[最新]オリエンタルランドの選考倍率から就職難易度を考察!新卒と転職を比較

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

オリエンタルランドの選考倍率から就職難易度を考察!新卒と転職を比較

オリエンタルランドに就職したいんだ。でも倍率高すぎてエリートしか受からないんでしょどうせ

うっしっし。そんなことはない。
人気ではあるが他の企業に比べると飛び抜けているわけではないし、割と狙い目でもある

お!

ディズニー好きとしては是非受けておきたいが、気になるのは倍率だよね。
新卒のフローに沿って選考過程や倍率解説をしていくが、転職にあてはめても問題ない。オリエンタルランド側のスタンスや求める人材は変わらないわけだしね

<あわせて読みたい>
オリエンタルランドへ就職・転職!求める人材・仕事内容
オリエンタルランドの正社員の平均年収は?年齢別や役職別も【ディズニー】

オリエンタルランド新卒の倍率は200倍!転職は10倍前後!

引用 公式HP

オリエンタルランドは、毎年新卒の募集を行っています。
採用される人数は、平均で総合職が約30~40人、その他技術職や専門職が数人採用されています。

大卒の初任給が20万円、オリエンタルランドの平均年収は700万円前後です。

フランチャイズとはいえ人気テーマパークを運営している会社なので応募も多い会社です。

新卒は、万単位での応募があると言われています。
その倍率は、200倍とも言われています。

正直、キャリアをつんで、転職組でオリエンタルランドに入るほうが現実的な道とも言えます。
学歴はほぼ関係なく、経験やキャリアで採用が決まる転職はチャンスなのです。

ですが今回は新卒について解説していきます。新卒の方も転職の方も参考にしてください。

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

一次選考

エントリーシート

第一次選考は、エントリーシートによる書類選考です。

まず、一発目の書類選考でふるいに掛けます。

働く会社として、何故オリエンタルランドを選んだんですか?

というベタな質問から、

他人と協力してやり遂げた事の体験談

などの質問に答える。

このエントリーシートの段階では、選考する人たちは名前、性別、大学なども全く見ず、このエントリーシートに書かれた内容だけを見て判断します。

能力テスト

数的処理、国語、性格テスト、SPI、図形問題などが、出題されます。

ここまでで、かなりの数が落とされます。

二次選考

グループディスカッション

5人一組で3グループに分け、1つのテーマを10分、3つのテーマについてディスカッションします。

このディスカッションで見られるのは話す事や聞く事がちゃんと出来るかというコミュニケーション能力。

チームワークが出来る人か?

という事です。

ただ単に、知識があるとか、リーダーシップを取るとかだけではなくそのディスカッションの議論をまとめる役割や、意見が行き詰まったら別の角度から話を広げて、議論を活性化できるかなども見られます。

たくさんの人が働く会社ですから当然、周りの人への気配りや、協調性などが問われるんですね。

三次選考

一次面接

学生1人、社員2人による面接が行われます。時間は1時間。

志望動機から、学生時代の事、どんな性格かなど、能力よりも人間性に重点を置いた質問が中心です。

四次選考

グループワーク(丸一日)

1グループ6人から7人、3つから4つのグループに分けられます。

所要時間は8時間。チームごとに1つのテーマが決められて、その事について皆んなの意見をまとめて、その内容のプレゼンの作成します。

チームごとに成果物を提出して、その成果物の内容で、優勝チームが決まります。

ただし、優勝したからといって、採用されるという事ではありません。
当然ここでも、それぞれの発言や立ち振る舞いが審査されています。

主導権争いや、発言権の争いなどもあるそうです。

グループワーク終了後にメンターからのフィードバックが行われますが、メンターから絶賛された人ほど落ちているという情報もあるため、過剰な期待は禁物です。

五次選考

最終面接

所要時間は1時間。

学生1人、社員2人の面接、この面接で最後になります。

この面接では、子供の頃の話も質問されます。かなり細かく自分の価値観について、掘り下げた質問をされます。

質問者の意図は、本人の素を見たいという事です。

面接の時と入社してからのギャップが無い様にという事でかなり細かい所まで、質問されます。
逆に面接を受ける人も、会社に入ってみたけど思っていたのと違うという事を避ける為でもあるのです。

しっかりと、人間性までチェックされるという事ですね。

「ディズニーが好きです」はあたりまえ

オリエンタルランドの面接担当者いわく

「単なるディズニー好きな人は落とす事が多い」とのこと。
これは転職の際にもそのままいかせそうな情報ですね。

志望動機が「ディズニーが好き」「希望の職種はディズニーで働けるならどこでもいい」という人も同様。

一見、ディズニー信者だから便利に使えそうなのですが採用する側はその様な人を求めていません。

ディズニーランドやディズニーシーに行った事がない人でも、採用した事があるそうです。
訪れる人からしたら、ディズニーは夢の国ですがオリエンタルランドにとっては、ビジネスなんですね。

これはどの会社でも言えます。その会社の商品やサービスを事前に研究しておくのは当然なのですが、ただその消費にゃサービスが好きというだけの人材はいらないのです。
※マリオやゼルダが大好きで全シリーズ遊んでいるだけの人はきっと任天堂に採用されないでしょう。

好きなのは当たり前で、その上で自分の力をどう活かせるかが重要になってきます。

「会社に入ってこんな事をやりたい」というがある人と、オリエンタルランド側は一緒に仕事がしたい。というわけです。

オリエンタルランドについに採用されると・・・

5次選考の最終面接に通って、ようやく採用です。

採用されると一番最初はキャストと呼ばれるアルバイトと一緒に仕事をします。
そして、アルバイトを管理するスーパーバイザーになっていくという流れです。

もちろん、それだけで終わりではなくその先のキャリアプランも部署異動も色々経験して登っていくことになります。

ディズニーに関われる仕事は世の中にたくさんある!

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

で、どうしたらいいの。スキルもないし英語も得意じゃないし。
とにかくディズニーが好きなだけなんだけど

好きということが一番。それがモチベーションにもなるし、自分の知らないスキルや意外な経験を会社は求めているかもしれない

自分じゃどうしようもないよ

じゃあとりあえず他人(プロ)に相談してみたらどうだろう。
この記事を読んだうえで相談することで明確な未来が見えてくるはずだ

書類を通過するだけでも優秀な人ですね。

また、転職の際にも有用な情報がたくさんあったと思います。

挑戦するのはタダです。是非チャレンジしてみてください!

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました