転職:googleの就職難易度はトップ!だが英語ができない人でも入社する方法

【人気企業で働く】
記事内に広告が含まれてる場合があります。

人生を試行錯誤してきた結論

具体的にどう動けばいいか

① 以下の転職エージェントサービスに登録(無料)

※他サイトだとピンからキリまで10個以上列挙されたりしていますが多すぎて選べないですよね。なので実際に使いまくった経験から、結局ココっていう所を3つに絞りました。

② 遠慮せずに使い倒す【重要】
「ちょっとの不安があったら担当者に相談しまくる」
「応募先の情報や過去の面接データをもらいまくる」
「年収交渉を絶対にしてもらう」
 など使い倒す!

※よくありがちなのは遠慮して特に情報を求めずただの仲介人として担当者を利用し、自分だけでほとんど行動してしまうことです。

転職エージェント(厳選)
1位

リクルートエージェント

★迷ったらココ(求人数が最大)

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
2位

doda(デューダ)

★1位がイマイチと思ったらコッチ

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない
(詳しい内容はこちら
3位

マイナビエージェント

20代/第二新卒はココも登録すると有利

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)
(詳しい内容はこちら

よくある質問

Q
■転職エージェントってお金かかる?
■ハロワとの違いは?
転職エージェントってそもそも何?
A

求職者は完全無料です!
ハロワは”社会的に良くないとされる企業”が多いです(失業保険の申請とかで使うのがおすすめ)
転職エージェントとは
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
・志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
・企業ごとの面接対策を教えてくれる
・企業はお金を払って掲載しているのでホワイト企業が集まりやすい

 

 

おまけ


そもそも「辞めたくても辞められないんだ!」という人へ ↓

退職代行サービスって何?
明日から出社・連絡しなくていい
・労働組合が運営=正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
手続き連絡・有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる
会社から本人への連絡は封じてくれる

<体験談>
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


結論

1位

退職代行ガーディアン

24,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、
(サービスの詳しい内容はこちら

 

  


本編START

転職:googleの就職難易度はトップ!だが英語ができない人でも入社する方法

Google(グーグル)で働きたい。でも人気すぎて僕なんかじゃ無理だよね

諦めるのは早いよ。

たしかにライバルも多いし難易度も相当高い。
でも自分に自身を持ってチャレンジするだけの価値はある!

Googleとは?Googeへの転職対策について解説するね

<あわせて読みたい>
Amazonに転職する難易度は?英語は必要?年収や面接対策を解説
Appleに転職する難易度は?年収・面接対策やエンジニア採用率
スターバックスへ転職!年収や中途採用の求人・仕事内容・職場環境も解説
無印良品へ転職!年収・仕事内容・職場環境も解説

Google(グーグル)社とは

検索エンジン「Google」、動画サイト「YouTube」を運営する世界を代表するIT企業
・外資系ならではの自由で伸び伸びと勤務できる環境、福利厚生も充実
・中途採用で募集中の職種は技術系をはじめ、数多く存在する
・職種特化型の募集で、スキル・経験を重要視
・拘束時間は長くないが、部署によっては業務量が多い
・中途採用で入社数年で営業系は年収1,000万円、技術系は同数千万とかなりの好条件

Googleは1998年にアメリカで創業されたインターネット関連サービスを提供する会社です。検索エンジンが有名で、日々利用している人も多いのではないでしょうか。

googleは「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」をミッション・ステートメント(経営理念)に掲げています。

日本ではグーグル合同会社(Google Japan LLC)が2001年に設立され、国内での事業を展開しています。ちなみにグーグル合同会社はアメリカ国外での初めての現地法人です。

大手IT企業として有名なgoogleですが、その事業内容は幅広くクラウドコンピューティングのシステムやソフトウェア、ハードウェアの開発も行っています。そのため採用職種も多く、求人が出ている職種としてはエンジニアリング、テクノロジー、セールス、サービス、マーケティング、デザイン、リーガルなどがあります。

googleといえばエンジニアの憧れ、というイメージもありますが、まだこの世界にない未来志向のプロダクトに携わったり、google独自のカルチャーを支えたりとさまざまな仕事があるのです。

グーグル合同会社(Google Japan LLC)とは?
googleの日本法人である「グーグル合同会社(Google Japan LLC)」は“合同会社”と呼ばれる会社形態です。株式会社や有限会社、NPO法人などは聞き慣れた名称ですが、合同会社とはいったいどういったものなのでしょうか?
株式会社は、実際に事業を行う「経営者」と出資をしている「株主(出資者)」が別々になっています。これは「所有と経営の分離」と呼ばれる状態です。それに対して合同会社は、「経営者」と「出資者」が同一になっています。「経営者」=「出資者」なので、柔軟な経営がしやすいのです。さらに出資者全員が有限責任社員であることも合同会社の特徴です。有限責任社員は負債を抱えた場合でも出資額以上の責任を追う必要がないため、リスクが少ないというメリットもあります。

Google(グーグル)への転職は英語力があったほうがよい

第二新卒や既卒からgoogleに入社することは不可能なことではありません。しかし、人気企業であること、優秀な人材が集まる企業であることを考えるとかなり難易度の高い転職活動となるでしょう。

まず、googleに入社するにはビジネスレベルの英語スキルが必要となります。入社試験での面接も英語で行われる場合があり、職種によってはネイティブのマネージャーが面接官となる場合もあります。履歴書(レジュメ)を英語で提出しなければいけない職種もあるため、英語のスキルに自信が持てないのであれば、採用試験を受けるのは見送った方が良いかもしれません。

googleへの転職を成功させている人は外資系IT企業やコンサル、ネット系広告代理店からのキャリアチェンジが多いようです。まずはそういった企業で一定の経験やスキルを身につけてからgoogleへの転職を目指すというのもひとつの方法です。

Google(グーグル)への転職/就職難易度の高さはトップクラス!

Googleの転職難易度は実際どれぐらいなのか。
ここでは、転職難易度の高さをご紹介します。

結論から申し上げると、

転職難易度は日本でもトップクラスに高いです

Googleへの転職に学歴・年齢は関係ない。40代でも50代でもスキル勝負!

Googleに転職する際に、学歴は関係ないですが、トップクラスの英語力や実績、能力が必要になります。

なので、Googleに転職を本気で考えた際には、やれることはやっておくという事に尽きます。

Google社員の座の勝ち取る方法は、以下を必ずやることです。Googleは「見逃さない力」も求めています

また、この会社は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、
大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
→ 一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃します
この先で、実際に筆者が使った非公開求人が多い転職エージェントをおすすめしておきますね

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

詳しくは以下に書いていきます!

Google(グーグル)の面接について

転職の際に、面接の内容や対策を知っておくのは重要ですよね。
なので、ここではGoogleの面接内容・対策についてご紹介いたします。

まずは面接の流れからご紹介します。

Googleの面接の流れ

ステップ1:応募・書類選考
ステップ2:面接

面接の実施方法としては以下の方法で行います。

電話・ハングアウト面接
オフィス面接

以上の2点になります。

この2つの面接方法についてご紹介します。

電話・ハングアウト面接

Googleでは複数回行われる面接のうち、電話やハングアウトを活用した面接が行われるようです。
これは、同僚・上司となる可能性が高い方との面接です。

この時、ソフトウェアエンジニアの職種の人はコーディング関係の質問に返答しなければなりません。
Googleドキュメントで面接官と画面共有をしながら、その場でコードを記入し、その思考プロセスを説明します。
ソフトウェアエンジニア職種の面接に関しては、およそ30~60分程です。その他の職種の面接は30~45分程と言われています。
応募職種に関する技術や自ら持つ知識を聞かれる質問、仮定に基づく質問がされることから、プロフェッショナルなスキルや知識が必須になります。

オフィス面接

選考が進んでいくと、4名のGoogle社員の方とのオフィスにて面接が行われます。それぞれ30~45分程の面接になります。
ソフトウェアエンジニア職種への応募の時、コーディングスキルや専門性に関わる質問がきます。
プログラム言語のみならず、データ構造、アルゴリズムなどの一般知識に関わることも聞かれます。

また、実際に職場で実践しているようなディスカッションもされます。お互いに意見を交換し合い、様々なアプローチを確認していく試験です。
自分の意見や解決方法についてアウトプットできるよう準備が必要です。

Google面接を成功させるポイント

Google面接を成功させるポイント
・一般的認識能力
・リーダーシップ
・業種知識
・Googleらしさ

一般的認識能力

課題を解決するための手段は1つだけではありません。課題解決のためにどのようにトライし、解決に導いていくのかが大事です。
さらにもっと大事なのは思考プロセスやデータの使用方法を自分自身で理解し、判断が可能かどうかです。そういった実績があれば、アピールすることをおすすめします。

リーダーシップ

これまでリーダーとしてグループをまとめてきた経験や、チームを成功に向けた貢献などをアピールしましょう。
コミュニケーション能力や意思決定能力についてチェックされています。

業種知識

これまで築き上げてきたスキルや知識、キャリアはもちろん大事ですが、変化のスピードが非常に早い現代において、即戦力のみならず、長期的な目線でポテンシャルがあるかも大事です。
新しいビジネスエリアへの興味や関心なども聞かれるでしょう。

Googleらしさ

Googleらしさは1番面接において重要視されるポイントです。
Googleらしさとは「個人またはグループでどういう形で仕事に向き合う」「他のメンバーをどういったサポートをするか」「あやふやな状況をどう乗り切るか」「自分の殻を打ち破っているか」ということです。
Googleらしさに関しては4点をアピールするようにしましょう。

<あわせて読みたい>
Web(ZOOM)面接対策!

Google(グーグル)への転職:募集職種・条件

Googleが募集する職種はエンジニアをはじめ、営業、マーケティング、デザインと多種多様に存在します。

待遇面は基本変わらないですが、給与は部署によって違います。日本企業だと、営業職系が高くなりやすいですが、Googleはテックカンパニーなので、エンジニア職の待遇の方が良くなる傾向があります。

Googleの中核(エンジニア・テクノロジー職)

エンジニアリング・テクノロジー部門はGoogleの中核を担う職種です。

Googleは検索エンジンのGoogleやAndroidのOS、YouTubeだけでなく、さまざまなサービスの開発を行っており、機械学習や自動運転をはじめとした流行の技術でも最先端を走っています。

また、待遇面も非常に良く、

優秀なエンジニアであれば数千万の年収を手にすることも可能です。

職種も細かく分けられており、以下のような職種を募集しています。
ソフトウェアはもちろん、ハードウェアやデータも扱います。

募集されているエンジニアリング・テクノロジー系の職種は以下の通りです。Googleのエンジニアリング・テクノロジー部門の募集職種

システムエンジニア(SE)
データサイエンティスト
ソフトウェアエンジニア
テクニカルプログラム マネージャー
プロダクトマネージャー
エレクトリカルエンジニア
テクニカルソリューション
テストエンジニア
コーポレートオペレーション/オーディオビデオエンジニア
ネットワークエンジニア
ソーシング/サプライチェーン
システムインテグレータ
オペレーションエンジニア
メカニカルエンジニア
テクニカルライター
セキュリティエンジニア/プライバシーエンジニア
インダストリアルデザイナー
ネットワークデプロメントエンジニア
マニュファクチャリングエンジニア

Googleのマーケティング・広報(コミュニケーション職)・経理

マーケティング/コミュニケーション部門はGoogleのマーケティングや広報の役割を担当します。

製品の販売戦略やブランディングはもちろんのこと、データ解析を行うアナリスト、戦略を創造的に落とし込むクリエイティブデザイナーなど様々な業種が存在します。

募集しているマーケティング/コミュニケーション系の職種は以下の通りです。Googleのマーケティング/コミュニケーション系部門の募集職種

マーケティング
広報
経理
アナリスト
クリエイティブデザイナー
コミュニケーション
マーチャンダイジニング
イベントプランナー
コピーライター、コンテンツ

Googleサービスの営業・顧客サポート(セールス・サービス/サポート職)

セールス・サービス/サポート部門はGoogleが開発したサービスの営業、顧客サポートが中心の部門です。

Googleの収益のほとんどが検索連動型広告を中心とした広告収入によって成り立っており、広告主のフォローをして収益を作り出すセールスやサポートの仕事はとても大事です。

顧客層も幅広く存在しており、Fortune500に掲載されるような大企業をはじめ、街の中小・零細企業においても、何かしらのGoogleのサービスを活用しています。

募集されているセールス、サービス/サポート系の職種は以下の通りです。Googleのセールス系・サポート系部門の募集職種

アカウントマネージャー
ニュービジネスセールス
ビジネスパートナーシップ
プログラムマネージャー
ソリューションコンサルタント
アナリスト
トレーナー/インストラクショナルデザイナー
ストラテジー/オペレーション

Googleの経営戦略(ビジネスストラテジー職)

ビジネスストラテジー部門はGoogleの経営戦略を練る担当部署です。

データ分析をして経営陣が欲しい情報をはじき出します。
例に出すと、買収や投資の判断、製品の収益化戦略、新興市場開拓の戦略策定などGoogleの短期的・長期的繁栄のための戦略計画を立てます。

募集しているビジネスストラテジー系の職種は以下の通りです。Googleのビジネスストラテジー系部門の募集職種

アナリスト
ストラテジー/オペレーション
プログラムマネージャー

Googleのデザイナー

Googleの良質なサービスはデザインにもこだわりを見せており、Googleのデザイナー部門の業務はすごく大事です。

Googleが必要とするデザインとはただ設計が魅力的なだけではなく、UI/UXの質が高いことを指します。
Googleの製品は何十億ものユーザーが使うので、感覚的に操りやすく、製品の個性が出やすいデザインが必要とされます。

募集しているデザイナー系の職種は以下の通りです。Googleのデザイナー系部門の募集職種

UXエンジニア
ビジュアルデザイナー
モーションデザイナー
インタラクションデザイナー
UXリサーチャー
コンテンツストラテジスト/UXライター

Google(グーグル)のサービス内容

インターネット関連のサービスと製品に特化している米国ののグローバル企業で、

検索エンジン
クラウドコンピューティング
オンライン広告
ソフトウェア
ハードウェア関連

の領域を拡大しています。

検索エンジンに関しては、日本においてヤフーに次いで2位です。
ですが、ヤフーの検索エンジンはヤフーが提供しているわけではなく、実際はGoogleが提供しています。
なので、日本の検索エンジンはGoogleがほぼ100%独占していると言っていいでしょう。
また、皆さんご存知の動画サイト「YouTube」もGoogleが展開しているサービスです。

海外事業

Googleは、世界50か国・70を超えるオフィスが存在しています。
ロシアをはじめとした旧ソ連圏、アフリカではオフィス展開は少ないですが、それ以外のエリアでは拠点を構えています。

また、世界の主要国の検索エンジンの90%以上がGoogleが占めています。
例に挙げますとイギリスの検索エンジンだと99%のシェアを獲得しており、日本よりも占めています。
今となっては世界にその存在感を示すIT界の大手企業と言えます。

日本支社でも積極的な採用活動を行っているおり、募集の職種も数多くあるため、中途採用の活躍できる場もさらに増加することでしょう。

今後のサービス展開

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使用できるようにする」というミッションのもと、Googleが最近特に注力し始めている領域は以下の3つです。

Googleが注力しつつある領域
・ウェアラブルデバイス
・ロボット開発
・自動運転車

ウェアラブルデバイスは、グーグルグラスが有名です。
これまでのソフトウェアのみならず、ハードウェアにまでサービス拡大をしているようです。
また、自社開発に固執せず、企業買収を積極的に行い、巨大市場になるであろう事業に力を入れているようです。

Google社員の平均年収(Googleへの転職:給料)

Googleの初任給

正確なものはないものの、Googleの大卒初任給は460万円だと予測されます。
一般的な大卒初任給は約250万円ということを考えると、かなり高い水準だと言われています。
ただし、外資コンサルや外資系銀行と比較するとやはり低くなってしまいます。

Googleの平均年収は約800万円

Googleの平均年収は約800万円と言われています。
ですが、Google自体の個人結果次第で給与が変動すること、ボーナスも多ければ年4回も存在するので一概に多くのGoogle社員がこの年収とも限りません。

個人結果が良ければ年収1000万円を超える事もできるし、逆に結果が出なければ800万円未満ということもあります。

Google本社だと年収~3000万円代も狙える

Googleの米国本社へ出向するような優秀な方だと、年収2000万円後半~3000万円代も狙えるレベルになります。
米国駐在の経験は給与に大きく関わり、日本法人よりもはるかに高額になります。

Googleの年齢別平均年収

ここでは、Googleの年齢別平均年収額についてご紹介します。

年齢平均年収
20~24歳597万円
25~29歳750万円
30~34歳830万円
35~39歳950万円
40~44歳1107万円
45~49歳1159万円
50~54歳1248万円
55~59歳1444万円
60~64歳983万円

40代には1000万円超えるようになってきます。
50代になると1500万円近い年収を受け取る方が多いです。
ただ、Googleレベルの企業ともなると優秀な人の集まりになるので、新たな挑戦を求め、会社を設立したり、転職したりする方が非常に多いです。
そのため50代までGoogleに残る方は非常に少ないです。

Google(グーグル)の口コミ・評判

  • 給与制度としては、四半期ごとにボーナスが支給される。これは目標に対する達成度に合わせて金額が変わるもので、その他にも貢献度の高い人に対する手当や、同僚からの感謝の気持ちとして受け取れる手当もある。数年で100万円単位で年収が上がることもある。
  • グローバルな環境で、優秀なスタッフと働けることが入社の決め手となった。キャリアアップのために理想的な環境が整っていると感じる。評価は自身と上司が半期ごとに評価するスタイルとなっている。
  • 子育てをしながら管理職として採用されている女性が多く、女性が働きやすい会社です。在宅での勤務やフレキシブルな働き方も認められているため、ワークライフバランスを重視する方にはよい環境だと思います。セクハラやジェンダーへの取り組みもケアする仕組みが整っていると感じます。
  • 働き方は、部署や上司のマネジメントスタイルによって異なる。私が所属する部署は大きな裁量を持って仕事ができるため、勤務時間や仕事の進め方は比較的自由。しかし全社的にそういったスタイルというわけではない。
  • 部署によってはルーティンワークのような仕事もあるため、向いていない人には辛い環境かもしれない。自分にあったプロジェクトやポジションを自ら取っていく必要がある。ジョブレベル制で昇給はあるが、マネージ