[裏話]ディズニーキャスト(アルバイト)同士や社員との恋愛(付き合う)事情は?社員食堂の秘密も

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

[裏話]ディズニーキャスト(アルバイト)同士や社員との恋愛(付き合う)事情は?社員食堂の秘密も

笑顔で上手にゲストたちを案内しているキャストがいるよね。かっこいいなぁ。なりたいなぁ。でもルールが厳しかったり徹底的に教育を叩き込まれるんだろうか。それを知ったらゆめ壊れちゃうのかな。。

もちろん仕事だからルールはしっかりしているよ。でも夢が壊れるようなことはない。そんなことを裏でしていたらネット時代はあっという間に広がるからね。
そんなちょっとした裏話を豆知識として紹介していこう

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

ディズニーダンサーについてはこちらをどうぞ!
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

ディズニー裏話

キャラクターは舞台裏でもキャラクターなの?

引用 公式HP

ディズニーキャラクターは、ブレイクエリアでは出会うことができません。

ただ、唯一会えるのはグリーティング前のスタンバイやパレード前のスタンバイの時です。
その時もキャラクターはしっかりキャラクターなのです。

キャストだけの前でも、キャラクターはゲストと同じように接してくれます。

ただ、ディズニーキャストにしか見られない光景は、キャラクターがパレードのフロートに乗せられる瞬間や、降ろされる瞬間です。
そして、キャラクター専用の移動車で運ばれていく姿です。

さすがにマニアにはたまらない瞬間なので、「働いていて良かった!」と思える時ですね。

ディズニーキャスト用語とは?

引用 公式HP

ディズニーキャストには、「キャスト用語」なるものがあるのです。
みなさんに少しだけご紹介しましょう!

インパ

インパーク。ディズニーランドやディズニーシーへ、キャストではなくゲストとして入ること。

ブレイク

休憩します。休憩する際も上司に「ブレイクいってきます」と一言行ってから行きます。

リハブ

休止中のアトラクションです。リハビリの意。

ステーション

アトラクションを乗り降りする場所です。

101

アトラクションが故障中です。

102

アトラクションの再開です。

MEC

入場制限のことです。

メインエントランスクローズ(MEC)

MEO

入場制限解除です。

メインエントランスオープン(MEO)

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストたちが使う専門用語まとめ

コスチュームの採寸やクリーニングは?

引用 公式HP

ディズニーキャストは、まず面接で採寸しますのでサイズはわかっています。
バックステージにはコスチュームを一括管理しているクリーニング屋さんのような場所があります。

そこで、自分の着ていたコスチュームを渡せば、洗濯された綺麗なコスチュームと交換してくれます。
決してコスチュームを持ち帰って洗うことはありません。

キャストのロッカーは、地図で言うと「カリブの海賊」の裏辺りになります。
しっかりシャワーも完備されているので、汗をかくお仕事には助かりますね。

「ビーバーブラザーズのカヌー探検」のカヌーのお兄さんなんて、夏はシャワーないと辛いですよね。
「ヴェネチアンゴンドラ」のお兄さんも夏場は辛いですね。

このように、環境はとてもしっかりしています。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの紹介はこちら!
マーチャンダイズキャストとは?【グッズ販売】
ゲストコントロールキャスト(ゲスコン)とは?【ゲストを案内】
アトラクションキャストとは?【一番人気】
カストーディアルキャストとは?【ただの掃除係りではない】
ディズニーキャストの人気コスチュームとは?男性も紹介【ホーンテッドマンション】

キャストがしてはいけないこと

引用 公式HP

決して夢は壊しません

ディズニーキャストは、不意に思いもよらない質問をされたりします。

小さな子どものゲストが「なんでプーコーナーに行ってもプーさんいないの?ここはプーさんの家じゃないの??」と聞いたところ

「ハニーハントには乗った?プーさんは百エーカーの森に遊びに行ってるのかも。ハニーハントで探してみてね」と答えてくれたそうです

このようなかわいい質問ならまだ良いですが、たまに意地悪で、

「パレードにミッキー出てるのに、なんでミートミッキーで会えるの?」

といい大人が質問してきます。
これも、ディズニーキャストそれぞれの答えがあると思いますが、決して夢を壊さないよう、気を遣いながら話します。

決して夢は壊しません。

「いらっしゃいませ」は言わない

「いらっしゃいませ!」は絶対に使いません。
エントランスを入っても、お店に入っても絶対に言われません。

なぜかと言うと一方的なあいさつをディズニーキャストはしないためです。

「いらっしゃいませ!」のあとには何も続きませんよね。
それに、その一言で従業員とお客様感がすごく出てしまいますよね。

全て、パーク内では「こんにちは!」と言います。
ゲストに声をかけるときは「こんにちは!」から始まります。

「わからない」は言わない

ディズニーキャストは、基本ゲストに質問された内容に「わかりません」は使いません。
必ず調べますし、わからないことは調べて伝えるようにします。

その日の状況はしっかりリアルタイムで共有できるように情報はまわってきます。
売り切れたグッズや、ファストパスが終了した、アトラクションが止まったなど最新の情報がわかります。

床掃除は足でする

カストーディアルキャストは、絶対にしゃがんで拭いたりしません。
ジュースがこぼれていたら足で拭きます。

引用 公式HP

一見、「足で拭くなんてどうなの?」と思ってしまいますが、これにも理由があるんです。

多くのゲストは、「次何に乗ろう」「あの建物はなんだろう」など、下を向いて歩くことがありません。

そんな時に、足元にしゃがんで拭いていたら、ゲストがつまずいて転んでしまいますよね。
ゲストの安全性を考えたことなんです。

ディズニーキャスト同士の恋愛(付き合う)事情

引用 公式HP

世間では、ディズニーキャストはカッコイイ人やかわいい人が多いと言われていますよね。
確かに、ディズニーキャストの中にもダンサーではないのにファンレターをもらう人がいます!

ダンサーさんにファンが付くのはわかる気がしますが、「普通のお仕事していて!?」と驚かれる方もいるますよね。

でも、年パスを持っているゲストさんは、ディズニーキャストのこともしっかり把握される方もいます。
世間で言う、お店の常連さんのような感じですかね。
お互いに顔を覚えてあいさつするようなこともあります。

ちょっと話がズレましたが、ディズニーキャスト同士の恋愛は多い方かと感じます。
なぜなら、学生も多いのでブレイクエリアでは出会いの場でもあるのです。

それにみんなディズニー好きです。
話も合いますし、お仕事が何より楽しくなりますよね!

仕事中は自分の担当エリアの休憩所しか使えませんが、コスチュームを脱いで私服でロッカー周辺のブレイクエリアにいると色々な場所で働いているキャストが一同にいます。

あと、意外とキャストは高学歴な人が多いです。
早稲田、慶応、上智、青山学院といった、そうそうたる大学の学生がいっぱいいました。

学生で趣味が似ていてバイト先で会えると自然とカップルも多くなりますよね!

ウエスタンリバー鉄道にある隠し通路

引用 公式HP

「そんあことあるはずない!」と思いますが、事実です。

「ウエスタン・リバー鉄道」に踏切が出てきます。
踏切の先はなんとバックステージなのです。

「ウエスタン・リバー鉄道」が通過していない時は踏切は上がっていてキャスト専用のバスが通過したりキャストが歩いたりしています。

踏切が下がった時は、バスもキャストも見えない位置の停止線の後ろで待っています。
今度乗った時は見てくださいね!何も見えませんが一応バックステージでもあるんです。

社員食堂のカレーはハングリーベア!

引用 公式HP

ディズニーキャストには社員食堂があり、カレーが提供されています。

「ディズニー+カレー」で思いついた方、いますよね!

そうです。
ディズニーランドの中にある「ハングリーベア・レストラン」のカレーの味です。

引用 公式HP

もちろん、園内で販売されているような豪華なカレーではありませんが、社食らしいシンプルなカレーです。
安くておいしいんです!

他にも定食やおにぎり、ラーメンなど種類は豊富です。
一生懸命働いた後に食べるご飯は美味しいですよね。

ブレイクエリアはランドには3箇所あります。

①「スペース・マウンテン」裏
②「イッツ・ア・スモールワールド」裏
③ワールドバザール裏

です。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストになったときの特典やメリットをご紹介

キャストの経歴は就職・転職に有利!

「就活している時に企業ウケの良いアルバイトはオリエンタルランド」と聞いたことありませんか?
スタバなども就活に良いアルバイトと言われていますよね。

なぜかと言うと、ディズニーキャストへの徹底した教育があるからです。
そして、接客としてのマナーや親切心などが学べているからです。

徹底したマニュアルをベースに教育を受け、教育を実践するという社会経験をしているからです。
人とのコミュニケーションも学べていますし、最高峰のサービス業なわけですから企業ウケは良いですよね。

就活の面接官はみな「ディズニーで働いていたんですね」と、ちょっとした話題につながります。

ディズニーキャストとしてどんなことをしていたのかなど話すと、面接では意外と緊張なく話せるものです。

ディズニーキャストのことを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。ディズニー好きには超おすすめです!
面接対策にもなります!

<あわせて読みたい>
オリエンタルランドへ就職・転職!求める人材・仕事内容

裏事情は夢の国を守るためのものでもある

ディズニーのキャストになりたいと思ってた方も、ただキャストに興味があった方も、キャストの事情を読んでどう感じたかわかりませんが、世の中には色々な裏事情が飛び交っていますよね。

決して夢を壊すことのないオリエンタルランドの徹底したマニュアルや、バックステージの事情は素晴しいと思います。

ディズニーキャストはゲストの前では笑顔で対応し、少し違和感を感じる方もいるかもしれませんが、本当に心から仕事を楽しんでいるんです。

残念ながら、ディズニーキャストのアルバイトの離職率は高い事も事実。
でも、戻ってくる割合も高いんですよ。
他の仕事をして、改めてディズニーの良さを知る方も多いのです。

裏事情と言ってはいけないようなことをお伝えしているような感じがしますが、今回はありのままの姿をお伝えしました!

ディズニーキャストを目指している方、オリエンタルランドへの転職を目指している方も、ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストについてはこちらをどうぞ!
ディズニーキャストになる方法!面接対策も

ディズニーダンサーについてはこちらをどうぞ!
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

ディズニーに関われる仕事はたくさんある

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

キャスト募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本常に行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランド」や「ディズニー関連会社」に就職・転職してしまうのが完全な正解になります!

また、ディズニーは大企業に強いエージェントに非公開求人として依頼しているケースもありますので、自力で求人を見つけようとすると損をしますので、大手に登録することをおすすめします。

ここまで読んでくれたお礼だよ

<ディズニーで働くための「成功の理屈」>

ディズニー関連の仕事は世の中にたくさんある

=いろんな職種がある(ITや飲食やアパレルや事務などなど)
=それぞれの経験やスキルを必ずどこかでいかせる

ディズニ関連で働ける期待値はかなり高い

=ただしちゃんと関連企業をチェックして複数社に応募することが必要

 ※個人の知識レベルだと限界があるのでプロの転職エージェントに相談が必要

チャンスはかなりある、と言えます。

あとは「タイミング」と「経験とのマッチング」と一番必要なのは「圧倒的な情報」です!

頑張りましょう!

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました