ディズニーダンサーオーディションの倍率は何%?これからの競争率と合格率【エンターテイナー】

【ディズニーで働く】
ミト@元ディズニー社員/就職コンサル

転職5回経験者の元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニーダンサーオーディションの倍率は何%?これからの競争率と合格率【エンターテイナー】

引用 公式HP

ディズニーだと、アトラクションやフードもいいけど、ショー・パレードはやっぱりいいよね。年間パスポート手に入れて通いたいなぁ

わかってるねぇ。ショー・パレードは毎回ダンサーの動きが違ったり、見る場所や時間帯によっても全然趣が異なるんだ。もちろん季節によってどんどん変わっていくからハマったら抜け出せないよね

ダンサー自体にファンがいたりもするよね。ミッキーやミニーには永遠になれないけど、ダンサーとしてディズニーの演者の仲間入りできるのはいいなぁ。募集とかしてないのかな

もちろんしているよ。ダンサーやショー・パレードの演者について、その倍率や仕事内容や給料など深く解説するよ。
ちなみにダンス経験は?

ないよ

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストになる方法!面接対策も
ディズニーホテルのキャスト(アルバイト)になる方法!仕事内容
ディズニーストアのアルバイトになる方法!評判や面接対策・仕事内容・社割も解説

ディズニーダンサーの合格率は20%〜(経験によって増減)

引用 公式HP

ダンサーやショー・パレードの演者は、合格率20%前後ですが、経験やスキルなどによって人それぞれそこから加算されます。

もちろんタイミングや社会情勢によって10%まで下がることもあります。

これからのディズニーダンサー競争率と合格率

しかし、2022年2月にはダンサーが病気になりダンサーの数が足りなくなった結果、ショー自体が休演になるという事が起きました

これを機にダンサーをやや多めにストックする可能性があります。

つまりはタイミングです。そこにあなたの経験やスキルややる気が乗ってきて最終的な合格率がきまります!

倍率は応募してくる人数が関係しますので、そこまで増えることはないでしょう。(現状維持)

それに対し採用人数が増えれば合格率は上がります。倍率も下がることになります。

十分期待するに値するでしょう。

採用後にどこに配属されるか、何を担当するか、どれくらいの頻度でステージに立つか、などは
希望することもできますし、その時のショー・パレードの数や内容にもよりますので一概には言えません。

震災やウイルスや大不況などの悪いタイミングを除けば、チャレンジさずに諦める必要はないでしょう

※おまけ:ディズニー社員に興味がある人だけ読んでください

※「社員」に興味ない人は読み飛ばしてください!
話がややそれますので…

■ディズニーには、他社や皆さんにまだ知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
(新エリアの企画、新アトラクションの企画、新ショーパレード、新メニュー、ホテルの新サービスなど…たくさん思いつきますよね)

▶︎「極秘プロジェクトだけど人が足りない(知恵が欲しい)のでメンバーを募集したい!」
▶︎でも求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などから「プロジェクトの内容を予測されてしまう」可能性がある
▶︎「じゃあ非公開でメンバーを集めよう」

…というように、その企業のHP/転職サイト/ハロワでは公開せず、一部の転職エージェントの登録者のみが紹介してもらえる「非公開求人」で募集をかけていることがよくあります。

※筆者は選択肢がたくさん欲しかったのでリクルートエージェントを使いました(求人数が国内最大で20万件。非公開求人は10万件もあるため) ※ただここは好みです

▶︎筆者の時は応募者が通常の1/10以下とのこと(面接官より)。
…その代わり内容の濃い面接でかなり細かく経歴を聞かれましたね。結果連絡はスピーディーでした
(筆者の体験談でした!ご参考までに)

東京ディズニーリゾート:オーディションの概要

引用 公式HP

ディズニーダンサーの仕事は、ダンスや演技でゲストにハピネスを届けることです

夏でも冬でもショーやパレードに出演するダンサーは、いつもハイクオリティーのエンターテインメントをゲストに届けることが大前提です。

ディズニーダンサー(エンターテイナー)は4種類

引用 公式HP

募集が多いのは、男女共通で応募できる、ジャズ・バレエのダンサーです。
テーマパークダンサーを目指すのであれば、ジャズとバレエは必須のジャンルになります。

・ダンサー(ジャズ・バレエ)男女共通:数十名
・ダンサー(ヒップホップジャズ他)男性のみ:若干名
・パペティア 男性のみ:若干名
・キャラクター 男女共通:数十名

パペティアとは、人形を操る技師です。
東京ディズニーシーの「キングトリトンのコンサート」で、アリエルと一緒に、360度ゲストに囲まれたステージで、パフォーマンスをします。
セバスチャンやフランダーのパペットを、いかにリアルに、生きているかのように操れるかが、腕の見せどころですね

引用 公式HP

オリエンタルランド:ダンサーオーディションとは?

引用 公式HP

ディズニーダンサー・キャラクターを目指す人達が通る道「オーディション」

東京ディズニーリゾート・エンターテイナー・オーディション」に詳細が乗っていますのでチェックしましょう。

原則、18歳以上であることが応募の条件です

が、期日が決まっているため、エントリーシートの提出や審査の時点では、17歳であっても大丈夫という場合があります。

また、

原則、週に3日~ ✕ 3時間~ 働けることが条件です。

ダンス経験は必須

引用 公式HP

ディズニーダンサーのオーディションを受けるのに、

ジャズとバレエなどダンスの経験は必須です。

自分よりダンス歴が長い人と一緒にダンス試験を受けなければならない人もいるでしょう。

ただ、ダンスがいくら上手くても、表情や、コンセプトの表現の仕方がディズニーにそぐわなければ、合格はできません。
同様に、ダンスが誰かより劣っていたとしても、人を楽しませるセンスやタレントをディズニーに認められれば、合格できます。

ディズニーダンサー:オーディションスケジュール

引用 公式HP

ディズニーダンサー:0次審査(書類審査)

年によって変わりますが、基本は、

3月末頃に募集開始~
5月末頃に書類審査の締め切り

東京会場、大阪会場の2つの会場でオーディションが開催されます。

ディズニーダンサー:1次審査(ダンスの基礎力や基礎知識)

書類審査に合格後、

6月と7月に1次審査が行われます。

ダンスの基礎力や基礎知識が問われます。

自分のボディーラインを活かして、いかにプロらしいダンスができるか、日頃から鏡を見て練習をしておきましょう。

ディズニーダンサー:2次審査(体力測定とダンス審査)

7月下旬に2次審査が行われます。

体力測定とダンス審査です。

体力測定の合格基準は、明かされませんが、パークの中でディズニーダンサーを見ていれば、ある程度予測は付くのではないでしょうか。

パレードであれば、700mのパレードルートを踊り歩くパレードを1日に数回行うシフトです。
ショーであれば、照明が当たり、体感温度が高い中、公演を1日に数回行うシフトになります。

ダンスは、クーラーの効いたスタジオ内で練習をしているだけでも、大量の汗をかくと思います。
しかし、ディズニーでのダンサーのお仕事は、ほとんどが屋外での公演です。

もっと暑くて、もっと体力が削られます。
相当のスタミナが必要であることは間違いありません。

ディズニーキャラクターの審査

引用 公式HP

キャラクターには、第2次審査との、体力測定とダンス審査はありません。
0次・1次審査の後、すぐに面接です。

面接

面接の内容も、詳しくは明かされていません。
ただ、エントリーシートの項目をよく読んでおき、それについて聞かれたらどう答えるか、くらいは最低限考えておいたほうが良さそうです。

キャラクターなので、守秘義務やコンプライアンス的なことも聞かれるでしょう。

大切なのは、落ち着いて誠実に正直に答えることです。とりつくろったり嘘をついても他人にはバレます(少なくともモゴモゴしていて怪しいなとの印象を与えてしまいます)。

わからないならわからないで問題ないです。正直さが評価されるでしょう。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの面接で聞かれる内容!質問集【暴露】
ディズニーキャストに採用される倍率は何%?採用基準や人気の職種・狙い目の職種
ディズニーキャスト デビュー前からデビュー後まで流れを解説

ディズニーダンサー合格後:給与や待遇など

引用 公式HP

体調管理

ダンサーは、夏でも冬でも笑顔で踊らなくてはなりません。

ただでさえスタミナが必要なダンサーのお仕事ですから、万全の体調で臨む必要があります。
季節の変わり目などで体調を崩すなど、もってのほかです。

ダンサーは、身体が資本なので、食事に関しても気を使うことをおすすめします。
ショーやパレードの衣装が映えるような体型維持も仕事の1つと考えてください。

エンターテイナーを目指す方は、練習や、生活費を稼ぐので精一杯かもしれませんが、トレーニングの一環と考えて、栄養バランスを考えた食事を摂りましょう。

給料

ダンサーは、時給制です。
入社時の時給は1,200円~1,300円です。
※キャラクターとダンサーでは、時給のスタートが異なります。

パレードが中止になると、お給料は発生しません。
そのため、月に最低いくら給料が入る、という月給の保証はありません。

そのため、他のお仕事と掛け持ちする方もいます。したほうがいいです。
ダンスが好きでディズニーが好きなら夢のような仕事です。やっていて最高に楽しいはずです。
そして副業によって生活を支えれば、全体で見れば最高の人生だと思います。

<あわせて読みたい>
ディズニーダンサーのお給料事情はこちら!
ディズニーダンサーの給料・年収・時給まとめ!待遇や現実的な話

ディズニーダンサーのやりがい

ダンサーという経歴は、自分のダンサーとしての将来を切り開いてくれるステップになってくれるんです。頑張ってやり遂げる価値があります。

やりがいは、ディズニーのエンターテインメントの一部として、ゲストの笑顔を創れること。
そしてダンサーとしての将来を切り開けることです。

ディズニーでダンサーをやっていました」という経歴はかなり強い今後のキャリアになります。

ディズニーダンサーから、劇団四季の舞台役者になる方もいます。
また、劇団四季のディズニーミュージカルではたくさんのパペティアが登場しています。
キングトリトンのコンサートのパペティアの経験を活かして、ライオンキングなどのパペティア役をゲットできるかもしれません。

年齢を重ねると、現役は退くものの、ダンス教室の先生や、専門学校の講師としてダンサー人生を歩み続ける方もいます。
専門学校には、テーマパークダンサーを目指すためのコースなどもあるので、ゲスト講師や、専任の講師として雇ってもらえるかもしれません。

例えばあなたがいずれ、フリーとして教室を開いて、ダンスを教えることになったとします。
そうなったとき、「元ディズニーパークダンサー」という肩書きをつけることもできます。

ディズニーダンサーは、それほど、信頼され、評価の高い職業であるということです。


ディズニーであなたの経験や思いを活かせる可能性は他にも山ほどある

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

引用 公式HP

東京ディズニーリゾートで、ダンサーやキャラクターになるためのオーディションと、お仕事内容について紹介しました。

やりがいや、経歴としてのメリットもたくさんありますので、ぜひチャレンジしてください!

また、ディズニーキャストを目指している方、オリエンタルランドへの転職を目指している方も、ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

キャスト募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本常に行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランド」や「ディズニー関連会社」に就職・転職してしまうのがおすすめです!

【解答】どうやったら「特別なスキルがなくても」「ディズニーに関われるか」考えてみました

ただし…
  • ただしディズニ-があまり好きでない場合は、無理して行動するのは辞めましょう
    他に目指したい人はたくさんいるので、ぜひその人達にゆずって欲しいです
START!
  • ディズニーに仕事として関わりたい!という熱い気持ちを持っている。
      ▼
  • ディズニーやそれ以外にもディズニー関連の仕事は世の中にたくさんある
    (IT・飲食・アパレル・事務・営業・接客などなど)
      ▼
  • それだけ数も可能性もあるから、あなたのスキルや経験は、必ずどこかでいかせる
      ▼
  • そのためには、ディズニー関連+経験をいかせる仕事や職種を見つけなければいけない(逃してはいけない)
      ▼
  • 世の中にある求人をできるだけ”こぼさず”チェックすればいい
      ▼
  • たくさんある転職サイトや転職エージェントやハロワを駆使して洗いざらい全ての求人から探すのが理想
      ▼
  • 実際は全ての求人を見るのは不可能なので、求人数をたくさん持っている転職サービスに何個か登録して、カバー率をあげるのが現実的
      ▼
  • ディズニー系企業は、皆さん想像がつくと思いますが、極秘プロジェクトがよく立ちあがるため、大々的にメンバーを募集できない=非公開求人でメンバーを募集していることが多いです。
    ・・・一部の大手転職エージェントだけに依頼して非公開求人として募集している事が多く、その場合は自力で求人を見つけようとすると見つけられず見逃すので、この先でおすすめする転職エージェントに登録しましょう。
      ▼
  • 転職エージェントに登録してみて→求人や非公開求人を見る→イマイチなら放置(後でまたチラ見しにくる)でもいい
    ※無料なので一度見てみることをおすすめします。視野が広がります!

■非公開求人ってなに?
=企業のWebサイトや転職サイトなどで、⼀般に公開されていない求⼈情報です。
一部の大手転職エージェント(おすすめは求人数最大のリクルートエージェントのみが持っています。

■なぜ求人を一般非公開にするの?
・企業「急きょ欠員が出て、すぐに補充したい!」

普通に求人公開すると、応募が殺到して選考に時間がかかるため、企業は転職エージェントを介すことで求職者の絞り込みを⾏い、スピーディーに採用したい時に使います。
 ※即戦力であればライバルが少ないのでチャンスです

企業「極秘プロジェクトのメンバーを募集したい!」

企業には、競合他社には知られたくないような極秘プロジェクトが多数あります。
もし求⼈内容を細かく公開すると、採⽤条件などからプロジェクトの内容を予測されてしまう可能性があるので、非公開でメンバーを集めるのです。
 ※新商品や新プロジェクトに関われるチャンスです

→みんなに知られてはいけない「極秘プロジェクト」がたくさんある企業は、ぜひライバル達が気づいていない非公開求人を狙ってみてください!

求人票の[応募条件]はあまり気にしないでいい(自信を持とう)

求人票には「必須条件:3年以上の経験」「歓迎条件:ビジネス英語力」などと書かれています。

あなた「自分の経験は2年しかないから無理か。英語も苦手だし」

あなた「応募するのやめよう

これは大損です!

あなたにはそれ以外にスキルや経験があればそれをアピールすれば、全く問題ありません。

逆に「3年の経験があって英語が話せたら受かるのか?」→答えはもちろんNOです。

企業側から見るとあくまで「3年くらい働いていたら何かしらのスキルを身に着けているかな?」という基準に過ぎません。

1年で企業の求めるものを持っている人もいれば5年でももっていないひともいます。

なのできにせず応募しましょう。(応募するだけならノーリスクです)
不安なら転職のプロに相談することです。自分が応募すべきかを見える化できます。

世の中の転職支援サービスを(友人と協力して)実際に10社以上使って比較してみました。

ハローワークを使ってみた

結論

▶︎▶▶失業保険などの申請に利用する施設であり、転職活動をする場所ではないと考えたほうが良いでしょう


ハローワークって何?

・国が運営する職業紹介サービス
・転職者も求人掲載企業も完全無料
・営業時間は平日17時半までが多い
・求人票の内容の質が良くない (理由:民間サービスと違い企業側が求人票を作成するため)
・ブラック企業の求人も混ざりがち (理由:民間サービスと違い求人掲載する企業も無料のため、求人費用をケチりたい怪しい企業も掲載しているため)

転職サイトを使ってみた

結論

▶▶▶「ハロワ」よりは断然おすすめですが「転職エージェント」と違って各種サポートがないため、「自分で求人を探して」「自分で応募」「自分で企業と日程調整」をしたい方(自分一人でやりたい方)にはおすすめです


転職サイトって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・有名どころだとリクナビがおすすめ

転職エージェントを使ってみた

結論

▶▶▶失敗しないためには利用必須です
※各種サービスがある代わりに「転職サイト」よりなにか劣っているということはありません


転職エージェントって何?

・(ハロワと違って)民間企業のサービス
・転職者は完全無料
・転職を考えている人に求人を紹介
・「転職サイト」に以下サービス追加↓↓
 >面接日程の調整や給料交渉などやってくれる
 >志望動機や自己PR等の添削をしてくれる
 >面接対策をしてくれる
 >悩みを相談できる
 >オススメ求人を紹介してくれる


ではどう選んだらいいか
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える


(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
1位2位:全員向け どちらか。できれば両方と、
3位:個別向け から自身にあったのを+1つ
 選んで使用するのが完璧(筆者経験)↓↓↓


実際に使って選んだ結果

1位

■全員向け
リクルートエージェント

・完全無料
公開求人 17万件以上
非公開求人15万件以上
===メリット===
求人数が国内で最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

2位

■全員向け
doda(デューダ)

・完全無料
公開求人 10万件以上
非公開求人 7万件以上
===メリット===
リクルートにない求人がここだけにあることが多い
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

・全員向けなので特別な事情がある人には特化していない

(詳しい内容はこちら

3位
(同)

個別向け
「20代/第二新卒」
マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

個別向け
正社員経験なし/現フリーター」
就職Shop

・完全無料
===メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら
3位
(同)

■個別向け
「高年収を目指す人」
ビズリーチ

・完全無料
===メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい内容はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニーのすべての関連会社まとめ
米ディズニー、日本ディズニーカンパニー、オリエンタルランド、ディズニーホテル、ディズニーストア、イクスピアリ、リゾートライン、清掃(バックヤード系)企業、スポンサー企業など…随時追加中

コメント

タイトルとURLをコピーしました