転職:AppleJapanは実力主義=年収を何倍にもする方法!就職難易度も解説【アップルジャパン】

【人気企業で働く】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

転職:AppleJapanは実力主義=年収を何倍にもする方法!就職難易度も解説【アップルジャパン】

<あわせて読みたい>
Googleに転職する難易度は?英語ができないと無理?
Amazonに転職する難易度は?英語は必要?年収や面接対策を解説
スターバックスへ転職!年収や中途採用の求人・仕事内容・職場環境も解説
無印良品へ転職!年収・仕事内容・職場環境も解説

AppleJapanの就職難易度は高い!が職種が多いので期待値は高い

Apple japan合同会社に就職できる難易度ってどのくらいでしょうか

英語で会話することが出来るのが必要なので英語力はないと厳しいかもしれません。
必要ない場所もありますが、海外と仕事とか外国人と一緒に仕事すると効率がかなり悪くなるので喋れる必要が出てきます。海外で仕事に携わることも多いためです。

Appleは外資企業であるため、学歴よりも実力を重視する傾向があります。
なので年齢は気にせず実力がある方は挑みましょう(むしろ年齢重ねたほうがキャリアがあると思ってくれます)

<あわせて読みたい>
転職回数が多いと不利?

Apple Japanが転職者に求める人物像:多様性と行動力を重視

Appleには世界中のオフィス共通の認識として、「多様性」と「行動力」が重視する傾向があります。
Apple製品のほとんどは、数百人規模の個性あふれる人材が、それぞれ意見を出し合って生み出されたものばかりです。

販売、開発、研究全てにおいて、チームメンバーの意見を素直に受け入れ、自分からも発言し続ける行動力が大切です。

また、発言だけでなく、実際に手を動かす行動力も求められます。Apple社員の行動力の有名なエピソードとして、Apple本社にあるカフェで、シェフが環境に優しいピザボックスを開発し特許を取得した。という話があります。

シェフでも、販売職でも、マーケッタ一でも、一人ひとりがイノベーターとして常に創造していくような行動力がAppleでは求められるのです。

Apple Japan:職種によっては未経験でも入れる!

Apple Japanの転職難易度は高いです。

ただし、Apple Japannの就職難易度は高いものの、グループ面接で刺激を受けたという転職希望者は多く、採用に到らなかった場合でもキャリアを形成する上で非常にためになる経験となるでしょう。

Apple Japanは企業ブランドの高さに加え、充実した福利厚生やワークライフバランスの整った職場環境など、新卒・転職共に倍率が非常に高い企業です。

また、販売職であれば、5年以上の実務経験+別業界での幅広い知識が必要など、ただ一つに特化したスキルだけでは採用に到ることはありません。また知識が深いだけでなく、誰にでもわかる言葉で知識をアウトプットできるロジカルな思考も求められるでしょう。

未経験でも応募可能な職種もありますが、非常に高いポテンシャルが求められるため、深く広いバックグラウンドが必須となります。

また、この会社は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、
大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
→ 一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃します
この先で、実際に筆者が使った非公開求人が多い転職エージェントをおすすめしておきますね

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

【そもそも】アップルジャパンとは

Apple Japanは、Appleの日本法人で、2011年に設立されました。

主な事業内容として、Mac、iPodに代表されるアップル社製コンピュータや周辺機器、各種アプリケーションソフトの輸入販売・研究開発を行っています。

Apple Japanは主にインターネット関連製品やデジタル家庭電化製品、さらにそれらに関連するソフトウェア製品の開発や販売を行っています。

Apple Japanの会社概要

社名Apple Japan合同会社
代表者Tim   Cook
従業員数130,000名
資本金54億8000万円
本社所在地〒106-6140 
東京都港区六本木6丁目10番1号

Apple Store

Apple Japanと聞けばApple Storeを思いつく人も多いでしょう。

Apple Storeでは全てのApple製品を販売するだけでなく、カスタマーサポートやトラブルシューティングを行い、ユーザーに製品に関する的確なアドバイスを行います。

ユーザーのトラブルシューティング

Apple Japanでは、ユーザーがApple製品に関して疑問を持つことなどのトラブルシューティングを電話やメール、チャットなどを利用して行います。

ユーザーからの問い合わせには、製品への高い知識を持った在宅勤務アドバイザーが担当するのが特徴です。

コーポレート

コーポレートはエンジニアやマーケティング部門の他にデザインやマネジメントも担当し、財務や人事、営業までを担います。

経営のビジョンを現場で実践することを目標にApple Japanの成功に向け、Apple Storeのチームを構築し成長させるのがコーポレートです。

Apple Japanの平均年収・給料

日本においても絶大な人気を誇るApple製品を扱っているApple Japanでは、いったいどのくらいの年収が期待できるのでしょうか。

全体の平均年収は610万円〜(多くの職種あり)

Apple Japanにはさまざまな職種があり、給与も職種ごとに違いがあります。

ただ、ほとんどの職種において年俸制であるのが特徴です。

そんなApple Japanの年収を平均すると「610万円」です。

営業であれば業績に連動したインセンティブが与えられますので、実力があれば平均年収以上の年収が期待できます。

年代別の年収

年代年収
20~24歳348.3万円
25~29歳383.8万円
30~34歳376.6万円
35~39歳439.8万円
40~44歳490.0万円
45~49歳562.3万円
50~54歳623.2万円
55~59歳617.1万円
60~65歳394.9万円

Apple Japanの競合企業と平均年収比較

企業年収
Apple Japan610万円
日本マイクロソフト1171万円
Google1130万円
アマゾンジャパン857万円
ヤフージャパン714万円

Apple Japanの年収は競合企業と比べるとどのような位置づけになるのか比較してみましょう。

Apple Japanのライバル社とも言える日本マイクロソフトやGoogle、アマゾンジャパンではApple Japanを上回る年収がみられます。

特に日本マイクロソフトやGoogleでは2倍に近い差が出ています。

これはApple Japanは、販売やサポートが主になっていることが理由であると考えられます。

また、ヤフージャパンにおいてもApple Japanの年収を上回っています。

Apple Japanの年収は610万円と高めではありますが競合企業に比べると少ないことがわかります。

<あわせて読みたい>
Googleに転職する難易度は?英語ができないと無理?
Amazonに転職する難易度は?英語は必要?年収や面接対策を解説

Apple Japanの年収・給料に関する口コミ

給料については外資ということもあり、他社のサポート業務と比べたら高いほうだと思う。

求められるスキルに対して低いと感じた。

ボーナスはなく勤続年数に合わせて自社株が配付される。

昇給はポジションが変わればある。

同じポジションでは基本的に最初に契約した額から大きく変わることはないと思う。パートタイム契約でしたが、年間に給料以外にクリスマスプレゼントなどもあるので、合計したら結構いい。そこそこもらえる。

年収は若いかどうかに年齢は関係なく、実力主義である 

Apple Japanでは、基本的に給与は高めに設定されているようです。

また、ボーナスはなく、勤続年数に合わせた自社株を付与されるということでした。

ボーナス以外にも、クリスマスプレゼントなどの名目で適宜賞与が支給されることもあります。

また、Apple Japanは完全な実力主義で、非常に高いスキルを求められるようです。

しかし、その求められるスキルに対して、給与が見合っていないという意見もあり、不満に思っている社員の方もいることが分かりました。

Appleは実力主義!希望年収はどでかく希望しよう!

Appleは外資でもあり実力主義です。

前述した平均年収はあくまで「平均」であり、20歳でも60歳でもどんな職種でも全てが含まれていてあの金額なのですからそれはかなり高いと言えます。

あなたの年齢だともっともっともらえるかもしれません。更に経験やスキルをアピールすれば日本企業とは比べられないほどグン!とアップできます。

なので、びびらず謙虚にならず、堂々とどデカイ額をふっかけましょう(800万とか1000万とかでも)

そこに見合っていればそのままさらっと通ります(何十人もの体験談を見てきました)

見合わなければ交渉に入るので、アメリカらしくはじめは大きく出ていって問題ありません!

Apple Japanの求める人材

Apple Japan採用情報ページには、以下のメッセージが記されています。

Appleは、豊かな発想や行動力を持つ多様性あふれる集団です。
好きなことを新しい方法で行うお手伝いをするために、製品や取り組みを常に再定義しています。
こうしたイノベーションは、卓越した仕事を成し遂げるという共通の目標に向かって、互いに深くかかわりながら取り組んでいるからこそ生まれます。ここでは「人」から最も多くのことを学べるのです。
私たちが作り出す新しい製品、サービス、機能はすべて、人々が集まってお互いのアイデアを結集させた成果です。
それを実現できるのは、私たち一人ひとりが「最高の顧客体験を提供する」という共通のゴールに向かって努力しているからです。 共同作業の重要性は、Appleのあらゆる局面に反映されているのです。

このメッセージから

  • 豊かな発想力や行動力がある人材
  • 共同作業の重要性を理解し、互いに深くかかわりながら取り組める人材
  • アイデアを共有し、実現できる人材

求めていると考えられます。

周囲の人たちとのコミュニケーションを大切にし、早い変化の中で実力を発揮できる人、スタンドプレーよりもアイデアを共有しながら会社に貢献できる人

に向いている会社だと思われます。

募集条件を調べたところ主に以下のようでした

  • 契約社員でも正社員登用の可能性あり。
  • コミュニケーションスキル重視。
  • 職種によっては業界未経験可。
  • エンジニアは5年以上の実務経験など詳細な必須要件あり。

入社時にApple製品の知識はなくても、強い関心と学ぶ意欲が求められているようです。

Apple Japanの面接対策

Apple Japanの面接形式

面接はほとんどの場合、複数人によるグループ面接を行います。
面接回数は基本的に2~4回です。
面接時間は1回につき30分~1時間程度となります。

Apple Japanの面接内容

Apple Japanの面接は、志望動機やこれまでに成功したことなど、基本的な質問から進みます。

経験・スキルが求められる職種であれば、入社後に与えられる〇〇というミッションに対してどのようなアプローチをするかなど、スキルや経験を基にした具体的な回答が求められます。

また、カルチャーへのフィットが求められる職種では物事の考え方を試す質問を受けます。「プールにこぼしたコーヒーをどう回収するか」などフェルミ推定・ケース面接を行う場合もあるためある程度の対策をしておくことをお勧めします。

<あわせて読みたい>
Web(ZOOM)面接対策!

Apple Japanの福利厚生・待遇

Apple Japanの給与体系:年棒制

給与体系は年棒制

頑張りが認められれば昇給も見込める。

そのためには小さなことでもアピールできるアピール力も必要となってくる。

また、在宅ワークの方も多くいるがが、在宅ワークにも関わらず満足できる額をもらっている。

全体的には、給与に関して不満を感じている人が少ない。

また、首都圏と地方で給与体系が一律となっている為、どちらかと言えば地方で働いたほうがお得感が大きいです。

Apple Japanの福利厚生:充実している

福利厚生は充実している

Appleならではの特典もあり、MacやiPhoneの購入時に割引がある。

歯科・眼科など医療に関する費用に対して補助や、語学など業務に関係のある資格習得の費用の助成がある。

また、座ったままの仕事が多く筋力の低下を招くということで、スポーツジム代が支給される。

Apple Japanのワークライフバランス:柔軟な働き方ができる

柔軟な働き方ができる

企業としてワークライフバランスを取るように推進しているため、調整しやすいです。

しかし、海外部署とのやり取りが多い場合は、昼夜問わずメールや電話会議があるということなので注意が必要です。

業務において個人技が多い為、自分の仕事をきっちりこなしていれば自由な働き方ができるということです。

残業が少ない分、自分の時間を多く確保でき趣味に没頭している社員も多い。

また、在宅勤務では通勤時間を省略できる一方で、自宅が仕事場となる為オンオフの切り替えが重要だと感じている方もいる。

自分の時間を大切にしたい方、通勤に時間が割けず自宅で仕事したい方には向いている会社です。

Apple Japanの職種・仕事内容(エンジニア採用あり)

世界的にも知られているApple製品の輸入や販売を行っているApple Japanでは、実際にどのような職種で求人が出ているのでしょうか。

また、応募にはどのようなスキルが求められるのかも気になると思います。

正規販売代理店との仲介役(プロジェクト立案)

給与
年俸制700万円

Apple Japanにおいて正規販売代理店との仲介役となり、戦略的なプロジェクトの立案を行う「Account Manager Partner Sales」でも人材を募集しています。

Account Manager Partner Salesは、担当量販店のサポートやトレーニングを行い、販売の最大化を図る仕事です。

応募には経営幹部クラスとの交渉経験があることが求められ、高い管理能力が必要とされます。

さらにオンラインビジネスの経験があれば優遇が期待できます。

在宅勤務アドバイザー監督

給与
年俸制750万円

在宅勤務アドバイザーを監督するチームマネージャーグループである「AppleCare – AHA Area Manager」からも求人が出ています。

AppleCare – AHA Area Managerは、日々のスタッフの管理や評価を担当し、スタッフの指導も行う仕事です。

応募にはコールセンターでテクニカルサポートチームの管理経験が必要で、優れたコミュニケーション能力や組織運営、時間管理能力も求められます。

計測エンジニア・ツーリングエンジニア

給与
年俸制800万円

Apple Japanでは「精密加工エンジニア」の求人もあります。

精密加工エンジニアは、計測エンジニアやツーリングエンジニアなどがあり、精密機器に関する技術の研究開発などを行います。

学歴は問われませんが、射出成形機の実務経験と問題解決の経験などが必要です。

これまで干渉計計測や分光測光計測、各種信頼性評価などの経験があると優遇されます。

Apple Store 接客・デモンストレーション

給与
年俸制400万円~

Apple Storeにおいて実際に販売を行う「Apple Store販売スペシャリスト」においても求人があります。

接客やデモンストレーションなどを行い、Apple製品の魅力を伝えるのが仕事です。

未経験でも応募は可能ですが、1~2年程度の販売や営業の経験があると優遇されます。

Appleのコールセンタースタッフ

給与
年俸制400万円~

Apple Japanではコールセンターにおいてもユーザーのカスタマーサポートを行っています。

そんな「Apple Online Storeコールセンター」からも求人があります。

Apple Online Storeコールセンタースタッフは電話で製品案内や提案を行い、製品が手元に届くまでをサポートする仕事です。

コールセンターのスタッフも未経験から応募できますので、特別なスキルはないけれどApple Japanで働いてみたいと思う人にぴったりの仕事だと思います。

Apple製品のカスタマーサポートやテクニカルサポート(在宅)

Apple Japanでは、「在宅勤務アドバイザー」の求人が出ています。

iPhoneやiPadさらにはMacBookといったApple製品のカスタマーサポートやテクニカルサポートを行う仕事です。

在宅勤務アドバイザーへの応募には高いコミュニケーションスキルがあると有利に働きますが、特別な経験は必要ありませんので、未経験からでも挑戦しやすい仕事です。

在宅で仕事ができるため、通勤にかかる時間が短縮できます。

給与
年俸制360万円~
 ※経験や前職の年収を考慮し、1/12が月々に支給されます

Apple Japanの勤務時間・休日休暇

勤務時間の長さや休日の取りやすさというのは働きやすい環境のバロメーターでもありますので、転職を考える際には重要なポイントですよね。

年次有給休暇

年次有給休暇は、勤務年数に応じて最大20日まで取得できます。

取得可能な日程も公開され、取得する権利も保証されていますので、有給休暇の取得率が非常に高いのが特徴です。

残業もほとんどありませんので、オンとオフをしっかりと分けられます。

シフト制を採用

Apple Japanではシフト制を採用しています。

シフトでは、あらかじめ決められた複数のシフトパターンから、自分の希望の休日に近いものを選択できます。

シフトパターンによっては祝日が入る場合もありますが、その際には代休がありますので平等に休みが取れるのが特徴です。

また、シフトをアプリで管理でき、休暇の予定が立てやすいのも特徴です。

夏休み

夏休みは年間で2日間取得できます。

サンクスビギンズ休暇

サンクスビギンズ休暇があり、入社すると3日間有給がもらえますので、年次有給休暇以外の休暇がいくつか取得できます。

<あわせて読みたい>
住宅手当(家賃補助)は不公平?ないときつい?出る会社・出ない会社の割合や社宅についてまとめ

Apple Japanの社内の教育・研修制度

Apple Japanの仕事に活かせる内容を勉強したいという場合には規定に則った補助ができます。

なかでも英語はTOIECなどの試験に対する補償が整い、民間のスクールに通った場合であっても補助制度の利用が可能です。

  • 新人研修
  • 主要製品の研修
  • サポート面の研修
  • 社内ジョブローテーション

Apple Japanの職場の雰囲気や社風

女性が活躍できるための制度や取り組みを強化

Apple Japanでは女性が活躍できるための制度や取り組みを強化しています。

なかでも出産や子育てに関する休暇や時短勤務が充実していますので、子供がいても仕事が続けやすい環境です。

さらに女性には生理休暇がありますので、体調に気を使いながら仕事ができます。

社内の風通しがよく、上司に対しても意見が言いやすい

社内の風通しがよく、上司に対しても意見が言いやすいのがApple Japanの特徴です。

外資系企業らしく社内も和気あいあいとしていますので、パワハラやセクハラといった問題も起こりにくいといえるでしょう。

人間関係の良さを求めて転職を希望している人にはおすすめの職場であると思います。

【重要】英語ができない人もできる人もこのスキルをアピールしよう

Apple就職において必要なスキルは重要です。

Appleは他社に比べて特に、必要なスキルにあった人材を採用したいと強く思っています

なので必要なスキルを理解し、それにあった自分をアピールすることでかなりライバルに差をつけることができます。

必要なスキル・経験を具体的に説明しよう

必要なスキルとは、以下の通りです。

顧客のニーズを把握できる力
顧客のニーズを把握して、それを上回る価値を提供することで、企業使命の実現につなげていきます。
そのためには、マーケティングの力が必要です。

広い視野で周りを見渡せる力
組織の方向性を決め、戦略を策定するためには、組織を取り巻く内外環境を見通すことが重要です。
将来どうありたいのかを描くビジョンメイクの力が必要です。

あたらしいものを生み出すための勉強と発想力
情報やモノがあふれる時代に、多くの人々に夢や感動を提供し続けるには、常にアンテナを広げてインプットを増やしていく必要があります。
それらを組み合わせてゼロベースの新しい発想をアウトプットするクリエイティブな力が求められます。

感覚ではなく数字から行動を導き出せる力
会計データ・顧客データ・売上データなど様々なデータがありますよね。 企業が成長・発展し続けるためには、そういったデータを分析して仮説を立てる力が求められます。

個人でなくチームで行動する力
複数の部門と協力をしてプロジェクトを推進したり、多くのキャストを管理・育成したり、人間関係の構築に不可欠なヒューマンスキルが必須となります。

どれも必要なスキルとなっています。 もちろん、業務によって必要性の強弱が異なります。

では就職・転職のとき実際どうしたらいいのか

じゃあどうしたらいいの? と思いますよね。

具体的に語ることが重要です。

いままでの経験の中で、新たにチャレンジして成功した体験や古き風習を塗り替えた経験などを語ったり、斬新な企画を立ち上げた経験などをアピールできると完璧です!

上記のスキルは、当然ですが曖昧なものです。

その中から「自分が今までやってきた経験にあてはまる」「具体的な成功体験や失敗からの克服体験」を語れるように用意しておきましょう!

たとえば、「こういうお客様の声を頂いて一時はクレームになりましたが、それを生かして新しいサービス・商品・改善策をうみだして、逆にお客様からお褒めの言葉をいただけるようになりました」

など、失敗はむしろ良いスパイスになるので、どんどん語っていきましょう。

成功体験ばかり話す人より、失敗も話す人のほうが正直者っぽいですよね?

徹底的に自分の過去を掘り下げましょう。自分一人でつらいならエージェントと話していくうちに掘り下げていくこともできます。

どんな性格の人が好まれるか

  • いつも「目標を持って行動する気持ち」をつよく持ち、どうやったらできるかを追求する人
  • 常に新しい方法を自分なりに考えている人
  • 組織のキマリに従うだけでなく、新しい発想を提案できる

例えば、上限関係よりも横のコミュニケーションを重んじる人材を求めているのに、面接の中で「上司は地位を重んじて従うべきと思っています」「同僚を出し抜いて出世してきました」など、協調性よりも野心を重んじる発言はNGです。

嘘も方便なので、しっかり理解して自分を企業に合わせていくことがAppleの採用に多いては重要になります。

↓↓まとめると↓↓

「協調性はありつつも、大企業にある固まった決まりに従うだけでなく、新しい発想を生み出せる人

です。

常に新しいものを生み出し続けないといけない会社なので、クリエイティブかつコミュ力のある人を求めているわけですね

Appleへの就職において、ここのアピールは重要ですので力を入れましょう!

AppleJapanは山ほど職種があるので期待値はじつは高い

求人票の[応募条件]はあまり気にしないでいい(自信を持とう)

求人票には「必須条件:3年以上の経験」「歓迎条件:ビジネス英語力」などと書かれています。

あなた「自分の経験は2年しかないから無理か。英語も苦手だし」

あなた「応募するのやめよう

これは大損です!

あなたにはそれ以外にスキルや経験があればそれをアピールすれば、全く問題ありません。

逆に「3年の経験があって英語が話せたら受かるのか?」→答えはもちろんNOです。

企業側から見るとあくまで「3年くらい働いていたら何かしらのスキルを身に着けているかな?」という基準に過ぎません。

1年で企業の求めるものを持っている人もいれば5年でももっていないひともいます。

なのできにせず応募しましょう。(応募するだけならノーリスクです)
不安なら転職のプロに相談することです。自分が応募すべきかを見える化できます。

すぐに転職しなくても、転職”活動”だけでも始めておくと何かと安心になります

Q自慢できるスキルも経験もないけど、転職成功できる?」

医師免許や弁護士免許レベルのよっぽどのスキルや経験がない限りは
転職は「ライバルより1歳でも若いこと」が最強のスキルになります。

「30代は20代に勝てないので諦めろ」という意味ではないです。
「スキルが同じくらいの歳の近いライバルに対しては1歳でも若いほうが有利」ということです

今日が人生で一番「若い日」であり、今日が人生で一番「転職に有利な日」です。

「資格の勉強してからにしようかな」「英語でも習おうかな」と考えている間に1歳としをとってしまいます。時間はまってくれません


Q給料アップしたい
でも、今の会社にいても給料が上がる気がしない…出世してもどうせ少ししか上がらない…」

給料アップするかどうか
結局、その会社が儲かっているか」という「環境」でほぼ決まるんだ
つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも
儲かっている会社を選んで転職したら年収50-100万くらいはあっさりあがりました(実体験)


今の仕事がきつい
人間関係がきつい
辞めちゃえばすべて解決でしょ?どうせ

「社内に残るべきか」「転職するべきか」じっくりと比較して決めたほうがいいよ。

だから急いで適当なところに転職はせず、
①まずは働きながら転職活動だけ始めてみよう。
「いずれ転職してやる」と心に誓うことで、不思議と心が軽くなったりするし(筆者の実体験)


Q「転職活動はやることが多くてしんどそう
「今の職場を辞めるリスクがこわい」

そう。大変なんだよね、自分でやるとなると、

 ・複数の企業に応募 & 返信に対応
 ・面接のアポとり
 ・給与交渉 とか


だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料なので気楽)

あと転職のリスクは「今の仕事を辞めずに転職活動をする」ことで回避できるよ!
うまくいかなきゃ転職活動をやめればいいしね

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓すぐに会社を辞めたい人向け「特効薬」を求める方のみ、以下をご参照ください↓↓

[会社を辞めにくい時] 退職手続きを法律の専門家に任せるのも手

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

↓↓
退職代行サービス(友人と協力して)実際に5社使って比較してみました。

退職代行を使ってみた

退職代行サービスって何?
明日から出社しなくていい
・労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給給与支払い交渉をかわりにやってくれる

会社から本人への連絡は封じてくれる


<リアルな体験談>
・「使うか悩んでる人」のスレ:
【2chスレ】退職代行サービス使おうと思うんやが、使ったことあるやつおる?【5ch】
・「使ってみた人」の体験談スレ:
【2chスレ】話題の退職代行つかって会社辞めてやったでw【5ch】


ではどう選んだらいいか
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 ・多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定


実際に使って選んだ結果

1位

退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
===メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい内容はこちら
2位

退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
===メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい内容はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました