ディズニーキャストになると得られる特典やメリットまとめ!

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニーキャストになると得られる特典やメリットまとめ!

いつも笑顔で素敵なキャスト。かっこいいなぁ。なりたいなぁ

人気の職種はあるものの基本的にキャストはみんな合格するようにオリエンタルランド側も動いてくれる。是非チャレンジしてほしい。特典もすごいぞ!

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

ディズニーダンサーについてはこちらをどうぞ!
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

ディズニーキャストとは

東京ディズニーリゾートでは、働いているすべての人のことを「キャスト」と呼んでいます。
『キャスト:Cast』とは、日本語で「役者、出演者、配役」という意味です。

反対に、『ゲスト:Guest』とは、日本語で「客、来賓(らいひん)、観客」を指します。
この他にも、ゲストの目に触れる場所を「オンステージ」、ゲストから見えない場所を「バックステージ」と呼んでいます。

このように、ディズニーでは映画用語・舞台用語を語源とした言葉がさまざまあります。

ディズニーキャストという仕事は、「ゲストに幸せや笑顔を届けることを目的とした役者」のとことです。
そして、ひとりひとりの配役によって立つステージが違ってくるのです。

ディズニーキャストのことを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。ディズニー好きには超おすすめです!
面接対策にもなります!


ディズニーキャストの勤務場所

ディズニーキャストと聞くと、ディズニーランドやディズニーシーのイメージが強いと思いますが、実は周辺施設にもキャストはたくさんいるんです!

勤務場所まとめ

・東京ディズニーランド
(夢と魔法の王国)

・東京ディズニーシー
(冒険とイマジネーションの海)

・ディズニーホテル
 -ディズニーアンバサダーホテル
 -東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
 -東京ディズニーランドホテル
 -東京ディズニーセレブレーションホテル

・ディズニーリゾートライン
(東京ディズニーリゾートを一周し、パークやホテルをつなぐモノレール)

・ボン・ヴォヤージュ
(ディズニーランドと舞浜駅の間にあるおみやげショップ)

・東京ディズニーリゾートチケットセンター
(「イクスピアリ」1階)

・東京ディズニーリゾートウェルカムセンター
(舞浜駅の隣にあるホテル総合カウンター)

これらの場所で働く人たちは、実はすべて「ディズニーキャスト」と呼ばれています!
ただ、あまり知られていない理由として雇用先の違いがあります。

オリエンタルランドという会社が、ディズニーランドやディズニーシーを運営しているのは有名ですよね。
「ディズニーホテル」はミリアルリゾートホテルズ、ディズニーリゾートラインは舞浜リゾートラインという会社がそれぞれ運営しています。

しかし、どちらもオリエンタルランドの100%子会社なので、そういった会社所属の従業員の多くはディズニーキャストと呼ばれます。

パークのキャストがつけているネームタグと同じものをつけているかどうかも1つの目印になります。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストのシフト 融通がきく制度を解説!早番や遅番など

ディズニーキャストになるとこんな特典が!

ディズニーキャストになると、実はいろいろな特典があります!

サンクスデー

閉園後、ゲストが退園された後にパークを貸し切って遊べるイベント。
式典やオリエンタルランド社長からのありがたいお言葉、記念品ももらえます。

キャストトレーニング・パスポート配布

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーどちらか片方に入れるパスポートの配布。
働き方に応じて年数回配布があります。

ファイブスタープログラム(オリエンタルランド雇用者のみ)

上司から素晴らしいパフォーマンスをしたキャストに手渡される特別なカード。
オリジナルの記念品との交換や、このファイブスターカードを持つキャスト限定のパーティーに参加できます。

Good Jobカード(ディズニーホテルのみ)

キャストが自身を向上させる努力をしているときや、優れたパフォーマンスを発揮したときに、マネジメントが地渡すカード。
四半期に一度、ディズニーホテルのレストラン招待券などが当たる抽選が行われます。

One Team Fes(ディズニーホテルのみ)

年に一度、舞浜アンフィシアターを貸し切って行われるイベント。
食事をしながら、ステージでのパフォーマンスなどの催しを楽しめます。

商品割引購入制度

パークで販売しているグッズを割引価格で購入・利用できる制度。
中にはキャストだけのオリジナルグッズもあります。

長時間勤務表彰/サービス・アワードプログラム

勤続の節目を迎えたキャストに送られる記念品。
ネームタグに着用できるピンや、ネックストラップ用のアクセサリーなど勤続年数に応じでさまざまなようです。

ほかにも、オリエンタルランド雇用か、子会社雇用かで異なりますが、ディズニーキャストの特典はいろいろあります。
キャストしか知らない情報満載の情報誌や、非売品カレンダーの配布、カヌーレースなど!
どれも魅力的ですね!

<あわせて読みたい>
キャストピンとは?ディズニーキャストの胸で光るバッジ

ディズニーキャストの教育制度

東京ディズニーリゾートで働く9割の約20,000人がアルバイトのキャストです。
20,000人ものディズニーキャスト全員が、一定以上の接客スキルを維持することは、かなり難しいことですよね。

しかも、研修3日間前後終了し、デビューして間もないディズニーキャストも等しく同じレベルを持ち合わせていなければなりません。
そのため、グレードアップ制度と呼ばれるキャストとしての指標で今自分がどのくらいのレベルやスキルなのか見直すことができます。

Mキャスト

上司や先輩のサポートを得ながら、標準的なオペレーションをしている。
“Make up(化粧する)” 一人前のキャストとして舞台に立つ準備をする期間という意味。

Aキャスト

独力で標準的なオペレーションをしている。
“Action!(映画や舞台で演技を始めるときの監督のかけ声)” 一人前のキャストとして演技を始めるという意味。

Gキャスト

独力で標準的なオペレーションができ、状況に合わせ、自ら進んで行動している。
後輩に対して、スキル面でアドバイスを行い、マインド面でよき相談相手になっている。
“Growing up(成長する)”キャストとして成長し後輩達を優しく見守るという意味。

Iキャスト

他者の手本となるオペレーションをしている。
安心してオペレーションできる環境を作り出すために、M・A・Gキャストのトレーニングに加え、日々のスキル面とマインド面のフォローをしている。
“Instruct(教える、指導する)”自ら演じるだけでなくM・A・Gキャストをトレーニング、フォローするという意味。

Cキャスト

リーダーとして、ロケーション全体視点でオペレーションをし、SV/WLを補佐している。
活き活きと働ける環境を作り出すために、メンバーに応じたスキル面とマインド面の成長を支援している。
“Captain(チームをまとめる)”自ら演じながらロケーション全体を統率するという意味。

また、それぞれのグレードに合わせて、ディズニーキャストとしての役割や必要スキルを学ぶための研修やクラス、プログラムが実施されています。
必ず参加のプログラムもあれば、希望者限定のもの、人気なプログラムは抽選になります!

G・I・Cキャストにまでなれば「海外ディズニー・テーマパーク研修」というものもあります!
本場のディズニーパークへ行って現地のキャストとの交流や体験をすることができる、とても魅力的な研修ですよね。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストのランク!MAGICの基準と秘密

ディズニーキャストは就活で有利!

「大学に進学したら、初めてアルバイトをしよう」と考えている学生さんはたくさんいると思います。
もし、舞浜まで通える距離にお住まいでしたら、ぜひディズニーキャストのアルバイトをおすすめします!

基本的には週2日間は出勤しなければならず、曜日によって出勤日を変更できるシステムではなく固定曜日出勤となります。
土日のみや、平日1日と土日どちらかという働き方が学生さんでは多いように思います。

なぜ、ディズニーキャストはがおすすめかというと、ずばり就職に有利だから!

ディズニーキャストのアルバイト経歴があると、接客を一通り学んでいる即戦力や明るいイメージが先行します。
そのため、企業の人事担当者が履歴書やエントリーシートのみでよい印象を持ってくれることが多いのです!

特に、面接でよくある「大学時代で学んだことは?頑張ったことは?」などの質問にも、ディズニーキャストとしてのアルバイト経験から回答すれば難しくなく答えられるでしょう。
ディズニーホテルの研修制度では、接遇マナーや日本語力の研修もあるので、面接対策にも応用できるように思います。

また、希望者にはディズニーキャスト特典として、語学クラスの受講が可能です。
英語・中国語・韓国の講座があり、外国語対応を学ぶことができます。

外国語のスキルを求める企業も年々増えているため、無料で学べる上にランゲージピンと呼ばれるディズニーの語学習得認定の証までもらえたら嬉しいですよね!

年数回のパークチケットの配布で友達とパークで遊ぶのも無料でできちゃいますし、まさに一石二鳥ですね。

土日のディズニーキャストは、学生率がかなり高く同世代に囲まれるため、サークルや部活の代わりとしても十分楽しく働けると思います!
ぜひ、大学生の方々にはディズニーキャストデビューをおすすめします!

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

ディズニーダンサーについてはこちらをどうぞ!
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

ディズニーキャストには老若男女がなれる!

ディズニーキャストには、さまざまな年代の方がいらっしゃいます。
一番多いのはやはりフリーターさんという感じです。

ほかにも、高校生、大学生、主婦なども多いですね。
中には、60歳で会社を定年退職し、65歳までの再雇用としてディズニーキャストになる方も少なくありません。

筆者のキャスト時代にも、60歳を超えてキャストデビューをしたおじ様がいらっしゃいました。
覚えることも少なくはないので、かなり大変そうではありましたが、明るく幸せな世界にいると心も元気になり若返るようだとおっしゃっていたのを覚えています。

フリーターさんにもさまざまな経歴の方がいらっしゃいます。

筆者が出会った方々だけでも、元学校の先生や銀行員、役者の卵なんかもいました。
あとは幼稚園の先生や保育士さんは多いような気がします。

特に印象に残っているのは元警察官の方で、ディズニーの幸せな雰囲気に憧れてふと警察官を辞めてディズニーキャストになった方ですね。

一度ディズニーキャストを辞めてから、再度戻ってくる方もかなりたくさんいらっしゃいます!
そのくらい、ディズニーキャストは働きやすく、働きがいのある場所だということが伝わるかと思います。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの紹介はこちら!
マーチャンダイズキャストとは?【グッズ販売】
ゲストコントロールキャスト(ゲスコン)とは?【ゲストを案内】
アトラクションキャストとは?【一番人気】
カストーディアルキャストとは?【ただの掃除係りではない】
ディズニーキャストの人気コスチュームとは?男性も紹介【ホーンテッドマンション】

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

キャスト募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本常に行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランド」や「ディズニー関連会社」に就職・転職してしまうのが完全な正解になります!

また、ディズニーは大企業に強いエージェントに非公開求人として依頼しているケースもありますので、自力で求人を見つけようとすると損をしますので、大手に登録することをおすすめします。

ここまで読んでくれたお礼だよ

<ディズニーで働くための「成功の理屈」>

ディズニー関連の仕事は世の中にたくさんある

=いろんな職種がある(ITや飲食やアパレルや事務などなど)
=それぞれの経験やスキルを必ずどこかでいかせる

ディズニ関連で働ける期待値はかなり高い

=ただしちゃんと関連企業をチェックして複数社に応募することが必要

 ※個人の知識レベルだと限界があるのでプロの転職エージェントに相談が必要

チャンスはかなりある、と言えます。

あとは「タイミング」と「経験とのマッチング」と一番必要なのは「圧倒的な情報」です!

頑張りましょう!

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました