ディズニーキャスト(アルバイト)になった後!面接後~デビュー前~デビュー後の一日の流れ

【ディズニーで働く】
プロフィール
ミト(元ディズニー社員)

転職5回経験者の30代元ディズニー社員です

【経歴】
ただのディズニーやUSJやサンリオ好き▶ディズニー社員/オリエンタルランド社員になる▶多くの事を教わり円満退社&独立▶幅広いエンタメ業界などの就職コンサル(今ココ)

転職5回の経験を活かして、就職/転職のお悩みや雑談でもうけたまわります。お気軽にTwitterDM等まで。

ディズニーキャスト(アルバイト)になった後!面接後~デビュー前~デビュー後の一日の流れ

キャストの面接に行くんだ。まだ気が早いけど合格したらどんな1日が待ってるのかな

気が早いなんてことはないよ!
今回落ちても何度も挑戦できるし、オリエンタルランドに就職するのにも役に立つ。
キャストが合格後、どんな流れか予習しておくのはいいことだよ

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストになる方法!面接対策も
ディズニーダンサーになるには?オーディション通過倍率!仕事内容も解説

面接からデビュー前~デビュー後

ランドやシー、ホテルや駐車場や色んな所でたくさんのキャストさんを見かけますよね。
どのキャストさんも素敵な笑顔でいつも楽しそうです。とても嘘の笑顔には見えません。
嘘の笑顔じゃないんです。やっぱりディズニーが好きだから働いているんですね。

しかしどんな素敵なキャストでもデビューの日はありました。苦労したこともたくさんあったでしょう。ここではキャストのデビュー後を1つ1つみていきましょう。

ディズニーキャスト面接の受付へ

引用 公式HP

東京ディズニーリゾートでは、基本的にいつでもキャスト募集をしています。
ディズニー公式サイトから面接予約の仮登録をすると、折り返し面接日の連絡が送られてきます。
あとは決められた日にち・時間に会場へ向かえばOKです。

夏休み前や春休み前などのディズニーキャスト大量募集の際には、面接だけでなくちょっとしたイベントが行われていることがあります。

現役のディズニーキャストさんから仕事内容を紹介してもらえたり、ディズニーキャストになって良かったと思うことなどを聞くことのできるイベントが行われているときもあります。

現役ディズニーキャストさんとのお話しの他にも、適正キャスト診断をしてくれるイベントなどもあるようです!

ディズニーキャスト:面接はリラックスしよう

引用 公式HP

ディズニーキャストの面接会への持ち物は特になく、服装の制限もありません。
チノパンにTシャツでもOK

ただし、あまりに露出が激しい服やボロボロな服は第一印象が悪くなる可能性があるのでご注意ください!

面接のときに髪を黒に戻せるかどうかの確認があるので、そのままで大丈夫ですよ。
ただ、茶髪のまま勤務できるディズニーキャストの職種はありませんので、絶対に髪は黒に戻す必要があります。

「面接」と聞くと、堅苦しくて緊張するイメージがあるもしれません。
しかし、ディズニーキャストの面接は、どちらかと言うと雑談のような明るく気楽な面接ですのでご安心ください!

面接官はオリエンタルランドの正社員さんらしいのですが、「さすがディズニー!」といった印象の方ばかり。
むしろ、ディズニーキャストとして働ける日が待ち遠しくなります

筆者の体験に基づく面接のポイントは、とにかく「なぜキャストになりたいのか」をしっかりと整理しておくことと、「あいさつ」「笑顔」を意識すること!
笑顔が苦手でも、一生懸命さが伝われば問題ありません。
みなさん、がんばってくださいね

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストになるための対策などはこちら!
ディズニーキャストの面接で聞かれる内容!質問集【暴露】
ディズニーキャストに採用される倍率は何%?採用基準や人気の職種・狙い目の職種

ディズニーキャスト:面接に合格後

引用 公式HP

ディズニーの面接会は、面接でありキャストの登録会でもあると言うことです。

面接を受けると「キャスト希望者登録」のといったものをしてもらえるようです。
キャスト希望登録されている人の勤務希望日や勤務時間、始発・終電などの情報や、面接の際の印象などから、総合して募集しているディズニーキャストの仕事を探してもらう形です。

希望そのため、面接後は合否の連絡ではなく、「このお仕事はいかがですか?」と紹介の連絡を頂くことになります。

ただし、面接の際に、希望のディズニーキャストの職種を提出することができます。

「接客が良い」
「非接客が良い」
「アトラクションキャストになりたい」
「東京ディズニーランドで働きたい」などなど

気を付けておきたいのは、細かな希望を出せば出すほど、紹介してもらえるキャストの職種が減ってしまい、紹介の連絡が来にくくなってしまうこと。
そのため、希望とは異なるディズニーキャストの仕事を紹介されることもザラにあります。

噂によると、アトラクションキャストはかなり希望者が多いらしく希望通りになれる人はかなり少ないようです。
一度、ほかのキャストを経験してから受け直している人がほとんどだとか。

また、お仕事の紹介の連絡を断ったとしても、引き続き他のお仕事を探してもらうことができます。
ただし、お仕事の連絡をもらった時点で、断って次の連絡をもらえるのを待つべきか、それともお仕事を受けるべきかは、しっかりと考える必要があります。

というもの、ディズニー登録期間は2~3ヶ月ほどのため、気が付いたらキャスト登録から削除されているという場合もあるためです。

また、面接で不合格となった場合の連絡は特にもらうことはできず、確認もできないとのことですので、十分ご注意ください!

色々とご説明しましたが、どの職種であっても、ディズニーキャストとしての喜びは同じように感じることができると思います。
まずは一度、「どこでも良いから働きたい!」というのも良い選択です。

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストが住む場所はどこがいい?年パス持ちも必見!路線別で解説

ディズニーキャストの職種 

引用 公式HP

基本的には、ディズニーキャストは全職種の募集があると言われています。
ただし、公式ホームページで「積極募集中」や「急募」となっているものは比較的紹介されやすいようです。

現在の積極募集中のディズニーキャストは次の通りです。
状況は常に変化するため、最新情報はディズニーの公式サイトで確認してください!

・フードサービスキャスト
 ⇒短期・週2~3日/長期・週3日~
・カリナリーキャスト
 ⇒短期・週2~3日/長期・週3日~
・ヘアアンドメイクアップキャスト
 ⇒長期・週2日~、要美容師資格
・ファシリティキャスト
 ⇒長期・週5日、美術・製図系の学校卒業者、もしくは実務経験のある方のみ

新エリア拡張などにより東京ディズニーリゾートでのキャスト募集が増えてくると思います。
「キャストになりたい!」という方は、もう間もなく来るであろうチャンスをお見逃しなく!

ディズニーキャストのことを理解すると一気に夢と自分がつながります
おすすめなのでぜひ読んでみてください。ディズニー好きには超おすすめです!
面接対策にもなります!

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの紹介はこちら!
マーチャンダイズキャストとは?【グッズ販売】
ゲストコントロールキャスト(ゲスコン)とは?【ゲストを案内】
アトラクションキャストとは?【一番人気】
カストーディアルキャストとは?【ただの掃除係りではない】
ディズニーキャストの人気コスチュームとは?男性も紹介【ホーンテッドマンション】

研修制度で安心教育

新しいことを始めたり、新しい環境に飛び込むことは、誰しも不安になるもの。
いざ、ディズニーキャストになることが決まったとしても、緊張と不安でいっぱいかと思います。

でもご安心を!
安心してディズニーキャストになれるよう、いくつかのステップが用意されているんです。

まず、ディズニーへ入社することが決定すると、入社手続きとともに入社式があります。

その後、ディズニーキャストとしての心構えや役割、ディズニーの考え方などの導入研修があります。
このとき指導してくださるキャストさんは、毎年ディズニーの素晴らしさを伝えるために多くの希望者の中から選出された特別なキャストさんたち。
もしかすると、配属先の先輩キャストだったという可能性もあるんです!

導入研修の際に自分のネームタグをもらえるのですが、そこで「私もディズニーキャストになるんだ!」という実感がわいてきて、とても印象深い思い出があります。

その後、配属先のクラスを受講し、その後はとうとうコスチュームを着てトレーニングを開始します!

トレーニングでコスチュームチェンジ!

引用 公式HP

ようやく、コスチュームを着るところまでやってきました。
このトレーニングが終了すると、とうとうあなたのディズニーキャストとしてデビューが待っています!

新人キャストの指導をすることのできるトレーナーキャストさんから、主に1対1でのトレーニングを受けます。
配属先によりさまざまですが、トレーニング期間は3日~1週間がほとんどのようです。

座学と実地の両方から、細かい仕事内容やディズニーキャストとしての心構えを学んでいきます。
ベテランのトレーナーキャストが分からないところや疑問点は丁寧に教えてくれるので安心です!

さらに、ディズニー流の人材育成は『ほめて伸ばす』です。
そのため、「失敗しちゃった」と思っても、怒られることはほとんどありません。

「○○さんはとても素晴らしいです。でも、もっと笑顔があったらもっと素晴らしい□□になると思いますよ。」

といったな感じで、「もっと良くするためには」というスタンスで教育してくれるため、だんだんと緊張もほぐれながらトレーニングを受けることができます。

トレーニング期間が終了し、ひと通りのスキルを修得すると、いよいよディズニーキャストデビュー!ひとり立ちです!
もちろん、数日間のトレーニングだけでは難しいこと、知らないこと、わからないことがたくさんだと思います。

そんなときは、先輩キャストに質問や相談をして徐々に知識を増やしレベルを上げていきましょう!

<あわせて読みたい>
ディズニーキャストの内部事情などはこちら!
ディズニーキャストのランク!MAGICの基準と秘密
ディズニールックとは?ディズニーキャストの笑顔や秘密の約束事を解説
キャストピンとは?ディズニーキャストの胸で光るバッジ
ディズニーキャストたちが使う専門用語まとめ

面接からキャストデビューまではあっという間

引用 公式HP

実際に体験すると、長いようでかなり短く、面接からキャストデビューまではあっという間。

ディズニーをあまり知らなくても、導入研修で教わることで成長していくことができます。
新人のうちは、先輩キャストがさっとサポートをしてくれたり、助けてくれたりもしますよ。

ディズニーキャストはゲストへの配慮や心遣いだけでなく、一緒に働くキャストへも気配ってくれる方がたくさんいます。
ディズニーキャストになりたいと考えいている方は、安心して素敵なキャストデビューを飾ってくださいね

合格率は実はかなり高いのでオススメ

ディズニーに関われる仕事はとても多く、募集職種が多いのであなたの経験のうちどれかが引っかかる可能性が高いです!

恐れず当たって砕けろでチャレンジしたら意外とあっさり採用!なんてこともしょっちゅうです

<あわせて読みたい>オススメ
ディズニー関連会社【全まとめ】
…米ディズニー/ピクサー/マーベルや、日本のディズニーホテル/ディズニーストア/デザイン系/レストラン系/イクスピアリ/リゾートライン/アトラクションメンテナンス/裏方企業/スポンサーなど全まとめ(随時追加中)

キャスト募集は、時期やタイミング、社会の状況によって募集が止まっているときもあります。
しかし、正社員の募集は基本常に行われています。

正社員の管理によってパークや働く人々の根幹が支えられているので、そこを止めることはしません

なので、もっと笑顔を届ける仕事を根本からたずさわりたい!
本気で運営に仕事でかかわりたい!なら、
ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランド」や「ディズニー関連会社」に就職・転職してしまうのが完全な正解になります!

また、ディズニーは大企業に強いエージェントに非公開求人として依頼しているケースもありますので、自力で求人を見つけようとすると損をしますので、大手に登録することをおすすめします。

ここまで読んでくれたお礼だよ

<ディズニーで働くための「成功の理屈」>

ディズニー関連の仕事は世の中にたくさんある

=いろんな職種がある(ITや飲食やアパレルや事務などなど)
=それぞれの経験やスキルを必ずどこかでいかせる

ディズニ関連で働ける期待値はかなり高い

=ただしちゃんと関連企業をチェックして複数社に応募することが必要

 ※個人の知識レベルだと限界があるのでプロの転職エージェントに相談が必要

チャンスはかなりある、と言えます。

あとは「タイミング」と「経験とのマッチング」と一番必要なのは「圧倒的な情報」です!

頑張りましょう!

近いうちに転職したいなぁ
でも転職ってやることが多過ぎてめちゃくちゃ大変だ

 ※複数の企業に応募 & 返信に対応
 ※面接のアポとり
 ※給与交渉 とか
今の仕事辞めたいけど「転職活動は大変だしまだいいや…」

そう。大変なんだよね
だから面倒なやり取り類は自分でやらずにプロ「転載エージェント」に全部任せると転職活動がかなり楽になるよ!(無料だし)

ちなみにブラック企業の求人が多いハローワークは使わないでね。必ず転職エージェントサービスを使おうね

 ※ハロワと違って「転職者である私達を理想の会社に転職させる」ことで「成功報酬を企業から得て利益を上げている」ので、担当者が本気で相談にのってくれます(転職成功することが彼らの成果につながるので)

…そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・志望動機や自己PR等を書くことが苦手でも、文章がフォーマット化されていて、非常に書きやすい(添削もしてくれる)
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)


…また、給料アップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
  ※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)


転職エージェントを知人と協力して実際に10社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<転職サービス>
実際に10社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
 ・有名企業の運営で安全安心
 ・利用者が多くて口コミも高評価
 ・組み合わせて登録することで各社の弱点をおぎない合える
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
A:全員向け(できれば1位2位両方)と、
B:個別向けから自身にあったのを1つ 選んでみてくださいね↓↓↓

<選んだ結果>

A:全員向けオススメ(誰でも登録OK)
全員向けの登録は必須

■1位:リクルートエージェント

・完全無料
===
メリット===
・求人数が最大級
・転職者の8割が使っている(みんな使っていて安心)
===デメリット===
・求人数が多くてしぼりきれないことがある

(詳しい解説はこちら

■2位:doda(デューダ)

・完全無料
=
==メリット===
・リクルートに無い求人がたくさんある(リクルートのカバーに最適)
・面接対策を厚くサポートしてくれる。
===デメリット===
・リクルートほど求人数がない

(詳しい解説はこちら

※いろいろ試した結果、上記2社登録が求人カバー率的に最強でした


B:個別向けオススメ
上記の全員向けに加えて、さらに自分にあった個別向けを選ぶと成功率UP。

<20代/第二新卒>向け
■3位(同):マイナビエージェント

・完全無料
===メリット===
・20代の若者に特化した求人が多い。
・担当者が”若者向け求人”の対策に詳しい
・企業と応募者の目的が一致しているので若者は希望や交渉が通りやすい。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<正社員経験なし/フリーター>向け
■3位(同):就職Shop

・完全無料
===
メリット===
・リクルート運営のため安心安定。
・担当者が”未経験者向け求人”の対策に詳しい
・みんな正社員経験なし/フリーターの方たちが活動しているのでストレスなくともに活動できる
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

<高年収を目指す人>向け
■3位(同):ビズリーチ

・完全無料
=
==メリット===
・年収600万以上欲しい人は登録必須。
・担当者が”高収入求人”の対策に詳しい
・年収アップ交渉でグンと金額を引き上げてくれる。
===デメリット===
・リクルートやdodaほど求人数や種類がない(1位2位とあわせて登録すると完璧)

(詳しい解説はこちら

※転職エージェントの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→「転職サービスを実際に10社使って比較した結論をこっそり教えます

↓↓「そもそも会社を辞められない人」向け↓↓

辞めたいけど周りの目が…
今辞めたら迷惑かも…

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」…だから辞められない

リスくんはいままで辞めた同僚たちのことを今でも根に持って覚えてる?

うーん。覚えていないことはないけど
別にどんな辞め方したかなんて覚えてないし根に持ってない

リスくんが辞めてもそれは同じだよ。

辞めてしまえばその後ずっと恨まれることなんてない

「辞めたら申し訳ない」「嫌われたくない」と気にする時間1秒1秒が損だよ。

転職は1歳でも若いほうが超有利だから
いつか辞めるなら1日でも早く辞めるべきってのが本音だね

それでも「退職を言い出しにくい」のはわかるよ。言い出しにくい職場は多い。
そういう時は、実際にメディアでも話題となっている退職代行サービスを使うのが良いよ。

…そもそも退職代行とは、多くの企業が参入する今メディアでも話題の「退職手続きの代理サービス」です。

具体的には…
明日から出社しなくていい
労働組合が運営している場合は正式に会社と交渉できる法的権利をもっている
会社への連絡など退職手続き有給や給与支払い交渉をかわりにやってくれる


退職代行サービスを知人と協力して実際に5社使って比較してみました。
「比較した結論をさっさと知りたい」という方向けに私の結論を以下に書きましたので、参考にしてみてください!

<退職サービス>
実際に5社つかって比較した結論

<選ぶ基準>
どの業界でもそうですが
「値段は安いけど悪徳業者」や「法律の知識や資格のない素人業者」がたまにいます。
→なので調査の結果、
 多くのメディアで取り上げられている
 ・労働組合や弁護士が運営している
 ・“失敗しない”ことを重視に選定 
ところから更に料金やサービスを比較して安全安心の2社にしぼりました!
(選択肢が多すぎたら結局混乱するので”失敗しない”ことを重視に選定)
あとはお好きな方を選んでくださいね↓↓↓

<選んだ結果>
■1位: 退職代行Jobs

27,000円(追加なし)
=
==メリット===
顧問弁護士が監修の退職代行です。
顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者は調査の範囲内では現在ほかにない
あえて弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現
退職できなければ全額返金
===デメリット===
・弁護士監修サービスだが実際に利用者に1対1で弁護士がつきっきりになるわけではない(担当者は当然つく)

(サービスの詳しい解説はこちら


■2位: 退職代行ガーディアン

29,800円(追加なし)
=
==メリット===
正式に会社と交渉できる権利をもっている労働組合が運営しています
・退職代行という労働問題において、会社と弁護士の強みの両方を”唯一”持つ存在で、 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を唯一合法的に可能としています。
・365日の受付可能で迅速かつ丁寧な対応でした。
===デメリット===
・1位に比べるとやや料金が高い、

(サービスの詳しい解説はこちら

※退職代行サービスの細かい説明や比較結果をより詳しく知りたい人はこちら→退職代行サービスを実際に5社使って比較した結論をこっそり教えます

コメント

タイトルとURLをコピーしました