転職:amazonの就職難易度から狙い目の職種を調査!採用対策まとめ

【人気企業で働く】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

転職:amazonの就職難易度から狙い目の職種を調査!採用対策まとめ

<あわせて読みたい>
Googleに転職する難易度は?英語ができないと無理なのか
Appleに転職する難易度は?年収・面接対策やエンジニア採用率
スターバックスへ転職!年収や中途採用の求人・仕事内容・職場環境も解説
無印良品へ転職!年収・仕事内容・職場環境も解説

アマゾンの就職難易度はもちろん高いが、職種によっては未経験でも十分狙える!

  • 営業職・オペレーション(総合職・一般職)
  • 事業開発・アナリスト・マーケティング・人事部(ハイヤー職)
  • エンジニア・Webデザイナー(技術職)

営業職やオペレーションスタッフの総合職・一般職は、専門的なスキルは必要ないため、転職への難易度は高くありません。

事業開発やマーケティングなどのハイヤー職の場合は、職種ごとのスキルが必要となるため、未経験だと難しく難易度も高いポジションです。
→ただし経験があれば十分にライバルと戦えます。今までの経歴を整理して具体的に語れるようにすれば光は見えてくるでしょう。
→またプログラマーや開発系の職種は、募集人数(分母)が多いのも特徴です。
募集も多くライバルも多いですが、門も広い、というイメージですね!

また、アマゾンジャパンのSPIは、難易度が高いことで有名です。数字にして、数十倍の倍率だそうです。職種や部門によっては、英語力もテストされます。

アマゾンは世界的に有名企業であるがゆえに、応募者数も中小企業の比ではありません。多くの応募者をふるいにかけるために、高難易度のSPIが設定されています。エンジニアの場合は、アマゾンで使用しているプログラミング言語もおさえておきましょう。

アマゾンジャパンとは世界最大手のEC(通販)企業

いまや、日本の流通に欠かせないアマゾン。日頃から利用している方も多いでしょう。

アマゾンの売上は日本だけで1兆2,000億円を超えており、世界最大手のEC企業であることいえます。アマゾンジャパンの基本情報は次のとおりです。

詳細内容
会社名アマゾンジャパン合同会社
代表者社長 ジャスパー・チャン、ジェフリー・ハヤシダ
本社住所東京都目黒区下目黒1丁目8−1
サービス開始2000年11月
事業内容幅広いジャンルの商品を取り扱う国内最大級の総合オンライストア

極秘プロジェクトに参加しよう

また、この会社は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、
大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
→ 一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃します
この先で、実際に筆者が使った非公開求人が多い転職エージェントをおすすめしておきますね

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

アマゾンジャパンの会社概要

地球上で最もお客様を大切にする企業を目指しています

Amazon.comは、米国ワシントン州シアトル市を本拠地とするフォーチュン500の一企業であり、 eコマースにおける世界的なリーディングカンパニーです。

Amazon.comのCEOであるジェフ・ベゾス(Jeffrey P. Bezos)が1995年に創業して以来、Amazon.comは商品の品揃え、 インターナショナル・サイト、そして世界中に位置する物流センターおよびカスタマーサービスセンターにおいて著しい拡大を行ってきました。

現在では、本、エレクトロニクス製品からテニスラケット、宝飾品まで様々な商品を豊富に取り揃えています。 またAmazon.comはイギリス、ドイツ、フランス、日本、カナダ、中国、イタリア、スペインなどでウェブサイトを運営し、 世界各地175カ所を超える物流センターを設置しています。

Every day is still Day One Amazonは1995年、小さなオフィスで産声を上げました。 World Wide Webの限りない可能性を信じた創業者兼CEO、ジェフ・ベゾス(Jeffrey P. Bezos)が、ゼロから立ち上げました。 当時「インターネット専門の小売店」が成功すると思っていた人など稀であった中での、極めてアグレッシブなチャレンジだったと言えます。

Amazonでは、毎日が常に「Day One」であると考えています。 最初の一歩を踏み出す日。新たな挑戦を心待ちにする日。そして今日が、皆様にとっての「Day One」です。 素晴らしいビジネス拡大に向け、あなたのアイディアが形になり始める日。 毎日が常に「Day One」であることがAmazonを支える力となり、刺激となっています。

現状に満足することなく、常に今よりも上を目指す

世界最大の河川アマゾンから名づけられたAmazon.comはその名の通り、あらゆるものが流通する場へと挑戦を続けています。 ロングテールやレコメンデーションに代表される、ネット専業の優位性を活かし、 書籍・音楽・映像・ゲーム・家電・家庭用品・アパレル・ベビー用品・食品・飲料など、 圧倒的なスピードで品揃えを拡張し続けています。

また、Amazonが提供する商品のほか、一般の事業主の方などがAmazonに出品して商品を販売できる マーチャント@amazon.co.jpの開始に伴い品揃えがより拡大しています。 さらにはAWS(Amazon Web Service)に代表されるクラウドサービス、Amazonモバイルサービスの強化など、 新たな事業領域へも積極的に進出しています。

Amazon.co.jp サービス内容: 数億種類を超える和書、洋書、CD、DVD、PCソフトウェア、ゲーム、エレクトロニクス、文房具・オフィス関連用品、 ホーム&キッチン、おもちゃ&ホビー、スポーツ、ヘルス&ビューティー、コスメ、時計、ベビー&マタニティ、 アパレル&シューズ、ジュエリー、食品&飲料などの商品を取り扱う総合オンラインストア。

世界50か所以上の地域に物流センターを展開

アマゾンは、世界50か所以上の地域に物流センターを展開しています。また、アメリカ発祥の企業であることに加え、顧客も社員もさまざまな国籍を抱えているため、英語をはじめとしたいくつもの言語が使用されています。

日本での売上高は、グローバル売上高のうち約10%を占め、現在も順調に成長を続けています。国内外問わず、オンラインストアの大手であると言えます。

充実したラインナップのおかげで「欲しいものはアマゾンで検索する」というライフスタイルが確立されつつあります。今後も商品数を増やし続け、規模を拡大していくことでしょう。

アマゾンジャパンの求める人物像・採用基準

それでは、アマゾンジャパンの採用情報について紹介します。

アマゾンは「リーダー」であることを重要視しているので、応募する際は自分なりの「リーダー」を考えて望みましょう。福利厚生は充実しているものの、多忙であるという情報が散見されます。

アマゾンジャパンの採用基準

「Our Leadership Principles」という14項目

またリーダーの考え方として、アマゾンでは共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条を紹介しています。この14項目に共感できるかどうかが、重要な基準となるようです。

14項目を一言で言うならば
チームを統括するマネージャーであるかにかかわらず、社員全員がリーダーである
という人物像を求めているのでしょう。

応募する際は、この人物像を頭に入れておく必要があります。

Amazonでは、全員がリーダーです。
 
Amazonには世界で共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条があります。 それは、チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、Amazonでは、全員がリーダーであるという考え方のもとで、社員一人ひとりが、全ての日々の活動において、常にこの「Our Leadership Principles」に従って行動するよう心がけています。

Customer Obsession
リーダーはお客様を起点に考え行動します。お客様から信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。リーダーは競合にも注意は払いますが、何よりもお客様を中心に考えることにこだわります。 

Ownership
リーダーにはオーナーシップが必要です。リーダーは長期的視点で考え、短期的な結果のために、長期的な価値を犠牲にしません。リーダーは自分のチームだけでなく、会社全体のために行動します。リーダーは「それは私の仕事ではありません」とは決して口にしません。 

Invent and Simplify
リーダーはチームにイノベーション(革新)とインベンション(創造)を求め、同時に常にシンプルな方法を模索します。リーダーは状況の変化に注意を払い、あらゆる場から新しいアイデアを探しだします。それは、自分たちが生み出したものだけに限りません。私たちは新しいアイデアを実行に移す時、長期間にわたり外部に誤解される可能性があることも受け入れます。

Are Right, A Lot
リーダーは多くの場合、正しい判断を行います。 優れた判断力と、経験に裏打ちされた直感を備えています。 リーダーは多様な考え方を追求し、自らの考えを反証することもいといません。 

Learn and Be Curious
リーダーは常に学び、自分自身を向上させ続けます。新たな可能性に好奇心を持ち、探求します。 

Hire and Develop the Best
リーダーはすべての採用や昇進における、評価の基準を引き上げます。優れた才能を持つ人材を見極め、組織全体のために積極的に活用します。リーダー自身が他のリーダーを育成し、コーチングに真剣に取り組みます。私たちはすべての社員がさらに成長するための新しいメカニズムを創り出します。 

Insist on the Highest Standards
リーダーは常に高い水準を追求することにこだわります。多くの人にとり、この水準は高すぎると感じられるかもしれません。リーダーは継続的に求める水準を引き上げ、チームがより品質の高い商品やサービス、プロセスを実現できるように推進します。リーダーは水準を満たさないものは実行せず、問題が起こった際は確実に解決し、再び同じ問題が起きないように改善策を講じます。 

Think Big
狭い視野で思考すると、大きな結果を得ることはできません。リーダーは大胆な方針と方向性を示すことによって成果を出します。リーダーはお客様のために従来と異なる新しい視点を持ち、あらゆる可能性を模索します。 

Bias for Action
ビジネスではスピードが重要です。多くの意思決定や行動はやり直すことができるため、大がかりな検討を必要としません。計算した上でリスクを取ることに価値があります。 

Frugality
私たちはより少ないリソースでより多くのことを実現します。倹約の精神は創意工夫、自立心、発明を育む源になります。スタッフの人数、予算、固定費は多ければよいというものではありません。 

Earn Trust
リーダーは注意深く耳を傾け、率直に話し、相手に対し敬意をもって接します。たとえ気まずい思いをすることがあっても間違いは素直に認め、自分やチームの間違いを正当化しません。リーダーは常に自らを最高水準と比較し、評価します。 

Dive Deep
リーダーは常にすべての業務に気を配り、詳細な点についても把握します。頻繁に現状を確認し、指標と個別の事例が合致していないときには疑問を呈します。リーダーが関わるに値しない業務はありません。

Have Backbone; Disagree and Commit
リーダーは同意できない場合には、敬意をもって異議を唱えなければなりません。たとえそうすることが面倒で労力を要することであっても、例外はありません。リーダーは、信念を持ち、容易にあきらめません。安易に妥協して馴れ合うことはしません。しかし、いざ決定がなされたら、全面的にコミットして取り組みます。 

Deliver Results
リーダーはビジネス上の重要なインプットにフォーカスし、適正な品質で迅速に実行します。たとえ困難なことがあっても、立ち向かい、決して妥協しません。

アマゾンジャパンの募集要項・給与・勤務地・福利厚生など

応募条件

対象卒業年度に学士以上の学位取得見込みであること。

給与

Amazonでは、給与について「トータルコンペンセーション」という考え方をもっています。
これは、基本給に加え、各種手当などを含めた総報酬にて管理するということです。
また、貢献度に応じた実力主義の報酬体系(個人の業績だけでなく、チームへの貢献度や周囲への影響度も含めたトータルな実力を評価)としています。

月額基本給(年俸制)

354,584円以上(年俸制12分割支給)

基本給には、月70時間の時間外労働手当に相当する時間外労働手当、深夜勤務手当、法定休日勤務手当分(固定残業代)が含まれている。
ただし70時間分を超える時間外労働手当、深夜勤務手当、法定休日勤務手当(固定残業代)についての割増賃金は追加で支給。

基本給が月額354,584円の場合、固定残業代の額は月額125,358円であり、固定残業代を含まない基本給の額は229,226円である。
※諸条件により異なります。
※別途、株式、サイニングボーナスの付与有

勤務地

Businessコース/東京都目黒区 または品川区
Manager コース/全国各地のフルフィルメントセンター またはカスタマーサービスセンター
Specialistコース/東京都目黒区 または全国各地のフルフィルメントセンター
Techコース/
・Software Development Engineer、AWSソリューションアーキテクト、クラウドサポートエンジニア 東京都目黒区 または品川区
・オペレーションエンジニア 東京都目黒区 または全国各地のフルフィルメントセンター 

諸手当

通勤手当支給(月5万円迄)
確定拠出年金
弔慰金

昇給

年1回個人の業績評価による査定有

勤務時間

Businessコース/(原則)9:00-18:00
Managerコース/職種・配属先により異なる(実働8時間)
Specialistコース/(原則)9:00-18:00
Techコース/(原則)9:00-18:00

休日・休暇

年間休日/120日
年次有給休暇/初年度 最大14日 ※入社月により異なる
パーソナル休暇(有給)/年間 最大5日 ※入社月により異なる
特別有給休暇(結婚、配偶者の出産、忌引における休暇)
生理休暇、産前産後・育児・介護休業 など

保険

社会保険完備
団体生命保険

待遇・福利厚生

通勤交通費:月5万円まで支給。
社会保険完備:アマゾンジャパン健康保険組合、厚生年金、雇用保険、労災保険。
団体生命保険:保険料全額会社負担の生命保険。
確定拠出年金:拠出金全額会社負担の年金制度。公的年金に加えて受給可能。
社内公募制度:Amazon内(含海外)のオープンポジションに応募可能。
社員割引制度:Amazon.co.jpの商品を社員割引価格で購入可能。
会員制福利厚生制度:様々な福利厚生メニューの中から自分にあったメニューを割引価格で利用可能。ポイント付与有り。
表彰制度:Door Desk Awardなど、各種社内表彰。
イベント:ファミリーデー・花見・クリスマスパーティーなどのイベント。

勤務地

本社(東京都目黒区)
北海道札幌市
宮城県仙台市
埼玉県川越市
大阪府大阪市
福岡県福岡市

研修・育成プログラム

新入社員トレーニング
会社・部門・ビジネス・企業文化・ビジネスマナーの研修後、仕事に必要な知識やスキルをマスターするため各部署でOJTトレーニング、現場実習を実施いたします。メンターが新入社員をきちんとサポートする仕組みがあるため安心してください。
その後も各種育成プログラムが用意されています。

アマゾンジャパンの募集職種

アマゾンジャパンの職種は大きく分けて次の3つです。

  • 営業職・オペレーション(総合職・一般職)
  • 事業開発・アナリスト・マーケティング・人事部(ハイヤー職)
  • エンジニア・Webデザイナー(技術職)

営業職やオペレーションスタッフの総合職・一般職は、専門的なスキルは必要ないため、転職への難易度は高くありません。

事業開発やマーケティングなどのハイヤー職の場合は、職種ごとのスキルが必要となるため、未経験だと難しく難易度も高いポジションです。

大企業を受験したとき繰り返し問題をこなしたので絶対おすすめ。こちらも同じようにWEBテストが基本なので、この問題集一冊やれば問題なし。即買いをおすすめします!

また、一般常識を行う企業は、大抵最終面接の前に筆記試験を入れている企業です。SPIや玉手箱は面接の前か、1次面接前に行われるのですがなぜか一般常識試験は最終面接前でした。面接を3回行う企業は要注意!

アマゾンジャパンの離職率

給与は高く、福利厚生もしっかりしています。スキルアップできる点も魅力でしょう。しかし「忙しすぎる」「なかなか昇給できない」といった理由で離職する人は少なくありません。

特にコールセンター業務は離職率の高さで有名です。「クレームがとにかく多い」「対応が一貫していない」などの要因でストレスがたまり、離職するケースが多いようです。

アマゾンジャパンの平均年収:500万〜900万円

アマゾンジャパンの平均年収は転職時で500万〜900万円、社員全体の平均年収は600万〜650万円程度となっており、業界内でも高めの年収といわれています。なお、年代ごとの平均年収は次のとおりです。

年代平均年収
20代480万~600万円程度
30代560万~760万円程度
40代730万~960万円程度
50代920~1020万円程度

能力によって給与が変わるので、年代と年収の関係性はさほどありません。ひとつの目安として考えてください。アマゾンにはジョブレベルという制度があり、こちらの方が年齢より重要視される指標のようです。

アマゾンジャパンの評判・口コミ

アマゾンジャパンの評判・口コミは次のようになっています。

  • 経験値が高くスキルアップできる
  • 社員割引が使える
  • 完全年俸制、3年目以降は自社株式の支給がある
  • 男女平等で個人主義な環境
  • 激務のため体力面できつい

外資系企業らしくパフォーマンス(能力と成果)で評価が決まる

アマゾンジャパンの職場は、成長できる機会が多く、スキルアップを期待できます。具体的には、次の点を評価されていました。

  • 優秀な人材が多く、学べることが多い
  • 仕事のスピードが早い、対応力が身につく
  • 新規プロジェクトが多く、やりたいことに挑戦しやすい

外資系企業にありがちな、パフォーマンスで評価が決まる職場です。そのため、成長したい人にとってはおすすめの職場といえます。

Amazonの商品を社員割引価格で購入できる

アマゾンジャパンでは、社員割引制度を取り入れており、Amazonの商品を社員割引価格で購入できます。

最近は、食品から生活用品まで、すべてをアマゾンで取りそろえる人も多く、仕事のモチベーションにもつながっているようです。

完全年俸制

給与は年俸制で、年次に関係なく成果によって評価されます。

ボーナスはありませんが、入社3年目以降は自社株式が支給されるため、高収入が期待できるという評判がありました。

成果を重視・男女平等

個人主義でオープンな雰囲気の職場のため、自ら積極的に動くことのできる方には働きやすい環境です。成果を重視するため、男女で待遇が違うこともないようです。

Q&A

英語はどの程度必要ですか?

職種・ポジションにもよりますが、社内文書やツール類が英語表記の為、読み書きレベルは必要となっています。TOEIC®テスト700点がひとつの目安です。
Software Development Engineerに関しては読み書きに加え、口頭でのコミュニケーション能力が求められます。

新入社員研修について教えてください。

入社年度によって研修のプログラムは異なります。2018年度新入社員の場合は、約1ヵ月間で、全体での新入社員研修 (会社/部門/ビジネス/企業文化/ビジネスマナー) 、フルフィルメントセンター、カスタマーサービスセンターでの研修、AWSに関する座学、オンラインクラスなどによる研修を実施しました。その後、各部署で仕事に必要な知識/スキルをマスターするためOJTトレーニングとなります。また、メンターが新入社員をサポートする仕組みもあります。

育児制度はありますか。

育児休暇期間の延長に加え、勤務時間の短縮措置など、仕事と育児の両立を図るための制度を取り揃えています。男性、女性ともに多数の取得実績があります。

アマゾンジャパンの面接・選考の流れ

選考の流れ

アマゾンジャパンの選考フローは次のとおりです。面接は、対面による面接とは限らず、電話面接の場合もあるそうです。

  1. エントリーシート
  2. グループディスカッション
  3. 1次面接
  4. 2次面接
  5. 3次面接
  6. 4次面接
  7. 内定

アマゾンジャパンは、面接とは別にグループディスカッションがあります。グループディスカッションでは、複数人で1チームとなり、課題に対しての解決策を話し合います。意見をの主張も必要ですが、他者の意見を聞き入れたり、話をまとめたりする姿勢も評価されます。

<あわせて読みたい>
Web(ZOOM)面接対策!

SPIは難易度が高い

アマゾンジャパンのSPIは、難易度が高いことで有名です。数字にして、数十倍の倍率だそうです。職種や部門によっては、英語力もテストされます。

アマゾンは世界的に有名企業であるがゆえに、応募者数も中小企業の比ではありません。多くの応募者をふるいにかけるために、高難易度のSPIが設定されています。エンジニアの場合は、アマゾンで使用しているプログラミング言語もおさえておきましょう。

【重要】英語ができない人もできる人も:このスキルをアピールしよう!

Amazon就職において必要なスキルは重要です。

Amazonは他社に比べて特に、必要なスキルにあった人材を採用したいと強く思っています

なので必要なスキルを理解し、それにあった自分をアピールすることでかなりライバルに差をつけることができます。

重要:スキルと経験を具体的に示す

必要なスキルとは、以下の通りです。

広い視野で周りを見渡せる力
組織の方向性を決め、戦略を策定するためには、組織を取り巻く内外環境を見通すことが重要です。
将来どうありたいのかを描くビジョンメイクの力が必要です。

感覚ではなく数字から行動を導き出せる力
会計データ・顧客データ・売上データなど様々なデータがありますよね。 企業が成長・発展し続けるためには、そういったデータを分析して仮説を立てる力が求められます。

個人でなくチームで行動する力
複数の部門と協力をしてプロジェクトを推進したり、多くのキャストを管理・育成したり、人間関係の構築に不可欠なヒューマンスキルが必須となります。

あたらしいものを生み出すための勉強と発想力
情報やモノがあふれる時代に、多くの人々に夢や感動を提供し続けるには、常にアンテナを広げてインプットを増やしていく必要があります。
それらを組み合わせてゼロベースの新しい発想をアウトプットするクリエイティブな力が求められます。

顧客のニーズを把握できる力
顧客のニーズを把握して、それを上回る価値を提供することで、企業使命の実現につなげていきます。
そのためには、マーケティングの力が必要です。

どれも必要なスキルとなっています。 もちろん、業務によって必要性の強弱が異なります。

じゃあ就職・転職のときどうしたらいいのか

じゃあどうしたらいいの? と思いますよね。

具体的に語ることが重要です。

いままでの経験の中で、新たにチャレンジして成功した体験や古き風習を塗り替えた経験などを語ったり、斬新な企画を立ち上げた経験などをアピールできると完璧です!

上記のスキルは、当然ですが曖昧なものです。

その中から「自分が今までやってきた経験にあてはまる」「具体的な成功体験や失敗からの克服体験」を語れるように用意しておきましょう!

たとえば、「こういうお客様の声を頂いて一時はクレームになりましたが、それを生かして新しいサービス・商品・改善策をうみだして、逆にお客様からお褒めの言葉をいただけるようになりました」

など、失敗はむしろ良いスパイスになるので、どんどん語っていきましょう。

成功体験ばかり話す人より、失敗も話す人のほうが正直者っぽいですよね?

徹底的に自分の過去を掘り下げましょう。自分一人でつらいならエージェントと話していくうちに掘り下げていくこともできます。

どんな性格の人が好まれるか

  • 組織のキマリに従うだけでなく、新しい発想を提案できる
  • いつも「目標を持って行動する気持ち」をつよく持ち、どうやったらできるかを追求する人
  • 常に新しい方法を自分なりに考えている人

例えば、上限関係よりも横のコミュニケーションを重んじる人材を求めているのに、面接の中で「上司は地位を重んじて従うべきと思っています」「同僚を出し抜いて出世してきました」など、協調性よりも野心を重んじる発言はNGです。

嘘も方便なので、しっかり理解して自分を企業に合わせていくことがAmazonの採用に多いては重要になります。

↓↓まとめると↓↓

「協調性はありつつも、大企業にある固まった決まりに従うだけでなく、新しい発想を生み出せる人

です。

常に新しいものを生み出し続けないといけない会社なので、クリエイティブかつコミュ力のある人を求めているわけですね

Amazonへの就職において、ここのアピールは重要ですので力を入れましょう!

アマゾンジャパンへの転職方法

次にアマゾンジャパンへの転職方法について紹介します。

アルバイトや契約社員から社員登用制度を利用

アマゾンジャパンは正社員登用制度を取り入れており、アルバイトや契約社員でも正社員を目指せます。

キャリアアップは、年齢や勤続年数ではなく仕事のパフォーマンスで決まるため、実力で勝負したい方におすすめです。アルバイトから正社員登用されて、同年代よりも高い年収をもらっている人も少なくありません。

転職エージェントを利用する

アマゾンジャパンへの転職は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントを利用するメリットには、次の点が挙げられます。

  • アマゾンジャパンに特化して対策できる
  • 待遇の交渉を代行してもらえる
  • 個人的な事情など相談に乗ってくれる

また、この会社は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、
大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
→ 一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃します
この先で、実際に筆者が使った非公開求人が多い転職エージェントをおすすめしておきますね

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

求人票の[応募条件]はあまり気にしないでいい(自信を持とう)

求人票には「必須条件:3年以上の経験」「歓迎条件:ビジネス英語力」などと書かれています。

あなた「自分の経験は2年しかないから無理か。英語も苦手だし」

あなた「応募するのやめよう

これは大損です!

あなたにはそれ以外にスキルや経験があればそれをアピールすれば、全く問題ありません。

逆に「3年の経験があって英語が話せたら受かるのか?」→答えはもちろんNOです。

企業側から見るとあくまで「3年くらい働いていたら何かしらのスキルを身に着けているかな?」という基準に過ぎません。

1年で企業の求めるものを持っている人もいれば5年でももっていないひともいます。

なのできにせず応募しましょう。(応募するだけならノーリスクです)
不安なら転職のプロに相談することです。自分が応募すべきかを見える化できます。

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました