住宅手当(家賃補助)は不公平?ないときつい?出る会社・出ない会社の割合や社宅についてまとめ

【年収/待遇の悩み】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

ディズニージャパン・オリエンタルランド社員を経て、
USJ(ユニバ)やサンリオなどをはじめとしたエンタメ業界の人材コンサルをしています。
就職・転職のお悩み相談のプロとしても幅広く活動中です。
お問合せはお気軽にDMまで

住宅手当(家賃補助)がでない会社にいるから家賃が全額自己負担なんだよね。もう毎月カツカツなんだ・・・

住宅手当や社宅がなくて、給料も高くないとなると厳しいよね。

転職も含めて検討スべきかどうか、
今回はそんな住宅手当・社宅の相場について紹介するね。

<あわせて読みたい>
福利厚生とは?世界一簡単に解説。転職時のチェックポイント

住宅手当(家賃補助)は不公平?ないときつい?出る会社・出ない会社の割合や社宅についてまとめ

Accounting, Finance, Coins, Calculator, Calculations

まず住宅手当、社宅とはどういったものでしょうか。

住宅手当(家賃補助)とは「住宅費として支給される手当」

Home, House, Interior, Design, Living, Bedroom, Side

住宅手当とは
家賃などの住宅費にあてるものとして労働者に支給される手当。
もともと第2次大戦中および戦後の住宅難を背景に,社宅等の給与住宅施設を有する企業で廉価な社宅に居住する者とその他との調整を図ることを目的に支給されるようになったもので,高度経済成長期に住宅費負担の急増を反映して普及した。
労働省調査によれば,その採用率は1950年に全企業平均(事業所単位)で9%であったが,65年には17%に増加し,80年には採用企業は44%となっている。

住宅手当は、生活する上では必要な家賃の一部を会社が負担してくれるという非常にありがたい制度です。

住宅手当の支給額は会社によって、まちまち。

住宅手当が1円もでない会社がある中で、毎月10万円以上の住宅手当を支給するなんていう会社もあるそうです。

住宅手当がでない会社とでる会社では、基本給が同じ場合ならば給料面で大きく差がでてきますから、住宅手当がでてくれる会社のほうが絶対いいですね。

ただ年収面で見た場合、住宅手当は年収に含まれるので、住宅手当がでない会社で年収500万円の会社と、住宅手当がでる会社で年収500万円は、同じ額をもらっていることになります。

しかし基本給は前者のほうが高くなりますので、残業などが増えてきた場合には住宅手当がでない会社のほうが、残業代はたくさん貰えることになります。

社宅とは「会社が用意した住宅」のこと

社宅(しゃたく)とは
従業員の福利厚生の一環として、会社が用意した住宅のことである。
社有地に設置したり、賃貸マンションやアパートを借り上げて借り上げ社宅とする場合もある。
地方自治体や国家機関の職員に対するものは、会社ではないので、公務員住宅・官舎(法律用語としては「宿舎」)などと呼ぶが、公営企業では寮と称する場合もある。

社宅は、会社が用意してくれている住居であり、通常、個人で借りる場合に比べて非常に格安で借りれることができます。

社宅の場合には、手当として支給されるわけではないので、年収が増えるといったことはありません。

ですから社宅に住んでいない場合の年収500万円と、社宅に住んでいる場合の年収500万円では、社宅に住んでいる場合のほうが家賃を低く抑えることができ、生活に余裕がでるということになります。

社宅は周囲にも同じ会社の人間が住んでることで、上下関係などの煩わしさから毛嫌いする人も多く、人気がなくなってきます。

その結果、社宅があっても十分な入居者を集めることができず、社宅制度を廃止する会社も増えてきます。

住宅手当(家賃補助)は不公平?出る会社が51%

Architecture, Modern, Minimal, Home, Office, Building

住宅手当がでない会社はどの程度あるのでしょうか。

住宅手当がでる・・・51%
住宅手当がでない・・・39%
以前はあったが廃止された・・・10%

となっています。

およそ半数が住宅手当がでないのです。

なぜうちの会社は住宅手当がでないのだろう、住宅手当がでないなんてブラックだと思ってしまうかもしれませんが、実は別に少数派でもなんでもないのです。

今いる会社で住宅手当が出ていない場合は、あなたの会社は少数派ということです。

住宅手当の相場は1~5万円

Blue, House, Home, Urban, Street, City, Exterior

では住宅手当の相場はどの程度でしょうか?

10万円以上などいう会社もたまに耳にしますが、そういった会社はまれです。

1万円未満・・・22.9%
1~2万円・・・33.2%
2~3万円・・・21.3%

3~4万円・・・8.3%
4~5万円・・・3.6%
5万円以上・・・10.7%

住宅手当の支給額で最も多いのは1万円から2万円程度です。

そんなには貰っていない人が多いですが、全くでないよりはましですね。

注目すべきは5万円以上が10%以上いるということ。

毎月5万円だと年間60万円にもなるわけですから、これは非常に大きいです。

転職時には支給条件もしっかり確認しよう

person sitting on chair holding iPad

住宅手当のでる会社で働いていれば、必ず貰えるというわけではなく、社宅のある会社では希望すれば必ず利用できるというわけではありません。

結婚していることが条件であったり、住宅手当がでる期間が決まっておりそれ以降は一切でないという条件がある場合もあります。また共働きの場合はどちらかしか貰えないことが多いですね。

転職時には金額はもちろんのこと、支給条件もしっかり確認しなくてはなりません

転職時には住宅手当・社宅の制度を確認しよう

Facade, Windows, Building, Architecture, Exterior, Wall

住宅手当がでるかでないか、そして支給の条件は、非常に大事なことです。

場合によっては月5万円以上、年間では60万円いじょうも収入が変わってくるわけですから。

ただ、住宅手当がでないとしても、基本給が高ければむしろそっちのほうがいい場合があります。

会社によっては住宅手当には不公平感がある為、廃止して基本給をあげるというように変更した会社もありますしね。

ただ給料は少ない会社は、住宅手当などの福利厚生も充実していない場合が多いですね。

もしあなたが今の給料に不満を持っているならば、転職することも考えて見た方が良いかもしれません。

転職では不満を解消できた人が8割と非常に多く、年収アップも難しいものではありません。

転職支援サービスは気軽に使うことができる上、転職の全てをサポートして貰えます。ぜひ転職活動を始めてみましょう。

<あわせて読みたい>
年収300万で結婚はできる?男女の違い・結婚生活に必要な年収・転職の必要性
地方に転職する厳しい現実!上手に求人を探すおすすめ方法
年収別:税金があがる境目一覧(年収別 手取り一覧)

まずはお試しでもいいから動いてみよう

転職を成功させるためには、複数応募+スケジュール管理が欠かせません。

1人でアポを取ったり書類を送ったり+スケジュール管理をするのは、大変だと思うので、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントとは、
転職のプロが「履歴書執筆・応募・スケジュール調整・面接対策・給料交渉」など
すべてを手伝ってくれるサービスです。

かつ、転職が成功したときにその会社から成功報酬を得て利益を上げる仕組みのため、
1円もお金がかかりません

転職を失敗したくない人は、
誰でも平等に安定した案内をしてくれる<総合型>のエージェント1つと
状況に応じた専門家である<特化型>のエージェントから自分にあったもの1つを選んで
合計2つ登録するのが攻守万能で失敗しないです。

<迷ったときの結論>
===総合型=========
まずはリクルートが大安定.
登録済みなら今回はdodaで心機一転!
全員向け
 1位:リクルートエージェント 
 2位:パソナキャリア

===特化型========
まずは[総合型]に登録必須.
+自分にあった[特化型]を追加選択!
【20代・第二新卒・既卒向け】
  ・マイナビエージェント

【正社員経験なし/フリーター向け】
  ・就職Shop  ※リクルート運営

※相談して合わなければ別のに変えればOK(しつこく連絡こないので)
※もっと詳しく知りたい方はこちら

登録から転職まで、すべて無料なのでまずは気軽に登録してみてみるのがいいでしょう。

<早くやめたい人へ>
「退職のタイミングがない..」
「なかなか会社に言い出せない…」
「周りの目が…」
 会社ともめる無駄な時間はスキップ!時間と年齢は待ってくれません!
 明日から出社不要。法律を武器にプロの代理人がかわりに退職手続き。

→頼むなら退職代行Jobsで間違いないです。
 選ぶ時間も無駄なのでもめずにさっさと辞められることが最優先
 ※より詳しく知りたい方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました