ずっと無職や無職2年目の人の住民税(税金)は総額いくらかかるの?無職3年目ニートの場合は?

【働き方の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ずっと無職や無職2年目の人の住民税(税金)は総額いくらかかるの?無職3年目ニートの場合は?

Calculator, Calculation, Insurance, Finance, Accounting

退職して無職になってから2年目になるんだけど、税金ってどれくらいかかるの?いつまでも請求が来ても困るんだけど。。

所得税は、収入がなければ基本的に0円だよ。住民税は前年の収入に対してかかってくるから注意が必要だ

その他の税金な免除制度などにつても節目するね。

<あわせて読みたい>
失業保険はいつもらえる?いくら?不正受給がばれなかった人はいる?

無職2年目の住民税は働いてなければかからない

Bookkeeping, Accounting, Taxes, Settlement, Calculator

住民税は、収入がゼロ円でも免除されず、納めなければならない場合があります。

辞めた翌年は、前年はバリバリ働いていたのでしっかりと住民税がかかってきます。
2年目は、前年は一切働いていない場合はかかりません。まずこれが原則です

前年まで会社に勤めていて収入があり、退職して無収入になった場合などは要注意です。

所得税と同じく給与から天引きされる税金ですが、所得税の計算方法と住民税の計算式は異なりますので区別しておきましょう。

無職+収入ゼロでも1年目はしっかり住民税はかかる

White Graphing Paper

端的に言うと、今年の住民税の金額が、前年の収入ベースで決まっているからです。

今年の収入がいくらであっても関係ありません。

今年の収入は、来年の住民税の金額を決めるときに採用されます。自治体は、会社から送られてきた給与支払報告書や、個人の確定申告書などの情報をもとに住民税の金額を決定します。

それらの書類に書かれているのは前年の収入なのです。

大幅に収入が減った場合でも要注意

Credit Squeeze, Taxation, Purse, Tax, Economic Stress

住民税の金額は、前年の収入をもとに計算されます。

よって、今年が無収入だったとしても前年に収入があれば、今年は住民税を納めなければなりません。

無収入ではなくとも、何かしらの理由で前年よりも大幅に収入が減った場合にも注意が必要です。

前年の収入ベースで住民税が課されるため、年収減と住民税の負担増のダブルパンチで、手取りが減ってしまいます。

あなたの住民税の金額については、住民税決定通知書を確認するようにしましょう。

住民税が免除される人とは?

Man on the Edge of the Cliff Above the Cloudy Sky

今年は無収入でも前年に収入があれば、住民税を納めなければなりません。ただし、以下のケースに当てはまる場合は、そもそも住民税の納付義務がありません。

・生活保護受給者
・障害者、未成年者、寡婦もしくは寡夫で、前年の所得が125万円以下
・前年の合計所得額が、各自治体の定める金額以下(自治体により金額が異なる)

来年の税金の支払いが厳しそうなら少しずつでも転職をはじめておこう

今年は無収入でも前年に収入があれば、住民税を納めなければなりません。

来年苦しい思いをしたり滞納するなどになってしまうと、その後の人生にも影響が出ます。

今すぐでなくても転職や就職を目指しておきましょう。

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

ずっと無職ニートでもかかる税金(収入ゼロでも支払いが必要)

Calculator, The Hand, Calculate, Count, Add, Taxes

■多くの会社員は60歳で定年退職です。
 公的年金の支給開始は65歳からです。
 60歳から65歳までの5年間が「無収入」になります。

■または、20代~50代でも退職してから転職するまでも「無収入」になります。

「支払わなければならない社会保険料や税金」について解説します。

会社員を退職して「再雇用」や「再就職」しない場合です。配偶者を被扶養者としていた場合は、配偶者の分も検討が必要です。

■社会保険関係
国民健康保険
国民年金(加入義務は60歳未満ですが、40年間分の保険料を支払ってない人は、65歳まで「任意加入」可能)

■税金関係
住民税
所得税(収入があるとき)

国民健康保険

いわゆる医療保険です。

病気やケガで治療を受けたときに、3割負担などになる制度です。前年に収入があると、保険料は高額になります。そのため「国民健康保険」と、下記の「任意継続被保険者」の保険料と比較して、損をしないよう検討しましょう。

国民健康保険の保険料は、前年の所得から計算されます。つまり退職後、無職・無収入になったとしても、前年の所得を基に保険料が計算されます。

例として東京都文京区で試算します。

例1:
 退職前の給与収入800万円(所得控除後の金額600万円) 
 →保険料年額685,830円(月額57,152円)
例2:
 所得100万円 
 →保険料年額140,830円(月額11,735円)
例3:
 所得0円 
 保険料年額20,340円(月額1,695円)

つまり、「国民健康保険」の場合、退職後1年間は、前年の収入をベースに計算されるので、高額な保険料(月額57,152円)になります。無収入の2年目から安く(月額1,695円)なります。

退職後、ひとりで無収入のときは「国民健康保険」の方が安い

国民健康保険料は、退職後の1年間は、上記のとおり高額な保険料です。

そのため、下記の「任意継続被保険者の保険料」と比較して、有利な方を選択した方が良いです。

例えば年退職後に無収入となる前提で、上記の国民健康保険の保険料と、下記の「任意継続被保険者の保険料」2年間の総額を比較します。(家族構成により金額は変わります。)

2年間の保険料総額
国民健康保険 1年目685,830円+2年目20,340円=706,170円
任意継続被保険者 34,890円×24ヶ月分=837,360円

つまり、退職後、ひとりで無収入のときは「国民健康保険」の方が安いです。

任意継続被保険者

退職時の職場で引き続き「任意継続被保険者」として加入することが可能です。

ただし期間は2年間です。退職時の標準報酬月額(上限は30万円です。)で保険料が決定します。退職前の保険料は会社と折半でしたが、退職後は全額自己負担で2倍になります。保険料は市区町村により異なります。

任意継続は標準報酬月額30万円が上限(2年間限り)

東京都 月額保険料 34,890円
大阪府 月額保険料 35,760円
北海道 月額保険料 36,120円

被扶養者になるのが一番安くすむ

person sitting on chair holding iPad

もし、家族の中に会社員で「給与」をもらっている人がいれば、その人の「被扶養者」になる方法があります。

これが一番安くて負担がありません。ただし認定を受けるためには、「家計が同一であること」、「収入が一定額以下であること」などが条件になります。

一般的には、同居していて無収入であれば、「被扶養者」に認定されますが、詳細は会社の担当者へ確認が必要です。

国民年金(任意加入)

国民年金保険料の納付月数が480月(40年)未満のときは、満額受給できません。

そのため、65歳になるまで「任意加入」して受給額を増やすことが可能です。満額の年金額は780,100円です。(平成31年4月現在)

国民年金の月額保険料は、16,410円です(令和元年度現在、所得に関係なく定額です。)

日本年金機構の該当URL
「任意加入制度」
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140627-03.html
「国民年金保険料」
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-02.html

また、国民年金には、お得な制度があります。年金額を増やす「付加保険料(月額400円)」と、現金で前納すると割引になる「国民年金前納割引制度」です。退職金など生活資金に余裕があるときは検討したい制度です。

「付加保険料」
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150331-03.html
「国民年金前納割引制度」
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/hokenryo/20150313-01.html

住民税

住民税は、前年(1月から12月まで)の所得に基づいて計算されます。

通常、年末調整や確定申告のデータから計算します。

支払い時期は6月から翌年の5月までに支払います。在職中は給与から天引きされてます。住民税は給与の明細に記載されてます。

退職時は、退職金や最後の給与から残額を引かれます。

退職後に無収入で所得がなければ、その翌年から住民税は0円になります。

住民税は、「前年の所得」で計算されるので注意しましょう。

所得税

所得税は、収入に対して課税されます。

退職後に無収入であれば所得税もかかりません。

通常、退職時には「退職所得の受給に関する申告書」を提出し、所得税の精算が完了しています。

無収入であれば、確定申告は必要ありません。ただし何かの収入があり、源泉徴収されていれば、医療費控除などの確定申告で、所得税を還付できます。

無職でも支払いが必須のもの

退職後、年金受給前の無収入期間でも、次の支払いが必須です。

■国民健康保険
 退職後1~2年は高額(月額4万円くらい)
■住民税
 退職後2年目に(総額6万円くらい、前年1~3月分の退職前の給与分)

この他に、民間会社の医療保険生命保険に入っていれば、確認が必要です。また「持ち家」であれば固定資産税も毎年支払わなくてはなりません。

免除ってしてもらえるの?

Savings, Budget, Investment, Money, Finance, Business

税金を払う余裕がなくなったら、免除してもらえるのでしょうか? 

会社に勤めているとあまり気にしていない税金ですが、何らかの理由で会社を辞めた人が、突然送付された納税通知に驚くことが多々あります。

こんな時、税金の免除は認められるのでしょうか?

税金を払う余裕がなくなったら、免除してもらえるのでしょうか?
会社に勤めているとあまり気にしていない税金ですが、何らかの理由で会社を辞めた人が、突然届いた納税通知に驚くことが多々あります。
こんな時、税金の免除は認められるのでしょうか?

会社を辞めた後に納税通知がくる税金に『住民税』があります。この住民税、会社に勤めていれば給料から天引きされていて、私たちは知らない間に納税しているんです。

そしてこの住民税が非常にくせもので、もしも会社を退職して失業状態にあっても、納める必要があります。なぜかと言うと、住民税の計算方法が関係してきます。

まとめ:住民税は去年1年間の所得にかかる

住民税は1年間の所得に掛かります。
1年間の所得に該当する期間は『1~12月』まで。

会社では1~12月までの合計所得を計算し、翌年の1月末に各市町村役所に申請します。役所では合計所得を元に課税額を算出。この課税額を6月~翌5月にかけて、12分割した金額が給料から天引きされるという具合です。

例えば2014年1月に退職してしばらく職に付くことができなかった場合を想定してみましょう。無職のまま6月になると、住民税の納税通知書が送られてきます。この納税通知書は2013年1~12月に対しての税金です。

しかし納税通知書が送られてきた時に無職だった場合、免除申請が通るかと言えば、現実には難しそうです。

免除は条件が厳しいが、分納は通りやすい

Adventure, Height, Climbing, Mountain, Peak, Summit

住民税の免除申請は、各市町村役所で行いますが、その基準は次のようなものです。

・生活保護法による扶助を受けることになった方
・納税義務者(本来納税の義務を負うべき人)が死亡し、その継承者による納税が著しく困難なとき
・災害があったとき

上記のような理由が納税免除となる基準となりますが、当然「去年は働いていたけど、今年は無職だから」という理由では免除は受け付けてもらえません。そこで役所にお願いしたいのは、分納するという方法です。

会社に勤めていると課税額を12分割していますが、納税通知書では4分割となります。

例えば年収約500万円だった場合、住民税は約18万円(計算参考 住民税額の計算方法)。

会社勤めだった場合は毎月1万5千円ずつ天引きされていますが、会社を辞めると4分割された1枚の通知書に4万5千円という納税額が書かれてくるんです。

これを会社勤めのように12分割にするという対応を、役所ではしてくれます。また生活に困る場合には、さらに細かな分納も可能です。

一番いけないのは放置してしまうこと。延滞金がかかるだけではなく、場合によっては資産の差し押さえということにもなりかねません。

免除とまではいかないまでも、役所も市民の生活を第一に考えて相談に乗ってくれます。もしも退職して納税通知書が来たら、必ず役所に相談しに行くことをお勧めします。

<あわせて読みたい>
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
転職で年収が下がって失敗したくない。年収アップのコツ

お金の悩みは就職(転職)で解決するしかない

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

[会社を辞めにくい時] 合法で確実な相談先3選

会社が辞めさせてくれないときは、迷わずプロ達(以下3つのうちのいずれか)に相談しましょう。

<弁護士>
弁護士に依頼すると、辞めさせてくれない理由を法的な根拠に基づいて判断してくれます。
何十万円の高額の費用がかかることが難点ですが、辞めさせてくれない理由や職場環境にパワハラ行為が含まれていれば、弁護士を通じて損害賠償も請求できる場合があります。

<労働局>
労働局では従業員と会社の間に立ち、問題解決のための和解を手助けしてくれる業務を行っています。
労働局からの申し立てには、法的な拘束力はありません。しかし、国の組織が対応してくれることで、会社側へプレッシャーを与える効果を期待できます。
ただし国がやることですので時間がかかります。さっさと辞めたいのに…ということも多いです。

<退職代行サービス会社>
退職代行とは、あなたの代わりに退職の意向を会社に伝え、手続きを進めてくれるサービスのことです。
郵送で手続きが済むように手配したり、会社からあなたに直接的な連絡がいかないように調整したりして、退職をサポートする会社です。
「会社が聞く耳を持ってくれいない」「よく分からない理論で退職を否定してくる」なんてことがあっても、即時退職が可能です。
費用は2万~3万円。
さっさと会社が辞めたい方は、ぜひ利用を検討してみてください。

[会社を辞めにくい時] 退職手続きをプロに任せるのがオススメ

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました