ウォルトディズニー社とオリエンタルランド社の違いって何?総まとめ

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ウォルトディズニー社とオリエンタルランド社の違いって何?総まとめ

ウォルトディズニーカンパニーと東京ディズニーランドを運営している会社って違うの?

アメリカ・カリフォルニア州にある本家本元ウォルト・ディズニー・カンパニーと東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは違う会社だ。
東京ディズニーランドや東京ディズニーシーはディズニー社の直営ではなく、ディズニーとライセンス契約をしたオリエンタルランドが運営しているんだ。

え?そうなんだ。でも結局ディズニーなんでしょ?

実は世界の6ヵ所にあるディズニーパークの中で日本のTDRだけがディズニーの直営ではなくフランチャイズなんだよね。
ディズニー本社とオリエンタルランドとの関係や、特にパーク運営に深い関わりのあるディズニーの子会社について解説していくね

東京ディズニーランドの誕生

海外で人気を集めていたディズニーランドを日本へ誘致しようと考案したのは、当時の京成電鉄の社長でした。
京成電鉄は三井不動産と共同で千葉県の浦安沖を埋め立て、ディズニーランドと鉄道路線を作ることを決めていたのです。

1960年に株式会社オリエンタルランドが設立され、米国のディズニー社に日本へのディズニーランド建設を働きかけます。
ディズニー社はテーマパークの海外進出を考えていたものの、当時は資金に余裕がないことなどから日本への誘致に前向きではありませんでした。

しかし、その後ディズニー社の方針が変わり、建設費を抑えリスクも減らせるライセンス契約として日本進出を決定しました。
その間ライセンス料などの問題が発生したものの、1983年4月15日(金)にアメリカ国外で初となる東京ディズニーランドが誕生しました。

ウォルト・ディズニー・カンパニー

ウォルト・ディズニー・カンパニーは、ウォルト・ディズニーとロイ・O・ディズニー兄弟によって1923年に設立されたアニメーション・スタジオをはじめとするエンターテイメント企業です。

アメリカ合衆国カリフォルニア州バーバンクに本社があり、ディズニー映画の製作やテーマパーク経営を展開するディズニーの本家です。

主に下記のような4大主要事業部があり、それぞれ様々な傘下企業が存在します。

・ウォルト・ディズニー・スタジオ(映像製作)
・ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ(テーマパークやリゾート運営)
・ディズニー・メディア・ネットワーク(テレビ放送)
・ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル(映像配信サービスや国外展開)

世界初のディズニーパークであるカリフォルニア・アナハイムのディズニーランドをはじめ、フロリダ、パリ、香港、上海など東京以外はすべてウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下であるディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツが運営しています。

株式会社オリエンタルランド

引用 公式HP

株式会社オリエンタルランド(京成電鉄グループ)は、千葉県浦安市に本社を置く米国のウォルト・ディズニー・カンパニーとのフランチャイズ契約により東京ディズニーランドと東京ディズニーシーおよび東京ディズニーリゾートを運営する企業です。

ディズニーパーク以外にも、オリエンタルランドが独自展開している大型ショッピングモール「イクスピアリ」なども運営しています。

オリエンタルランドは、ディズニーの著作権や商標権を管理している「ディズニー・エンタープライゼズ・インク」とライセンス契約をしているため、ディズニーが持つ著作権や商標権が認められています。
この契約が結ばれた際、オリエンタルランドはディズニー社にロイヤリティとして売り上げの10%を渡しています。

東京のディズニーパークは直営ではありませんが、ディズニー社にとっては大切な存在なんですよ。

しかし、例外で言えば東京ディズニーシーのマスコットであるダッフィーは、オリエンタルランドが独自に制作したキャラクターです。

元々はアメリカのディズニーランドなどで販売されていたディズニーベアを基にオリエンタルランドがダッフィーというキャラクターに名前を変えて展開したことから人気を集めました。
日本でのダッフィー人気に目を付けたディズニー社は、逆輸入というかたちで現在アメリカのパークではダッフィーが販売されています。

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

ウォルト・ディズニー・ジャパン

ウォルト・ディズニー・ジャパンは、日本においてのディズニー映画の配給やソフト販売、ディズニーグッズの販売などのマーチャンダイジング、プロモーション活動などを展開しています。

ディズニー公式Twitterアカウントの運営やプロモーションを手掛けていることでも有名ですね。
なお、東京ディズニーリゾートで販売されているキャラクターの著作権や版権ビジネスはウォルト・ディズニー・ジャパンが担当しています。

また、日本国内のディズニーストアの運営をはじめ、ホテル会員権の「ディズニー・バケーション・クラブ」の販売サービスや、「ディズニー・チャンネル」の運営も行っています。
最近ではLINEの無料アプリ「ディズニー・ツムツム」などゲーム部門にも力を入れており、幅広い事業を展開しています。

<あわせて読みたい>
ディズニーカンパニー本体の正社員になりたい方はこちら!
ウォルトディズニージャパンへ就職・転職!新卒・年収や中途採用の求人(ディズニー正社員)

ディズニーストアに正社員として関わりたい方はこちら!
ディズニーストアへ就職・転職!年収や中途採用の求人(ウォルトディズニージャパン正社員)

ウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパン

海外のディズニーパークのアトラクションやショーなどの企画は、ディズニーの子会社であるディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツが運営しています。

東京のディズニーパークはオリエンタルランドが運営していますが、ライセンス使用や運営に関する助言、アトラクションや企画調整のためウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパンという会社が作られています。

ウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパンの本社はオリエンタルランドの本社内にあります。
オリエンタルランドは表面上の運営のみで、細かな内部調整などはウォルト・ディズニー・アトラクションズ・ジャパンに託されています。

ウォルト・ディズニー・イマジニアリング

ウォルト・ディズニー・イマジニアリングはディズニー社の子会社ですが、オリエンタルランドと深い関わりのある会社です。
「イマジニア」とは、イマジネーション(Imagination)とエンジニア(Engineer)を組み合わせたディズニーの造語。

ウォルト・ディズニー・イマジニアリングは、世界のディズニーパークの設計や開発、アトラクションの企画などを行う技術者たちが集まるディズニー社の心臓部のような存在なのです。

東京のディズニーパークも、アトラクションやパレード・ショーなどのエンターテイメントは、オリエンタルランドとイマジニアリングが共同で担当しています。
ウォルト・ディズニー・イマジニアリングでは、新しい魔法をパークに届けるため日々開発研究がおこなわれています。

ディズニーは、紹介しきれないほど多くの企業が関わっている

アメリカに本社を置くウォルト・ディズニー・カンパニーや東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドなど、世界のディズニーパークに携わる様々な会社をご紹介しました。

ディズニーでは、まだまだ紹介しきれないほど多くの企業が関わっています。
たくさんの会社に支えられているからこそ、世界中で愛されるテーマパークに成長したということがわかりますね

関連会社を調べ終えたら次はぜひその会社について、自分は挑戦できるのかを検討してみるのもいいかもしれません。

夢を夢のまま終わらせるのはもったいないです。大切なのはとりあえず動いてみることです!

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました