しい

そうですね、しかしそういう環境に身を置くことで成長につながるとも言えます。

東京都は年収が高く、優秀な人材が集まりやすいため社内競争が激しくなる傾向があります。

実際に私が在籍していた会社でも、いい年なのに何をしているか分からない「窓際族」のような人たちがいました。

一方で、その人たちと同期であろう人は役員クラスまで上り詰めています。当時に「やはり社内競争は厳しい」と感じたことを覚えていますね。

また、最近では海外から優秀な人材が多く集まっており、日本人労働者の立場は非常に危ういものとなっています。

東京勤務は厳しい環境ですが、成長するのには適した場所だと言えるでしょう。

物価・生活費が高い

基本的には生活費は高くなりますね。

私もそうだったのですが、東京に来てまず驚くのは物価の高さです。

家賃などが高いのはある程度覚悟していましたが、六本木や赤坂などでランチをしようものならば1食1,000円以上はかかることに驚きました。

移住したての頃はなんとか安いお店を選んで節約・・・という風になるかもしれません。チェーン店は安心の低価格です。

また、家賃に関しては前述しましたが、私は都内2LDKで家賃13万のマンションに住んでいます。(駅徒歩10分圏内)

築年数は2年程度なので、都内にしたらかなりの優良物件です。

とはいえ、地方だったら半分くらいの金額でもっと広い家に住めますからね・・・

東京への移住を考えているならば、ある程度の出費は覚悟しておくべきですね。

東京から地方へ:転職エージェントへ相談しよう

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました