ディズニー:ゲスコンとは?ゲストコントロールキャストはゲスト案内役だけではない。コスチュームも解説

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニー:ゲスコンとは?ゲストコントロールキャストはゲスト案内役だけではない。コスチュームも解説

笑顔で上手にゲストたちを案内しているキャストがいるよね。かっこいいなぁ。なりたいなぁ

ゲストコントロールキャスト、通称ゲスコンだね。
アトラクションキャストも人気だがゲスコンも人気だ。ディズニーに仕事として関わりたいならなおさら理解しておこう


<あわせて読みたい>
ディズニーキャストになる方法!面接対策も
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

【ゲストを案内】ゲストコントロールキャスト(ゲスコン)とは

引用 公式HP

ディズニーランドやディズニーシーで働いている全従業員のことを「キャスト」と呼びます。
さまざまな職種がありますが、ゲスコンも含め、キャストに共通している仕事・考え方があります。

それは「ゲストにハピネスを届けること」。
ハピネスとは「うれしい」「たのしい」という幸福感のことです。

ゲストにハピネスを届けるために、さまざまな工夫や約束事があり、不快感を与えず全世代に受け入れられるようにするのが、とても大事なキャストの仕事です。

ディズニーキャストのことを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。ディズニー好きには超おすすめです!
面接対策にもなります!

ゲストコントロールキャストとは最強の案内役

引用 公式HP

ゲストコントロールキャストは、おそらくゲストの誰しもが出会ったことのあるキャストだと思います。通称「ゲスコン」とネットでは言われていますね。

基本コスチューム

・赤・青・白の縦縞ベスト
・黄色っぽいジャケット
・黒のパンツ

夏の暑いときには、麦わら帽子をかぶることもできます。
冬の寒いときには、黄色いコートを着ることができます。

どちらも個人の自由で脱ぎ着ができるそうです。

ベストの下のシャツには合わせ部分にミッキーがたくさん並んでいるのも、ディズニーらしくてかわいいですね
以前、一度だけディズニーシーでベストを着ていないゲスコンさんがを見たことがあるので、ベストももしかしたら着ても着なくても良いのかもしれません。

仕事

気になるゲスコンのお仕事の内容は、大きく分けて次の通りです。

・ショーやパレードの鑑賞エリアの案内
・ショーやパレードの振り付けや手拍子のレクチャー
・抽選所での案内
・そのほかゲスト対応全般

鑑賞スペースに絶対いるあのディズニーキャストがゲスコンです

ゲストと接する機会が多くて楽しそうに見える半面、個人的にはかなり過酷仕事なのではと思っています。
なぜなら、炎天下で日陰に逃げることも、雨で屋根のある所へ逃げることもできないからです。

例えば、ディズニーランドのパレードルートは、雨を避ける場所がないため、ゲスコンはずっと雨に打たれっぱなしでゲスト対応をしています。
炎天下もつらい。。

その変わり頻繁に交代などがあり内部でもコントロールされているので、あの笑顔の裏にはなにかあるわけではありません!

ゲストコントロールキャスト:レクチャー

引用 公式HP

ゲスコンさんの大きな仕事のひとつとして、パレードやショーのゲスト参加部分の手遊びレクチャーがあります!

主に、ディズニーイースターやハロウィーン、クリスマスなどのイベントごとに行われるパレードやショーにゲスト参加の手遊びがあることが多いです。
そんな手遊びを教えてくれるのが、鑑賞エリアで案内をしてくれているゲスコンさんたちです!

イベントが始まる前には、ゲスコンさんには手遊びやショーやパレードの概要を完璧に覚えるための、軽いテストのようなものがあるそうです。
ゲストに教えられないと大変ですので、実は陰で努力をしてくださっているのですね。

このゲスコンさんの手遊びレクチャーは、実はディズニーキャストさんによってかなり異なり、個性豊かなレクチャーを見ることができます。
特に、イベント半ば以降は、ディズニーキャストさん自身も慣れてくるのか、オリジナルを混ぜ込んでくる方もいらっしゃいます。

恥ずかしがってなかなか参加できないゲストも、一緒に楽しもうというディズニーキャストさんに連れられて参加し始めるという光景も少なくありません。
ぜひ、恥ずかしがらずに一緒に楽しみましょう!

また、ディズニーランドには、レクチャーがとてもおもしろくて神対応という男性キャストさんがいらっしゃるようです。
かなり人気が上がっているので、チェックしてみてください!

ゲストコントロールキャスト:コスチューム

引用 公式HP

基本的に、ディズニーキャストのコスチュームは夏服・冬服の2種類の変化があります。
しかし、ゲスコンは他のディズニーキャストに比べ、もう少しバリエーションがあることがあります!

イベントごとに、そのイベントにあった小物を持ったり、コスチューム自体ががらっと変わったりします。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの人気コスチュームとは?男性も紹介【ホーンテッドマンション】

ゲスコンのお仕事は、一言でいうと「ゲスト対応のすべて」

引用 公式HP

ゲストコントロールキャストのお仕事は、一言でいうと「ゲスト対応のすべてをやる」です。
どこよりも身近で長時間対応する可能性のあるディズニーキャストなので、何に対しても万能でなければなりません。

ゲスコンは、ふと何か困ったことがあるときに近くにいる可能性もかなり高いキャストさんなのではと思います。

もし、何かあればゲストコントロールキャストさんに限らず気軽に近場のキャストさんに声をかけてみましょう!
優しくて丁寧に対応してくれること間違いなしです!

パークへ遊びに行ったら、ディズニーキャストさんとの交流も楽しんでみてください

ディズニーキャストを目指している方、オリエンタルランドへの転職を目指している方も、ぜひ頭の片隅にでも置いておいてください。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの紹介はこちら!
マーチャンダイズキャストとは?【グッズ販売】
アトラクションキャストとは?【一番人気】
カストーディアルキャストとは?【ただの掃除係りではない】

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

キャスト募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本常に行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランド」や「ディズニー関連会社」に就職・転職してしまうのが完全な正解になります!

また、ディズニーは大企業に強いエージェントに非公開求人として依頼しているケースもありますので、自力で求人を見つけようとすると損をしますので、大手に登録することをおすすめします。

ここまで読んでくれたお礼だよ

<ディズニーで働くための「成功の理屈」>

ディズニー関連の仕事は世の中にたくさんある

=いろんな職種がある(ITや飲食やアパレルや事務などなど)
=それぞれの経験やスキルを必ずどこかでいかせる

ディズニ関連で働ける期待値はかなり高い

=ただしちゃんと関連企業をチェックして複数社に応募することが必要

 ※個人の知識レベルだと限界があるのでプロの転職エージェントに相談が必要

チャンスはかなりある、と言えます。

あとは「タイミング」と「経験とのマッチング」と一番必要なのは「圧倒的な情報」です!

頑張りましょう!

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました